【営業】電話の折り返しのマナーやコツとこないときの対処法とは

営業マンは毎日取引先などへ電話をかけることが多いですが、その際に折り返し電話をかけることも多いですよね。

では、営業マンが折り返し電話をかけるときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?そのマナーとは?

また、逆に企業からの折り返しの電話がこないときはどうしたらいいのでしょう?その対処法とは?

そこで、電話の折り返しのマナーやデキる営業マンのコツと折り返しの電話がこないときの対処法などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フェイントテクニックを磨いてサッカー上達!フェイント練習方法

サッカーはゴールキーパー以外足を使ってプレイをするスポーツです。ここで重要になってくるのがフェイント...

体育の授業は何が目的で行われているのか知りたくありませんか?

学校の勉強は国語、算数(数学)、理科、社会、それに英語に家庭科、保健体育などなど、さまざまな教科があ...

消防士の面接ではどんな髪型がベスト?好印象を与える髪型とは

消防士採用試験は、筆記や体力試験の他にも「面接試験」があります。この3つの試験を突破して晴れて消...

ポケットチーフは結婚式に必ず必要ではないが購入する価値はある

結婚式に参列する時、ポケットチーフは必要か必要じゃないのか。スーツを着る男性なら一度は考えたこと...

No Image

体育のサッカーのコツや自分のポジションの探し方と基本の動作

学生の皆さんは学校の体育の授業で、サッカーをする場合があるでしょう。サッカーは簡単そうですが、た...

習字教室を開くには?自宅開業を目指しているあなたへアドバイス

「習字教室を自宅で始めたい」という主婦の方もいるのではないでしょうか。書道教室を開くには何が必要...

同僚の結婚式の断り方のポイントとご祝儀・二次会の断り方を解説

会社の同僚の結婚式に招待された時、予定が合わずに出席することができない・やむを得ない理由で欠席しなく...

力士の給料はどこから?力士の給料は相撲協会や懸賞金が収入源

大相撲の力士たちの給料が一体どこから支給されているのかご存知でしょうか。自分の体で相撲を取り...

ご祝儀相場・兄弟の結婚式に夫婦と子供で出席するときのご祝儀

兄弟の結婚式に夫婦と子供で出席することになったら、ご祝儀はいくら包むべきなのか、その相場について気に...

スキーは姿勢が大事!基本の姿勢や止まり方、滑り方の姿勢を解説

スキーには基本の姿勢があります。ただ原理はわかっていても身に付けるまでが難しいため、予習しておく...

スキーとスノボーはどっちが簡単?はじめる前に知りたいこと

スキーとスノボーはどっちが簡単にはじめることはできるのでしょうか?どちらもやったことがない初心者だと...

卓球のスマッシュ速度は球技で一番!速く打つポイントや練習方法

卓球のスマッシュの速度はボールを使ったスポーツの中でも最も速いと言われています。卓球のスマッシュの速...

スライスの打ち方とは?テニスのスライスを打つコツ

テニスのスライスを打つときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?スライスを打つ時に意識す...

No Image

【男性の服装】平服とカジュアルの違い。二次会の正しい服装選び

結婚式の二次会の案内が来た時に悩むのが、どんな服装で行けば良いのだろうかということではないでしょうか...

No Image

卓球【ダブルス】サーブのルールや勝つためのポイント

卓球のダブルスのサーブは、シングルと違って打つ順番などがわかりづらくルールがあります。ダブルスをはじ...

スポンサーリンク

営業マンが折り返し電話をかけるときはタイミングが大切!

自分にかかってきた電話を、席を外していたなどの理由で受けることができなかった時、折返しの電話をかける場合は相手のタイミングを考えることが大切です。

ほんの少し席を外していた間にかかってきた電話であれば、すぐに先方に折り返しの電話をかけても問題はないでしょう。

ですが、電話がかかってきてから時間が経っている場合、相手が電話を取ることができるタイミングかどうかを考えてから折返しの電話をかけましょう。

お昼休みの時間帯であれば、相手は食事や休憩をしている可能性があります。

一般的に正午から13時までの間はお昼休みの企業も多く、この時間帯に折り返しの電話をかけてしまうと、相手のお昼休みの邪魔をしてしまう可能性もあります。この時間帯に折り返しの電話をすることは避けましょう。

