フェイントテクニックを磨いてサッカー上達!フェイント練習方法

サッカーはゴールキーパー以外足を使ってプレイをするスポーツです。ここで重要になってくるのがフェイント。サッカーの上達を目指すのであれば、フェイントの練習も忘れずにしましょう。

サッカーのフェイントには色々な種類がありますが、ここでは基本的なフェイントの「切り返し」と上手にできるとかっこいい「シザーズ」のやり方についてお伝えします。

フェイントのテクニックを磨いて、サッカーが上達するように頑張って練習しましょう。
フェイントは相手の選手を翻弄して自分の思い通りのプレイをするために必要な技です。練習は大変ですが、スキルアップのためにも練習に取り組みましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テニスの練習方法。自宅で存分にできるトレーニング

テニスはラケットとボールを使って、コートで練習しないと上達しないと思ってはいませんか?もちろ...

卓球のラケットの特徴【ペンタイプ】ペンホルダーについて解説

これから卓球を始めようと思ってる人の中には、どんなラケットを選べばいいか悩んでいる人もいるのではない...

テニス初心者が社会人からでも楽しめるオススメなテニスの始め方

テニスの初心者で社会人からテニスを始めても楽しめるのかと躊躇されていませんか?運動は苦手だし、今...

結婚式の断り方は仕事でもいい?欠席の理由や伝え方について

結婚式の断り方にマナーはあるのでしょうか?仕事を理由に結婚式を欠席するときの使え方について紹介します...

【サッカーの練習方法】中学生が一人でできる練習方法とコツ

中学でサッカー部に入っていろいろ練習しても、なかなか上達しないと悩んでいる人もいるでしょう。...

【新婚夫婦の貯金の平均】毎月貯める金額について考えよう

結婚するとなると、いずれ生まれてくる子供のことを考えて毎月どのくらい貯金すればいいのか考えるようにな...

縦書きや横書きのときのホチキスの位置とは?止め方を紹介

縦書きと横書き、ホチキスはどの位置に止めるのが正しいのでしょうか?たかがホチキス、されどホチキス。...

ハンドメイド販売で収入があったときの届出について

ハンドメイドの販売をして収入がある場合は確定申告や届出が必要となります。たいした金額ではないから…と...

外国の人やハーフの人の名前にある「ミドルネーム」ってなに

日本人の名前と言えば、「名字」と「名前」の2つの言葉で構成されていますよね。しかし、外国人やハー...

体育の授業を行う目的と大人になってからわかる必要な意味

体を動かすことが苦手で、体育の授業はいつも憂鬱という方はいませんか?数学や国語などは、大人になっ...

ボレーが上達するテニスの練習メニューを詳しくご紹介します

相手のショットをダイレクトに打ち返すボレーは、テニスのダブルスにとって欠かせない練習メニューのひとつ...

バスケのシュートは回転とアーチ状に高くが成功率をあげるコツ

バスケのシュートがたとえ入っても、無回転のシュートでは上達はしません。シュートには回転が必要です...

スノーボードの上達のコツ。基本・エッジ・ターンのやり方

スノーボードをカッコよく滑りたいと思っても、最初のうちは転んでばかりで上手く滑れるのかなと心配になっ...

卓球の練習メニュー【中学生編】上達するためのポイント

卓球の練習メニューについて中学校の部活の場合、どんな練習方法が良いのでしょうか?卓球はしっかりと練習...

新築祝いのお返し【親編】相場と贈る時期・内祝い選びのポイント

親から新築祝いを頂いていたら、新居完成の後に新築祝いのお返しをします。このときに悩むのが、親からの新...

