ダンスは独学でもプロを目指せる?プロのダンサーになる方法

ダンスは独学でもプロになれる?プロになりたい!という人も多いと思います。
独学だとプロにはなれないということは決してありませんし、実際独学でダンスを習得し、プロとして活躍されている方もたくさんいます。
独学のメリットはありますが、どうしてもプロを目指したいのであれば、やはりスタジオに通うことをおすすめします。
プロのダンサーになる方法についてご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卓球の練習方法・初心者の中学生の練習と一人でもできる練習方法

中学生になってから卓球を始めた人の中には、周囲と比べてなかなか自分のテクニックが上達せずに悩んでいる...

離乳食・11ヶ月頃に食べさせたい手づかみ食べのレシピや注意点

離乳食は順調ですか? 11ヶ月ころになると手づかみで色んな物を食べさせてあげたいですね。 手づ...

スノボ初心者の滑り方!知っておくと上達する滑り方のコツ

初めてスノボをするというスノボ初心者は、まず何から練習すればいいのか悩む方も多いと思います。 そこ...

スキーとスノボのウェア兼用を考えているならコレがおすすめ

スキーとスノボのウェアは兼用できるものなのでしょうか?どちらもしたいという人にはこのウェアがオススメ...

卓球の練習メニュー【中学生編】上達するためのポイント

卓球の練習メニューについて中学校の部活の場合、どんな練習方法が良いのでしょうか?卓球はしっかりと練習...

バスケのコツを徹底解説!ディフェンスは攻めることも大切です

部活でバスケをしている人の中には、ディフェンスが上達しないことが悩みだという人もいるでしょう。 ...

教育実習と就活被りはメールより電話対応のススメやポイント

教育実習の日程と就活の面接の日程が重なってしまったときに、メールで対応してしまいたいと思ってしまうか...

結婚式に履く靴の素材にスエードはOK?結婚式の靴マナーを解説

結婚式にゲストとして出席するときに考えるのが、洋服や靴などのマナーについてです。 結婚式でマナー違...

御祝儀を連名で包むときの表書き・友達と連名で包むときの書き方

友達同士で御祝儀を包むことになった時、連名で包む場合は、御祝儀袋の表書きにどのように名前を記載すれば...

卓球初心者の練習方法!素振り・壁打ち・球を打つ練習で卓球上達

卓球を始めたばかりの初心者の人の中には、どのような練習方法で練習を行えば上達するのか知りたい人もいる...

外国の人やハーフの人の名前にある「ミドルネーム」ってなに

日本人の名前と言えば、「名字」と「名前」の2つの言葉で構成されていますよね。 しかし、外国人やハー...

No Image

結婚式の友人代表スピーチ!面白いエピソードの盛り込み方

結婚式に友人代表スピーチを頼まれたら、面白いエピソードを交えて場を和ませたい!そう思う方も少なくはな...

ホテルのベッドの使い方と良く眠れるおすすめな使い方

ホテルに宿泊した時に、キレイに整えられたベッドはとても気持ちが良いですね。 ですが寝ようと思っ...

No Image

結婚式の出席を断る時のマナーについて知りたい

結婚式はその人にとって、特別に大事な日ですから、出来るだけ祝福してあげたいですよね。 しかし、人に...

高校生の勉強時間について!進学校と中堅校の差と勉強方法

高校生の勉強時間は進学校と中堅校では、どのくらいの差があるのでしょうか。 驚くことに受験が間近...

スポンサーリンク

ダンスは独学でもプロを目指せる?要はやる気があるかどうか

結論から言いますと、ダンスは独学でもプロを目指せます。
プロのダンサーになれるかなれないかは別として、やるかやらないかは本人のやる気次第です。
やる気があるなら、どうすべきが、どのくらいの練習量が必要か、プロになるための行動を必然的にできていると思います。

独学でプロダンサーを目指すことは十分に可能

独学でプロを目指す人はどこかでスタジオに通うべきかどうか悩む人も多いと思います。
もし悩んでいるならスタジオに通うことをオススメします。
なぜならスタジオでは基礎テクニックをしっかりと教えてくれます。ダンスは同じ動きでも、動き方次第で様々な表現ができます。
基礎をしっかりとした上で様々な人のダンスを見ながら、それを刺激に自分なりの動きを習得できます。

