フェイントテクニックを磨いてサッカー上達!フェイント練習方法

サッカーはゴールキーパー以外足を使ってプレイをするスポーツです。ここで重要になってくるのがフェイント。サッカーの上達を目指すのであれば、フェイントの練習も忘れずにしましょう。

サッカーのフェイントには色々な種類がありますが、ここでは基本的なフェイントの「切り返し」と上手にできるとかっこいい「シザーズ」のやり方についてお伝えします。

フェイントのテクニックを磨いて、サッカーが上達するように頑張って練習しましょう。
フェイントは相手の選手を翻弄して自分の思い通りのプレイをするために必要な技です。練習は大変ですが、スキルアップのためにも練習に取り組みましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケのコツ!シュートの成功率を上げたいなら指先を意識しよう

バスケの技術の中でも重要なシュート。コツを身に付けて成功率を上げたい!そんなあなたに耳寄りな情報が「...

洋食のテーブルマナー・食べ終わりのマナーやNGな行動を解説

初めて彼と洋食を食べに行くことになった時、テーブルマナーを知って恥ずかしくない振る舞いをしたいと考え...

高校の合格祝いはいつまでに渡すといい?合格祝いについて

知り合いや親戚が高校に進学する場合、合格祝いはいつまでに渡すと良いのでしょうか。高校の進学に...

スノボの初心者の服装とは?持っていくべき必需品を紹介

スノボ初心者は服装でどんなことに気をつけたらいいいのでしょうか?とにかく寒くないようにと着込んでしま...

スノボ初心者の滑り方!知っておくと上達する滑り方のコツ

初めてスノボをするというスノボ初心者は、まず何から練習すればいいのか悩む方も多いと思います。そこ...

テニスの練習方法。自宅で存分にできるトレーニング

テニスはラケットとボールを使って、コートで練習しないと上達しないと思ってはいませんか?もちろ...

ゴミ出しルールの文書作成のコツとルール違反する住民への対応

ゴミ出しのルールを守らない住民に対して、ルールを明記した文書を作成することがあります。文書には「...

内祝いを贈る時のお礼状はどんな封筒にすべき?封筒の選び方

結婚や出産などでお祝いをもらったお礼いに内祝いと一緒にお礼状を添えたい場合、どんな封筒に入れるべきで...

ボレーが上達するテニスの練習メニューを詳しくご紹介します

相手のショットをダイレクトに打ち返すボレーは、テニスのダブルスにとって欠かせない練習メニューのひとつ...

結婚式でマナー違反にならないために!親族の和装に合う髪型

結婚式に親族として参加をする場合、親や姉妹は和装が一般的です。着付けと一緒に髪型のセットもプロの方に...

中学生の勉強法・ノートのとり方を工夫して成績をアップさせよう

自分に合った勉強法が分からない・受験を控えているから成績が上がる勉強法を知りたいという中学生もいるこ...

バレエの先生への差し入れはコレで決まり!人気の差し入れ

バレエの先生が公演を開くことになったら、子供がお世話になっていることも考えると 差し入れをしなくては...

結婚式の祝儀袋は処分しにくい…リメイク方法と処分方法

結婚式の祝儀袋はいつまでとっておけばいいのでしょうか?処分に困ってしまう結婚式の祝儀袋…迷っているの...

水泳大会に絶対必用な持ち物と忘れ物をしないための極意を解説

初めての水泳大会が近づき、どんな持ち物を準備すればいいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。特...

榊や神棚の手入れ方法・手入れする時のポイントや注意点はコレ!

自宅や会社にがある人や、これから神棚を設置するという人の中には、神棚や榊のお手入れ方法がよくわからな...

