ご祝儀袋へのお札の入れ方と書き方のマナー【大人のマナー講座】

ご祝儀袋にお札を入れようとして、入れ方に戸惑ってしまうということはありませんか?結婚式のご祝儀を渡す時には、ご祝儀袋の書き方やお札の入れ方にもマナーがあります。これは、社会人のマナーとして、身に付けておきたいものです。
そこで、ご祝儀袋へのお札の入れ方や書き方についてご紹介します。
「知らなかった」ではちょっと恥ずかしい、ご祝儀のマナーについて学びましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボクシングの過酷なルール「計量」に関する疑問を解決します

ボクシングには様々なルールがありますが、計量もそのひとつ。ボクシングは体重によって階級が細かく分...

年末年始に帰省でバイトを休む場合の上手な伝え方

アルバイトをしている方で、年末年始は帰省のためにバイトを休みたけど、なかなか休みが言い出しにくいとい...

バスケのコツ!シュートの成功率を上げたいなら指先を意識しよう

バスケの技術の中でも重要なシュート。コツを身に付けて成功率を上げたい!そんなあなたに耳寄りな情報が「...

【サッカーの練習方法】中学生が一人でできる練習方法とコツ

中学でサッカー部に入っていろいろ練習しても、なかなか上達しないと悩んでいる人もいるでしょう。...

年賀状に書く結婚式後の一言!上司や親戚、友達への添え書き

結婚式後の年賀状には印刷された文面以外にも一言を添えたほうが良いのでしょうか?ついつい沢山の...

年賀状のコメントなしは失礼になるのかどうか【年賀状のマナー】

毎年の年賀状はいつも年末ギリギリになって準備を始めるという方も多いと思います。そこで気になるのが...

No Image

灯油ポンプ仕組みは【サイフォンの原理】仕組みと実験を紹介

手動の灯油ポンプをうまく使うと、灯油を自動で入れることができます。この仕組みは一体どのようになってい...

スキーは姿勢が大事!基本の姿勢や止まり方、滑り方の姿勢を解説

スキーには基本の姿勢があります。ただ原理はわかっていても身に付けるまでが難しいため、予習しておく...

No Image

結婚式の断り方!子供が小さいことが理由で欠席するときの断り方

子育て中のママの中には、子供が小さいことで招待された結婚式を断ろうと考えている人もいるのではないでし...

ご祝儀相場・兄弟の結婚式に夫婦と子供で出席するときのご祝儀

兄弟の結婚式に夫婦と子供で出席することになったら、ご祝儀はいくら包むべきなのか、その相場について気に...

祝儀の相場・姪や甥の結婚式のご祝儀相場をシーン別に解説

姪や甥の結婚式に出席することになったら、ご祝儀はどのくらいの金額を包めばいいのか気になるものです。一...

フォーマルバッグの選び方、結婚式と葬式に兼用できるバッグ

冠婚葬祭の時にはフォーマルバッグを持つのがマナーとされていますが、結婚式やお葬式はそう回数が多くはな...

スノボの初心者の服装とは?持っていくべき必需品を紹介

スノボ初心者は服装でどんなことに気をつけたらいいいのでしょうか?とにかく寒くないようにと着込んでしま...

内定の報告を先生にしたい!メールや手紙で報告する場合の注意点

苦労した就活でようやく内定がもらえたら、これまでお世話になった先生へ報告したいですよね。でも...

【バスケのコツ】試合で活躍するために覚えておいてほしいこと

中学校で部活に入って初めてバスケの試合に出るかもしれないと思うと、誰でも緊張してしまうでしょう。...

スポンサーリンク

ご祝儀袋の入れ方のマナー、新札を準備すること

結婚式や出産のご祝儀を用意するときにいくつかマナーがあるのをご存知ですか。

ご祝儀を用意するときは喜ばしいお祝い事のときなので新札を用意するようにしましょう。

新札は普段生活していて、お財布に入っていることはありませんよね。このように新札はあえて用意しないとないものですので「楽しみに心待ちにしていましたよ」という気持ちを表すのにご祝儀に新札を使うのはぴったりなのです。

新札はどこで手にいれることができる?
一番確実な方法として、銀行で両替してもらう方法があります。
窓口で両替を希望する際に、新札希望ということをきちんと伝えるようにしましょうね。

銀行の窓口が開いているのは平日の決まった時間帯なので、時間に余裕のあるときに事前に新札を用意しておくようにするのがいいですね。
また、突然ご祝儀を用意しなくてはならなくなったときに焦ることがないように、いくらかまとめて用意しておくのがおすすめですよ。

一見同じもののように思える「新札」と「ピン札」ですが、実はきちんとした違いがあります。
新札は一度も使用されてないお札で、ピン札は何度か使用はされているが、折り目がなくきれいなものをいいます。

