コンビニバイトで注意すべき言葉遣いについて徹底解説

コンビニバイトのような接客業では言葉遣いに注意すべきだということはわかっていても、普段使っていないと上手に使うことは難しいですよね。

仕事の流れで考えると、どういう言葉遣いがベストなんでしょうか?間違いが多い言葉遣いとは?

コンビニバイトが注意すべき言葉遣い、そして間違いやすい言葉遣いについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

教育実習と就活被りはメールより電話対応のススメやポイント

教育実習の日程と就活の面接の日程が重なってしまったときに、メールで対応してしまいたいと思ってしまうか...

手続きが必要な口座解約!旧姓の口座を解約する方法

古い書類などを整理していると、一緒に通帳が出てくることありますよね。口座名が旧姓の場合など、明らかに...

わかると面白い!相撲の行司の掛け声や意味について

相撲を見ているとお相撲さんの他にも、行司や行司の掛け声に注目が行きます。行司の掛け声には意味...

洋食マナーのフォークの使い方!基本やスマートに使う順番を紹介

洋食にはマナーがあり、食事を食べるときはフォークやナイフの使い方や使う順番にも気をつけなければなりま...

舞台の観劇マナーを確認しておきましょう。意外と知らないマナー

舞台観劇初心者の方は、観劇マナーを是非チェックしておきましょう。中にはマナーを知らない人や、守ら...

岩盤浴でスマホが大丈夫でも注意したい事とルールやマナー

しっかり汗を流したい・体も心もリフレッシュしたいと岩盤浴は女性にも男性にも人気があります。ス...

新築祝いのお返し【親編】相場と贈る時期・内祝い選びのポイント

親から新築祝いを頂いていたら、新居完成の後に新築祝いのお返しをします。このときに悩むのが、親からの新...

レストランのマナー。ナフキンの使い方やポイントを簡単解説

レストランではマナーを守る必要がありますが、ナフキンもその一つ。よくお皿の上にナフキンがセッティ...

兄弟へのご祝儀の金額の相場と渡し方【夫婦で出席する場合】

自分の兄弟の結婚式に夫婦で出席するとなると、ご祝儀はいくら用意すればいいのか迷ってしまうのではないで...

春の飾り付けを折り紙を使ってするのなら、これがおすすめ

春は明るく希望に満ちた季節ですよね。そんな明るい気持ちをより明るくするために飾り付けで盛り上げる...

体育の授業で行われる種目にはどんな種類があるのか

小学校や中学校に行ったのなら、体育の授業は必ずありますよね。その時に行われる種目は、おおよそは同...

テニスの練習方法で初心者に有効なものとは?意識すべきポイント

テニスの初心者はどのような練習方法をしたらいいのでしょうか?すぐに上達ができたらと思う気持ちを糧に、...

離職票の退職理由が体調不良の場合に手続きや知っておきたいこと

離職票の退職理由が体調不良の場合には、失業給付のことなど手続きを確認しておく必要があります。...

野球のバットのグリップ交換の手順や注意点について徹底解説

野球のバットについているグリップテープ。そのグリップ交換を自分でやってみようと思っても、巻き方がよく...

ご祝儀の相場について。結婚式で上司から贈る場合のルール

結婚式のご祝儀には、どのくらいの金額を包めば良いのか迷うことも多いと思います。新郎新婦の職場の上司と...

