コンビニのイートインで勉強してもいい?時間制限はあるの

コンビニのイートインは勉強するのに向いている?確かになんでもそろっているコンビニで勉強できるなら、と思ってしまいますが長居するのはどうなのでしょう?

コンビニのイートインで勉強するときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

コンビニのイートインの利用方法やマナー、滞在時間について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ご祝儀の金額、部下へ贈る場合はいくら包むべき?ご祝儀マナー

結婚式に出席する際に悩むのがご祝儀の金額。特に上司として部下へ贈る場合、いくら包むべきか頭を悩ませて...

野球の投手の為のトレーニングの種類とやり方を解説

高校生でも球速150キロというのも珍しくはないでしょう。野球選手はほぼ毎日トレーニングをして...

名前を赤字で書いてはいけない理由!赤字がNGなのはコレが理由

「名前を赤字で書いてはいけない」と言われたことがある人もいますよね。でも、名前を赤字で書いてはいけな...

御祝儀を連名で包むときの表書き・友達と連名で包むときの書き方

友達同士で御祝儀を包むことになった時、連名で包む場合は、御祝儀袋の表書きにどのように名前を記載すれば...

野球とサッカーでは身体能力の差がある?身体能力が高い人の特徴

昔から根強い人気のあるスポーツ、野球とサッカー。子供たちに将来なりたいのは?と聞くと、だいたい野...

剣道の試合の流れを解説!礼に始まり礼に終わる剣道について

はじめて剣道の試合に出場する人は、どのように試合が進むのか、一連の流れについて知りたくなることだと思...

No Image

袱紗の慶弔両用タイプの使い方。包み方から渡し方までご紹介

袱紗(ふくさ)には慶弔両用タイプがありますが、それぞれ使い方にはマナーがあります。包み方から渡し...

結婚で転職する男性へ成功させるための大切なポイントを紹介

結婚を機に転職を考える男性は少なくありません。例えば、収入面や会社の将来性など自分一人なら問題なかっ...

外国と日本の文化の違いについて色々知りたい

外国と日本の違いと言えば、言葉の違いや、髪や瞳の色などの見た目の違いがあります。その他の大きな違...

ルーズリーフの使い方!アイデア一つで自分だけのノートに変身

ルーズリーフは使い方次第!アイデア一つで勉強効率もアップします。ただ残念ながら使い方を知らずにた...

野球【ピッチャー】コントロールを良くするポイントや練習のコツ

野球はピッチャーのコントロールの良し悪しによって試合の展開が変わってきます。コントロールの良いピッチ...

外国の人やハーフの人の名前にある「ミドルネーム」ってなに

日本人の名前と言えば、「名字」と「名前」の2つの言葉で構成されていますよね。しかし、外国人やハー...

スノーボードの上達のコツ。基本・エッジ・ターンのやり方

スノーボードをカッコよく滑りたいと思っても、最初のうちは転んでばかりで上手く滑れるのかなと心配になっ...

お通夜のお香典の金額の相場と渡す際の注意点

お通夜に参列する場合お香典を準備しますが、いくら包もうかと金額に悩んでしまいます。お香典の金...

卓球の基本の練習方法!初心者が上達するための練習メニュー

中学生になり、初めて卓球を始める方も多いと思います。早く上達するために家でも練習をしたいという場合に...

スポンサーリンク

コンビニのイートインで勉強するのはアリ?

学校帰りにコンビニに寄って、そのままコンビニ内のイートインスペースでバスの時間まで少し勉強したことがあるという人も、少なくはないかもしれませんね。ちょっとした隙間時間に少しの間だけ勉強しているくらいならば問題ないとは思いますが、実際にイートインスペースで勉強しているお客さんに対して、お店側はどのように感じているのでしょうか?