スポンサーリンク

フェイント練習でサッカー上達!フェイントの目的

サッカーでスタメン選手とそうではない選手の違いはサッカーの技術の差です。
サッカーはボールを足で蹴るスポーツですが、蹴れれば良いというわけではありません。
相手チームのゴールを目指すためには、チームのパス回しも大切ですが、個人の技も大切です。
その技の1つにフェイントがあります。

まずフェイントをする目的を理解していきましょう。

サッカーでフェイントする目的

  • スピードではなく技で相手を交わすことができる
  • パスやシュートのチャンスが増える
  • 自分の思い通りのプレーが出来るようになる

サッカーを上達するためにはフェイントの習得は必要不可欠です。

スタメン選手の動きを観察し、自分に足りない部分を練習で補っていきましょう。

チームでの練習は時間の制限や人数により十分にボールに触れられない時もありますので、上達するためには自主練が必須です。

できないなら人より多く練習し、努力していきましょう。

サッカーのフェイント練習・まずはボールタッチを上達させよう

サッカーのフェイント技を確実に習得するためにはボールタッチが完璧に出来ていることが前提です。

まずボールタッチを上達させてから次の練習(フェイント)にステップアップしていくと良いですよ。
サッカーが上手い選手はみんなたくさんの技ができます。
自分も頑張ろう、追いつこうという思いでついついレベルの高い練習からしてしまいがちなのですが、上手い選手こそ基礎練習に時間をかけて体に身につけています。

練習する時は自分のレベルに合わせてすること、そして基礎練習は怠らないことが大切ですよ。

ボールタッチでボールを足でコントロールし上手く操れるようになりましょう。

ボールタッチは1人でもできるので、困らずに自主練習ができるメニューの1つです。
ボールタッチには様々な種類があるので、1つ1つ確実にできるようにしていきます。
(ボールタッチの種類をネットや動画検索で出てきますのでチェックしてください。)

ボールタッチができるようになったら、コーンを敵に見立てフェイントで交わしてみましょう。

サッカーのフェイント練習のコツと練習の手順

サッカーの実践ではその時の状況に合わせて色々なタイプのフェイントの仕方があります。

ですが、どのフェイントにも共通するコツとして以下の3つが挙げられます。

・相手をかわす際はスピーディに
・相手の足が届かない位置、最も遠い位置でボールをキープする
・相手の動きを読み、または誘導させ違う方向からフェイントする

サッカーには様々な技がありますがいずれも基礎が出来ていることが前提です。

ボールタッチでボールを上手くコントロールできるようになるとフェイントもできるようになります。
コーンを敵に見立て、様々なフェイントでかわしていきましょう。

体にフェイントの仕方を何度も繰り返し覚えさせることで実践練習でも瞬間的に判断し体が動くようになります。

サッカーの切り返しの練習方法

サッカーのフェイントの仕方はたくさんありますが、その中でも切り返しを使うフェイントがあります。

切り返しができるようになると相手を交わせる確率も上がります。

敵のディフェンスはあなたが向かおうとしている方向にいます。
そのまま突っ切る方法もありますが、スピードが必要不可欠です。
スピードがないままボールをキープしているのであれば切り返しを使うことで交わすことができるのです。
向かおうとしている方向からスピーディーにボールを操り切り返して別の方向に向かいます。

切り返す時と敵を抜かす時にスピードがなければボールを奪われてしまいますので、一つ一つの動作のスピードを忘れないでください。

また、ボールを切り返す位置にも注意してください。
ただ自分の体の前で右から左とボールを切り返すだけではボールは奪われてしまいます。ボールを一度後ろや、自分の足元に戻すことで相手がボールを奪いにくくなります。

相手の動きをよく見て、瞬時にどうすれば良いか判断できるようになるとあなたのフェイント技術もかなり上達するでしょう。

サッカーのフェイント・シザーズのやり方

サッカーのフェイントにシザーズという技があります。

一度片足でボールをまたぎますが、またぐ足でボールを蹴ると相手に見せかけるのです。ボールをまたいで動き出した瞬間、相手もボールを奪おうとまたいだ方へ動き出しますので、もう片方の足でボールの別の方向に移動させ相手を置き去りしていきます。

最初のうちは難しいかもしれません。
意識すればするだけ体の動きが変になってしまうでしょう。
しかし、何度も何度も練習していくうちに体が慣れてスムーズに動けるようになります。練習したことを実践でどんでん出していかなければ上達もしません。
失敗を恐れないで挑戦することが大切です。
失敗しなければ次への課題も見つからないのです

課題があってこそサッカーは上達していくのです。