スポンサーリンク

コンビニバイトの仕事の流れの上での基本の言葉遣いを理解しよう

言葉遣いをきちんとしないと様々な問題が生じる

コンビニのバイトでどんな言葉遣いをしたら良いのか、ここで一緒にみていきましょう。

  • 「いらっしゃいませ」 お客様が要らした時は、いらっしゃいませという挨拶が必要になってきます。
  • 「ありがとうございました」 物を購入して頂いた後に、言う必要があります。
  • 「OO円でございます」 商品の値段を聞かれた時、または購入する時に言う必要があります。
  • 「OO円お預かりします」 料金を預かる時にいいます。
  • 「OO円のお返しです」 お釣りを渡す時にいいます。

聞き慣れているフレーズであるとは思いますが、「大体こんな感じなんだ」っという参考にして頂けたらと思います。

コンビニバイトでこんな言葉遣いはNGです

コンビニのバイトで使うべき基本の言葉遣いについて、上記では流れと言葉遣いを把握してきました。次に、逆にどんな言葉遣いがタブーなのか、使ってはいけない言葉遣いをみていきたいと思います。

「こちらのレジでどうぞ」この言葉遣いも良いように聞こえますが、正しくは「こちらのレジで承ります」になります。

「申し訳ありません。只今在庫を切らしておりまして、次の出荷はOOになります」という言葉は、商品が無い時に使う言葉になりますが、上記の言葉遣いを参考にして下さい。言葉遣いは崩れさせようと思えば、幾らでも崩れていきますから、商品の在庫が無い時など、上記の例を参考にしてお客様に案内してみて下さい。

「ちょうどお預かりします」と言ってしまいそうな言葉遣いですが、これは「ちょうど」に問題があります。

ではどういったら良いのか?と疑問に思われると思いますが、「ちょうどOO円いただきます」というように、代金をはめていきましょう。

コンビニバイトは先輩への言葉遣いにも気をつけよう

先輩への言葉遣い

具体的にどんな言葉遣いをすれば良いのか、ここで数点紹介しておきたいと思います。

「ご苦労さまでした」ではなく、「お疲れ様でした」を使いましょう。

どうしてご苦労さまでしたがいけないのかというと、ご苦労さまというのは、目上の人が目下の人に対して使う言葉だからです。

「了解しました」ではなく、「承知しました」「かしこまりました」を使いましょう。

了解しましたがいけない理由ですが、フランクな表現であるので、上司に使う言葉遣いとしては適切ではありません。仕事であるのなら、かしこまりましたを使いましょう。

他にも例が考えるかもしれませんが、上記の2点、参考にしてみて下さい。

バイトに言葉遣いの教育をしている企業もあります

コンビニでのバイト、先輩とのコミュニケーションをする上で適切な言葉遣いができるよう、具体的に2つの例を上記ではみてきました。

次に、そのバイトの言葉遣いですが、教育をしている会社もあります。某ファミレスでは、ポスターなどを利用して、間違った言葉遣いをしないように、日頃から従業員に意識を働かせているようです。

例えばですが、

  1. 「こちらコーヒーになります」
  2. 「千円からお預かりします」
  3. 「おタバコのほう、お吸いになられますか」

正しくは

  1. 「コーヒーでございます」
  2. 「千円、お預かりします」
  3. 「禁煙・喫煙どちらの席がよろしいですか」

上記のような例があるようです。

お店によって考え方が違い、店長に言葉遣いの教育については任せられているケースもあります。その会社がどれだけ言葉遣いについて重点を置いているのか、方針は会社であったり、店長に任せられているようですね。

コンビニバイトは「クッション言葉」を活用しよう

バイトでも、言葉遣いについて教育をしている起業もあること、また、その責任を店長に任せる会社も存在することを上記では学んできました。

最後に、コンビニのバイトですが、クッション言葉を活用し、響きを良くしていきましょう。

まず、クッション言葉とは何を指すでしょうか。クッション言葉とは、言いづらい話をストレートにできない時にクッション言葉を使うことによって、柔らかな印象を与える働きがあります。

「失礼致します」

接客中の時に、お客様とすれ違う時ですが、「失礼します」というと良い印象を与えます。

「恐れ入ります」

お客様に迷惑をかけたことに対して、「申し訳ないです」という意味で使われます。

褒められた時に使うと、「恐れ入ります」と答えるとワンランク上の接客用語になり、周りからも良い評判を得ることができるのではないでしょうか。