また、夕方遅くや退社時間になってから折返しの電話をかけることにも配慮が必要です。
急用でない限りは、翌日に折り返しの電話をかけるのがマナーです。

終業間際の忙しい時間帯や、勤務時間が終わってからの折り返し電話は、相手の
プライベートな時間にも影響を与えてしまう可能性があります。

翌日の折返しも、始業直後は避けて10時半くらいに電話をかけるようにしましょう。

営業マンが折り返し電話をかけるときのマナーとは

  1. まずはお詫びの言葉
    折り返しの電話をかけた時は、まず最初に自分が電話に出られなかったことを謝罪しましょう。その後に本題に入り、相手の話を伺うようにします。
  2. 内容を明確に
    折返しの電話をかける時は、電話を受けてくれた人からの伝言を確認してから電話をするようにしましょう。
    どのような要件の電話だったのかがわかる場合は、必要な資料などを手元に用意してから折返し電話をかけるようにしましょう。
  3. 相手が不在の場合
    折返し電話をかけた相手が不在の場合、再度自分から電話をかける場合と、相手から電話をかけてもらう場合に対応が分かれます。
    相手が自分よりも上の立場の場合は、自分から再度電話をかけるようにしましょう。
    ですが、何度か折返し電話をかけているのに相手が不在の場合や、急用がある場合などは、相手側に対して丁寧に、折り返しの電話をかけてもらうようにお願いをしましょう。
    この時は電話を受けてくれた人の名前を聞いておくとスムーズです。
    こちらから再度かけると伝えたのに先方から電話がかかってきた場合は「何度もお電話をいただき申し訳ありません」という言葉を添えましょう。

折り返しの電話をもらわないのはデキる営業マンのコツ

ビジネスシーンでは、電話をかける時に「どちらに用件があるか」というのが大切なポイントになります。

できる社員というのは、この辺をしっかりとわきまえて使い分けているのです。

取引先などに電話をかけて先方が電話に出られなかった時、大抵は「折返しお電話をいたしましょうか?」と先方に尋ねられます。ですが、できる社員は「こちらから再度掛け直します」と返答をします。

こうやって返事をすると、先方で電話を受けてくれた人が「〇〇さんからお電話がありました」とお伝えてくれることがほとんどです。これを聞いた相手側は「何かあったのかな?」と考えて電話をかけて来てくれるというわけです。

相手から折返しの電話をもらっていますが、「こちらから掛け直す」と言っているので、相手に対して失礼になることはないのです。

電話を受ける時は「わざわざお電話を頂いて申し訳ありません」と伝えれば良いのです。

電話の折り返しがなくても感情的になってはいけない

社会人になると、自分の感情をコントロールする力が求められるようになります。たとえ相手側に非がある場合であっても、相手のことを問い詰めるような言い方をしてしまうのはNGです。

相手から折返しの電話がくるはずなのにこなかったからと言って、「どうして連絡をくれなかったのですか?」と攻め立てるのは良くありません。

仕事というのは、お互いがミスをしないように協力しあって行うものです。相手にミスがあったとしても、感情を全面に押し出して攻め立ててしまうと、注意された内容よりも言葉の言い方に腹を立ててしまうことがあります。

もしかしたら、相手には連絡をすることができなかった正当な理由があるのかもしれません。

自分が腹を立てているからといって感情のままに動いてしまうと、相手との関係性が悪くなって仕事がスムーズにできない事もあります。

相手の立場に立って考えてみるというのも、社会人にとっては大切なことなのです。

企業からの折り返し電話がこないときの対処法とは

相手先の企業に電話をかけた時「こちらから折り返します」と言われたのに電話がかかってこない場合、再度電話をかける時はどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

後ほど折り返すと言われた場合

「後ほど折り返します」と言われた場合は、翌日にこちらから再度電話をかけても問題はないでしょう。

ですが、折返しの電話をかけると言われただけで、特にいつ折り返すのかを指定されていない時は、2日程度日数をあけてこちらから折返しの電話をかけるようにしましょう。

日数を指定されているわけではないのにすぐに自分からかけ直してしまうと、催促しているような印象を与えてしまう事もあります。

急ぎの用事の場合

こちらの用件が急ぎの用件だった場合、折返しの電話がこない時は、1時間~2時間後であれば再度電話をかけても失礼にはなりません。

相手と電話ができればそれで問題はないでしょうし、もしまた電話が繋がらなかった場合は、こちらの用件を相手に伝えてもらうようにしましょう。