ご祝儀袋へのお札の入れ方と書き方のマナー【大人のマナー講座】

ご祝儀袋にお札を入れようとして、入れ方に戸惑ってしまうということはありませんか?結婚式のご祝儀を渡す時には、ご祝儀袋の書き方やお札の入れ方にもマナーがあります。これは、社会人のマナーとして、身に付けておきたいものです。
そこで、ご祝儀袋へのお札の入れ方や書き方についてご紹介します。
「知らなかった」ではちょっと恥ずかしい、ご祝儀のマナーについて学びましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男の嫉妬は怖い!仕事で・職場で女性に嫉妬する男への対処法

会社の同僚男性に仕事の面で嫉妬をされている、職場で嫌な思いをしているという女性もいるのではないでしょ...

外国の人やハーフの人の名前にある「ミドルネーム」ってなに

日本人の名前と言えば、「名字」と「名前」の2つの言葉で構成されていますよね。しかし、外国人やハー...

No Image

袱紗の慶弔両用タイプの使い方。包み方から渡し方までご紹介

袱紗(ふくさ)には慶弔両用タイプがありますが、それぞれ使い方にはマナーがあります。包み方から渡し...

バスケのシュートの飛距離アップのコツと必要な事について

バスケをやっていて3ポイントシュートが届かない、練習していてもショットの安定性がないといった悩みはあ...

パワハラされてツライ…。仕返しをしてから退職したい人は

働くことは生きていく上で必要なことではありますが、パワハラを受けることは必要なことではありません。...

名前を赤字で書いてはいけない理由!赤字がNGなのはコレが理由

「名前を赤字で書いてはいけない」と言われたことがある人もいますよね。でも、名前を赤字で書いてはいけな...

スノーボード初心者への教え方!楽しく安全に滑る基本のステップ

スノーボードを初めて滑るという方には、何から教えれば良いのでしょうか?まず、初心者は転倒が多くな...

【お車代の封筒の名前の書き方】相手の名前は書かないことが基本

結婚式で渡すお車代。渡す相手を間違えないように、封筒に相手の名前を書こうと考える人もいるでしょう。...

友人への出産祝いに贈るお金の相場とお祝いのマナーを解説

友人が赤ちゃんを出産した時、出産祝いを贈ろうと考えますよね。ここで気になるのが、出産祝のお金の相場で...

お祝いのお返しに商品券は失礼?結婚祝いの内祝いのマナーを解説

結婚式のお祝いを頂いていたとき、どんな内祝いをお返ししようか悩むこともあります。内祝いをお返しした人...

No Image

結婚式の出席を断る時のマナーについて知りたい

結婚式はその人にとって、特別に大事な日ですから、出来るだけ祝福してあげたいですよね。しかし、人に...

中学生の勉強法・ノートのとり方を工夫して成績をアップさせよう

自分に合った勉強法が分からない・受験を控えているから成績が上がる勉強法を知りたいという中学生もいるこ...

韓国はご飯を残すのが当たり前!他にも合った驚きのマナーとは

韓国に行ったことがあったり、ドラマなどの食事のシーンを見ていて驚いたことはありませんか?日本...

質問と答えがずれる原因と対処法!会話を成り立たせる方法を解説

会話をしていると、相手からされた質問と自分の答えがずれる事に気がつくこともあります。相手が納...

成人式の二次会の服装と靴は会場に合わせて選ぶのが間違いなし

成人式に出席する時には振り袖という女性が多いですが、二次会に出席する時には、着替えるのが一般的です。...

スポンサーリンク

ご祝儀袋の入れ方のマナー、新札を準備すること

結婚式や出産のご祝儀を用意するときにいくつかマナーがあるのをご存知ですか。

ご祝儀を用意するときは喜ばしいお祝い事のときなので新札を用意するようにしましょう。

新札は普段生活していて、お財布に入っていることはありませんよね。このように新札はあえて用意しないとないものですので「楽しみに心待ちにしていましたよ」という気持ちを表すのにご祝儀に新札を使うのはぴったりなのです。

新札はどこで手にいれることができる?
一番確実な方法として、銀行で両替してもらう方法があります。
窓口で両替を希望する際に、新札希望ということをきちんと伝えるようにしましょうね。

銀行の窓口が開いているのは平日の決まった時間帯なので、時間に余裕のあるときに事前に新札を用意しておくようにするのがいいですね。
また、突然ご祝儀を用意しなくてはならなくなったときに焦ることがないように、いくらかまとめて用意しておくのがおすすめですよ。

一見同じもののように思える「新札」と「ピン札」ですが、実はきちんとした違いがあります。
新札は一度も使用されてないお札で、ピン札は何度か使用はされているが、折り目がなくきれいなものをいいます。

