字が綺麗な女は好印象!美文字が与える印象と綺麗な字を書く方法

綺麗な字を書く女性って憧れますよね!字が綺麗だと、なんだかその人の性格や生活も良いイメージがありませんか?

実際字が綺麗な女性に対して、どんな印象を抱くことが多いのでしょうか?字が綺麗だと好印象であることは間違いありません。

そこで今回は、字が綺麗な女性が与える印象と性格の特徴・綺麗な字を書く方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

仕事なのに寝坊した!頭の中は『遅刻VS休む』の大乱闘!

仕事なのに寝坊した!遅刻して出勤するより、休むという選択をした方がビジネス的にもいいと聞きま...

レストランのマナー。ナフキンの使い方やポイントを簡単解説

レストランではマナーを守る必要がありますが、ナフキンもその一つ。よくお皿の上にナフキンがセッティ...

結婚式なのにふくさがないのはNG?ふくさのマナーと代用品

結婚式に出席するときは、ふくさにご祝儀を包んで持参します。ですが、ふくさを用意しておらず、手元にふく...

年賀状のコメントなしは失礼になるのかどうか【年賀状のマナー】

毎年の年賀状はいつも年末ギリギリになって準備を始めるという方も多いと思います。そこで気になるのが...

消防士の面接ではどんな髪型がベスト?好印象を与える髪型とは

消防士採用試験は、筆記や体力試験の他にも「面接試験」があります。この3つの試験を突破して晴れて消...

卓球のスマッシュ速度は球技で一番!速く打つポイントや練習方法

卓球のスマッシュの速度はボールを使ったスポーツの中でも最も速いと言われています。卓球のスマッシュの速...

人混みが苦手。社会生活をスムーズに送るために苦手意識を克服

人混みが苦手だと、大人としてダメ的なレッテルを貼られている気分になりませんか?社会という組織...

スキー初心者におすすめな滑り方とは?スキー練習方法について

スキー初心者はどのような滑り方をしたらいいのでしょうか?まず、初心者が滑るのはボーゲンとなりますが、...

ダブルステニス前衛の基本的な動きと上達に繋がる動き

ダブルステニスの前衛はどのような動きをしたらいいのでしょうか?なかなか活躍できないときには、こんなこ...

上司との喧嘩【仲直り】は部下から言うもの。大人の階段を上ろう

上司と喧嘩になってしまった!仕事を辞める選択肢も頭をよぎるも、そんな子供みたいなことはすぐにはで...

スノーボード初心者への教え方!楽しく安全に滑る基本のステップ

スノーボードを初めて滑るという方には、何から教えれば良いのでしょうか?まず、初心者は転倒が多くな...

エチケットとマナーの違いは?違いを知ってルールを守った生活を

エチケットとマナーは似たような意味合いで使われることが多い言葉です。でも、この2つの言葉の意味を理解...

神社のお供え物の順番は?正しい順番と神棚の設置場所・参拝方法

家に神棚を設置しようと思っている、または設置したばかりの人は、お供え物を上げる順番について悩むことも...

バブル時代の給料平均からみる今では考えられない仰天エピソード

今では考えられないあのバブル時代。給料の平均をみても、新卒の新入社員でさえかなりの高額を手にして...

教育実習と就活被りはメールより電話対応のススメやポイント

教育実習の日程と就活の面接の日程が重なってしまったときに、メールで対応してしまいたいと思ってしまうか...

スポンサーリンク

字が綺麗な女性ってどんな印象?

女性の字が綺麗であることは世間では良い印象であることが多いですが、良い印象といっても具体的な印象はどんなものなのでしょうか。

字が綺麗な女性のイメージ

良い母親
字が綺麗だからといって良いお母さんとは限りませんが、子共に優しそう、教育はしっかりしてそう、そのようなイメージがあるそうです。

良い妻
男性で字が汚い人は字が綺麗な女性を好きになる傾向があるそうです。
いざという時の字は必ず妻に書いてもらう、そして書いてもらった綺麗な字であたかも自分が書いたかのようにすると鼻が高くなるんだとか、、

