テニスラケットの丁度よいグリップサイズの選び方を解説

テニスを始めたばかりの人は、自分に合ったグリップサイズの選び方がいまいち分からないこともあるのではないでしょうか。

ラケットの持ちやすさだけを基準にして選んでいると、思い切ったプレイができないこともあります。

でも、一体どんなふうに選べば良いのかが分からなければ、自分に合ったラケットを見つけられないものです。

ここでは、テニスラケットのグリップサイズの選び方についてお伝えします。

太いグリップのメリットとデメリット、細いグリップのメリットとデメリットについてや、握り方・握る場所によっても違うグリップサイズの選び方をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

自分に合ったグリップサイズの物を選んで、テニス上達に向けて取り組みましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

友人スピーチの時のお辞儀の回数は多い!タイミングとやり方

友人の結婚式のスピーチを頼まれた時に、どんなスピーチをしようかと頭を悩ませるでしょうが、その他にもお...

離職票の退職理由が体調不良の場合に手続きや知っておきたいこと

離職票の退職理由が体調不良の場合には、失業給付のことなど手続きを確認しておく必要があります。...

生理で会社の椅子にうっかり血を付けてしまったら

女性にとって生理は体調も変わりますし憂鬱ですよね。特に経血の多いタイプの人は、しっかり対策をとっ...

イベントに出るために仕事を休む時に使える言い訳と注意点

イベントに出るという理由で仕事を休むのはなんだか恥ずかしい、言いにくいという事もあるでしょう。...

夫婦で香典を包む金額の目安は?表書きの書き方と香典袋について

夫婦で香典を包むことになったけど、香典の金額はいくら包めばよいのかわからない、マナー違反にならないよ...

握力を鍛えるメリットを理解して、たくましい前腕を手に入れよう

たくましい腕になるために、握力を鍛えて前腕を太くしたいと考える男性も多いでしょう。しかし、握...

草野球の投手の投げ方のコツと覚えて欲しい球種について解説

職場の草野球チームで投手をすることになると、投げ方についてまず調べて少しでも多く球種を覚えようと思う...

画家とイラストレーターの違いを比較。仕事内容や収入まで

絵を描く仕事といえば画家やイラストレーターなどありますが、そこにはどんな違いがあるのでしょう。同...

【サッカーの練習方法】中学生が一人でできる練習方法とコツ

中学でサッカー部に入っていろいろ練習しても、なかなか上達しないと悩んでいる人もいるでしょう。...

本出版のお祝いは何がベスト?本当に喜ばれるお祝いとは

知人や友達、恩師が本を出版したらお祝いは、どの様にしたら良いのでしょうか。なかなかあることではないの...

高校生の子供が勉強しない!留年が心配な時に親にできること

高校生のお子さんがいるお母様の中には、子供がなかなか勉強しないことで留年を心配している人もいるのでは...

字が綺麗な女は好印象!美文字が与える印象と綺麗な字を書く方法

綺麗な字を書く女性って憧れますよね!字が綺麗だと、なんだかその人の性格や生活も良いイメージがありませ...

同窓会のはがきが来て欠席したい時の上手い断り方とポイント

同窓会の案内はがきの多くは往復はがきになっており、出席か欠席かを選択して返信しますが、欠席したい場合...

勉強がストレスになったら泣くことで発散!勉強ストレス解消方法

一生懸命勉強をしていると、どんどんストレスが溜まってしまうものです。勉強することが泣くほど嫌に思える...

初心者必見!テニスのオーバーグリップテープの替え時と巻き方

テニスを始めたらオーバーグリップテープという言葉を耳にするようになります。テニスのグリップには、元々...