スポンサーリンク

フェイント練習でサッカー上達!フェイントの目的

サッカーでスタメン選手とそうではない選手の違いはサッカーの技術の差です。
サッカーはボールを足で蹴るスポーツですが、蹴れれば良いというわけではありません。
相手チームのゴールを目指すためには、チームのパス回しも大切ですが、個人の技も大切です。
その技の1つにフェイントがあります。

まずフェイントをする目的を理解していきましょう。

サッカーでフェイントする目的

  • スピードではなく技で相手を交わすことができる
  • パスやシュートのチャンスが増える
  • 自分の思い通りのプレーが出来るようになる

サッカーを上達するためにはフェイントの習得は必要不可欠です。

スタメン選手の動きを観察し、自分に足りない部分を練習で補っていきましょう。

チームでの練習は時間の制限や人数により十分にボールに触れられない時もありますので、上達するためには自主練が必須です。

できないなら人より多く練習し、努力していきましょう。

サッカーのフェイント練習・まずはボールタッチを上達させよう

サッカーのフェイント技を確実に習得するためにはボールタッチが完璧に出来ていることが前提です。

まずボールタッチを上達させてから次の練習(フェイント)にステップアップしていくと良いですよ。
サッカーが上手い選手はみんなたくさんの技ができます。
自分も頑張ろう、追いつこうという思いでついついレベルの高い練習からしてしまいがちなのですが、上手い選手こそ基礎練習に時間をかけて体に身につけています。

練習する時は自分のレベルに合わせてすること、そして基礎練習は怠らないことが大切ですよ。

ボールタッチでボールを足でコントロールし上手く操れるようになりましょう。

ボールタッチは1人でもできるので、困らずに自主練習ができるメニューの1つです。
ボールタッチには様々な種類があるので、1つ1つ確実にできるようにしていきます。
(ボールタッチの種類をネットや動画検索で出てきますのでチェックしてください。)

ボールタッチができるようになったら、コーンを敵に見立てフェイントで交わしてみましょう。

サッカーのフェイント練習のコツと練習の手順

サッカーの実践ではその時の状況に合わせて色々なタイプのフェイントの仕方があります。

ですが、どのフェイントにも共通するコツとして以下の3つが挙げられます。

・相手をかわす際はスピーディに
・相手の足が届かない位置、最も遠い位置でボールをキープする
・相手の動きを読み、または誘導させ違う方向からフェイントする

サッカーには様々な技がありますがいずれも基礎が出来ていることが前提です。

ボールタッチでボールを上手くコントロールできるようになるとフェイントもできるようになります。
コーンを敵に見立て、様々なフェイントでかわしていきましょう。

体にフェイントの仕方を何度も繰り返し覚えさせることで実践練習でも瞬間的に判断し体が動くようになります。

サッカーの切り返しの練習方法

サッカーのフェイントの仕方はたくさんありますが、その中でも切り返しを使うフェイントがあります。

切り返しができるようになると相手を交わせる確率も上がります。

敵のディフェンスはあなたが向かおうとしている方向にいます。
そのまま突っ切る方法もありますが、スピードが必要不可欠です。
スピードがないままボールをキープしているのであれば切り返しを使うことで交わすことができるのです。
向かおうとしている方向からスピーディーにボールを操り切り返して別の方向に向かいます。

切り返す時と敵を抜かす時にスピードがなければボールを奪われてしまいますので、一つ一つの動作のスピードを忘れないでください。

また、ボールを切り返す位置にも注意してください。
ただ自分の体の前で右から左とボールを切り返すだけではボールは奪われてしまいます。ボールを一度後ろや、自分の足元に戻すことで相手がボールを奪いにくくなります。

相手の動きをよく見て、瞬時にどうすれば良いか判断できるようになるとあなたのフェイント技術もかなり上達するでしょう。

サッカーのフェイント・シザーズのやり方

サッカーのフェイントにシザーズという技があります。

一度片足でボールをまたぎますが、またぐ足でボールを蹴ると相手に見せかけるのです。ボールをまたいで動き出した瞬間、相手もボールを奪おうとまたいだ方へ動き出しますので、もう片方の足でボールの別の方向に移動させ相手を置き去りしていきます。

最初のうちは難しいかもしれません。
意識すればするだけ体の動きが変になってしまうでしょう。
しかし、何度も何度も練習していくうちに体が慣れてスムーズに動けるようになります。練習したことを実践でどんでん出していかなければ上達もしません。
失敗を恐れないで挑戦することが大切です。
失敗しなければ次への課題も見つからないのです

課題があってこそサッカーは上達していくのです。