飲食店のキャンセル料は払わないといけない?キャンセル料とは

飲食店のキャンセル料が発生するのは、何日前から?払わないと請求される?

友達と一緒にご飯を食べに行く、飲みに行くのであれば予約もしやすいですが会社の飲み会や同窓会など、人数の多いときの予約はする人もお店側もなんだかドキドキしてしまいますよね。

お店を予約するときには、お互いにキャンセル料金や人数などをしっかりと確認することが大切と言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

内定の報告を先生にしたい!メールや手紙で報告する場合の注意点

苦労した就活でようやく内定がもらえたら、これまでお世話になった先生へ報告したいですよね。 でも...

結婚で転職する男性へ成功させるための大切なポイントを紹介

結婚を機に転職を考える男性は少なくありません。例えば、収入面や会社の将来性など自分一人なら問題なかっ...

人混みが苦手。社会生活をスムーズに送るために苦手意識を克服

人混みが苦手だと、大人としてダメ的なレッテルを貼られている気分になりませんか? 社会という組織...

ご祝儀袋へのお札の入れ方と書き方のマナー【大人のマナー講座】

ご祝儀袋にお札を入れようとして、入れ方に戸惑ってしまうということはありませんか?結婚式のご祝儀を渡す...

No Image

灯油ポンプ仕組みは【サイフォンの原理】仕組みと実験を紹介

手動の灯油ポンプをうまく使うと、灯油を自動で入れることができます。この仕組みは一体どのようになってい...

銭湯のマナー・かけ湯をしてから入浴!覚えておきたい入浴マナー

温泉や銭湯に入浴する時は、湯船に浸かる前にかけ湯をするのがマナーです。でも、どうして入浴前にかけ湯を...

バスケのシュートは回転とアーチ状に高くが成功率をあげるコツ

バスケのシュートがたとえ入っても、無回転のシュートでは上達はしません。 シュートには回転が必要です...

お祝いのお返しに商品券は大丈夫?商品券を贈る際の注意点

出産祝いや入学祝い、進学祝いなどのお祝いをもらうと、その都度お返しの内祝いを用意します。 何度...

消防士の面接ではどんな髪型がベスト?好印象を与える髪型とは

消防士採用試験は、筆記や体力試験の他にも「面接試験」があります。 この3つの試験を突破して晴れて消...

結婚式のネクタイの色は?定番の白をあえて外すネクタイ選び

男性が結婚式に出席する場合は、白のネクタイが定番とされていましたよね。特に親戚の結婚式ではマナー違反...

病院への電話のかけ方!コツや注意点とマナーについて

病院への電話のかけ方について悩んだことはありませんか?例えば、初めての病院への予約の電話や予約のキャ...

結婚式と二次会の断り方!断る理由と失礼にならないマナーを解説

結婚式の案内が来た時、結婚式に出席したくないときもありますよね。あまり仲の良い相手ではないときは特に...

ゴールドの結婚指輪の着用は葬式でOK?NGとされるデザインは

ゴールドの結婚指輪は肌なじみが良いと人気です。しかしその一方で葬式などにつけていっても大丈夫?と心配...

テニスの練習方法で初心者に有効なものとは?意識すべきポイント

テニスの初心者はどのような練習方法をしたらいいのでしょうか?すぐに上達ができたらと思う気持ちを糧に、...

反省文の書き方で大学生が書く場合の注意点とは

最近は大学生でも反省文の提出を求められることがあるようです。 校内外で校則違反をした場合などが多い...

スポンサーリンク

飲食店の予約をした時点で、人数分の金額を支払うべき

お店との間で5人分の飲食の予約が決まった時点で、お店は予約された日に席を確保し人数分の食べ物や飲み物を提供することになります。お客は来店し飲食した代金を支払うという内容の契約になります。しかし客が一方的に予約をキャンセルすることは、理由がどんなことであったもお店と契約しているお金を支払う義務を果たしていない「債務不履行」になるので「損害賠償請求」することができます。

請求する金額はお店が実際に被った損害額や、予め客側と合意していればキャンセル料を請求するということも出来ます。事前の説明、ホームページに記載があるキャンセル料は「損害賠償額の予定」というもので、後から賠償額で揉めないように決めておく制度になります。

