ダンスは独学でもプロを目指せる?プロのダンサーになる方法

ダンスは独学でもプロになれる?プロになりたい!という人も多いと思います。
独学だとプロにはなれないということは決してありませんし、実際独学でダンスを習得し、プロとして活躍されている方もたくさんいます。
独学のメリットはありますが、どうしてもプロを目指したいのであれば、やはりスタジオに通うことをおすすめします。
プロのダンサーになる方法についてご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卓球のダブルスのサーブは対角線に入れるように打つのがルール

卓球にはシングルスとダブルスがありますが、この2つにはサーブを打つ時のルールが違います。ダブルスでサ...

卓球の練習メニュー【中学生編】上達するためのポイント

卓球の練習メニューについて中学校の部活の場合、どんな練習方法が良いのでしょうか?卓球はしっかりと練習...

バスケ【試合のコツ】活躍するために今からあなたができること

バスケの試合のコツというと、シュートやドリブルを上達するための練習が浮かんでいませんか? では、ま...

ゴールドの結婚指輪の着用は葬式でOK?NGとされるデザインは

ゴールドの結婚指輪は肌なじみが良いと人気です。しかしその一方で葬式などにつけていっても大丈夫?と心配...

スノーボード初心者への教え方!楽しく安全に滑る基本のステップ

スノーボードを初めて滑るという方には、何から教えれば良いのでしょうか? まず、初心者は転倒が多くな...

【洋食マナー】ライスを食べる時のフォークの使い方と食べ方

洋食でのマナーで悩むのが「ライスの食べ方」ではないでしょうか。 洋食ではフォークとナイフと使って食...

袱紗には慶弔両用の色があります!袱紗を使用する際の注意点

お祝い事や、お悔やみ事で使用する袱紗。社会人のマナーとして用意をしておくのが良いでしょう。 し...

テニス初心者が練習をするための心がけとルールとマナーについて

テニスの初心者が練習をする前に、覚えて置かなければならないことがあります。 それは、ルールとマナー...

スキー初心者の道具選びのポイント!チェックするべき項目

スキーをこれから始めるというスキー初心者はどのような道具を揃えれば良いのでしょうか? スキーを選び...

病院への電話のかけ方!コツや注意点とマナーについて

病院への電話のかけ方について悩んだことはありませんか?例えば、初めての病院への予約の電話や予約のキャ...

ご祝儀袋へのお札の入れ方と書き方のマナー【大人のマナー講座】

ご祝儀袋にお札を入れようとして、入れ方に戸惑ってしまうということはありませんか?結婚式のご祝儀を渡す...

地鎮祭の服装にジーパンはOK?地鎮祭の服装と流れ・地鎮祭とは

地鎮祭を行う時、どんな服装で出席したら良いのかわからない人もいますよね。地鎮祭に何度も出席する経験が...

結婚式のご祝儀の相場は?部下へのお祝いとご祝儀のマナー

結婚式の招待状を受けると、おめでたい気持ちとともに湧き上がってくるのが、結婚式のマナーやご祝儀に関し...

バレエは基礎が大事!子供のうちからしっかり見付けさせよう

バレエの基礎を続けるのは子供でもしんどいもの。 でもバレエこそ基礎が一番大事で、基礎がしっかりして...

卓球の練習メニューでフットワークに効くものを紹介します

卓球の練習メニューで外せないものと言えばフットワーク練習ですよね。 どんな練習をしたらフットワーク...

スポンサーリンク

ダンスは独学でもプロを目指せる?要はやる気があるかどうか

結論から言いますと、ダンスは独学でもプロを目指せます。
プロのダンサーになれるかなれないかは別として、やるかやらないかは本人のやる気次第です。
やる気があるなら、どうすべきが、どのくらいの練習量が必要か、プロになるための行動を必然的にできていると思います。

独学でプロダンサーを目指すことは十分に可能

独学でプロを目指す人はどこかでスタジオに通うべきかどうか悩む人も多いと思います。
もし悩んでいるならスタジオに通うことをオススメします。
なぜならスタジオでは基礎テクニックをしっかりと教えてくれます。ダンスは同じ動きでも、動き方次第で様々な表現ができます。
基礎をしっかりとした上で様々な人のダンスを見ながら、それを刺激に自分なりの動きを習得できます。