新札を用意するのを忘れていたり、どうしても用意できなかった、ピン札もない…などピンチの場合があるかもしれません。
だからといってシワシワのお札を入れるのは気が引けますよね。そんなときには、シワの少ないお札があればアイロンを使ってシワを伸ばしてしまいましょう。
その際にはあて布をきちんと使うようにしてくださいね。

ご祝儀袋のお札の入れ方は向きをチェック

新札を用意できたら実際にご祝儀袋にお札をいれていくのですが、入れるときにお札の向きにも注意してみてくださいね。

お札の入れ方

表の状態で袋からお札を出したときに、一番にお札の肖像画がみえるように入れましょう。
入れた状態では、内袋の口がある上の部分に肖像画がある状態です。

また、例えば3万円包んだ場合には、そのすべてのお札が同じ向きになるようにそろえて入れてくださいね。

お札を入れるときに、お札が折れてしまったりしないように丁寧に入れてくださいね。同様に、内袋にもしわや汚れが付かないように気をつけましょう。

内袋も外包みにも折り方が決まっているので、お金を入れる前にどのような状態で折られていたかきちんと確認してから外してお金を入れるようにしてくださいね。
また、水引きを最後にはめるときにも、向きに注意して袋にしわが付かないように気をつけるようにしましょうね。

ご祝儀袋の中袋の書き方

内袋にお札を入れる前にやっておかなければいけないことがあります。内袋には金額や名前等を書かなくてはなりません。
その書き方にもいくつかマナーがあるので紹介しますね。

袋の表面

表面には金額を書きます。

書き方として内袋の中央に大きめの文字で「金参萬円」と書くようにします。

この時に注意してほしいところは、上の例でわかるように数字は旧字体で書くようにしてください。

旧字体は漢数字と間違えやすいですが、例を書くので見てみてください。

  • 「一」→「壱」
  • 「二」→「弐」
  • 「五」→「伍」
  • 「十」→「拾」
  • 「万」→「萬」

このように、漢数字である「一」や「二」などは書き足すことで「二」にも「三」にも「十」にもできてしまいますよね。
こういった書き足しを防ぐためにもマナーとして旧字体を使って書くのです。

袋の裏面

自分の住所と氏名を左半分を使って書くようにしましょう。
ハガキなどと同じように、縦書きで住所を書いてから名前を書いてください。

内袋で表からは見えませんが、しっかりと丁寧な文字で書くように心がけてくださいね。

ご祝儀袋に入れる金額の相場

一般的に結婚式に出席する際のご祝儀の相場として3万円と言われています。新郎新婦との関係性によっては3万円以上包むこともあると思います。
3万円はご祝儀の最低ラインと考えてもいいですね。

結婚式のご祝儀で、避けたほうが良い数字

4と9

これらの数字はほとんどの人が悪いものをイメージさせ金額は多くてもお祝いの場にはふさわしくないですよね。

偶数もよくありません

偶数は2で割り切れるので、結婚とは反対の別れの意味を表してしまい縁起がよくありませんよね。

奇数であれば割り切れないので、ご祝儀を包むときは奇数で包むとよいでしょう。

偶数でも、末広がりを表す8は縁起が良いのでご祝儀に包んでもいいとされている場合もありますが、人によっては8でも偶数には変わりがないのだからと常識のない人と思われてしまうかもしれません。

ですので、ご祝儀を包む際のマナーとして奇数で包むということをかならず覚えておいてくださいね。

ご祝儀袋の入れ方は折り上げ方に気を付けて

ご祝儀袋にきちんとお金を入れたあとに、ご祝儀袋をもとの状態に戻すときに折り方を気にしたことがありますか。

この折り方もきちんと慶事と弔事で区別されているので間違った折り方をすると失礼にあたってしまいます。
袋にお金を入れる前にきちんと折り方を見て覚えておくのが一番ですが、忘れてしまうこともあるのでそういったときのためにしっかりと覚えておくと役に立ちますよ。

慶事では、下部分が上にかぶさるように折る

順番としては上を折ってから下です。
反対の折り方は弔事の場合の折り方になります。

慶事は上から下とおぼえておけば、簡単ですね。

ご祝儀袋の折り方一つでもしっかりと覚えておいて、相手に失礼のないように心がけたいですね。

ふくさにつつむのがマナー

ご祝儀を持ち歩くときにバッグに直接入れると汚れがしわがつきやすいので、袱紗を使うのもマナーの一つです。

結婚式などの慶事の場合はオレンジや赤など温かみのある色のものを使いましょう。
包み方は袱紗をひし形になるように置いて、ご祝儀袋の表を向けて左寄りに置き、左側、上、下、右側の順番に折っていきましょうね。

こちらも慶事と弔事で袱紗の色や折り方が変わるので間違えないように気をつけましょう。