飲食店のキャンセル料は払わないといけない?キャンセル料とは

飲食店のキャンセル料が発生するのは、何日前から?払わないと請求される?

友達と一緒にご飯を食べに行く、飲みに行くのであれば予約もしやすいですが会社の飲み会や同窓会など、人数の多いときの予約はする人もお店側もなんだかドキドキしてしまいますよね。

お店を予約するときには、お互いにキャンセル料金や人数などをしっかりと確認することが大切と言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野球【ピッチャー】コントロールを良くするポイントや練習のコツ

野球はピッチャーのコントロールの良し悪しによって試合の展開が変わってきます。コントロールの良いピッチ...

テニスの練習方法。自宅で存分にできるトレーニング

テニスはラケットとボールを使って、コートで練習しないと上達しないと思ってはいませんか?もちろ...

バスケでシュートフォームを綺麗に保つために意識するポイント

バスケでシュートフォームを綺麗に保てるようになると、大事な場面でもシュートをしっかりと決められるよう...

卓球の初心者が出来るサーブ練習のやり方とポイントを紹介

卓球を始めたばかりのころは、サーブが入らなかったりすぐにネットに引っかかってしまうでしょう。...

卓球のスマッシュにはコツがある。打ち方と決定力を上げるコツ

卓球の試合や練習でスマッシュが決まったら気持ちが良いですね。ですがスマッシュがネットに引っか...

懸垂を行うと筋肉のどこに効果があるのか、詳しく説明します

筋トレの一つである「懸垂」。腕を使うから、腕の筋肉に一番効果があると思っている人も多いでしょう。...

サッカー【パスの蹴り方】基本や注意点と正確なパスのコツ

サッカーのパスの蹴り方にはコツがあります。サッカーは味方にパスをつないでゲームを作っていくことでゴー...

バスケのシュートの飛距離アップのコツと必要な事について

バスケをやっていて3ポイントシュートが届かない、練習していてもショットの安定性がないといった悩みはあ...

スライスの打ち方とは?テニスのスライスを打つコツ

テニスのスライスを打つときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?スライスを打つ時に意識す...

スキー初心者向けのエッジの研ぎ方や頻度について解説します

スキー初心者であっても、エッジを研ぐことによって滑りは変わると言われていますが、研ぎ方がわからない人...

バスケのコツを徹底解説!ディフェンスは攻めることも大切です

部活でバスケをしている人の中には、ディフェンスが上達しないことが悩みだという人もいるでしょう。...

結婚式のご祝儀の相場は?部下へのお祝いとご祝儀のマナー

結婚式の招待状を受けると、おめでたい気持ちとともに湧き上がってくるのが、結婚式のマナーやご祝儀に関し...

バスケのコツ!ドリブルが上達する初心者がやるべき練習

バスケのドリブルは、初心者にとってはなかなかボールを上手くコントロールすることができずに、難しいと感...

教会での結婚式にご祝儀は必要?相場と教会式での御祝儀について

教会に行われる結婚式に招待された時、ご祝儀はどうしたらいいのか悩むこともありますよね。今までに一般的...

結婚式の持ち物をご紹介!男性ゲストの必要最低限の持ち物とは

結婚式の持ち物はどのようなものが必要なのでしょうか、結婚式に大きなバッグを持ち込むのはマナー違反。そ...

スポンサーリンク

飲食店の予約をした時点で、人数分の金額を支払うべき

お店との間で5人分の飲食の予約が決まった時点で、お店は予約された日に席を確保し人数分の食べ物や飲み物を提供することになります。お客は来店し飲食した代金を支払うという内容の契約になります。しかし客が一方的に予約をキャンセルすることは、理由がどんなことであったもお店と契約しているお金を支払う義務を果たしていない「債務不履行」になるので「損害賠償請求」することができます。

請求する金額はお店が実際に被った損害額や、予め客側と合意していればキャンセル料を請求するということも出来ます。事前の説明、ホームページに記載があるキャンセル料は「損害賠償額の予定」というもので、後から賠償額で揉めないように決めておく制度になります。

