暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

飲食店の店員がマスクをすることに対する世間の反応とは

      2019/02/28

飲食店の店員がマスクをすることに対する世間の反応とは

飲食店の店員など接客業の人は基本的にマスクをしない方が良いと言われていますが、マスクをする人も増えてきていますよね。

でも、それはお客様にとって失礼になるのでしょうか?風邪をひいている場合でもしない方がよいのでしょうか?

飲食店の店員がマスクをすることに対する世間の反応と風邪をひいてしまった場合の対処法について説明します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

飲食店の店員がマスクをすることは悪いことになってしまうの?

そもそも、店員さんはマスクを着用することはいけないことになるのでしょうか。

飲食店の店員のマスク着用は悪い事?

サービス業とはいえ、店員さんだって人間です。風邪をひくこともあるでしょうし、アレルギー体質で花粉の時期などにマスクを着用することだってあると思います。

大事な予定があるから風邪をひきたくないという人もいるでしょう。こうした場合は、不特定多数の人と触れ合うのが怖くて、病気予防のためにマスクを着用したいと思う人だっています。

接客業でマスクは失礼?

店員さんがマスクを着用して接客していることに対してクレームを入れるお客さんもいるようです。それが原因で、マスク着用NGになる飲食店もあるのだとか。

マスクを付けることに弊害はある?

マスクを着用すると、顔の半分以上がマスクで覆われてしまいます。このため、お客さんに対して不快な印象を与えてしまう事もあり、冷たい感じがするとか、接客態度が良くない店員だと思われる事もあります。

顔が見えない事で、信用できない・不信感を抱くという事もあるようです。

接客業でマスクを着用する場合は、上記のような色々なことを考慮する必要がありそうです。

飲食店など接客業の店員がマスクをしてもよいかどうかの条件とは?

自分が風邪気味の場合、周囲に風邪をうつさないようにマスクをしたり、外出を控えることは人としてのマナーですよね。

ですが、飲食店などの接客業で働く店員さんがマスクをしていることに対しては、良い印象を抱かない人がいる事も事実です。

実際に飲食店などの接客業をしている人は、マスク着用の条件についてどのように考えているのでしょうか。

会社からマスク着用を指示される時もある

  • 「インフルエンザ警報が出た時はマスク着用で接客するように言われた」
  • 「ドラッグストアえ働いていた時、インフルエンザや風邪が流行した時はマスク着用」・「花粉症がひどくて辛い時期はマスク着用を許された」

接客業をしている人のマナーとして、日頃から風邪をひかないように気をつけて生活することはとても大切な事です。

ですが、気をつけて生活していても、仕事中に感染する事もあります。その場合の予防策として、仕方がない場合はマスク着用を指示される事もあるようです。

飲食店などの接客業の店員がマスクを着用していることに不快感を感じるお客さんもいますが、咳き込んで接客されるよりは、マスク着用で接客される方が良い場合もあるようです。

飲食店の店員は風邪をひかないように注意しよう

飲食店の店員が風邪を引くことで一番困ることといえば「シフトの問題」だと思います。
飲食店では、シフトに余裕を持っているところは少ないです。ですから、誰かが風邪を引いてしまうと、それが原因でシフトが回らなくなってしまう事もあります。

無理に出勤しても、元気な従業員に風邪をうつしてしまうリスクもありますし、食品を取り扱っている場合は不衛生な事もあります。

無理をして体調が悪化し、その後長期間休まなくてはならないという懸念もあります。

日頃から風邪予防をして、職場に迷惑をかけないのが何よりも大切です。

マスクを着用して仕事ができないのであれば、うがいや手洗いで風邪の予防を心がけましょう。

出勤時にうがい・手洗い

職場についたらまず、ユニフォームなどに着替える前にうがい手洗いをします。そうした方が、外から持ち込んだ菌やウイルスのユニフォームへの付着を少なくすることができます。

アルコール消毒

仕事中はこまめにアルコール消毒をしましょう。特に、レジ操作などで現金を触ったあとは、必ずアルコール消毒を行うようにしてください。

日頃から予防を心がける事で、気持ちよく接客することができますよ。

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