暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

韓国はご飯を残すのが当たり前!他にも合った驚きのマナーとは

      2018/09/18

韓国はご飯を残すのが当たり前!他にも合った驚きのマナーとは

韓国に行ったことがあったり、ドラマなどの食事のシーンを見ていて驚いたことはありませんか?

日本の食事の風景とはまったく違ったマナーが韓国にはあります。

ご飯は残したほうが良いと聞きますが、その理由とは?

ご飯を残すことの他にも、茶碗や箸やスプーンの使い方が違ったり、日本では行儀が悪いとされている驚きのマナーがありました。

近い国でもこんなにマナーが違いますよ。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

韓国ではご飯を残すのがマナーって知ってますか?

日本のお隣の国である韓国、最近では日帰りできる海外として旅行者の数も増えています。
馴染みの深い国になってきていますが、まだまだ知らないマナーがあるはずです。

日本とは全く違うマナーだからこそ、興味のある方はきちんと覚えておきたいものですね。

日本では、ご飯は残さず食べなさい、と小さいうちから言われてきました。
なので出されたご飯は、全部食べることが正しいと思っています。

しかし韓国では、残さず食べることが必ずしもマナーではありません。

韓国では料理の量や品数が多く出てきます。
そのご飯を残すことは、お腹いっぱいになるまでたくさん食べて満足しました。という意味があるのです。

日本の考え方のまま、一生懸命に残さず食べようとすると、まだお腹いっぱいになっていないのかな?
料理が足りていないのかな?と思われてしまうのです。

もちろん残さずに食べてもいいのですが、お腹いっぱいになったら、感謝の気持ちを持って残しましょう。

他にも食事のマナーはあります。

韓国では食器を持って食べることは、マナー違反です。
食器は置いたまま食べることが、韓国では正しいマナーです。

日本では逆に、食器を持たずに食べると行儀が悪いと言われますよね。
これも日本と韓国では真逆なマナーなので、覚えておきましょう。

韓国はご飯を残すのが当たり前?おかわり自由なおかずとは

韓国人は一人で外食をしない

会社の同僚や友人、恋人や家族などと一緒に外食をします。

そのため韓国のお店では、一人前の料理が用意されていることはほとんどありません。
韓国へ一人で旅行をすると、お店では食べられない量のご飯が出てきます。

ファーストフードのように、気軽に出来るご飯は一人前から用意されていることが多いです。

日本では外食に行っておかわり自由なものと言えば、ご飯や味噌汁くらいですよね。
ここでも韓国はボリューム満点です。

まず料理を注文して、その料理が出てくる前にミッパンチャンというつき出しが出てきます。
このつき出しの内容が、キムチ、カクテキ、ポテトサラダ、ナムルなどたくさんの品数がテーブルに並びます。

そして、これらを無料で自由におかわりすることが出来ます。

これだけでも余裕で小腹を満たしますが、注文した料理もなかなかの量なので、日本人の感覚だととても食べきれないことがほとんどです。

ご飯を残す、片足を立てるなどの韓国の驚きのマナーを紹介します

ご飯を残すことや、量が多いことの他にも、日本では馴染みのないマナーが存在しています。

韓国での座り方

靴を脱いで座るような場面のとき、日本だと正座やお姉さん座り、男性だとあぐらで座ることが一般的です。

しかし韓国では、女性でスカートを履いていてもあぐらをかいていいのです。
片膝を立てて食事をしてもいいのです。

日本では行儀が悪く、女性なのになんて座り方をしているの!と怒られてしまうような姿勢ですよね。
ですが、韓国では片膝を立てて座ることは、女性の伝統的な座り方で、むしろ普通のことなのです。

スプーンの使い方

日本でスプーンを使うのは、スープなど汁物のときですよね。
韓国ではご飯を食べるときに、スプーンを使います。
箸は他のおかずを食べるときに使います。

また、日本ではご飯にお味噌汁をかけた、いわゆるねこまんまはあまり行儀が良くありません。

しかし韓国では、チゲの中にご飯を入れることは行儀が悪いことでも何でもなく、ごく普通の習慣なのです。

食事中の音

日本では食事中にくちゃくちゃと音を立てることはNGです。
汚いと怒られてしまいますよね。

これも韓国では正反対で、くちゃくちゃと音を立てて食べることは、美味しく味わっていますよという意味があるのです。

韓国はご飯は大勢で。大皿などの食べ方のマナー

韓国は仲間とわいわい楽しく食事をする文化

韓国ドラマなどで、テーブルにたくさんの料理が並び、家族みんなでわいわい食べるシーンを見たことがありますか。
まさにあのような光景です。

料理を取るときは直箸が基本です。
日本のように、逆さ箸や取り箸を使うことはなく、直接箸で取り直接口に運びます。

鍋料理のときも同様で、直箸で食べます。

食事の順番にも決まりがあります。

最初の一口目には、必ず汁物やスープを口にします。
それから端から順番に、ご飯やおかずを食べ始めます。

順番は食べる順番だけでなく、食べる人にも順番があります。
それは必ず年長者から食べるということです。

韓国は目上の人を非常に大切に、重んじる国柄です。
なので目上の人が食事をするまでは、他の人は待っていることが当たり前なのです。

韓国は儒教の国、こんな態度は失礼になりますよ

韓国で強く根付いている儒教の教え、これは年長者を敬い、家族を大切にするというものです。
そのため目上の人へのマナーは、非常に徹底されています。

日本だと少しの年齢の差だと、気にしないこともありますよね。
しかし、韓国では例え1歳であっても年上は年上という考えです。

このような関係から、初対面の人に対して年齢を聞くことも珍しくありません。
相手に失礼のないように、年齢をきちんと確認するのです。

言葉遣いは敬語が当たり前、電車やバスのような公共の場では年配の人に席を譲る、目上の人より先に食事をしてはいけないなど、たくさんのマナーがあります。

他にも

  • 目上の人の前で、鼻をかまない
  • 年長者の前で、タバコを吸ってはいけない
  • 両親に対しては丁寧な態度である

など目上の人を敬う様子がよくわかる文化がたくさんあります。

日本では普通なことでも、韓国では失礼なことやマナー違反だということがいろいろあります。
旅行に行くときは、韓国の文化や習慣をわきまえて楽しんで下さいね。

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