暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

電車の車掌や運転手の仕事内容・車掌と運転手になる方法を解説

      2019/04/24

電車の車掌や運転手の仕事内容・車掌と運転手になる方法を解説

電車の車掌や運転手の仕事に憧れている人もいますよね。将来は電車に関わる仕事をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

電車の車掌や運転手は、実際にどのような仕事をするのかご存知ですか。また、車掌や運転手にはどうやったらなれるのか、知りたい人もいることだと思います。

ここでは、電車の車掌や運転手の仕事内容とその職に就く方法についてお伝えします。自分の夢を叶えるまでの道のりをチェックして、将来に向かって進んでいきましょう。

夢を叶えるための知識を得たり、それに向かって努力をすることで、自分の未来を切り開いてください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

電車の車掌と運転手の仕事内容・運転手の仕事は安全にお客様を運ぶこと

田舎の地域で、徐々に廃止されている電車がある一方で「乗り鉄」と言われている鉄道オタクの人が増えてきているという面もありますよね。
そんなかっこいい電車の車掌になりたかった、これからなりたい!と思っている若い人は少なく無いと思います。
清潔感のある指定の帽子とスーツがかっこよさを物語っていますよね。
今回はそんな車掌や電車の運転手の仕事について詳しくお伝えしていきたいと思います。

電車の運転手の仕事内容。

車掌と協力しながらお客さんを安全で快適に目的地まで連れて行くのが主な仕事となっています。
信号や制限速度は勿論のこと、天候や車内の込具合にも注意を払い基本的には時間どおりに運転をします。
実は時間通りに運転することはとても技術や経験を要すると言われています。理由としては乗車人数によって到着時間が変わってしまうからです。
ですので、おおよその人数で速度を計算しながら時間どおりに到着できるよう絶妙な感覚を持っているというところも大きな魅力の1つのような気がします。

運転手と一緒に電車に乗っている車掌の仕事内容

では次に「車掌」のしごとについて詳しくお伝えしたいと思います。
車掌と言えば、駅につくたび一度ホームに降りて決まったポーズで安全確認をしている、運転手同様かっこいい存在ですよね。

車掌の仕事内容。

車掌とは運転手と協力しながら、利用する客さんが安全で快適な電車を利用するための仕事を担っています。
内容としては、各駅が近づいてきた時にマイクを使って案内をしたり、駅についた時にお客さんが安全に乗り降りできるか確認する役目があります。
他にも、車内で問題が起こった時の解決役にまわるのも車掌の仕事です。
災害の時など、急を要する自体に陥った時にお客さんの安全を守るのも車掌のしごとです。

電車の運転手になるには

そもそも憧れの運転手になるには、どのような事が必要なのかも続けて掲載していきたいと思います。

運転手になるために必要な事とは

まずは、各電車を所有している鉄道会社に就職することが条件です。
入社時に問われる資格はありませんが、基本的には工業高校や商業高校に求人案内が行くことは有名です。
入社後は、駅員や車掌を何年も経験し、運転手に適しているということが認められて、初めて電車の運転士として迎え入れられるのです。
基本的には、試験に合格後念願の運転手として活躍することができるという流れになっています。

最近では、若手電車運転手を多く必要としているため、育成に力を入れている鉄道会社も少なくありません。
ですので、しばらくの間は求人条件も安定しているのではないかと言われています。

電車の運転手は国家資格に合格する必要がある

平成後期では、電車の運転手は高校卒業程度の人が主に活躍しています。
ですので、大学を卒業して鉄道会社に入社した人は運転手をするより事務方のデスクワークが主な仕事とも言われています。

上記で説明しましたとおり、入社直後から車掌を経験したのち運転手になるには「国家試験」を受験する必要があります。
その国家試験ですが、各鉄道会社が委託され実施しているもので、筆記試験から適性検査や技能試験も科目として取り入れられています。
これらの試験は運転する車両によっても制限されており、通常の電気を動力として走っている電車の運転であれば「甲種電気車」の資格が必要で、路面電車を運転するのであれば「乙種電気車」の国家資格が必要となるのです。

さらに追加でお伝えしますと、新幹線も別の資格が必要になります。
「新幹線電気車」という資格を取得しない限り、新幹線を簡単に運転することはできないのです。

電車の運転手として経験を積んだ後は昇進試験を受け合格することで、各駅の駅長や運転区所の所長に昇進することもできる仕組みとなっているのです。

電車の車掌になるには

では、車掌はどうでしょうか?

何か資格がいるのか、どのくらいの実績が必要なのかも含め検証していきたいと思います。

上記でもお伝えしましたが、まずは鉄道会社へ入社してからがスタートになります。
入社後2年前後は駅員としての業務をこなします。
この期間は、お客さんと多く接しマナーや仕事を覚えることで、鉄道会社の一員であることを自覚させるためとも言われています。
その後、ようやく車掌への階段へ登り始めます。
登用試験というものを受講し座学研修や実地研修を受け、初めて車掌として働ける…といった流れになるのです。

運転手は勿論のこと車掌になるだけでも簡単にはいかないことがわかりましたよね。電車に乗ればいつも見かける身近な存在なだけに気づきませんでしたが、こんなに多くの苦労を重ねて初めて車掌や運転手として活躍することができるなんて尊敬してしまいます。

みんなが「憧れる職業」というものは、やはり簡単になれないからこそ憧れるわけで、皆さん苦労の果にやっとたどり着いた天職とも言えるのだと思います。
車掌や運転手になりたいという気持ちが強くあるのであれば、是非目標は高く、素敵な運転手さんになって下さいね。

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