結婚で転職する男性へ成功させるための大切なポイントを紹介

結婚を機に転職を考える男性は少なくありません。例えば、収入面や会社の将来性など自分一人なら問題なかったことも、これから家族を養っていく立場になると考えなくてはならないからです。

そこで、結婚のタイミングで転職を考える男性へ成功させるために大切なポイントや注意点についてお伝えしていきましょう。

これで、男性が結婚をするために転職を考えるときに気をつけたいポイントや大切なことがわかり、スムーズに動き出すことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コンビニバイトで注意すべき言葉遣いについて徹底解説

コンビニバイトのような接客業では言葉遣いに注意すべきだということはわかっていても、普段使っていないと...

卓球の初心者が試合するときにはパニックにならないことが大切

卓球の初心者が試合でよくしてしまうミス、それは慌ててしまうことです。練習のようにできない、相手の強さ...

友人への出産祝いに贈るお金の相場とお祝いのマナーを解説

友人が赤ちゃんを出産した時、出産祝いを贈ろうと考えますよね。ここで気になるのが、出産祝のお金の相場で...

電車内でのキャリーバッグの置き方のポイント・注意点を解説!

電車にキャリーバッグを持ち込んで乗車する時は、置き方を考えて乗車することが大切でです。自分のことだけ...

合気道と空手の違い!子供に習わせたい時の判断基準と特徴を解説

子供に武術を習わせたいと思っているお母さんの中には、合気道と空手のどちらを習わせたら良いか迷っている...

しゃぶしゃぶの食べ方には順番がある?正しいマナーとは

友達との夕食や接待でも食べる機会の多いしゃぶしゃぶ。でも実は食べ方には順番があるということをわかって...

ハローワークから紹介された面接を辞退する時の方法と注意点

ハローワークから紹介状をもらい面接日が決定した後になって、様々な理由により辞退したいこともあります。...

バスケのシュートは何種類くらい?シュートの特徴をご紹介

バスケのシュートは大きく分けるとレイアップ、ダンクシュート、フックシュート、ステップシュート、セット...

兄弟の結婚・ご祝儀相場は?結婚式なしのときのご祝儀について

兄弟が結婚することになり、ご祝儀について考えている人もいますよね。特に、結婚式なしの場合はご祝儀をど...

教会での結婚式にご祝儀は必要?相場と教会式での御祝儀について

教会に行われる結婚式に招待された時、ご祝儀はどうしたらいいのか悩むこともありますよね。今までに一般的...

ご祝儀袋の入れ方!台紙がついている場合の使用方法とマナー

ご祝儀袋を開けたら中から台紙が出てくる場合があります。あまりご祝儀袋を使う機会がない方は、台紙は必要...

スノーボードの上達のコツ。基本・エッジ・ターンのやり方

スノーボードをカッコよく滑りたいと思っても、最初のうちは転んでばかりで上手く滑れるのかなと心配になっ...

野球の練習メニュー【中学生編】決め方や強くなるためのポイント

野球の練習メニューについて中学生の場合には、どんな練習をするべきか指導者を任されて悩む人は多いです。...

結婚式でマナー違反にならないために!親族の和装に合う髪型

結婚式に親族として参加をする場合、親や姉妹は和装が一般的です。着付けと一緒に髪型のセットもプロの方に...

男の嫉妬は怖い!仕事で・職場で女性に嫉妬する男への対処法

会社の同僚男性に仕事の面で嫉妬をされている、職場で嫌な思いをしているという女性もいるのではないでしょ...

スポンサーリンク

結婚のタイミングで転職を考える男性が気をつけたいポイント

結婚を機に転職を考える場合、重要視したいポイントを紹介します。

転職で年収アップを見込めるか

お子さんがいる場合、これから予定がある場合は、家族を養っていくのに必要なお金は増えていきます。勤続年数や努力に応じて昇給がある、ボーナスが出るなど、今より年収アップを見込める企業かどうかというのは重要なポイントになってくるでしょう。

転職でワークライフバランスがとれるか

仕事に精を出すにはプライベートの時間があってこそ。残業や出張、休日出勤があまりに多いと、その分家族と過ごす時間が減り、バランスがとれなくなってしまいます。

家族のために転職したのに、すれ違ったりイライラすることが増えてしまっては本末転倒です。何のために転職するかというのを今一度考えてみましょう。

最近では働き方改革の一環としてフレックスタイムの導入、残業削減、有給取得の推進など行う企業が昔と比べて増えてきました。プライベート面を重視することも大切です。

転職先が将来性がある企業か

年収面も大事ですが、将来性がある企業かどうかというのも大切です。雇用が安定していて将来性があるか、スキルアップが見込めて成長性がありそうかという視点を見落とさないようにしましょう。