新札を用意するのを忘れていたり、どうしても用意できなかった、ピン札もない…などピンチの場合があるかもしれません。
だからといってシワシワのお札を入れるのは気が引けますよね。そんなときには、シワの少ないお札があればアイロンを使ってシワを伸ばしてしまいましょう。
その際にはあて布をきちんと使うようにしてくださいね。

ご祝儀袋のお札の入れ方は向きをチェック

新札を用意できたら実際にご祝儀袋にお札をいれていくのですが、入れるときにお札の向きにも注意してみてくださいね。

お札の入れ方

表の状態で袋からお札を出したときに、一番にお札の肖像画がみえるように入れましょう。
入れた状態では、内袋の口がある上の部分に肖像画がある状態です。

また、例えば3万円包んだ場合には、そのすべてのお札が同じ向きになるようにそろえて入れてくださいね。

お札を入れるときに、お札が折れてしまったりしないように丁寧に入れてくださいね。同様に、内袋にもしわや汚れが付かないように気をつけましょう。

内袋も外包みにも折り方が決まっているので、お金を入れる前にどのような状態で折られていたかきちんと確認してから外してお金を入れるようにしてくださいね。
また、水引きを最後にはめるときにも、向きに注意して袋にしわが付かないように気をつけるようにしましょうね。

ご祝儀袋の中袋の書き方

内袋にお札を入れる前にやっておかなければいけないことがあります。内袋には金額や名前等を書かなくてはなりません。
その書き方にもいくつかマナーがあるので紹介しますね。

袋の表面

表面には金額を書きます。

書き方として内袋の中央に大きめの文字で「金参萬円」と書くようにします。

この時に注意してほしいところは、上の例でわかるように数字は旧字体で書くようにしてください。

旧字体は漢数字と間違えやすいですが、例を書くので見てみてください。

  • 「一」→「壱」
  • 「二」→「弐」
  • 「五」→「伍」
  • 「十」→「拾」
  • 「万」→「萬」

このように、漢数字である「一」や「二」などは書き足すことで「二」にも「三」にも「十」にもできてしまいますよね。
こういった書き足しを防ぐためにもマナーとして旧字体を使って書くのです。

袋の裏面

自分の住所と氏名を左半分を使って書くようにしましょう。
ハガキなどと同じように、縦書きで住所を書いてから名前を書いてください。

内袋で表からは見えませんが、しっかりと丁寧な文字で書くように心がけてくださいね。

ご祝儀袋に入れる金額の相場

一般的に結婚式に出席する際のご祝儀の相場として3万円と言われています。新郎新婦との関係性によっては3万円以上包むこともあると思います。
3万円はご祝儀の最低ラインと考えてもいいですね。

結婚式のご祝儀で、避けたほうが良い数字

4と9

これらの数字はほとんどの人が悪いものをイメージさせ金額は多くてもお祝いの場にはふさわしくないですよね。

偶数もよくありません

偶数は2で割り切れるので、結婚とは反対の別れの意味を表してしまい縁起がよくありませんよね。

奇数であれば割り切れないので、ご祝儀を包むときは奇数で包むとよいでしょう。

偶数でも、末広がりを表す8は縁起が良いのでご祝儀に包んでもいいとされている場合もありますが、人によっては8でも偶数には変わりがないのだからと常識のない人と思われてしまうかもしれません。

ですので、ご祝儀を包む際のマナーとして奇数で包むということをかならず覚えておいてくださいね。

ご祝儀袋の入れ方は折り上げ方に気を付けて

ご祝儀袋にきちんとお金を入れたあとに、ご祝儀袋をもとの状態に戻すときに折り方を気にしたことがありますか。

この折り方もきちんと慶事と弔事で区別されているので間違った折り方をすると失礼にあたってしまいます。
袋にお金を入れる前にきちんと折り方を見て覚えておくのが一番ですが、忘れてしまうこともあるのでそういったときのためにしっかりと覚えておくと役に立ちますよ。

慶事では、下部分が上にかぶさるように折る

順番としては上を折ってから下です。
反対の折り方は弔事の場合の折り方になります。

慶事は上から下とおぼえておけば、簡単ですね。

ご祝儀袋の折り方一つでもしっかりと覚えておいて、相手に失礼のないように心がけたいですね。

ふくさにつつむのがマナー

ご祝儀を持ち歩くときにバッグに直接入れると汚れがしわがつきやすいので、袱紗を使うのもマナーの一つです。

結婚式などの慶事の場合はオレンジや赤など温かみのある色のものを使いましょう。
包み方は袱紗をひし形になるように置いて、ご祝儀袋の表を向けて左寄りに置き、左側、上、下、右側の順番に折っていきましょうね。

こちらも慶事と弔事で袱紗の色や折り方が変わるので間違えないように気をつけましょう。