フォーマルバッグの選び方、結婚式と葬式に兼用できるバッグ

冠婚葬祭の時にはフォーマルバッグを持つのがマナーとされていますが、結婚式やお葬式はそう回数が多くはないのでせっかく準備したフォーマルバッグの出番はあまりないでしょう。

また結婚式用とお葬式用それぞれにフォーマルバッグを用意するのも大変です。そこで思いつくのが、結婚式とお葬式のフォーマルバッグは兼用出来ないかということではないでしょうか。

装飾や素材によってはお葬式の場にふさわしくない物もありますが兼用することは出来ます。
お葬式の時に使ってはいけないフォーマルバッグのマナーと選び方を紹介します。

じつは私も持っていますが、金具を取り替えることが出来るフォーマルバッグがおすすめです。普段あまり使わないフォーマルバッグ、まずはこのタイプが一つあると便利です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電車で新聞をガサガサするのは迷惑行為?電車内での迷惑行為とは

電車に乗っている時、車内が混雑しているのにもかかわらず新聞をガサガサ広げている人っていますよね。周囲...

卓球のスマッシュにはコツがある。打ち方と決定力を上げるコツ

卓球の試合や練習でスマッシュが決まったら気持ちが良いですね。ですがスマッシュがネットに引っか...

ご祝儀相場・兄弟の結婚式に夫婦と子供で出席するときのご祝儀

兄弟の結婚式に夫婦と子供で出席することになったら、ご祝儀はいくら包むべきなのか、その相場について気に...

欠席理由の伝え方!法事を欠席するときは早めの連絡がマナー

法事の案内が届いたとき、その日にどうしても法事に参列できない場合は、法事を欠席することになります。...

力士の給料はどこから?力士の給料は相撲協会や懸賞金が収入源

大相撲の力士たちの給料が一体どこから支給されているのかご存知でしょうか。自分の体で相撲を取り...

スーパーのレジでカゴ詰めの作業は大変だった!テクニックを紹介

スーパーでレジ打ちの仕事をしている人の悩みの一つにカゴ詰めの作業がありますね。買い物カゴには...

予約の電話が緊張する人は多い。緊張しない電話のかけ方のコツ

メールなどで予約が出来ることが増え、電話をする機会は減ったかもしれませんね。ですが用事によっては...

スキー初心者向けのエッジの研ぎ方や頻度について解説します

スキー初心者であっても、エッジを研ぐことによって滑りは変わると言われていますが、研ぎ方がわからない人...

香典の金額は2万円でもいいの?夫婦連名で香典を包む時の考え方

香典を夫婦連名でそれぞれ1万円包みたい場合、封筒の中身の金額は2万円になります。ただこの2万円と...

ご祝儀の金額、部下へ贈る場合はいくら包むべき?ご祝儀マナー

結婚式に出席する際に悩むのがご祝儀の金額。特に上司として部下へ贈る場合、いくら包むべきか頭を悩ませて...

結婚式披露宴の時間に間に合う余裕を持った受付到着時間をご紹介

結婚式の披露宴に招待をされたら、余裕を持った到着時間を設定してください。開始時間ギリギリの到着や受付...

剣道の試合の流れを解説!礼に始まり礼に終わる剣道について

はじめて剣道の試合に出場する人は、どのように試合が進むのか、一連の流れについて知りたくなることだと思...

スキーとスノボーはどっちが簡単?はじめる前に知りたいこと

スキーとスノボーはどっちが簡単にはじめることはできるのでしょうか?どちらもやったことがない初心者だと...

陸上のリレーはバトンパスが鍵!オーバーハンドパスのコツと方法

陸上のリレー競技でタイムを縮めたい・試合に勝ちたいときは、バトンパスに鍵があります。バトンパ...

懸垂を行うと筋肉のどこに効果があるのか、詳しく説明します

筋トレの一つである「懸垂」。腕を使うから、腕の筋肉に一番効果があると思っている人も多いでしょう。...

スポンサーリンク

兼用出来る?結婚式と葬式の時のフォーマルバッグについて

結婚式のようにあらかじめ日程がわかっている場合は、服や持ち物などを準備する時間もありますが、葬式のように突然の不幸の知らせを受けた場合だと、一から買い揃える時間がないこともあります。学生のうちは制服姿で葬儀に参列することになりますが、いざという時のために喪服を用意しておくことは、社会人の常識とも言えるでしょう。

喪服だけでなく、それに合わせてバッグも必要になりますが、普段遣いする物ではないため、慶弔全般で使用できるタイプのフォーマルバッグを一つ用意しておきたいと考える方も多いのではないでしょうか?

