ダンスの上達期間と効率的なコツコツ練習で上達スピードもアップ

ダンスが上達する期間とは一般的にどれくらいなのでしょうか?ダンスを始めたばかりだと、いつになったら人前で踊って恥ずかしくないレベルまでなれるのかと気になるものです。いくら練習を続けてもなかなか上達しないという人も中にはいるでしょう。

そこで、ダンスの上達期間について、ダンスの上達するための練習の大切さや長い期間練習していてもなかなか上達しない理由、ダンス初心者が上達するためにするべき基礎練習や効率的にダンス練習などお伝えしていきましょう。

これを読むことで、これからダンスを始める人でもどのようにダンスと向き合うべきかがわかり、上達するための効率の良い練習をすることができるでしょう。きっとあなたのダンスレベルもすぐにアップします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?化粧に対する考え方

「化粧をしない女性は社会人としてマナー違反だ」という議論が世の中を騒がせていますが、女性が化粧をしな...

バブル時代の給料平均からみる今では考えられない仰天エピソード

今では考えられないあのバブル時代。給料の平均をみても、新卒の新入社員でさえかなりの高額を手にして...

ふくさを使った包み方と香典をお渡しする時のマナーと注意する事

急なお葬式や親族の法事などで香典を用意することになった場合のマナーについて紹介します。香典は...

スキーの面倒なワックスがけにはスプレー!その使い方を解説

スキーを滑りやすくするためにはワックスが必要だということはわかってはいても、ワックスがけは面倒なもの...

ポケットチーフは結婚式に必ず必要ではないが購入する価値はある

結婚式に参列する時、ポケットチーフは必要か必要じゃないのか。スーツを着る男性なら一度は考えたこと...

卒業式に相応しい服装選び。母親のコーディネートのポイント

お子様の卒業式に、母親はどのような服装で出席すれば良いのかお悩みの方はいませんか?卒業式での服装は上...

住所の正式な番地の書き方!縦書きをする際には注意が必要

ハガキや封筒に縦書きで宛名や住所を書く時、番地の書き方に注意をしていますか?宛名書きをする場...

バリ移住でできる仕事やすることのメリットと有利なポイントとは

バリ島に移住して仕事をしたいという人も多いのではないでしょうか。では、バリ島に移住して仕事を...

バスケのシュートは回転とアーチ状に高くが成功率をあげるコツ

バスケのシュートがたとえ入っても、無回転のシュートでは上達はしません。シュートには回転が必要です...

新築祝いのお返し【親編】相場と贈る時期・内祝い選びのポイント

親から新築祝いを頂いていたら、新居完成の後に新築祝いのお返しをします。このときに悩むのが、親からの新...

パイロットの訓練は厳しい!その厳しさは機長になっても続く

制服姿がカッコいい、男性だけでなく女性も憧れる職業の一つパイロットですが、その訓練はやはり厳しいもの...

岩盤浴でスマホが大丈夫でも注意したい事とルールやマナー

しっかり汗を流したい・体も心もリフレッシュしたいと岩盤浴は女性にも男性にも人気があります。ス...

神社のお供え物の順番は?正しい順番と神棚の設置場所・参拝方法

家に神棚を設置しようと思っている、または設置したばかりの人は、お供え物を上げる順番について悩むことも...

バドミントンの試合で勝てるコツがある。勝つ為に出来る事

バドミントンの試合でなかなか勝つ事が出来ない、勝てそうで勝てないという状況はあると思います。...

No Image

袱紗の慶弔両用タイプの使い方。包み方から渡し方までご紹介

袱紗(ふくさ)には慶弔両用タイプがありますが、それぞれ使い方にはマナーがあります。包み方から渡し...

