結婚式に履く靴の素材にスエードはOK?結婚式の靴マナーを解説

結婚式にゲストとして出席するときに考えるのが、洋服や靴などのマナーについてです。
結婚式でマナー違反になるような装いは避け、新郎新婦の門出をお祝いしてあげたいものですよね。

結婚式に出席するときは、どのような靴を履いて出席すれば良いのでしょうか。スエードの靴を選んでもOKか、どんなデザインの物を選べば良いのかなど、結婚式の靴選びのマナーについて考えてみましょう。

マナー違反になってしまうと、新郎新婦のお祝いの席を台無しにする可能性もあります。周囲の自分に対する目も気になりますので、予めマナーをチェックして結婚式に出席すると安心です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケのシュートフォームは肘がポイント!肘の高さを意識しよう

バスケのシュート率を上げるには、正しいシュートフォーム、それも肘の使い方がポイントになります。...

体育の授業を行う目的と大人になってからわかる必要な意味

体を動かすことが苦手で、体育の授業はいつも憂鬱という方はいませんか?数学や国語などは、大人になっ...

サッカーのパスの受け方・パスとトラップの正確な技術を習得

サッカーをしている人の中には、パスの受け方がわからずに上手にパスをもらうことができない人もいるのでは...

野球の投手の為のトレーニングの種類とやり方を解説

高校生でも球速150キロというのも珍しくはないでしょう。野球選手はほぼ毎日トレーニングをして...

野球の練習メニュー【中学生編】決め方や強くなるためのポイント

野球の練習メニューについて中学生の場合には、どんな練習をするべきか指導者を任されて悩む人は多いです。...

No Image

バレエの子供の素質として大切なことや上達の見極めのポイント

バレエを習う子供には素質というものもあります。子供はバレエが好きでもバレエの素質はあるのかと気になる...

バレーボールのフローターサーブの練習方法と上達のコツ

バレーボールの試合はまずサーブから始まります。そのサーブがなかなか上手く入らないと悩んでいる方は多い...

No Image

【男性の服装】平服とカジュアルの違い。二次会の正しい服装選び

結婚式の二次会の案内が来た時に悩むのが、どんな服装で行けば良いのだろうかということではないでしょうか...

剣道の試合の流れを解説!礼に始まり礼に終わる剣道について

はじめて剣道の試合に出場する人は、どのように試合が進むのか、一連の流れについて知りたくなることだと思...

スキー初心者向けのエッジの研ぎ方や頻度について解説します

スキー初心者であっても、エッジを研ぐことによって滑りは変わると言われていますが、研ぎ方がわからない人...

バスケのシュートがゴールに届かない悲劇。足りないものは〇〇

バスケのシュートがゴールに届かない。正確にゴールをうつには、何が必要なのでしょうか?...

新築祝いのお返し【親編】相場と贈る時期・内祝い選びのポイント

親から新築祝いを頂いていたら、新居完成の後に新築祝いのお返しをします。このときに悩むのが、親からの新...

似ているけれども全然違う?野球とベースボールの違い

野球とベースボールにはどのような違いがあるのでしょうか?ルールは同じでも、ここまで細かい違いがあると...

化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?化粧に対する考え方

「化粧をしない女性は社会人としてマナー違反だ」という議論が世の中を騒がせていますが、女性が化粧をしな...

電車内でのキャリーバッグの置き方のポイント・注意点を解説!

電車にキャリーバッグを持ち込んで乗車する時は、置き方を考えて乗車することが大切でです。自分のことだけ...

スポンサーリンク

スエードの靴はOK?結婚式の靴のマナー

結婚式参列の際に履いていく靴にはマナーがあり、どういった靴ならOKか迷ってしまいますよね。とくに迷ってしまうのが靴の生地。

エナメルやサテンなどがいいとされていますが、スエードの靴はどうなのでしょうか?

結婚式にスエードの靴はOK!

結婚式というおめでたい場に、毛皮やヘビ・ワニ革、ヒョウ柄などのアイテムはNG

しかしスエードや本革の靴はOKとされています。男性も本革靴を合わせる方が多いですよね。上品なスエード生地の靴はドレスにも合わせやすく、とくに秋冬でしたら暖かみを演出することができます。

結婚式で履く靴の選び方!デザインや素材について

結婚式で履くパンプス

フォーマルな場面に望ましいのが高さ5cm~程度のヒールでつま先が隠れるパンプスです。普段ヒールを履きなれないという方もいらっしゃると思いますが、ヒールはあった方がドレスにも合いますよ。5cmでもヒールがしっかりしているものを選ぶと安定感があります。