スポンサーリンク

テニスのグリップサイズの選び方・サイズの表示について

グリップサイズは、グリップの太さによって数値化されています。

グリップサイズの表記

通常は1~3で表記されていて、細い順に1(4と8分の1インチ)、2(4と4分の1インチ)、3(4と8分の3インチ)とグリップの外周を表したものになっています。

一部メーカーでは、1~2、2~3といったようなサイズ表記をしていることもありますが、数値はどのブランドでも共通です。

クリップサイズについて、太い方がストロークが打ちやすいとか、細い方がボレーが決まるとか言われることがありますが、選ぶときにはそのようなことを気にする必要はないと思われます。
自分で使ってみて「良い」と感じるものを選ぶのが一番です。

丁度よいテニスラケットのグリップサイズの選び方

自分に合ったグリップサイズを選ぶときには、手の大きさと厚み、握力などを考慮します。

薬指の指先と、親指の付け根の膨らんだ部分の距離が、ラケットを握った時に8mmくらいになるものが使いやすいグリップサイズであると考えられます。
そのため、手が小さくても手に厚みがあれば、細めのグリップではしっくりこないこともあります。

グリップサイズを変えると慣れるまでに時間がかかる

自分に合っているのか合っていないのかがわかりずらかったり、合っていなくても使っているうちに慣れてしまうということもありますが、適性基準より大きく外れたグリップサイズを選ぶことはあまりおすすめしません。

太すぎたり細すぎたりすることで、疲れやすくなってしまうこともありますので、自分の適性サイズを知っておくことは大切です。

テニスのグリップサイズの選び方・メリットとデメリット

グリップサイズには、それぞれのメリットとデメリットがあります。
ここでは、太いグリップと細いグリップの性質を紹介しますので、選ぶ時の参考にしてみてください。

グリップサイズが太いタイプ

  • グリップが回りにくく固定しやすいため、パワーのあるボールが打てる。
  • 握力が打球時の衝撃に耐えられないと、ラケットを落としやすくなる。

グリップが回りにくいことから、面ブレを防ぐために太いグリップを選ぶ人がいますが、これは間違いです。面ブレが起きるのは基本的にラケットが合っていない証拠なので、そちらを先に解決する必要があります。

グリップサイズが細いタイプ

  • 手首が動かしやすいので、サーブやスマッシュなどで繊細なショットが打てる。
  • パワーが伝わりづらく、手の中でラケットが回りやすい。

性質からグリップサイズを選ぶ際にも、基本的には適性基準のサイズの中から選んだ方がよいですので、手の大きさなどを優先しましょう。

グリップを握る部分や握り方によってもグリップサイズの選び方が違う

グリップの握り方によっても、グリップサイズの選び方は変わってきます。

グリップエンドに小指をかける握り方をすると、細いグリップを使用していても、グリップを長く持てば、ラケットは手中で回りにくくなります。
グリップを短く持っている場合は、細いグリップだと握りが弱くなってしまうため、回らないためには太いグリップを使うほうが良いでしょう。

また、手のひら全体でグリップを握るか、人差し指から小指の付け根を中心にグリップを握るかによってもグリップサイズは異なり、後者のほうが細いグリップ向きです。

いろいろな項目を総合的に見て、自分に合うグリップサイズを見つけましょう

自分にぴったり合うグリップサイズが見つかると、自分の適性サイズ以外のグリップは触るとわかるようになります。
グリップの太さが変わると、グリップを握った時に違和感を感じられるようになると、それは自分に合うグリップサイズに出会えた証拠です。

なかなか自分に合うサイズが見つからない場合には、ラケットを2本用意して、迷っているグリップサイズ同士で打ち比べをしてみると良いかもしれません。

グリップサイズの選び方を間違えていることの影響

自分にぴったりのグリップサイズが見つかればよいのですが、ぴったりのものになかなか出会えず、「これでいいか」という気持ちで何となく特定のサイズを使っている方も多いかもしれません。

サイズが合わないグリップサイズのグリップを使っていると、自分のショットに影響がでるかもしれません

特に、「打ち負けることが多い方」や「打球時に面がブレてしまう方」はグリップが細すぎるのかもしれません。
一度グリップを握ってみて、最初に紹介したグリップサイズの適性基準に合っているかどうか確認をしてみてください。

もしも、グリップが細すぎた場合には、グリップテープを剥がして貼り直すのではなく、次回の交換時期までは応急処置で乗り切ります。
オーバーグリップをさらに上から重ねれば、グリップの太さが調節できます。
2枚重ねることで、グリップが柔らかくなり、振動の吸収率がアップする効果もありますので、サイズを間違えてしまった時にも、慌てずに対処してください。