フォーマルバッグの必要性について

若いうちであれば、結婚式にも華やかなドレスなどを着て出席する機会が多いため、それに合わせてバッグも選ぶかと思いますが、歳を重ねるごとに上品で落ち着いた服装に変化していくため、黒のフォーマルバッグでも合わせやすくなります。

また、お子さんの入学式などでも使うことを考えると、少し高級なフォーマルバッグが一つあっても良いかと思います。

結婚式と葬式でフォーマルバッグを兼用するからには、どちらの場で持っても違和感のないタイプを選ぶのがコツです。

結婚式・葬式の時のフォーマルバッグの注意点

黒いフォーマルバッグと言えども、さまざまなタイプがあります。同じ黒でも、ピカピカと光沢があるものや、光る金具が付いたものは、葬式用としてはふさわしくありません。反対にあまりに地味すぎると、明らかに「これは葬式用では?」と思われてしまうため、結婚式では使いにくくなってしまいます。

フォーマルバッグはこれからの出番の多さで考える

黒のフォーマルバッグは、一度購入したらそうそう買い換えるものではないかと思いますので、この先果たして結婚式と葬式のどちらで使う回数が多いかと考えると、恐らく年齢が上がるごとに葬式で使う頻度のほうが、遥かに上回ることでしょう。そう考えると、やはりメインで使う葬式用としての使い勝手を優先させるべきですよね。

葬式などの弔事においては、華やかで目立つものは避ける必要がある

例えば、全身を黒で統一するのはもちろんのこと、髪飾りやバッグに光る金具を使うのもタブーとされていますので、たとえ黒のフォーマルバッグであっても、金属製の目立つ留め具が付いていたり、エナメル質のような光沢のある材質は避けるべきです。

また、たとえフォーマルバッグとは別のサブバッグ的なものを持参する場合でも、近くで見なければよくわからないような柄入りのバッグなどは念の為避け、黒の一色使いを選んだほうが無難かと思います。

フォーマルバッグのマナーとNGな物

結婚式に出席する際にも服装のマナーがあるように、とくに葬式に関しては大人として抑えておきたい服装のマナーがいくつかあります。全身を黒で統一するのはもちろんのこと、フォーマルバッグに関してもマナー違反となることがあります。

フォーマルバッグ”黒ならOK”ではない

葬式用の黒のフォーマルバッグですが、本来は革製ではなく布製を選ぶべきとされています。

これは革製品に動物の皮が使用されることから、故人の死を悼む葬式の場において使うのはふさわしくないという意味ですが、近年では革製のフォーマルバッグを使う方も増えています。同じく昔は、結婚式においてファーのついた服や小物を用いるのは避ける風潮がありましたが、それも時代とともに変わりつつあります。

同じ革製品でも、表面に光沢のあるタイプではなく、派手な金具が付いていない上品なタイプであれば、結婚式と葬式のどちらでも使うことが可能です。

結婚式と葬式の兼用したいフォーマルバッグの選び方

黒のフォーマルバッグを結婚式と葬式の両方で使う目的で購入するのでしたら、どちらの場にも馴染むタイプを選ぶと良いでしょう。

先程もご紹介した通り、葬式における服装マナーとして、バッグ自体に光沢のあるものや、光った金具が目立つタイプは避けたほうが良いのですが、このような条件を考えると、そのまま結婚式で使うには少し地味過ぎるという印象があります。それどころか、ひと目で葬祭用だとわかってしまうバッグを結婚式で使うのは、あまり良い印象を与えないでしょう。

フォーマルバッグはアレンジ可能なタイプを選ぶ

フォーマルバッグの中には、金具の部分を用途に合わせて付け替えられるタイプがあります。これだと、結婚式などの慶弔時は金具を付けておき、葬式の際には金具を外したり、黒いリボンに付け替えたりすることが出来るため、どちらの場にも馴染むように使い分けることが出来ます。

葬祭の時のフォーマルバッグとサブバッグについて

女性が持つフォーマルバッグは小さめのものが主流のため、葬祭に出席する際には、どうしても荷物が入り切らないこともありますよね。帰りに香典返しなども持ち帰ることを考えると、メインのフォーマルバッグの他にも、サブバッグを別で持参されるという方も多いのではないでしょうか?

サブバッグといえども、さすがに買い物の時に使うエコバッグのような、派手なものを持参される方は稀かと思いますが、黒は黒でもやはり、それなりに品のあるタイプを準備しておくのが無難です。基本的には黒一色で、レースや刺繍などが施されたものが良いかと思います。

年齢に応じて、質の良い物を長く身に着ける方向にシフトしていくべきです。フォーマルバッグもただ値段だけで適当に選ぶのではなく、上品で使い勝手の良いタイプを選んでみてはいかがでしょうか?