ただしチャンキーヒール、ウェッジソールなどはフォーマルには向かないので、気をつけましょう。

素材はエナメル、サテン、レースなどがおすすめ

おすすめな素材がエナメルやサテン、レースです。結婚式という華やかな場にぴったりです。秋冬でしたらスエードもOKです。エナメルは艶々とした上品な感じがドレスによく合います。雨の日も汚れにくいので、雨の日ならエナメルパンプスをセレクトするのもGOOD。

装飾付きも可愛い

ストラップ、リボン、パールなどが付いたパンプスもぴったりです。とくにヒールを履きなれないという方はストラップ付きがいいでしょう。

無地のパンプスにリボンやビジューなどのシューズクリップを付けると、パーティーにぴったりなパンプスになりおすすめです。いつも同じパンプスになってしまうという方はいかがですか?

黒や白もOK

ドレスで白が良くないのはわかっているけど、じゃあ白のパンプスもだめなの?
白のパンプスはOKです!ただしドレスも淡いベージュだったりすると全体的に白っぽい印象になってしまうので注意しましょう。

同じように、黒のパンプスもOKです。むしろフォーマルの場にぴったりです。しかしドレスも黒だと喪服に見えてしまいかねないので、注意してください。黒のパンプスにも、シューズクリップを足したり華やかさをプラスするのがおすすめです。

結婚式でスエードの靴を履くときの注意点

スエードのパンプスは結婚式に履いていってもOKですが、気をつけておくべきことがあります。

雨の日には注意

スエード生地は雨が染みやすく、濡れた部分が模様としても残りやすいです。雨が降りそうな場合はスエード生地のパンプスは避けたほうが無難です。

色あせや汚れたものは注意

スエードのパンプスはデリケートで、長年履いているものだと色褪せや退色が起こっていることがあります。また汚れやすい生地でもあるので、お手入れは必須です。結婚式に汚れたパンプスを履いていくことのないようにしましょう。

結婚式でスエードの靴はOK!NGな靴についてもチェック

結婚式の靴を選ぶ前に、基本マナーを確認しておきましょう。

結婚式にふさわしい靴の条件

ヒールのあるパンプスにする

ヒールのないぺたんこなパンプスだとカジュアルな印象を与えてしまうため、怪我をしている方や妊婦の方以外は、ヒールのあるパンプスを選びましょう。ウェッジソールやチャンキーヒールもカジュアルな要素が強いので、結婚式には合いません。

つま先・かかとを覆うものにする

夏の結婚式だとついサンダルやミュール、オープントゥパンプスを合わせてしまいそうですが、つま先やかかとが出る靴は結婚式にはNGです。

バックストラップパンプスなど、つま先が出なければかかとが出ている靴でもOKと考える場合もありますが、つま先もかかとも隠れるパンプスを選んだほうが無難です。

ファー付きやアニマル柄、バイカラーは避ける

ファー付きやアニマル柄は、足元においても結婚式にはふさわしくありませんので避けましょう。また2色使いのバイカラーも別れを連想させるため、ふさわしくないと言われています。

スニーカー・ブーツはNG

スニーカーやブーツ、またはデニム地やコットン・麻製のパンプスなどはカジュアル要素が強いので、結婚式には不向きになります。

結婚式で靴を履く時に気をつけたいこと

ストッキングの伝線に気をつけて

出先で突然起こるストッキングの伝線、困りますよね。万が一の時のために替えは持ち歩いておくと安心です。

ちなみに結婚式に生足はNGなので、肌色ストッキングは着用必須です。靴ずれを起こしたらそこから伝線してしまったり、血がついてしまうこともあるので、靴ずれにも備えておきましょう。

靴擦れに備える

普段履きなれていないパンプスで長時間過ごすと、靴擦れを起こしてしまいがちです。できれば当日までに何度か歩いてみて慣らしましょう。それか靴ずれ防止グッズを駆使して防ぎましょう。

絆創膏も万能です。あらかじめ靴擦れしてしまいそうな部位に絆創膏を貼っておくか、絆創膏を持ち歩いておけば安心。親指の骨、小指あたりも幅の狭いパンプスだと当たって痛くなりがちなので、どこの部位が当たりやすいかチェックしておくのがおすすめです。

雨の時は違う靴で会場まで行く

もし天候が雨だったら、せっかく可愛いパンプスを汚してしまったら悲しいですよね。そんな時は会場までは違う靴で行くのをおすすめします。会場に着いたら更衣室で履き替えて、クロークに預けておけばOKです。雪の日もブーツを履いていって会場の更衣室で履き替えるという方が多いです。防水スプレーをかけておくという手もあります。