コンビニのイートインスペース

コンビニで買った商品を食べるための場所であり、何も買わずにただ休憩されるのは、当然お店側にとっても迷惑な行為です。ですが、コンビニできちんと商品を購入し、それを食べながら勉強しているぶんには、本来の利用目的と大きくかけ離れているわけではないので、食後に多少の時間残って勉強を続けていたとしても問題はないでしょう。

ただし、他にもイートインスペースを利用したいお客さんがいるにも関わらず、長々と場所を独占するようであれば、店側にとっても迷惑なお客さんと思われても仕方がないのかもしれませんね。

コンビニのイートインで勉強をするなら

コンビニのイートインスペースは飲食物の持ち込み禁止

あくまでもそのコンビニの店内で買った商品を飲食する場所として提供されているわけですから、自宅から持参したお弁当や、他の店で購入した物を食べ飲みするのはマナー違反です。

では、コンビニ内で商品を購入さえすえば、何時間でもイートインスペースにいて良いのかと言ったら、それは違います。買ったものを食べ飲みしながら休憩する程度ならいいのですが、特に飲食するわけでもなく、ただの休憩や勉強する場所として利用するのは、本来の利用目的とは明らかに違いますよね。

イートインスペースを使いたい他のお客さんの邪魔になることを考えると、食べ終わってからも長時間居座って勉強することも避けたほうが良いでしょう。食べ飲みしている間だけとか、そのあとバスの待ち時間を利用して短時間だけ勉強するという程度であれば、問題はないでしょう。

イートインスペースは席数が限られていますので、状況に応じて席を譲りましょう。

コンビニのイートインは勉強がはかどる その理由とは?

コンビニの正式名称は「コンビニエンスストア」です。文字通り、なんでも売っている「便利なお店」ですよね。コンビニのイートインスペースで勉強すると、なぜかやたらと勉強がはかどるという人も多いかもしれませんね。

24時間営業のコンビニであれば、時間帯を気にしなくても良いですし、Wi-Fiが使える店舗も増えて来ました。小腹が空いたらすぐに満たせるし、文房具が必要になってもすぐに買えます。なんならスマホの充電まで!

こう考えると、コンビニのイートインスペースは、勉強するために必要なものが全て揃っているようにも感じますが、決してそのために設置された場所ではないのです。もちろん、何か商品を買ってくれたお客さんに対しては、たとえ何時間もスペースを独占して勉強を続けていたとしても、店側も直接注意はしづらいでしょう。ですが、あくまでもその場所は、コンビニで買った商品を飲食するためのスペースであり、わざわざあなたが勉強するために用意してくれたわけではないということを、きちんと理解しておきましょう。

コンビニのイートインで勉強するときは滞在時間に気をつけよう

例えば、コンビニ以外のファーストフード店や、カフェなどで勉強するぶんには、お店側もお客さんに注文してもらう代わりに、時間と場所を提供しているのですから、問題はないと言えます。ですがこちらでも、ランチの時間帯などの混雑する時間帯に長時間に渡って居座ったり、ドリンク1杯で何時間も粘られたら、さすがに良い顔はされないでしょう。

たとえ勉強以外であっても、飲食が終わっても追加注文もしないで、何時間もスマホや読書する時間に当てられることも、正直あまり歓迎はされないものですが、さすがにお客さんに対して帰れとも言えないのが、店側のツライところでもあります。

コンビニのイートインスペースで、購入した商品を食べる間に少しだけ勉強するぶんにはOKであっても、参考書や問題集を広げて本腰を入れて勉強するのは、さすがに控えたほうが良いでしょう。じっくり勉強したいのであれば、学校や図書館の自習室があるのですから。

コンビニのイートインはお店によって決まりがあるかも

コンビニによっては、イートインスペースを利用するにあたっての決まりごとがある場合もあります。持ち込み禁止は当然ですが、「◯◯分以上のご利用はお控えください」といったように、明確に時間制限を設けている店舗もあるようです。

とくに注意書きがなかったとしても、あくまでも店内で買った物を飲食するためだけに設けられたスペースなのですから、友達同士で大声でお喋りするなど、他のお客さんの迷惑になる行為はやめましょう。食べたあとはきちんとゴミを片付け、テーブルの食べこぼしもきちんと拭きましょう。

また、イートインスペースには利用可能な時間帯も設定されている場合が多いので、たとえ店内で購入した商品であっても、それ以外の時間帯に使うことは避けてくださいね。