ダンスの上達期間と効率的なコツコツ練習で上達スピードもアップ

ダンスが上達する期間とは一般的にどれくらいなのでしょうか?ダンスを始めたばかりだと、いつになったら人前で踊って恥ずかしくないレベルまでなれるのかと気になるものです。いくら練習を続けてもなかなか上達しないという人も中にはいるでしょう。

そこで、ダンスの上達期間について、ダンスの上達するための練習の大切さや長い期間練習していてもなかなか上達しない理由、ダンス初心者が上達するためにするべき基礎練習や効率的にダンス練習などお伝えしていきましょう。

これを読むことで、これからダンスを始める人でもどのようにダンスと向き合うべきかがわかり、上達するための効率の良い練習をすることができるでしょう。きっとあなたのダンスレベルもすぐにアップします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

品出しのバイトとは?女性も活躍している品出しについて

品出しのバイトは女性にはきついのでしょうか?確かに、スーパーの品出しなら牛乳や油など重たいものを上げ...

外国と日本の文化の違いについて色々知りたい

外国と日本の違いと言えば、言葉の違いや、髪や瞳の色などの見た目の違いがあります。その他の大きな違...

神棚の掃除はいつまでにやる?年末の大掃除の方法と注意点を解説

年末は家の中の大掃除をしますが、神棚の掃除もその中の一つです。神棚はとても神聖なもの。大掃除をする時...

卓球のダブルスに勝つための戦術・サーブレシーブにポイントが

卓球でダブルスを組んで試合をすることになったら、どんな戦術で挑めば試合に勝利することができるのか知り...

コンビニバイトで注意すべき言葉遣いについて徹底解説

コンビニバイトのような接客業では言葉遣いに注意すべきだということはわかっていても、普段使っていないと...

体育の授業は何が目的で行われているのか知りたくありませんか?

学校の勉強は国語、算数(数学)、理科、社会、それに英語に家庭科、保健体育などなど、さまざまな教科があ...

本出版のお祝いは何がベスト?本当に喜ばれるお祝いとは

知人や友達、恩師が本を出版したらお祝いは、どの様にしたら良いのでしょうか。なかなかあることではないの...

スノーボードの初心者はスタンスをどう決める?コツやポイント

スノーボードの初心者はスタンスをどう決めたらいいのでしょうか?自分の利き足がどちらかを知る方法とは?...

内祝いを贈る時のお礼状はどんな封筒にすべき?封筒の選び方

結婚や出産などでお祝いをもらったお礼いに内祝いと一緒にお礼状を添えたい場合、どんな封筒に入れるべきで...

バドミントンの試合で勝てるコツがある。勝つ為に出来る事

バドミントンの試合でなかなか勝つ事が出来ない、勝てそうで勝てないという状況はあると思います。...

結婚式で男性におすすめのスーツに似合う髪型とマナー

結婚式に出席する場合には、服装と共に、髪型もフォーマルな場所に相応しいスタイルにしたいものです。髪型...

年賀状のコメントなしは失礼になるのかどうか【年賀状のマナー】

毎年の年賀状はいつも年末ギリギリになって準備を始めるという方も多いと思います。そこで気になるのが...

兄弟の結婚・ご祝儀相場は?結婚式なしのときのご祝儀について

兄弟が結婚することになり、ご祝儀について考えている人もいますよね。特に、結婚式なしの場合はご祝儀をど...

結婚式に参列する際の持ち物、女性なら何を持っていくべきか

結婚式は結婚する友達や親族のことをお祝いできる大切なイベントですよね。しかし、ただ手ぶらで何も持...

妊娠報告に伝えたい言葉!友達におめでとうの返事をするときは

友達から妊娠報告があり、どんな返事をしようか悩むことがあります。妊娠報告への返事をするときは、知って...

