バスケのコツを徹底解説!ディフェンスは攻めることも大切です

部活でバスケをしている人の中には、ディフェンスが上達しないことが悩みだという人もいるでしょう。

しかし、ここでディフェンス上達のために何をすべきかがわかれば、試合でも活躍できるようになります。

今回はバスケのディフェンス上達のためのコツやディフェンスにとって大切なことについて説明します。
ディフェンスは守ることだと思ってしまいますが、攻めることも大切です。

また、もし試合中に抜かれても、スイッチを入れ替えて次のことを考えるようにしましょう。
これもディフェンス上達のためには必要なことです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハンドメイド販売で収入があったときの届出について

ハンドメイドの販売をして収入がある場合は確定申告や届出が必要となります。たいした金額ではないから…と...

【サッカーの練習方法】中学生が一人でできる練習方法とコツ

中学でサッカー部に入っていろいろ練習しても、なかなか上達しないと悩んでいる人もいるでしょう。...

スキーの面倒なワックスがけにはスプレー!その使い方を解説

スキーを滑りやすくするためにはワックスが必要だということはわかってはいても、ワックスがけは面倒なもの...

【スクワットの重量の決め方】女性の平均重量と回数設定について

バーベルスクワットを始めてみたいと思っても、初心者の女性は重量や回数をどのように決めていいのかわから...

縦書きや横書きのときのホチキスの位置とは?止め方を紹介

縦書きと横書き、ホチキスはどの位置に止めるのが正しいのでしょうか?たかがホチキス、されどホチキス。...

結婚式披露宴の時間に間に合う余裕を持った受付到着時間をご紹介

結婚式の披露宴に招待をされたら、余裕を持った到着時間を設定してください。開始時間ギリギリの到着や受付...

遠方の葬儀に子連れで参列する時の判断基準と子供の服装・マナー

遠方で葬儀が行われるとき、子供を連れて葬儀に参列すること、特に小さい子供を連れて葬儀に参加するのはと...

【洋食のマナー】魚料理をきれいに食べるコツとテーブルマナー

普段は箸を使う日本人にとって、洋食のテーブルマナーはちょっと苦手という方が多いのではないでしょうか。...

面【剣道】のお手入れ方法とは?面の洗い方を紹介します

剣道の面のお手入れはどのようにしたらいいのでしょうか?日頃のお手入れのポイントとは?防具は、...

ご祝儀袋はふくさでの渡し方がマナー?結婚式での渡し方

結婚式でご祝儀袋を渡す時、ふくさを使った渡し方が一番ベストです。ふくさで包むのには理由があり、よ...

友人スピーチの時のお辞儀の回数は多い!タイミングとやり方

友人の結婚式のスピーチを頼まれた時に、どんなスピーチをしようかと頭を悩ませるでしょうが、その他にもお...

仕事なのに寝坊した!頭の中は『遅刻VS休む』の大乱闘!

仕事なのに寝坊した!遅刻して出勤するより、休むという選択をした方がビジネス的にもいいと聞きま...

卓球初心者のサーブの打ち方!上達方法とポイント・打ち方を紹介

卓球初心者の人の中には、サーブの打ち方がいまいちわからずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。...

警察官採用時の身辺調査の実態!身辺調査にまつわる疑問を調査

警察官採用試験時には身辺調査が実施されるという話を聞いた事ありませんか?もし警察に一度でもお...

欠席理由の伝え方!法事を欠席するときは早めの連絡がマナー

法事の案内が届いたとき、その日にどうしても法事に参列できない場合は、法事を欠席することになります。...

スポンサーリンク

バスケのディフェンスのコツはポジションと姿勢にあります

バスケの中で重要な「ディフェンス」の動き

バスケは、攻撃(オフェンス)と守備(ディフェンス)に分かれ、シュートを決めることで得点を取り合うスポーツです。

点数を入れることにだけ集中して攻撃ばかりしていても、守備が疎かになっていると相手に得点を決められてしまいます。

そのため、バスケが強くなるためには、攻撃も守備もしっかり練習する必要があります。
ただ、バスケの攻撃は攻めるための走り込みやシュートなど、動きも派手で練習していても楽しいものですが、ディフェンスの練習は攻撃の邪魔をすることが動作の基本なので、練習も地道で忍耐を要するため、バスケ経験者の中にはディフェンスを苦手とする人も多いのではないでしょうか。

しかし、ディフェンスを制することが攻撃のチャンスを広げます。

リバウンドを確実に取ることで、味方チームの攻撃にすぐさま繋げることが出来ます。
ディフェンスが強いということは、相手が思うような攻撃をさせないということ。

ディフェンスの練習をしっかりすることこそが、実はバスケの練習の中では非常に重要なことなのです。

ディフェンスの練習を効率よく行うために大事なポイントは大きく2つあります。

1つ目は「ポジション」

ディフェンスは簡単に言うと、相手のシュートやシュートまでの動きを邪魔して点数を入れさせないことが基本です。

そのため、ただ相手の前に立って邪魔をしても意味がありません。

ゴールを自分の後ろにして、ゴールと攻撃してくる相手との間にポジションを作ることが重要です。

ディフェンスは、相手に近すぎても遠すぎても意味がないので、腕1本分くらいのスペースを取ります。

2つ目のポイントは「姿勢」です。

ディフェンスは、相手の動きに即座に対応できるよう、腰を少し落とし、両足を広げた状態がベストです。

棒のように立っていただけでは、相手にすぐに抜かれてしまいますが、ディフェンス時にこのような姿勢を取ることによって、相手が左右どちらに行っても付いていくことができます。

