結婚式に履く靴の素材にスエードはOK?結婚式の靴マナーを解説

結婚式にゲストとして出席するときに考えるのが、洋服や靴などのマナーについてです。
結婚式でマナー違反になるような装いは避け、新郎新婦の門出をお祝いしてあげたいものですよね。

結婚式に出席するときは、どのような靴を履いて出席すれば良いのでしょうか。スエードの靴を選んでもOKか、どんなデザインの物を選べば良いのかなど、結婚式の靴選びのマナーについて考えてみましょう。

マナー違反になってしまうと、新郎新婦のお祝いの席を台無しにする可能性もあります。周囲の自分に対する目も気になりますので、予めマナーをチェックして結婚式に出席すると安心です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダブルステニス前衛の基本的な動きと上達に繋がる動き

ダブルステニスの前衛はどのような動きをしたらいいのでしょうか?なかなか活躍できないときには、こんなこ...

サッカーのパスの受け方・パスとトラップの正確な技術を習得

サッカーをしている人の中には、パスの受け方がわからずに上手にパスをもらうことができない人もいるのでは...

結婚式披露宴の時間に間に合う余裕を持った受付到着時間をご紹介

結婚式の披露宴に招待をされたら、余裕を持った到着時間を設定してください。開始時間ギリギリの到着や受付...

名前を赤字で書いてはいけない理由!赤字がNGなのはコレが理由

「名前を赤字で書いてはいけない」と言われたことがある人もいますよね。でも、名前を赤字で書いてはいけな...

結婚式のサブバッグのマナー!持ち込みできるバッグの選び方

結婚式へ持っていくパーティーバッグは小さいものが多く、実際に荷物を入れても全然収まりきらないというこ...

同僚の結婚式の断り方のポイントとご祝儀・二次会の断り方を解説

会社の同僚の結婚式に招待された時、予定が合わずに出席することができない・やむを得ない理由で欠席しなく...

スキーの面倒なワックスがけにはスプレー!その使い方を解説

スキーを滑りやすくするためにはワックスが必要だということはわかってはいても、ワックスがけは面倒なもの...

ボクシングの過酷なルール「計量」に関する疑問を解決します

ボクシングには様々なルールがありますが、計量もそのひとつ。 ボクシングは体重によって階級が細かく分...

野球のバットのグリップ交換の手順や注意点について徹底解説

野球のバットについているグリップテープ。そのグリップ交換を自分でやってみようと思っても、巻き方がよく...

友人スピーチの時のお辞儀の回数は多い!タイミングとやり方

友人の結婚式のスピーチを頼まれた時に、どんなスピーチをしようかと頭を悩ませるでしょうが、その他にもお...

法事の香典で新札はOK?香典を包む時の常識とマナーを解説!

法事に参列する時は色々なマナーが気になるものです。相手に失礼にならないようにするためには、予めしっか...

スキーリフトの乗り方!子供でも安全に乗るためのアドバイス

子供と一緒にスキーに行くという時には、お父さんやお母さんがスキーを教えることが多いと思います。 そ...

バレエの発表会に来てくれた人へのお礼状の書き方について解説

子供の初めてのバレエの発表会。家族だけではなくママ友や幼稚園のお友達も見に来てくれると、子供も親も嬉...

スノボウェアの下に着る洋服選び【レディース編】

初めてスノボに行くという場合には、ウェアの下に何を着れば良いのか悩む方が多いようです。 気温が低く...

サークルに入ってないと就活で不利?サークルと就活の関係

就職活動中の学生の皆さんの中には、大学でサークルに入っていないという人もいますよね。 サークルに入...

スポンサーリンク

スエードの靴はOK?結婚式の靴のマナー

結婚式参列の際に履いていく靴にはマナーがあり、どういった靴ならOKか迷ってしまいますよね。とくに迷ってしまうのが靴の生地。

エナメルやサテンなどがいいとされていますが、スエードの靴はどうなのでしょうか?

結婚式にスエードの靴はOK!