また、スタジオならダンスイベントに出る機会も増えプロになる近道がありますので、そういった点で有利です。

といっても、それなりの努力がなければそのような有利な点も活かすことはできません。
まず、やる気があるかどうか、険しい道のりに耐えられる自信はあるか、考えてみましょう。

独学でダンスを学んでプロになることもできるが、スタジオに通う方がよりプロに近づける可能性が高い理由

独学でもダンスのプロになることはできます。
現に独学でストリートダンスを続けて、スカウトされプロになるダンサーは世界中にたくさんいます。

ですが、それ以上にスタジオに通ってプロになる人の方が多いのです。

どんな形であろうとプロダンサーの多くは生まれ持ったセンスと、努力して培ったセンス、そして行動力があります。
努力したことが結果として繋がることもあれば、そうでないときもあります。
時には努力で培ったセンスは生まれ持ったセンスに勝てないこともあります。

プロになるためにはオーディションで受かったり、プロ関係者にスカウトされる必要があります

様々な場所やイベントに積極的に足を運び、少しでもそのような人たちの目につくように活動をしていかなければなりません。

もし、プロダンサーとして有名な先生のスタジオでダンスを習うなら、先生を通してプロの道に行ける可能性もあるのです。
先生はそのような人たちと繋がりがあるからです。
そうするためにも将来性があるということを先生にアピールしなければいけないため、どの道をいっても努力は必須です。
スタジオに通ったからといって決して楽なことはありません。

プロを目指してダンスを独学で学ぶには

プロを目指してダンスを独学で学ぶために必要なこと。

ダンス経験

これはある程度のダンス経験がないと不可能と言えるかもしれません。ダンスレッスンに通い基礎を学んでいるからこそ、独学ができます。
1から独学すると、ダンス経験者と言われるようになるまではかなりの年数が立ってしまいます。
そこからプロになるための独学と考えると果てしないですね。

ダンス以外、なんらかのスポーツ経験がある

スポーツはそのスポーツに合わせて体の動きや使い方が異なります。
そのスポーツを上達させるためにはどう体を動かせば良いのか、こうしたらどうなるか、体の使い方がある程度わかっています。
スポーツとダンスは違いますが、ダンスならではの動きの習得が早いことが期待できます。

スポーツとダンス経験がある人はある程度の体幹があり、体の使い方を理解しているはずです。
それを踏まえて独学をすると学びが早いと思います。

どうしてもプロになりたいなら、独学ではなくスタジオに通った方が上達は早いし、振付師のレッスンの指導を受けるのが一番の近道かもしれない

独学でプロになっているプロダンサーがいる以上、独学でプロになることは不可能ではありません。
しかし、並々ならぬ努力と、そして自分で活動していく中で必要な人間性や人脈もかなり重要になってきます。

どうしてもプロになりたいなら技術の面でスタジオに通うこと、そしてダンスを構成するにあたり振付師のレッスンに通うことをオススメします。
これらがプロになるための最も近道と言えます。

スタジオでダンスや、振付師によるダンスの振り付けを学ぶことで、それらに必要な基礎をしっかりと身につきます

また振付師に知り合いがいることでバックダンサーのお仕事が舞い込んでくる可能性があります。
一昔前まではバックダンサーはオーディションによって選ばれた人が多かったのですが、現代は振付師のスカウトでバックダンサーになる人達が多い傾向にあります。

スタジオに通うことや、振付師のレッスンを受けることは、プロになるツテを得られる可能性があります。

ダンスでプロになるのは大変?プロダンサーの収入源と必要なスキル

プロのダンサーになってもダンサーだけの収入で食べていける人は、ダンサーの極一部だと言われます。

ダンサーの収入だけで食べていける人といえば、世界でも名の知れたダンサーにならなければいけません。
その中で、スポンサーがついてようやくダンサーだけの収入で食べていける感じです。

あなたの夢はダンスのプロになることと思いますが、明確にはダンサーだけの収入で食べていけるプロダンサーという意味ではないでしょうか。

そのためには並外れたダンスのセンスはもちろん、ビジネススキルもとても重要だと言えます。