他に

  • 男性から褒められる
  • 頭が良さそう、知的そう

特に男性からのウケは良さそうですね。
近年ではスマホ、パソコン、なんでも機械に頼り実際に字を書く事が昔と比べ減ってきてはいますが、それでも手書きで書かなければいけない時は必ずあります。
字を綺麗に書けることにこしたことはないですね。

字が綺麗な女性は男性からの印象もアップする

「字 綺麗 女」このワードは男女共に印象が良いそうです。
特に、見た目が出来なさそうに見える人が字が綺麗なのは、そのギャップにやられてしまう男性が多くいます。
同じ女性ですら驚きますよね。

このように、「字が汚い人=デキない人」という印象が強く根付いてしまっています。
それが本当かどうかは置いておきますが、この印象がある限り、「字が綺麗な人=デキる女性」という印象は恋愛でも強味であるといえます。

いくら服やヘアスタイル、身なりをオシャレにして着飾って印象を良くしても、字は隠すことはできません。
字は、その人の育ちや教育、品性、人格を現すと言われるように、印象もますます良くさせることでしょう。

このデジタルな世の中であるからこそ、字の綺麗さは余計に引き立つのではないでしょうか。

綺麗な字を書く女性は性格や人格も良い?

前述で字はその人の人格を表すと述べたように、実際に字でその人の性格診断があるように、その人そのものを表します。

丁寧な字、綺麗に並べられた字こそ、その人の性格がそのままでています。
つまり、字が綺麗な人こそ心が綺麗であるということになります。

字が綺麗な人の印象

  • 整理整頓ができる
  • 上品
  • 知的
  • 清楚
  • きちんと考えて行動する
  • 計画的である

このような様々な印象があります。
確かに字を綺麗にすることで心が洗われ全てに対して気持ちの持ち用が変わるような気がしますよね。

自分の字を今1度チェックしてみましょう。
自分の字を綺麗に直したい場合は、毛筆ドリルや通信教育でも簡単に始められます。
綺麗な字の特徴を捉える事で、字の綺麗さは大きく変わりますよ。

字が綺麗になることで、恋愛、仕事、同姓からの印象、なにか良い方向に変わるきっかけになるといいですね。

綺麗な字を書く女性の性格の特徴

男性から見て、字が綺麗な女性は信用しても良いでしょう。
もし、好きな人ができたら、その女性の字を確認してみます。
綺麗で丁寧な字がスラスラとブレずにならんでいること、そして、その字を自慢しないかどうか。
自分の字がある程度綺麗であることは女性も自覚をしています。
でも、そこを自慢しない、字を綺麗に書くことは当たり前な事だけどどこか謙虚さも兼ね備えている、そんな女性が理想ですね。

字が上手く書けない人は、書いている途中で上にいったり下にいったりとブレてしまいますが綺麗な字を書ける女性はバランスよく真ん中に書けている傾向があります。

「字はその人を表す」という言葉がありますがこのような点は、特にその人の性格がでるのではないかと思います。

綺麗な字を書く方法とポイント

綺麗な字を書きたい!
ただ字を綺麗に書く意識をして書き始めても綺麗な字がかけることはほぼないでしょう。姿勢、鉛筆の持ち方、心までも関係しているのです。
字を綺麗に書くポイントを紹介します。

字を書く時の姿勢

姿勢が悪いと字のバランスがとれず綺麗にかくことはできません。

  • 背筋を伸ばす
  • 机とお腹の感覚は10cm程度
  • 足の裏を床につける
  • 両腕で8の字を置く
  • 手と目の距離は30cm程度

鉛筆の持ち方
親指、人差し指、中指の3本で鉛筆を持つ。
鉛筆の先から3cm上を親指と中指で挟み中指は優しく添えます。
持つときは力をいれずぎす、軽く握る程度にしましょう。

字の大きさ

字の大きさにばらつきがないか。
真っ直ぐブレずに書けているか。
字1つ1つの感覚は調度良いか。

心の乱れは字の乱れ

綺麗な心を持つことこそm綺麗な字が書けるともいわれるくらいですので、心を整えましょう。
字はその人の人格はもちろん、その人の感情もあらわになってしまうのです。
心を整え相手の立場を考え思いやりを持って書くと、それを読んだ相手にも伝わるでしょう。