飲食店のキャンセル料は払わないといけない?キャンセル料とは

飲食店のキャンセル料が発生するのは、何日前から?払わないと請求される?

友達と一緒にご飯を食べに行く、飲みに行くのであれば予約もしやすいですが会社の飲み会や同窓会など、人数の多いときの予約はする人もお店側もなんだかドキドキしてしまいますよね。

お店を予約するときには、お互いにキャンセル料金や人数などをしっかりと確認することが大切と言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

手続きが必要な口座解約!旧姓の口座を解約する方法

古い書類などを整理していると、一緒に通帳が出てくることありますよね。口座名が旧姓の場合など、明らかに...

剣道の小手は自宅でも洗えます!洗い方や汚れの原因について

子供が剣道を習い始めたら、防具や小手が洗えるのかどうか?その洗い方については、お母さんにとっては気に...

友人への出産祝いに贈るお金の相場とお祝いのマナーを解説

友人が赤ちゃんを出産した時、出産祝いを贈ろうと考えますよね。ここで気になるのが、出産祝のお金の相場で...

卓球のダブルスのサーブは対角線に入れるように打つのがルール

卓球にはシングルスとダブルスがありますが、この2つにはサーブを打つ時のルールが違います。ダブルスでサ...

スキーのターンの種類と特徴。滑り方のコツや練習方法も紹介

颯爽とスキーを滑る姿は、男性も女性も格好いいと思いますね。スキーの初心者は基本の滑り方「ボー...

品出しバイトの志望動機のコツ!即採用に繋がるポイントの考え方

品出しのバイトの志望動機では、自分がどうして品出しのバイトに応募したのかという理由やきっかけを答えな...

新築祝いのお返し【親編】相場と贈る時期・内祝い選びのポイント

親から新築祝いを頂いていたら、新居完成の後に新築祝いのお返しをします。このときに悩むのが、親からの新...

スーパーのレジでカゴ詰めの作業は大変だった!テクニックを紹介

スーパーでレジ打ちの仕事をしている人の悩みの一つにカゴ詰めの作業がありますね。買い物カゴには...

ご祝儀袋の入れ方!台紙がついている場合の使用方法とマナー

ご祝儀袋を開けたら中から台紙が出てくる場合があります。あまりご祝儀袋を使う機会がない方は、台紙は必要...

No Image

卓球【ダブルス】サーブのルールや勝つためのポイント

卓球のダブルスのサーブは、シングルと違って打つ順番などがわかりづらくルールがあります。ダブルスをはじ...

バスケのチーム名を決める時の決め方ってどうすれば良いの

バスケが好きなもの同士で集まって、新しくチームを作る時に一番に決めなくてはいけないのがチーム名ですよ...

ルーズリーフの使い方!アイデア一つで自分だけのノートに変身

ルーズリーフは使い方次第!アイデア一つで勉強効率もアップします。ただ残念ながら使い方を知らずにた...

袱紗は色が重要!白の袱紗の使用用途と使用する場合の注意点

贈り物用の金品などを覆う袱紗の中には、色が白の袱紗もあります。袱紗は色によって使い分けることが重...

榊や神棚の手入れ方法・手入れする時のポイントや注意点はコレ!

自宅や会社にがある人や、これから神棚を設置するという人の中には、神棚や榊のお手入れ方法がよくわからな...

フェイントテクニックを磨いてサッカー上達!フェイント練習方法

サッカーはゴールキーパー以外足を使ってプレイをするスポーツです。ここで重要になってくるのがフェイント...

スポンサーリンク

飲食店の予約をした時点で、人数分の金額を支払うべき

お店との間で5人分の飲食の予約が決まった時点で、お店は予約された日に席を確保し人数分の食べ物や飲み物を提供することになります。お客は来店し飲食した代金を支払うという内容の契約になります。しかし客が一方的に予約をキャンセルすることは、理由がどんなことであったもお店と契約しているお金を支払う義務を果たしていない「債務不履行」になるので「損害賠償請求」することができます。

請求する金額はお店が実際に被った損害額や、予め客側と合意していればキャンセル料を請求するということも出来ます。事前の説明、ホームページに記載があるキャンセル料は「損害賠償額の予定」というもので、後から賠償額で揉めないように決めておく制度になります。

