サッカーのパスの受け方・パスとトラップの正確な技術を習得

サッカーをしている人の中には、パスの受け方がわからずに上手にパスをもらうことができない人もいるのではないでしょうか。

サッカーで味方にパスをしたり、自分が上手にパスを受けることは、得点に繋げるプレーとしてとても重要な事になります。

パスをうまく受けることができず、相手にパスコースをカットされてしまうと、そのことが原因で相手の得点になってしまうこともあるのです。

ここでは、上手なサッカーのパスの受け方についてお伝えします。パスの技術を磨くことで、次のプレーに繋がるきっかけを作ったり、得点に結び付けられるようにしましょう。
サッカーは足元の技術や広い視野が大切です。自分のチームを勝利に導くためにも、一生懸命練習に取り組みましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

品出しのバイトとは?女性も活躍している品出しについて

品出しのバイトは女性にはきついのでしょうか?確かに、スーパーの品出しなら牛乳や油など重たいものを上げ...

ルーズリーフの使い方!アイデア一つで自分だけのノートに変身

ルーズリーフは使い方次第!アイデア一つで勉強効率もアップします。 ただ残念ながら使い方を知らずにた...

女性の社会人の服装のマナー!ビジネスシーンで着たい服

社会人になると、会社では今までと違う服装のマナーが必要です。子供っぽい洋服のままでは、周りからの印象...

休む時の言い訳で面白いものって?使うかどうかはあなた次第!

会社を休む時の言い訳は、風邪をひいたなどの健康上のものとか、親戚に不幸があったなどといった理由を使う...

野球【ピッチャー】コントロールを良くするポイントや練習のコツ

野球はピッチャーのコントロールの良し悪しによって試合の展開が変わってきます。コントロールの良いピッチ...

レストランのマナー。ナフキンの使い方やポイントを簡単解説

レストランではマナーを守る必要がありますが、ナフキンもその一つ。 よくお皿の上にナフキンがセッティ...

イベントに出るために仕事を休む時に使える言い訳と注意点

イベントに出るという理由で仕事を休むのはなんだか恥ずかしい、言いにくいという事もあるでしょう。 ...

住所の正式な番地の書き方!縦書きをする際には注意が必要

ハガキや封筒に縦書きで宛名や住所を書く時、番地の書き方に注意をしていますか? 宛名書きをする場...

スキーとスノボどっちも楽しみたい!という欲張りなあなたへ

スキーとスノボは冬のスポーツとして人気がありますし、どっちも楽しみたいのが本音ではないでしょうか。 ...

スライスする原因は?ドライバーだけスライスする原因と対策

ドライバーだけいつもスライスしてしまうのはなぜ?とスライスしてしまう原因に悩むアマチュアゴルファーは...

リレーのアンカーとして走るコツや役割、リレーメンバーの決め方

運動会のリレーのアンカーと言えば、クラス一の速い子であり、リレーの最後を飾る言わば花形みたなものです...

フラダンスの発表会にもらうと嬉しい花束や差し入れをご紹介

フラダンスの発表会に招待されたら花束を用意する方も多いのではないでしょうか。 フラダンスなら南...

バスケのコツ。女子バスケが上手くなるコツと練習方法と大切な事

バスケットボールは重いと感じる女子も多いでしょう。 ですがボールをドリブルしたり味方にパスを出した...

質問と答えがずれる原因と対処法!会話を成り立たせる方法を解説

会話をしていると、相手からされた質問と自分の答えがずれる事に気がつくこともあります。 相手が納...

卓球のスマッシュにはコツがある。打ち方と決定力を上げるコツ

卓球の試合や練習でスマッシュが決まったら気持ちが良いですね。 ですがスマッシュがネットに引っか...

