暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

字が綺麗な男性は好感度もアップ!大人の綺麗な字が書けるコツ

   

字が綺麗な男性は好感度もアップ!大人の綺麗な字が書けるコツ

字が綺麗な男性は女性からも好感度が高く、例え見た目に自信がない男性でも字が綺麗なだけでイメージアップすることもあります。では、どうしたら大人としてビジネスでも自信を持って使えるくらい綺麗な字が書けるようになるのでしょうか?

そこで、字が綺麗な男性のイメージと大人の綺麗な字が書けるコツについて、女性からモテる理由や好感度が高いこと、字が綺麗だとギャップによるイメージアップもあることや大人のための字を綺麗に書けるコツなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、字が綺麗に書ける男性の方が何かと有利になり、女性からもビジネスにおいても好感が高いことがわかります。ぜひ練習をして綺麗な字が書けるように頑張りましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

字が綺麗な男性が女性からモテる理由

社会人になると人前で字を書く機会が増え自分の字の汚さが恥ずかしいと感じたり、先輩に時字の汚さを指摘されたり、など字が汚いことに引き目を感じていませんか。

社会人になるまで自分の字の汚さを気にしたことがない男性も多いのではないでしょうか。
しかし、このような経験をしてしまった以上、字を綺麗に書けるようになりたいですよね。
この機会に綺麗な字を書ける男になるよう努力してみましょう。

まず綺麗な字が書ける男性のメリットを知ってモチベーションをあげておくと良いですね。

男性で字が綺麗なメリット

  • 人前で抵抗なく字を書くこと
    どんな時も自信を持って抵抗なく書くことができますので、余計なところで引き目を感じることもありません。
  • 女性にモテる
    字が綺麗=教養がある、頼れそう、仕事ができる このようなイメージがあるので恋の対象のポイントになります。

男性は字が綺麗なだけで好感度が高くなる

男性は字の綺麗さだけで高感度が高くなるということを聞いたことがありますが、果たしてそれは本当かどうか。

世間一般的に「字」と「教養や仕事」は結び付けられます。
字が綺麗だと教養があり仕事ができると印象があり、そこから恋愛に関すると頼もしそうという印象になります。

必ずしもそうとは限らないのですが、このような印象が強いことから恋愛において字が綺麗な男性は高感度が高くなると言えます。

見た目がイマイチな男性でも字が綺麗だとイメージアップ

見た目がイマイチな男性にとって字が綺麗なことはイメージアップに繋がります。

恋愛において字が綺麗な男性のイメージ

  • しっかりしている
  • 勉強や仕事ができる
  • 優しそう
  • 落ち着いてそう

年齢によっても異なりますが、女性は恋愛をすると結婚するしないに関係なく、結婚相手にしても良い男性を選ぶ傾向にあります。
「彼氏としては良いけど、結婚となると…」と判断する場合も多いのです。
字が綺麗なことはこれだけの印象がありますので、顔がイマイチで自信がなくてもモテる要素は秘めているということになります。

女性は結婚後の生活や子供の遺伝子までも考える人が多いので、勉強や仕事ができる人の方が結婚対象にしやすいのです。

このような傾向が少しでもあるならモテない男性でも字を綺麗に書ける努力したいものではありませんか。
恋愛でモテるための努力が、仕事でも有利に使えるとなると頑張ってみても損はありませんね。

大人のための字を綺麗に書けるコツ

大人のための字を綺麗に書けるコツ

  • 横線は右上がり
    右肩下がりという響きが悪いように、字も右下がりでは不格好になります。
    右上がり6度を意識することで締りのある字になります。
  • 払いは右下に重心をおく
    横線は右上がりに書くと締りがあると述べましたが、右払いは左払いよりも低く重心を下にすることでバランスの良い字になります。
  • 隙間は均等に
    「日」や「明」隙間がある場合は均等に線を引きましょう。
  • 文を書く時
    文を書く時は字の大きさをなるべく揃えます。
    「漢字が10、ひらがなは7、カタカナは8」
    これは字の黄金比と言われる比率ですので、字の大きさを均等に書けるようになったら意識してみてください。

字はポイントを抑えて練習すれば綺麗になります

お手本となる字をひたすら練習していきましょう。
硬筆用のテキストを使用すると実践しながら線の引き方、払いや止めの仕方を覚えられるので便利です。

覚えることは簡単でも習慣づけることは大変で、昔からの癖を大人になってから直すには容易ではありません。
感覚を掴み、良い字の書き方は癖となるまで、とりあえずは毎日字を書く意識をしましょう。

電子機器が普及するこの世の中ではペンを持つ機会が失われて言っています。
意識しなければ、全てパソコンや携帯のメモなどで済ませてしまうことが多いですよね。
得意な字だけではなく、不得意とする字も積極的に練習してくださいね。

字は一見、画数の多いものほど字のバランスが難しいように思えますが逆なんですよ。
画数が少なけれな少ないほどバランスが難しいのです。
「子」「井」「下」など意識して書いてみると意外と難しいことに気がつくはずです。

字が綺麗になると字を書くことが好きになります。
恋愛においてのイメージアップだけではなく仕事面でも物書きが多い仕事などスムーズにこなせるのではないかと期待もできますね。

男で字が綺麗だと様々なイメージアップにつながります。
それが恋愛や仕事となると男としてこの上ないことでですよね。

字を綺麗に正すことはできないことではありません。
自分の字の汚さを痛感し綺麗に正すよう努力する試みはきっと今後のために繋がると期待して頑張ってくださいね。

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