バリ移住でできる仕事やすることのメリットと有利なポイントとは

バリ島に移住して仕事をしたいという人も多いのではないでしょうか。

では、バリ島に移住して仕事を探すなら、どんな仕事があるのでしょうか?日本人に求められる仕事とは

また、バリに移住して仕事をするメリットってどんなことでしょう?仕事を探すときに有利なポイントとは?

そこで、バリ移住でできる仕事やすることのメリットと有利なポイントなどについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

柔術の試合に勝てない時の対処法!練習や試合ま準備で目指せ勝利

柔術をしている人の中には、なかなか試合に勝てないという悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。...

公務員のピアスは女性はアリだけど就活試験では外すべき

公務員として働いている職員でピアスを付けている女性を見かけたこともあるのではないでしょうか? ...

香典を送る場合の宛名は喪主になります。送り方や手紙の書き方

知り合いの訃報を聞いたけれども、仕事や遠方などの理由でどうしても葬儀に参列出来ない場合もあります。 ...

墓参りで供えた花の片付けはどうする?素朴な疑問にお答えします

墓参りの時にはお花を供えますが、その後の片付けのことまで考えたことはありますか? お供え物は持ち帰...

結婚式の子供のご祝儀の目安。決め方とご祝儀のマナー

結婚式に子供と一緒に出席する場合に悩むのが、ご祝儀はどうしたら良いのか、ということではないでしょうか...

【洋食のマナー】魚料理をきれいに食べるコツとテーブルマナー

普段は箸を使う日本人にとって、洋食のテーブルマナーはちょっと苦手という方が多いのではないでしょうか。...

電車で新聞をガサガサするのは迷惑行為?電車内での迷惑行為とは

電車に乗っている時、車内が混雑しているのにもかかわらず新聞をガサガサ広げている人っていますよね。周囲...

勉強がストレスになったら泣くことで発散!勉強ストレス解消方法

一生懸命勉強をしていると、どんどんストレスが溜まってしまうものです。勉強することが泣くほど嫌に思える...

女性の社会人の服装のマナー!ビジネスシーンで着たい服

社会人になると、会社では今までと違う服装のマナーが必要です。子供っぽい洋服のままでは、周りからの印象...

警察官採用時の身辺調査の実態!身辺調査にまつわる疑問を調査

警察官採用試験時には身辺調査が実施されるという話を聞いた事ありませんか? もし警察に一度でもお...

春の飾り付けを折り紙を使ってするのなら、これがおすすめ

春は明るく希望に満ちた季節ですよね。 そんな明るい気持ちをより明るくするために飾り付けで盛り上げる...

飲食店のキャンセル料は払わないといけない?キャンセル料とは

飲食店のキャンセル料が発生するのは、何日前から?払わないと請求される? 友達と一緒にご飯を食べ...

バドミントンの試合で勝てるコツがある。勝つ為に出来る事

バドミントンの試合でなかなか勝つ事が出来ない、勝てそうで勝てないという状況はあると思います。 ...

フェイントテクニックを磨いてサッカー上達!フェイント練習方法

サッカーはゴールキーパー以外足を使ってプレイをするスポーツです。ここで重要になってくるのがフェイント...

スクワットの重量の平均は何kg?自分の体重に合わせて始めよう

ジムなどでバーベルスクワットに挑戦する場合、重量は何kgにすればいいのかわからない人も多いのではない...

スポンサーリンク

バリ島に移住するには?どんな仕事があるの?