お店はキャンセル料について料理でいくらの損害額が出たのかはっきりさせなくても支払いを求めることができます。あまり高額になると無効になります。

飲食店でキャンセル料を払わないといけないことにならないように

チェーン店や個人経営のお店でも違いますが、ほとんどのお店では予約当日キャンセル、1~2日前のキャンセルでもキャンセル料が発生します。

飲食店としては、4~5日前のキャンセルの場合は事前にキャンセル料の説明がなくても支払うべき。当日のキャンセルは損害が出るので100%の料金の支払いを求める。宴会などの場合はお店を貸し切りにしている場合が多いので、当日キャンセルは本当に迷惑な話しだと怒りをあらわにしています。客も予約をした時点でキャンセル料が発生することを理解しているです。

お客でも最低限のマナーは守りましょう。無断キャンセルやドタキャンは絶対しないようにしましょう。お店に予約をする時に、キャンセル料がいつから発生するか、発生した場合はいくらになるか聞くようにしましょう。

万が一当日キャンセルの場合は、キャンセル料の支払いを請求されたら支払わないと行けません。その場合は直セルお店に行き、キャンセルの理由を丁寧に話しキャンセル料の支払いをします。

飲食店のキャンセル料を払わないのはお店にとって大ダメージ!お互いが確認しあうことが大切

キャンセル料を設定する場合、リスクに応じた「一定の基準」を設けておく必要があります。キャンセル料に対する大きな基準は予約に対して仕入れが発生します。そうなると金額的な被害になるので、この場合がキャンセル料を飲食店に支払いをするのは仕方のないことです。

少人数の場合は問題はありませんが、団体や貸し切り、お店の三分の一以上の座席が占められるような予約の時は、予約が確定時点で注意が必要です。お店が忙しい時期の急なキャンセルは、席が空いているだけでもお店側は損害を被ることになるので、予約の時点でキャンセル料について説明をしましょう。

キャンセル料をお客さんから徴収する場合の金額の相場はどのくらいなのでしょう。一般的な居酒屋の相場は次のようになっています。

  • 予約の前日~3日前=予約した飲食代金の3~5割
  • 予約の当日~予約した金額の半額~全額

これらは相場なので飲食店の店舗によって異なります。予約の時点でキャンセル料についての説明は受けていると思います。自分たちの都合でキャンセルした場合はきちんとキャンセル料の支払わないといけないのです。

飲食店のキャンセル料はどのくらい払うもの?うっかりキャンセルしないためには?

当日キャンセルした場合は、飲食代金全額を負担いただきます。と最悪の場合は全額負担になることもあります。しかし飲食店によってはキャンセルしたとしても、キャンセル待ちをしている他のお客さんに聞いて、キャンセル料を払わなくてもいいという場合もあります。一度お店に問い合わせをしてみまそう。キャンセル料はお店によって異なります。大手チェーン店ではホームページに「当日キャンセルの場合は全額負担していただきます」と記載されています。しかしお店の店長さん次第で他のお客さんが見つかるとキャンセル料を払わなくてもいい場合もあるのです。

早い時期の予約は予約したことを忘れてしまうこともあります。食事会を企画し適当な人数で予約したけど、結局人数が集まらず食事会がなくなったのに、キャンセルをすることを忘れているケースもあるのです。

このようについうっかりが起こります。ネットで簡単に予約が出来るようになったので、忘れる傾向にあります。

飲食店の予約をして、後から人数が変わったときには?

居酒屋のコース料理を予約しましたが、予約人数は変更できるのか疑問です。人数や状況によって違ってきます。基本的には、少人数なら3日前までなら人数変更は可能です。しかし大人数だったり、飲食店の席、テーブル、個室などのよっては1週間前など店舗によって異なります。

前日や当日に人数変更する場合、増える場合は1人、2人は対応していくれますが、減る場合はキャンセル料がかかる場合が多いです。コース料理を予約している場合は、お店側もその飲食に合わせての食材を揃えていることが多いので、人数が少なくなる場合はキャンセル料を支払うことになります。

人数の変更は出来るだけ早めに飲食店に伝えるようにしましょう。万が一当日までの増える人数が分からなくても出来る限り連絡は入れましょう。