ダイビングが趣味。女性がハマる理由と抱える色々な悩みとは

ダイビングが趣味という女性にその魅力を聞いてみました。

ダイビングはお金がかかるイメージがありますが、実際にはどうなのでしょう。
お金持ちなら気にしないのでしょうが、涙ぐましい節約エピソードをご紹介します。

ダイビングは海の中なので、女性なら気になるお化粧事情はどうなっているのかも知りたいですよね。

またダイビングで必要なバディ・システムとは。バディ・システムにまつわる彼氏との関係もみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バレエは基礎が大事!子供のうちからしっかり見付けさせよう

バレエの基礎を続けるのは子供でもしんどいもの。 でもバレエこそ基礎が一番大事で、基礎がしっかりして...

水泳大会に絶対必用な持ち物と忘れ物をしないための極意を解説

初めての水泳大会が近づき、どんな持ち物を準備すればいいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。特...

明日ある面接に緊張している人へ。緊張をほぐす方法を紹介します

明日の面接では緊張しすぎて上手くしゃべることができないのでは・・失敗してしまったらどうしよう・・と不...

【バスケのコツ】試合で活躍するために覚えておいてほしいこと

中学校で部活に入って初めてバスケの試合に出るかもしれないと思うと、誰でも緊張してしまうでしょう。 ...

兄弟の結婚祝いはいつ渡す?という疑問を解決!相場も紹介

親族の結婚式、特に兄弟の結婚式は特別な思いがあるのではないでしょうか?もちろん結婚祝いを渡すでしょう...

結婚式を断る時の上手な断り方と理由の伝え方【大人のマナー】

知人からの結婚式の招待状が来ると嬉しい気持ちになりますが、やむを得ず欠席をしなければいけない時には、...

スノボウェアの下に着る洋服選び【レディース編】

初めてスノボに行くという場合には、ウェアの下に何を着れば良いのか悩む方が多いようです。 気温が低く...

スノボ初心者の滑り方!知っておくと上達する滑り方のコツ

初めてスノボをするというスノボ初心者は、まず何から練習すればいいのか悩む方も多いと思います。 そこ...

陸上のリレーはバトンパスが鍵!オーバーハンドパスのコツと方法

陸上のリレー競技でタイムを縮めたい・試合に勝ちたいときは、バトンパスに鍵があります。 バトンパ...

ご祝儀袋はふくさでの渡し方がマナー?結婚式での渡し方

結婚式でご祝儀袋を渡す時、ふくさを使った渡し方が一番ベストです。 ふくさで包むのには理由があり、よ...

【袱紗の渡し方】包み方から結婚式での渡し方まで徹底解説

結婚式に初めて出席することになった場合、ご祝儀をいつどうやって渡せばいいのかわからない人の方が多いで...

ジムのトレーナーの給料の目安といろいろな働き方

ジムのトレーナーとして働きたいという場合には、仕事内容はもちろん、給料の相場も気になります。 実際...

食事中のゲップはマナー違反!食事中のゲップを予防する方法

食事中にゲップをする人がいますよね。ゲップは生理現象ですから、出てしまうのは仕方がないことでしょう。...

電車内でのキャリーバッグの置き方のポイント・注意点を解説!

電車にキャリーバッグを持ち込んで乗車する時は、置き方を考えて乗車することが大切でです。自分のことだけ...

バスケのコツを徹底解説!ディフェンスは攻めることも大切です

部活でバスケをしている人の中には、ディフェンスが上達しないことが悩みだという人もいるでしょう。 ...

スポンサーリンク

ダイビングが趣味の女性が思う海の魅力とは

ダイビングが趣味という女性の魅力には、どんなことがあるのでしょうか。

まず一昔前までは、黒が基調の物が多かった器材やウエットスーツも女性ダイバーが増えて来たので、オシャレでカラフルな物が増えました。
グローブなどカラフルなので選ぶ楽しさもあります。
理由の1つとして陸上で過ごす時間が多くなり、海辺で使うものもファッショナブルになっているのです。

海中には色々な海中生物たちはがたくさんいます。小さな魚は可愛く、色がカラフルになると本当に可愛いです。陸上のなめくじというとグロテスクですが、カラフルなウミウシとなれば人気が違います。ウミウシの大きさは1センチ。レアな色になるとみんなが見たくなります。しかし1センチの海中生物を見つけるには1ヶ所にとどまり辛抱強く探すことになります。男性は飽きてしまいますが、女性は辛抱強く待つことが出来るので、ダイビングを趣味にする女性が多いのです。

海中では魚は勢いよくよってきたりするのでとても綺麗です。ブルーの海の中で黄色の魚がたくさん寄って来ると今まで見たことがない世界なので感動し、その虜になる女性が多いのです。

ダイビングを趣味で始めたい女性が気になるのはスッピン姿

ダイビングを趣味にしたい女性が気になることとは、どのようなことなのでしょうか。まず化粧が気になります。ダイビングをする時は顔が濡れてしまいます。だから化粧をしていても崩れてしまいます。ファンデーションを塗りすぎるとマスクが外れやすくなったり、曇る原因になることもあるので、ダイビングをする時はすっぴんがいいです。中にはすっぴんに抵抗がある人も多くいます。

そんな時にオススメなのはウォータープルーフの肌色の日焼け止めです。化粧をして潜ると水中で白光りしてしまいますが、肌色の日焼け止めを塗ることで、気になるくすみを消してくれますし、日焼け止め効果もあるのでダイビングにはとてもいいです。

日焼け止めを塗る時に注意してほしいことは塗りすぎないこと。日焼け止めに含まれている油分でマスクがずれやすくなりますし、曇る原因にもなります。レンタルしている場合は迷惑になるので注意しましょう。

趣味がダイビングの女性の悩みはやはり金銭面

ダイビングが趣味だとお金がかかってしまうので、女性は特に節約思考になります。ダイビングを趣味にしているので、貧乏ではなく平均所得以上の収入がある人が多いです。しかしダイビングを趣味にすると、それなりにお金がかかるので節約する人が多いのです。

安く潜る方法や安宿でもいいので、たくさん潜りたいと考えている人も多いですよね。解決方としては、一般的なものと変わらないと思います。ダイビングのために節約をしている人はダイビング以外の物にお金をかけないということだと思います。

例えばダイビングツアーでは格安航空チケットを入手。ホテルは安宿。食事はコンビニやスーパーで安いものを購入することは当たり前です。ダイバーの宿は寝るだけなので安宿は定番になっていることが多いです。

ダイビングはパートナーが必要。バディ・システムとは

ダイビングを始めるにあたり必ず覚えておきたい基本のルール

それはバディシステムです。バディと呼ばれる仲間と一緒に海の中に潜り、出てくるまでずっとお互いの近くにいることのことです。

バディがいると簡単に解決することがたくさんあります。例えばウエットスーツのチャックを閉めてもらえますし、浮力調整具を背負う時にバディにタンクを支えてもらうことができます。

お互いの状況をいつも確かめます。ダイビングではタンクの中に空気を入れて水中ではこのタンクの空気を吸います。このタンクのおかげで海の中の素晴らしい生物を見ることが出来るのです。このタンクに問題が置きてしまうと呼吸が難しくなります。そのためバディというパートナーのタンクをお互いに分けることで助け合うことができるのです。