お店はキャンセル料について料理でいくらの損害額が出たのかはっきりさせなくても支払いを求めることができます。あまり高額になると無効になります。

飲食店でキャンセル料を払わないといけないことにならないように

チェーン店や個人経営のお店でも違いますが、ほとんどのお店では予約当日キャンセル、1~2日前のキャンセルでもキャンセル料が発生します。

飲食店としては、4~5日前のキャンセルの場合は事前にキャンセル料の説明がなくても支払うべき。当日のキャンセルは損害が出るので100%の料金の支払いを求める。宴会などの場合はお店を貸し切りにしている場合が多いので、当日キャンセルは本当に迷惑な話しだと怒りをあらわにしています。客も予約をした時点でキャンセル料が発生することを理解しているです。

お客でも最低限のマナーは守りましょう。無断キャンセルやドタキャンは絶対しないようにしましょう。お店に予約をする時に、キャンセル料がいつから発生するか、発生した場合はいくらになるか聞くようにしましょう。

万が一当日キャンセルの場合は、キャンセル料の支払いを請求されたら支払わないと行けません。その場合は直セルお店に行き、キャンセルの理由を丁寧に話しキャンセル料の支払いをします。

飲食店のキャンセル料を払わないのはお店にとって大ダメージ!お互いが確認しあうことが大切

キャンセル料を設定する場合、リスクに応じた「一定の基準」を設けておく必要があります。キャンセル料に対する大きな基準は予約に対して仕入れが発生します。そうなると金額的な被害になるので、この場合がキャンセル料を飲食店に支払いをするのは仕方のないことです。

少人数の場合は問題はありませんが、団体や貸し切り、お店の三分の一以上の座席が占められるような予約の時は、予約が確定時点で注意が必要です。お店が忙しい時期の急なキャンセルは、席が空いているだけでもお店側は損害を被ることになるので、予約の時点でキャンセル料について説明をしましょう。

キャンセル料をお客さんから徴収する場合の金額の相場はどのくらいなのでしょう。一般的な居酒屋の相場は次のようになっています。

  • 予約の前日~3日前=予約した飲食代金の3~5割
  • 予約の当日~予約した金額の半額~全額

これらは相場なので飲食店の店舗によって異なります。予約の時点でキャンセル料についての説明は受けていると思います。自分たちの都合でキャンセルした場合はきちんとキャンセル料の支払わないといけないのです。

飲食店のキャンセル料はどのくらい払うもの?うっかりキャンセルしないためには?

当日キャンセルした場合は、飲食代金全額を負担いただきます。と最悪の場合は全額負担になることもあります。しかし飲食店によってはキャンセルしたとしても、キャンセル待ちをしている他のお客さんに聞いて、キャンセル料を払わなくてもいいという場合もあります。一度お店に問い合わせをしてみまそう。キャンセル料はお店によって異なります。大手チェーン店ではホームページに「当日キャンセルの場合は全額負担していただきます」と記載されています。しかしお店の店長さん次第で他のお客さんが見つかるとキャンセル料を払わなくてもいい場合もあるのです。

早い時期の予約は予約したことを忘れてしまうこともあります。食事会を企画し適当な人数で予約したけど、結局人数が集まらず食事会がなくなったのに、キャンセルをすることを忘れているケースもあるのです。

このようについうっかりが起こります。ネットで簡単に予約が出来るようになったので、忘れる傾向にあります。

飲食店の予約をして、後から人数が変わったときには?

居酒屋のコース料理を予約しましたが、予約人数は変更できるのか疑問です。人数や状況によって違ってきます。基本的には、少人数なら3日前までなら人数変更は可能です。しかし大人数だったり、飲食店の席、テーブル、個室などのよっては1週間前など店舗によって異なります。

前日や当日に人数変更する場合、増える場合は1人、2人は対応していくれますが、減る場合はキャンセル料がかかる場合が多いです。コース料理を予約している場合は、お店側もその飲食に合わせての食材を揃えていることが多いので、人数が少なくなる場合はキャンセル料を支払うことになります。

人数の変更は出来るだけ早めに飲食店に伝えるようにしましょう。万が一当日までの増える人数が分からなくても出来る限り連絡は入れましょう。