また、スタジオならダンスイベントに出る機会も増えプロになる近道がありますので、そういった点で有利です。

といっても、それなりの努力がなければそのような有利な点も活かすことはできません。
まず、やる気があるかどうか、険しい道のりに耐えられる自信はあるか、考えてみましょう。

独学でダンスを学んでプロになることもできるが、スタジオに通う方がよりプロに近づける可能性が高い理由

独学でもダンスのプロになることはできます。
現に独学でストリートダンスを続けて、スカウトされプロになるダンサーは世界中にたくさんいます。

ですが、それ以上にスタジオに通ってプロになる人の方が多いのです。

どんな形であろうとプロダンサーの多くは生まれ持ったセンスと、努力して培ったセンス、そして行動力があります。
努力したことが結果として繋がることもあれば、そうでないときもあります。
時には努力で培ったセンスは生まれ持ったセンスに勝てないこともあります。

プロになるためにはオーディションで受かったり、プロ関係者にスカウトされる必要があります

様々な場所やイベントに積極的に足を運び、少しでもそのような人たちの目につくように活動をしていかなければなりません。

もし、プロダンサーとして有名な先生のスタジオでダンスを習うなら、先生を通してプロの道に行ける可能性もあるのです。
先生はそのような人たちと繋がりがあるからです。
そうするためにも将来性があるということを先生にアピールしなければいけないため、どの道をいっても努力は必須です。
スタジオに通ったからといって決して楽なことはありません。

プロを目指してダンスを独学で学ぶには

プロを目指してダンスを独学で学ぶために必要なこと。

ダンス経験

これはある程度のダンス経験がないと不可能と言えるかもしれません。ダンスレッスンに通い基礎を学んでいるからこそ、独学ができます。
1から独学すると、ダンス経験者と言われるようになるまではかなりの年数が立ってしまいます。
そこからプロになるための独学と考えると果てしないですね。

ダンス以外、なんらかのスポーツ経験がある

スポーツはそのスポーツに合わせて体の動きや使い方が異なります。
そのスポーツを上達させるためにはどう体を動かせば良いのか、こうしたらどうなるか、体の使い方がある程度わかっています。
スポーツとダンスは違いますが、ダンスならではの動きの習得が早いことが期待できます。

スポーツとダンス経験がある人はある程度の体幹があり、体の使い方を理解しているはずです。
それを踏まえて独学をすると学びが早いと思います。

どうしてもプロになりたいなら、独学ではなくスタジオに通った方が上達は早いし、振付師のレッスンの指導を受けるのが一番の近道かもしれない

独学でプロになっているプロダンサーがいる以上、独学でプロになることは不可能ではありません。
しかし、並々ならぬ努力と、そして自分で活動していく中で必要な人間性や人脈もかなり重要になってきます。

どうしてもプロになりたいなら技術の面でスタジオに通うこと、そしてダンスを構成するにあたり振付師のレッスンに通うことをオススメします。
これらがプロになるための最も近道と言えます。

スタジオでダンスや、振付師によるダンスの振り付けを学ぶことで、それらに必要な基礎をしっかりと身につきます

また振付師に知り合いがいることでバックダンサーのお仕事が舞い込んでくる可能性があります。
一昔前まではバックダンサーはオーディションによって選ばれた人が多かったのですが、現代は振付師のスカウトでバックダンサーになる人達が多い傾向にあります。

スタジオに通うことや、振付師のレッスンを受けることは、プロになるツテを得られる可能性があります。

ダンスでプロになるのは大変?プロダンサーの収入源と必要なスキル

プロのダンサーになってもダンサーだけの収入で食べていける人は、ダンサーの極一部だと言われます。

ダンサーの収入だけで食べていける人といえば、世界でも名の知れたダンサーにならなければいけません。
その中で、スポンサーがついてようやくダンサーだけの収入で食べていける感じです。

あなたの夢はダンスのプロになることと思いますが、明確にはダンサーだけの収入で食べていけるプロダンサーという意味ではないでしょうか。

そのためには並外れたダンスのセンスはもちろん、ビジネススキルもとても重要だと言えます。