また、このように目の前に構えられていたら、攻撃相手も思うような攻撃が出来ないプレッシャーを与えることも出来るのです。

ディフェンス上達のコツは「守る」ではなく「攻める」

攻めのディフェンスは相手にプレッシャーを与える

ディフェンスは、守備という意味ですよね。

ディフェンスは、文字通りの意味で捉えると相手からの攻撃を「守る」ことが動作の基本ですが、実はその中でも「攻める」ことがディフェンスが強くなるコツです。

ディフェンスは”守る”ということなのに、反対の”攻める”が重要と聞くと、なんだか矛盾しているような気もしますよね。

これは、どういうことなのでしょうか。

バスケで強くなる、あるいは試合に勝つためには、ディフェンスが重要な鍵ということは前項で説明した通りです。

バスケの試合は点の取り合いですが、単純に言えばディフェンスが堅くて相手が点数を決められなければ、試合に勝利することができます。

ディフェンスで攻めるということは、守りながら相手の邪魔を積極的にするということ。
ただ、相手の目の前に手を広げて立っているよりも、常に相手の先回りをして次の動きを読んで邪魔をしたり、スティールやパスカットを狙うということの方が確実に”強いディフェンス”になります。

「うわ、このディフェンス嫌だな」というプレッシャーを相手に与えて、相手が思っている動きを封じ込めることこそが、ディフェンスの重要なポイントです。

ただ守るのではなく、攻めのディフェンスを意識して練習や試合に臨んでみましょう。

相手チームのことを理解することもバスケのディフェンス上達のためのコツです

相手の気持ちになって、動きを読む

バスケは、個人競技ではなくチームプレーです。

コートに立つ5人それぞれが、自分に与えられたポジションでしっかり動くことによってチーム全体が上手くまとまり、力になります。

攻撃の時は、チーム全体で攻撃して、守る時にはチーム全体で守ります。

バスケが強くなるためには、攻撃だけや守備だけが強くてもダメで、どちらもバランスよく出来ることが必要です。

バスケ経験者であれば、攻撃・守備両方の練習の経験があることでしょう。

私も、昔バスケの経験がありますが、守備の練習ははっきり言って嫌いでした…。

その理由は地味で地道だからです。

攻撃の練習だとシュートの上達や動き方が自分でも上達具合が分かりますが、守備の練習はひたすら相手の攻撃から守るための動きで、上達したかどうかもよく分かりません。

でも、ディフェンスがバスケにとって非常に重要な動きです。

動きは地味でも、自分の心の持ちようによって、ディフェンスを楽しむことも大切です。
ポイントは、相手の気持ちを読むこと。

自分が嫌だなと思ったことは、相手も同じ確率で嫌だと感じているはずです。

自分が相手の気持ちになって、目の前の相手が次にどんな動きをするのかを予想するのです。

そのためには、コート全体の状態をしっかりを頭に入れていくことも大切です。
相手がドリブルで切り込んでくるか、パスをするかなどが読めれば、パスカットやスティールのチャンスが生まれ、攻撃に変えることができます。

ディフェンスを抜かれても、気にしないようにしましょう

抜かれても、そこで終わりではない

得点をよく決めるような選手には、ディフェンスの堅い選手を当てるのはよくある作戦ですよね。

相手の得点を封じるために、攻撃の選手1人に対し、2人など複数人をディフェンスに付けることも、試合ではよく見られます。

試合に勝つためには、自分たちの日頃の練習成果を出すことも大切ですが、それ以上に相手チームの特徴を研究することも大切です。

チームには、それぞれの色があります。
パス回しが上手い、ロングシュートを決めることが多い、切り込む時は右側からが多いなど。

それぞれのチームや、相手選手の特徴やクセを理解すると、その攻撃に対するディフェンスも変わってきます。

でも、どんなに練習を積んでディフェンスをしても、相手に交わされて抜かれることもあります。

これは攻撃の方が味方やゴールの位置を見渡せる分、動きが有利であるためです。

そのため、ディフェンスを抜かれても、諦めて動きを止めるのではなく、頭を切り替えて、次の動きに行くことが大切です。

バスケのディフェンスで大切なことを理解しましょう

練習の大切。でももっと大事なのは相手の気持ち

これまでの項では、バスケの中で、「ディフェンス」がいかに重要であるかということを説明しました。

今まで、コーチから「ディフェンスをしっかりやれ!」などと言われて疑問を持っていた人でも、なぜディフェンスがバスケにおいて重要なのかということを理解していただけたのではないでしょうか。

ディフェンスが上手くなることは、相手の攻撃を邪魔することに繋がります。

ディフェンスを上達するためには、練習も大切ですが、ディフェンスはオフェンスがあってこそ出来る動きです。

そのため、相手の動きを読み、気持ちよくプレーさせないことこそがディフェンスにとっては非常に重要なポイントです。

自分の動きに合わせてぴったり付いてきて、シュートの時にも手が伸びてきては、いつものようにシュートを気持ちよく打てるはずがありません。

相手にとって「あのディフェンス、苦手だ」と思わせるような動きをすることが強いディフェンスになるのです。