結婚式というおめでたい場に、毛皮やヘビ・ワニ革、ヒョウ柄などのアイテムはNG

しかしスエードや本革の靴はOKとされています。男性も本革靴を合わせる方が多いですよね。上品なスエード生地の靴はドレスにも合わせやすく、とくに秋冬でしたら暖かみを演出することができます。

結婚式で履く靴の選び方!デザインや素材について

結婚式で履くパンプス

フォーマルな場面に望ましいのが高さ5cm~程度のヒールでつま先が隠れるパンプスです。普段ヒールを履きなれないという方もいらっしゃると思いますが、ヒールはあった方がドレスにも合いますよ。5cmでもヒールがしっかりしているものを選ぶと安定感があります。

ただしチャンキーヒール、ウェッジソールなどはフォーマルには向かないので、気をつけましょう。

素材はエナメル、サテン、レースなどがおすすめ

おすすめな素材がエナメルやサテン、レースです。結婚式という華やかな場にぴったりです。秋冬でしたらスエードもOKです。エナメルは艶々とした上品な感じがドレスによく合います。雨の日も汚れにくいので、雨の日ならエナメルパンプスをセレクトするのもGOOD。

装飾付きも可愛い

ストラップ、リボン、パールなどが付いたパンプスもぴったりです。とくにヒールを履きなれないという方はストラップ付きがいいでしょう。

無地のパンプスにリボンやビジューなどのシューズクリップを付けると、パーティーにぴったりなパンプスになりおすすめです。いつも同じパンプスになってしまうという方はいかがですか?

黒や白もOK

ドレスで白が良くないのはわかっているけど、じゃあ白のパンプスもだめなの?
白のパンプスはOKです!ただしドレスも淡いベージュだったりすると全体的に白っぽい印象になってしまうので注意しましょう。

同じように、黒のパンプスもOKです。むしろフォーマルの場にぴったりです。しかしドレスも黒だと喪服に見えてしまいかねないので、注意してください。黒のパンプスにも、シューズクリップを足したり華やかさをプラスするのがおすすめです。

結婚式でスエードの靴を履くときの注意点

スエードのパンプスは結婚式に履いていってもOKですが、気をつけておくべきことがあります。

雨の日には注意

スエード生地は雨が染みやすく、濡れた部分が模様としても残りやすいです。雨が降りそうな場合はスエード生地のパンプスは避けたほうが無難です。

色あせや汚れたものは注意

スエードのパンプスはデリケートで、長年履いているものだと色褪せや退色が起こっていることがあります。また汚れやすい生地でもあるので、お手入れは必須です。結婚式に汚れたパンプスを履いていくことのないようにしましょう。

結婚式でスエードの靴はOK!NGな靴についてもチェック

結婚式の靴を選ぶ前に、基本マナーを確認しておきましょう。

結婚式にふさわしい靴の条件

ヒールのあるパンプスにする

ヒールのないぺたんこなパンプスだとカジュアルな印象を与えてしまうため、怪我をしている方や妊婦の方以外は、ヒールのあるパンプスを選びましょう。ウェッジソールやチャンキーヒールもカジュアルな要素が強いので、結婚式には合いません。

つま先・かかとを覆うものにする

夏の結婚式だとついサンダルやミュール、オープントゥパンプスを合わせてしまいそうですが、つま先やかかとが出る靴は結婚式にはNGです。

バックストラップパンプスなど、つま先が出なければかかとが出ている靴でもOKと考える場合もありますが、つま先もかかとも隠れるパンプスを選んだほうが無難です。

ファー付きやアニマル柄、バイカラーは避ける

ファー付きやアニマル柄は、足元においても結婚式にはふさわしくありませんので避けましょう。また2色使いのバイカラーも別れを連想させるため、ふさわしくないと言われています。

スニーカー・ブーツはNG

スニーカーやブーツ、またはデニム地やコットン・麻製のパンプスなどはカジュアル要素が強いので、結婚式には不向きになります。

結婚式で靴を履く時に気をつけたいこと

ストッキングの伝線に気をつけて

出先で突然起こるストッキングの伝線、困りますよね。万が一の時のために替えは持ち歩いておくと安心です。

ちなみに結婚式に生足はNGなので、肌色ストッキングは着用必須です。靴ずれを起こしたらそこから伝線してしまったり、血がついてしまうこともあるので、靴ずれにも備えておきましょう。

靴擦れに備える

普段履きなれていないパンプスで長時間過ごすと、靴擦れを起こしてしまいがちです。できれば当日までに何度か歩いてみて慣らしましょう。それか靴ずれ防止グッズを駆使して防ぎましょう。

絆創膏も万能です。あらかじめ靴擦れしてしまいそうな部位に絆創膏を貼っておくか、絆創膏を持ち歩いておけば安心。親指の骨、小指あたりも幅の狭いパンプスだと当たって痛くなりがちなので、どこの部位が当たりやすいかチェックしておくのがおすすめです。

雨の時は違う靴で会場まで行く

もし天候が雨だったら、せっかく可愛いパンプスを汚してしまったら悲しいですよね。そんな時は会場までは違う靴で行くのをおすすめします。会場に着いたら更衣室で履き替えて、クロークに預けておけばOKです。雪の日もブーツを履いていって会場の更衣室で履き替えるという方が多いです。防水スプレーをかけておくという手もあります。