お店はキャンセル料について料理でいくらの損害額が出たのかはっきりさせなくても支払いを求めることができます。あまり高額になると無効になります。

飲食店でキャンセル料を払わないといけないことにならないように

チェーン店や個人経営のお店でも違いますが、ほとんどのお店では予約当日キャンセル、1~2日前のキャンセルでもキャンセル料が発生します。

飲食店としては、4~5日前のキャンセルの場合は事前にキャンセル料の説明がなくても支払うべき。当日のキャンセルは損害が出るので100%の料金の支払いを求める。宴会などの場合はお店を貸し切りにしている場合が多いので、当日キャンセルは本当に迷惑な話しだと怒りをあらわにしています。客も予約をした時点でキャンセル料が発生することを理解しているです。

お客でも最低限のマナーは守りましょう。無断キャンセルやドタキャンは絶対しないようにしましょう。お店に予約をする時に、キャンセル料がいつから発生するか、発生した場合はいくらになるか聞くようにしましょう。

万が一当日キャンセルの場合は、キャンセル料の支払いを請求されたら支払わないと行けません。その場合は直セルお店に行き、キャンセルの理由を丁寧に話しキャンセル料の支払いをします。

飲食店のキャンセル料を払わないのはお店にとって大ダメージ!お互いが確認しあうことが大切

キャンセル料を設定する場合、リスクに応じた「一定の基準」を設けておく必要があります。キャンセル料に対する大きな基準は予約に対して仕入れが発生します。そうなると金額的な被害になるので、この場合がキャンセル料を飲食店に支払いをするのは仕方のないことです。

少人数の場合は問題はありませんが、団体や貸し切り、お店の三分の一以上の座席が占められるような予約の時は、予約が確定時点で注意が必要です。お店が忙しい時期の急なキャンセルは、席が空いているだけでもお店側は損害を被ることになるので、予約の時点でキャンセル料について説明をしましょう。

キャンセル料をお客さんから徴収する場合の金額の相場はどのくらいなのでしょう。一般的な居酒屋の相場は次のようになっています。

  • 予約の前日~3日前=予約した飲食代金の3~5割
  • 予約の当日~予約した金額の半額~全額

これらは相場なので飲食店の店舗によって異なります。予約の時点でキャンセル料についての説明は受けていると思います。自分たちの都合でキャンセルした場合はきちんとキャンセル料の支払わないといけないのです。

飲食店のキャンセル料はどのくらい払うもの?うっかりキャンセルしないためには?

当日キャンセルした場合は、飲食代金全額を負担いただきます。と最悪の場合は全額負担になることもあります。しかし飲食店によってはキャンセルしたとしても、キャンセル待ちをしている他のお客さんに聞いて、キャンセル料を払わなくてもいいという場合もあります。一度お店に問い合わせをしてみまそう。キャンセル料はお店によって異なります。大手チェーン店ではホームページに「当日キャンセルの場合は全額負担していただきます」と記載されています。しかしお店の店長さん次第で他のお客さんが見つかるとキャンセル料を払わなくてもいい場合もあるのです。

早い時期の予約は予約したことを忘れてしまうこともあります。食事会を企画し適当な人数で予約したけど、結局人数が集まらず食事会がなくなったのに、キャンセルをすることを忘れているケースもあるのです。

このようについうっかりが起こります。ネットで簡単に予約が出来るようになったので、忘れる傾向にあります。

飲食店の予約をして、後から人数が変わったときには?

居酒屋のコース料理を予約しましたが、予約人数は変更できるのか疑問です。人数や状況によって違ってきます。基本的には、少人数なら3日前までなら人数変更は可能です。しかし大人数だったり、飲食店の席、テーブル、個室などのよっては1週間前など店舗によって異なります。

前日や当日に人数変更する場合、増える場合は1人、2人は対応していくれますが、減る場合はキャンセル料がかかる場合が多いです。コース料理を予約している場合は、お店側もその飲食に合わせての食材を揃えていることが多いので、人数が少なくなる場合はキャンセル料を支払うことになります。

人数の変更は出来るだけ早めに飲食店に伝えるようにしましょう。万が一当日までの増える人数が分からなくても出来る限り連絡は入れましょう。