スポンサーリンク

サッカーのパスの受け方のコツ

サッカーはドリブルでパスを繋ぎ、シュートをして得点に繋げるスポーツです。

その中でも基本となるドリブルができないと、パスに繋げることも得点につなげることもできません。

ドリブルでパスを出すだけではなく、受けるときにもトラップミスをしてしまうと相手チームにボールを奪われ、試合の流れを止めてしまうことになってしまいます。

サッカーのパスの受け方のコツやポイント

  1. 利き足でパスを上手に受けられるよう、広いスペースでパスを受け取れるようにする。
  2. パスを受けたと同時に、次に誰にパスを出すか考えておく。
  3. 体の力を抜き、膝のクッションを上手に使い、ボールを受け止めれるようにする。
  4. ボールを置く位置をぴったりな距離感に合わせる。

このことを踏まえ、練習では足元の技術をさらに磨けるように、パスとドリブルの練習を繰り返し行っていきましょう。

サッカーのパスの受け方上達は顔をあげることが大事

特に小学生のサッカーの試合を見ていると、ドリブルの上手な選手はどの子も顔が上を向いており、足元を見ながらドリブルをしている子はいません。

しかし、サッカーを習い始めた子は自信がないせいか、足元ばかりを気にしてすぐにボールを取られてしまう光景を目にします。

その他にも、顔が上がってプレーができることで、さらにこんなメリットがあります。

  • 周りを大きく見渡すことができる。
  • 自分のチームや相手チームの動きがよくわかる。
  • 次に誰にパスを出せば良いか、たくさんの選択肢がある。

試合の時に緊張してしまうこともあり、自分の力を発揮できないこともあるかもしれませんが、顔をきちんと上げて慌てないでプレーすることが重要なポイントです。

ドリブルの練習をする時には、顔を上げるクセをつけるように心がけていきましょう。

サッカーで上手なパスの受け方ができると良いパスを出せるようになる

プロのサッカー選手のプレーを見ていると、ドリブルの技術はもちろん、上手なパスの受け方や良いパスを出しているのを目にします。

このような高い技術を身につけるのには、どんなことを心がければ良いのでしょうか。

その方法をご紹介していきたいと思います。

サッカーのパスを上手に出すためのポイント

ドリブルをしながら周囲を見渡し、スピードを調整することでボールを奪われにくくすることができます。

パスを出す時には、相手の利き足にぴったりと出せるように意識する。

パスを出すスピードが早ければ早いほど、ボールを止めることなくゴールに向かっていくことができます。

パスを上手に受けるには、上記でも説明しましたが、体の力を抜き膝のクッションを上手に使い、ボールを受け止めれるように、できるようにしましょう。

上記のことを注意しながら、さらに自分のチームや相手チームがどのようなポジショニングの位置にいるかを確認し把握することで、得点に繋げていくことができるでしょう。

サッカーのパスの受け方で重要なトラップの種類

サッカーのスポーツ用語で「トラップ」と言う言葉を耳にしたことがあるかと思います。
サッカーでのトラップはボールを止めるということを意味します。

そのトラップにも種類がありますので、簡単に説明をしていきたいと思います。

インサイドトラップ

多くの選手が主に使うトラップで、足の内側を使います。
他のトラップよりもボールを受ける時の面積が広いため、1番使いやすいトラップです。

アウトサイドトラップ

インサイドトラップは真逆で、足の外側を使うトラップです。
体の向きを変えなくも、プレイをしながら使うことができるため、自然に使うことのできるトラップです。

インステップトラップ

ボールが地面から浮いている状態の時に、ボールをコントロールできるトラップです。
あまりスペースのない場所で、使うことのできるトラップです。

サッカーのパスの受け方が上手になる練習方法

試合で活躍できる中心選手になるためにも、サッカーのパスの受け方も上手になりたいですよね。

そのためにはどんな練習方法を行えば、今よりもさらにパスの受け方が上手になるのかの方法をご紹介していきたいと思います。

サッカーのパスの練習方法とポイント

  1. マーカーをY字に置き準備します。
  2. スタートの位置からパスをもらう時に、マーカーを相手チームの選手とし、左右どちらかからパスをもらうかを選定し、パスを受け取る。
  3. 自分が向いていた位置とは反対の方へパスを出し、直接返しスタート地点にパスを返す。

この時のポイントは、パスがくるタイミングを待つのではなく、パスを出す相手とのタイミングを合わせることが重要ポイントです。

ここで紹介してきたパスの練習方法とポイントをしっかりと技術を習得し、試合で活躍できるように頑張ってくださいね。