スポンサーリンク

ダンスの上達期間は人によって違う

ダンスにかかわらず、習い事は小さいことからずっとやっている子もいれば中高生で始める子もいます。
経験年数の差はあるけれど、上達したいという気持ちさえあれば、だれでも上達します。そして中には小さい頃から習っていた子よりも結果を出す子がいます。

ダンスを上達する期間はどれくらいと問われても、一概に答えが出せるわけではないのです。
答えるとするなら、「人によって違う」という事でしょう。

高校生からダンスを始めるということは、周りの子はある程度ダンスの経験年数がある子多いですよね。

その人達に食らいついていく勢いで練習に励みましょう。
何事も自分の気持ち次第です。

ダメと思えばそこまでです。
それ以上得る物はありません。

諦めずに食らいついていく精神、何事にも真面目に取り組み姿勢の持ち主こそが最後は結果として繋がるのではないでしょうか。

ダンスが上達するためには期間よりも毎日の練習が大切

ダンスを上達したいと思うなら、これまでに上達しなければならないという期間を気にしたり、設けたりする必要はありません。
期間は言わなくてもある程度かかることは言うまでもありませんし、努力次第ではその期間も縮まったり伸びたりもします。

期間よりも毎日コツコツとダンスに打ち込むことが大切です。
小さな頃から身につけておきたい基礎や動きは、あなたは大きくなってから覚えます。

その動きが簡単にできたとしても、ダンス中にずっと維持することは難しく、これは小さな頃から身につけてきた子の方が断然有利です。
無意識にできるからです。

でもあなたにできないことはありません。
毎日コツコツ練習の中で体に叩き込み覚えさせていくのです。
短い時間、長い時間にかわらず少しでもダンスに触れている時間を多く作り、努力次第でダンスの技術を早い段階で習得することが可能ですよ。

どんなスポーツにおいても最も大切なことは練習量ですね。

ダンスを長い期間練習していてもなかなか上達しない理由

ダンスを長くやっている子でもなかなか上達しないと悩む子がいます。

それは自分に合ったレベルの練習をしていないからかもしれません。
どんなに練習していても上達はしません。

すでにできる部分や得意分野を重点的に何回も繰り返し練習しても、それ以上の技術が身につくわけではありません。
得意な分野が更に得意になった、更に上達するだけなので、全体的に上達するわけではありません。
このように不得意な部分を避けて練習したり、もしくは自分のレベル以上のダンスを練習したりしていませんか。

ダンスがなかなか上達しない子は自分自身のダンスのレベルと、練習内容を見直す必要があります。
ここを間違ってしまうといくらダンスを習っている期間が長くても上達はしません。

うまくなりたい、早く周りのダンサーに追いつきたい、と思えば思うほど焦った思いが練習内容に出てしまいます。
自分のレベル以上の練習をしてしまうんですね。
そうではなく、上達するためには質の良い練習、自分のレベルの合わせて練習をすることが大切です。

ダンス初心者でも上達するためには基礎練習が大切

ダンスを習い始めたばかりの子は基礎練習を大切にしましょう。

小さい頃からダンスを習い始める子はある一定の期間ずっと同じことをしてきたでしょう。
毎回ダンスレッスンの15~30分程度はその基礎の繰り返しかもしれません。

その時に「また同じことか」と思っていた子も、大きくなるとその基礎練習の大切さを痛いほど感じるでしょう。

大きくなってダンスを始める子は小さい頃からダンスを習っている子に比べ、この基礎練習の時間が少ないかもしれません。

年齢に応じてレッスンを内容が変わってきますが小さい子に比べ動きの習得が早い分、基礎が体に身につきにくいですので、繰り返し何度も基礎練習をしましょう。

練習の度に基礎練習から始めると間違いないですね。

質のいい練習の積み重ねがダンスの上達に繋がります

ダンスは毎日コツコツと練習を積み重ねることが大切です。
1日、2日、3日休んでしまうと取り返すのに時間がかかります。
短時間だとしてもできる限りダンスに触れる時間を作りましょう。

またリズム感が掴めないと感じたまま練習を続けても上達はしません。
まず、リズムのとり方から練習し音楽にのれるようになりましょう。
音楽に上手くのれるようになったら、逆に体の動きに音楽をのらすプロのような動きを目指したり、レベルをあげて練習することができます。
最初から背伸びした練習をするのではなく、段階を踏んで自分のレベルに合わせて練習をこなしていきましょう。

このように質の良い練習の積み重ねが、あなたのダンスを上達させるコツでもあります。
周りより遅くダンスを始めたので、出来ないのは当たり前です。
それはただ、始めるのが早い遅いの違いであって上達の差を比べるところではありません。

あなたもより早く追いつけるように日々の努力が大切ですね。
ダンスが好きなら必ず上達するはずです。