バリで必要なもの

移住し仕事をするにはインドネシアの就労ビザ「KITAS」が必要です。
半年~1年ごとの更新を続け5年間滞在でき、その後は5年ごとに更新する「KITAP」というビザに切り替わります。
近年はビザの申請条件が厳しくなっており、大学卒業以上でないと「KITAS」(1年)は下りなくなっているそうです。
更に「KITAP」を所得するのも条件が厳しく、信頼ある現地の会社に勤めるのが最も効果的であります。

しかし、インドネシアの政府はビザの条件も二転三転し、しまいには担当の気分次第なんてことですんなり所得できてラッキーな場合もあります。
こればかりは運ですね。

バリ島は観光業が盛んである

日本人求人も観光業に関連するものが豊富にあります。

  • マリンスポーツのインストラクター
  • ガイド
  • ホテルやエステのゲストリレーション
  • ウェディングプランナー
  • 日本語教師

など。

バリで移住して仕事したい!日本語しか出来ないけど大丈夫?

バリ移住で仕事をしたいけど日本語しか話せないけど、そのへんどうなのか疑問に思う、バリ移住希望者が多いと思います。

現地にいる日本人尋ねてみると、日本語しかできない日本人の求人も意外にあるそうですよ。
しかし最終的にインドネシア語や英語が求められるそうですよ。
そうでなくても、同じ会社のスタッフや現地の人と理解しあえないのは、あなたの方がもどかしくスッキリしないでしょう。

そのため、最初は日本語しかはなせなくても、インドネシア語や英語を話せるように少なからず努力は必要でしょう。

バリの国民はとても優しくフレンドリーであるため、すぐに友達もできるでしょう。
現地の人と交流しながら言語を覚えていくことが最も効果的ですね。

バリに移住した日本人に求められる仕事とは

バリで旅行代理店に勤める

日本人観光客のツアーに同行します。
日本語を話せる相手がいると観光客もなにかあったときに安心です。

バリのホテルやエステの案内係り(ゲストリレーション)

日本人観光客への対応、接客、様々な要望や意見を聞き親身になって対応する仕事です。現地ではスタッフを含め日本語を話せる人はあまりいませんし、日本人は英語がとても苦手です。
そためホテルやエステ会社で日本人を求めている会社は少なくありません。

ウェディングプランナーという仕事もあり

バリで結婚式をする日本人も多いです。
お客様のせっかくの大舞台を成功させるためにも、日本語が話せるとはいえなにかと責任重大な仕事とも言えますね。

バリに移住して仕事をするメリットとは

バリの求人では日本人採用であっても現地の人と同じ条件での採用が多いです。
なので英語やインドネシア語を習得することにこしたことはありません。
もしバリ移住希望があれば資金集めの最中であっても英語の勉強もしておいた方が良いでしょう。

バリ現地採用のメリットとは

  • 英語が話せかという難関はありますが、日本の会社の条件に比べるとそこまで厳しくはない。
  • 現地採用にあたり視野を広く持てる。
    その国ではその国ならではの知恵や考え方があります。
    働く上で良くも悪くも日本と大きな違いがありますが、決して日本の考えだけが当たり前、常識ではないことを学べます。
  • 現地滞在の期限がない。
    本社が日本にある場合はいつ異動の命令を出されるかわからないが現地採用では異動などはない。
    好きなだけバリで働けます。

バリ島に移住して仕事を探すときに有利なポイント

日本人は欧米の人と比べ、自己主張はとても苦手です。
インドネシア人はその自己主張苦手な日本人と比べると更に自己主張が苦手です。
もちろん、どこの人であろうがその人の能力で多少の違いはありますが大きく比べてみるとこのようになります。

インドネシア人に自己PRを求めると、名前、生年月日、家族構成など履歴書に書いてあることばかり口にして、特に自分を主張することはありません。
わざと「はい」か「いいえ」で応えれない質問をしても、無言のまま面接が終ってしまうこともしばしばあります。

そのため日本人がバリ移住で仕事を探すとき、自分の事ははっきりとアピールできる人がとても有利です。
日本ではなんでもかんでもベラベラと話す人はあまり好感を持たれませんが、バリではフレンドリーで話上手な人がとても人気です。

日本人からも人気な観光業が盛んなバリでは日本人も大事な戦力です。
現地に合わせつつも日本人らしい働きぶりやお客様への対応を見せれると、更に日本人スタッフが求められることが多くなるでしょう。