大手でも先細りの業界、人員削減を行っている企業もあります。長期的な視野を持って選ぶことが重要です。

男性が転職をするなら結婚を考えたときにするのがベスト

転職を考えた時、今より良い会社に就けるという確信を持てず見送りにしていた方も多いのではないでしょうか。勤めながらの転職活動も大変ですし、タイミングを見つけるのはなかなか難しいです。

結婚は転職にベストなタイミング

1.前向きな理由と評価される

結婚を機に転職というのは、転職活動の際は「長期的な視野で将来を見据えている」と前向きな理由と評価されます。

また、長く働いてくれそうだという真面目な印象も与えられます。

実際は年収や人間関係面などネガティブな転職理由であっても、結婚を機にということで上手いこと前向きに伝えられることができるのです。

2.自分の希望が見えてくる

今まで自分のために考えていた働く条件を、家族のためにと視点を変えることで新しい条件が見えてきます。

年齢、過ごし方によって自分の考えというのは変わってくるもの。

「今まで休日も少なくバリバリ働いてきたが、次はもう少し休日は休める企業にしたい」

など新たに自分の希望する条件が見えてきて、広い視野で探せるようになります。

3.新生活にゆとりを持てる

結婚と転職を同時に行うと、どうしてもライフスタイルが変わってくるので慣れるまでは大変な時期が続きます。仮に結婚をしてから転職をした場合、新しい仕事に慣れるまでは色々とプレッシャーに感じてしまうかもしれません。

しかし入籍する前に転職することでまずは仕事に慣れる時期を作ることができますし、結婚生活が始まってもゆとりを持った気持ちでいられます。

結婚のために転職したい男性が面接で伝えるべきこととは

結婚は転職に前向きな理由と捉えられますが、伝え方が重要です。

結婚が転職を考えた理由だと言って問題ない

転職理由を伝える際は、ネガティブな面を隠してぼやかした言い方にしていると面接官としては疑問点が増えていく一方ですが、結婚が理由だとはっきり伝えれば腑に落ちるでしょう。

「家族のことを考えている」という責任感や、「将来のことを見据えている」という真面目さのアピールにもなります。

仕事に前向きな姿勢を示す

転職理由は結婚だけではなく、スキルアップやキャリアアップしたいなど、+αの理由を足していきましょう。

企業は、自分達の力になってもらえるか、一緒に長く働いてくれるかという視点で人材を探しています。転職を考える多くのきっかけはネガティブなものですが、面接官に伝えるときはポジティブに言い換えして伝えるようにしましょう。

結婚を機に転職を成功させるためには話し合いをするのが大切

結婚を機に転職を考えた場合は、パートナーに転職の意思をしっかり伝えて、話し合っておくことが大切です。

入籍前でも入籍後であっても、結婚を考えているならもう自分一人の問題ではありません。勤務地や居住地など、パートナーが希望する条件もあるでしょう。パートナーも働いている場合は、通勤アクセスや転勤の有無も重要になっていきます。

年収面においても、今後お互いでどれだけの世帯年収を希望するかを話し合い、それに合わせて決めていくことが必要です。子どもが増えれば増えるほど必要な世帯年収も増えていきます。将来のことを考えながら話し合うことが大切です。

転職直後は慣れない環境で疲れることが多い

結婚生活を円満にするために、家事の分担などもパートナーとしっかり話し合っておく必要があります。

大切な相手に誤解させてしまうことがないよう、結婚のために転職を決めたらそのことは早めに伝えておきましょう。

結婚をするために転職を考えるならとにかく早く行動をはじめましょう

結婚をするために転職を考えたなら、とりあえず行動を始めることが大切です。

自分の希望条件を改めて考え直す

結婚にあたって、改めて自分の勤務希望条件を洗い出してみます。全てが叶った企業というのはなかなか難しいですから、どうしても外せない条件、場合によっては無くしてもいい条件など優先順位をつけて、融通を利かせるようにしましょう。

転職先の情報収集する

今はネットで何でも情報が手に入る時代です。業界の将来性、業界内の立ち位置、IR情報で財務状況を確認したりと、情報収集に努めましょう。

企業の公式ホームページに求人ページがあれば、福利厚生や教育制度などを紹介しているところが多いです。会社説明会などで直接聞ける機会があれば、気になる箇所を質問しておくとより正確な情報を知ることができます。

転職のプロに相談する

「転職活動を始めたいけれど、まず何から始めればいいかわからない」という時は、転職エージェントなどプロに相談しましょう。プロに相談したり提案してもらうことで、自分の適性、希望条件、市場価値が見えてきます。

一般的には公開していない(大々的には募集していない)求人を紹介してもらえることもあります。やみくもに応募するよりは、プロからアドバイスをもらいながら探してみるのもいいでしょう。

注意点として、最終的に自分に合っている企業なのかということは、転職エージェントに頼りすぎず自分で判断することも大切です。