スポンサーリンク

ダンスの上達期間は人によって違う

ダンスにかかわらず、習い事は小さいことからずっとやっている子もいれば中高生で始める子もいます。
経験年数の差はあるけれど、上達したいという気持ちさえあれば、だれでも上達します。そして中には小さい頃から習っていた子よりも結果を出す子がいます。

ダンスを上達する期間はどれくらいと問われても、一概に答えが出せるわけではないのです。
答えるとするなら、「人によって違う」という事でしょう。

高校生からダンスを始めるということは、周りの子はある程度ダンスの経験年数がある子多いですよね。

その人達に食らいついていく勢いで練習に励みましょう。
何事も自分の気持ち次第です。

ダメと思えばそこまでです。
それ以上得る物はありません。

諦めずに食らいついていく精神、何事にも真面目に取り組み姿勢の持ち主こそが最後は結果として繋がるのではないでしょうか。

ダンスが上達するためには期間よりも毎日の練習が大切

ダンスを上達したいと思うなら、これまでに上達しなければならないという期間を気にしたり、設けたりする必要はありません。
期間は言わなくてもある程度かかることは言うまでもありませんし、努力次第ではその期間も縮まったり伸びたりもします。

期間よりも毎日コツコツとダンスに打ち込むことが大切です。
小さな頃から身につけておきたい基礎や動きは、あなたは大きくなってから覚えます。

その動きが簡単にできたとしても、ダンス中にずっと維持することは難しく、これは小さな頃から身につけてきた子の方が断然有利です。
無意識にできるからです。

でもあなたにできないことはありません。
毎日コツコツ練習の中で体に叩き込み覚えさせていくのです。
短い時間、長い時間にかわらず少しでもダンスに触れている時間を多く作り、努力次第でダンスの技術を早い段階で習得することが可能ですよ。

どんなスポーツにおいても最も大切なことは練習量ですね。

ダンスを長い期間練習していてもなかなか上達しない理由

ダンスを長くやっている子でもなかなか上達しないと悩む子がいます。

それは自分に合ったレベルの練習をしていないからかもしれません。
どんなに練習していても上達はしません。

すでにできる部分や得意分野を重点的に何回も繰り返し練習しても、それ以上の技術が身につくわけではありません。
得意な分野が更に得意になった、更に上達するだけなので、全体的に上達するわけではありません。
このように不得意な部分を避けて練習したり、もしくは自分のレベル以上のダンスを練習したりしていませんか。

ダンスがなかなか上達しない子は自分自身のダンスのレベルと、練習内容を見直す必要があります。
ここを間違ってしまうといくらダンスを習っている期間が長くても上達はしません。

うまくなりたい、早く周りのダンサーに追いつきたい、と思えば思うほど焦った思いが練習内容に出てしまいます。
自分のレベル以上の練習をしてしまうんですね。
そうではなく、上達するためには質の良い練習、自分のレベルの合わせて練習をすることが大切です。

ダンス初心者でも上達するためには基礎練習が大切

ダンスを習い始めたばかりの子は基礎練習を大切にしましょう。

小さい頃からダンスを習い始める子はある一定の期間ずっと同じことをしてきたでしょう。
毎回ダンスレッスンの15~30分程度はその基礎の繰り返しかもしれません。

その時に「また同じことか」と思っていた子も、大きくなるとその基礎練習の大切さを痛いほど感じるでしょう。

大きくなってダンスを始める子は小さい頃からダンスを習っている子に比べ、この基礎練習の時間が少ないかもしれません。

年齢に応じてレッスンを内容が変わってきますが小さい子に比べ動きの習得が早い分、基礎が体に身につきにくいですので、繰り返し何度も基礎練習をしましょう。

練習の度に基礎練習から始めると間違いないですね。

質のいい練習の積み重ねがダンスの上達に繋がります

ダンスは毎日コツコツと練習を積み重ねることが大切です。
1日、2日、3日休んでしまうと取り返すのに時間がかかります。
短時間だとしてもできる限りダンスに触れる時間を作りましょう。

またリズム感が掴めないと感じたまま練習を続けても上達はしません。
まず、リズムのとり方から練習し音楽にのれるようになりましょう。
音楽に上手くのれるようになったら、逆に体の動きに音楽をのらすプロのような動きを目指したり、レベルをあげて練習することができます。
最初から背伸びした練習をするのではなく、段階を踏んで自分のレベルに合わせて練習をこなしていきましょう。

このように質の良い練習の積み重ねが、あなたのダンスを上達させるコツでもあります。
周りより遅くダンスを始めたので、出来ないのは当たり前です。
それはただ、始めるのが早い遅いの違いであって上達の差を比べるところではありません。

あなたもより早く追いつけるように日々の努力が大切ですね。
ダンスが好きなら必ず上達するはずです。