結婚式のお呼ばれにはヘアアレンジが必要なポニーテール

結婚式にお呼ばれをしたら、まずは服装が気になりますが、髪型やヘアアレンジもマナー違反にならないように、気を付けなければいけません。

結婚式に向かないヘアスタイルはいくつかありますが、しっかりと髪をまとめているポニーテールはどうでしょうか?

結婚式にポニーテールをしていく際には、ヘアアレンジが必要です。結婚式当日になって焦らないように、記事を参考にして事前に自分に似合うヘアアレンジを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

東京オリンピックのボランティアになるための英語力について解説

東京オリンピックの開催が決まったことで、ボランティアとして参加してみたいと考えた人も多かったでしょう...

懸垂を行うと筋肉のどこに効果があるのか、詳しく説明します

筋トレの一つである「懸垂」。腕を使うから、腕の筋肉に一番効果があると思っている人も多いでしょう。...

中学生の勉強法・ノートのとり方を工夫して成績をアップさせよう

自分に合った勉強法が分からない・受験を控えているから成績が上がる勉強法を知りたいという中学生もいるこ...

兄弟へのご祝儀の金額の相場と渡し方【夫婦で出席する場合】

自分の兄弟の結婚式に夫婦で出席するとなると、ご祝儀はいくら用意すればいいのか迷ってしまうのではないで...

結婚式のサブバッグは100均でも大丈夫?選ぶ際のポイント

結婚式に持っていくバッグ!おしゃれで可愛いものが販売されていますが、どれも小さくて荷物が入り切らない...

遠距離恋愛からの結婚・仕事辞めるか悩んだときの考え方と選択肢

遠距離恋愛の恋を実らせ、お付き合いしていた男性と結婚を決めたとき、自分の仕事をどうしようか悩む女性も...

スキーとスノボーはどっちが簡単?はじめる前に知りたいこと

スキーとスノボーはどっちが簡単にはじめることはできるのでしょうか?どちらもやったことがない初心者だと...

サッカーのパスにはどのような種類がある?パスの特徴の話

サッカーのパスにはどのような種類があるのでしょうか?繋がるパスを出すためには、その場面に合わせたもの...

【スクワットの重量の決め方】女性の平均重量と回数設定について

バーベルスクワットを始めてみたいと思っても、初心者の女性は重量や回数をどのように決めていいのかわから...

年賀状のコメントなしは失礼になるのかどうか【年賀状のマナー】

毎年の年賀状はいつも年末ギリギリになって準備を始めるという方も多いと思います。そこで気になるのが...

ダブルスに勝つ卓球のコツ・多球練習とフットワークの練習方法

卓球の試合には、1対1で行うシングルスの試合と2対2で行うダブルスの試合があります。ダブルスの試合に...

お通夜のお香典の金額の相場と渡す際の注意点

お通夜に参列する場合お香典を準備しますが、いくら包もうかと金額に悩んでしまいます。お香典の金...

合気道と空手の違い!子供に習わせたい時の判断基準と特徴を解説

子供に武術を習わせたいと思っているお母さんの中には、合気道と空手のどちらを習わせたら良いか迷っている...

卓球のラリーが続かないワケと、ボールに慣れる練習方法を紹介

卓球を始めたばかりの頃はなかなかラリーが続かないということがよくあります。同じように打ち返し...

ご祝儀袋へのお札の入れ方と書き方のマナー【大人のマナー講座】

ご祝儀袋にお札を入れようとして、入れ方に戸惑ってしまうということはありませんか?結婚式のご祝儀を渡す...

スポンサーリンク

結婚式のお呼ばれでNGなヘアスタイル

結婚式にお呼ばれされたときは、いつもより華やかさをプラスするのが一般的です。
と言ってもお呼ばれではNGなヘアスタイルもあります。

知らずに行ってしまうと、自分だけ浮いてしまうなんて事態もあり得るので、マナーを知って素敵なヘアアレンジをしてみましょう。

お呼ばれではNGなヘアスタイル

ロングのダウンスタイル

ロングヘアをダウンスタイルのまま結婚式にお呼ばれするのは、一般的にはNGだとされています。

お呼ばれされている特別感がなく、髪が顔にかかるたびに邪魔そうに見えます。
顔にかかると清潔感に欠けて見えたり、暗い印象にも見えてしまいます。

ロングヘアの場合は、アップスタイルやハーフアップスタイルにして、きちんとお呼ばれスタイルにアレンジをして行くべきです。

ポニーテール

アップスタイルなら何でもいいというわけでもありません。
シンプルでアクティブな印象のポニーテールは、お呼ばれの場にはふさわしくありません。

あとでポニーテールアレンジについて触れていきますが、お呼ばれの場にはポニーテールにアレンジを加える必要があります。

派手過ぎるヘアスタイル

華やかさをプラスしたいお呼ばれスタイルですが、花嫁より派手になるような気合い入り過ぎなヘアスタイルはNGです。

結婚式のお呼ばれにポニーテールのヘアアレンジが必要な理由

先ほど結婚式のお呼ばれヘアスタイルには、ポニーテールはNGだと説明しました。

適度な華やかさが求められるお呼ばれヘアスタイルでは、シンプルなポニーテールではカジュアル過ぎる印象になってしまいます。

服装とヘアスタイルの雰囲気が全然違うと、見ている方も違和感を感じてしまいます。

しかし、絶対にポニーテールがダメということではありません。

華やかさのあるアレンジをすれば、シンプルなポニーテールでもお呼ばれヘアに仕上げることが出来ます。

毛先にカールを付けたり、編み込みをするだけでもシンプルなポニーテールという印象を打破することが出来ます。

さらにトップの髪の毛を引き出して立体感出すと、よりお呼ばれにもふさわしい豪華なポニーテールを完成させられます。

ポニーテールで結婚式に出席するときは、必ずプラスアルファのアレンジを加えることを忘れないで下さいね。

お呼ばれポニーテールのヘアアレンジはボリュームがポイント

結婚式のお呼ばれヘアスタイルでは、華やかさが大切だということを何度も説明してきました。
お祝いの席では、出席する側にも華やかさが必要です。しかし、ヘアアレンジが苦手な方は、どのようにして華やかさを演出したらいいのかわからないでしょう。
ただ髪をまとめるだけでは、華やかさは出せません。

お呼ばれのときの華やかなアレンジのポイントは、ずばりボリューム感です。

髪の毛にボリュームを付けるだけで、同じヘアスタイルでも全く印象は変わります。

トップの髪の毛を引き出す、毛先にカールを付ける、編み込みをする、ヘアアクセサリーを活用する。
これらの簡単なテクニックで、華やかでボリュームのあるヘアアレンジが完成出来るので、実はお呼ばれスタイルは難しく考える必要はないのです。

結婚式にもOK!自分でできる簡単なポニーテールアレンジ

お呼ばれスタイルにふさわしい髪型のポイントを理解したところで、結婚式でもOKなポニーテールのアレンジをいくつか紹介していきたいと思います。
シンプルにまとめただけのポニーテールとは全然違う、華やかで手の込んだアレンジに見えるヘアスタイルばかりですよ。

基本のポニーテールにちょこっとアレンジ

アレンジ初心者さんでも出来る、一番簡単にボリュームの出せるポニーテールです。

  1. ポニーテールをする前に、髪の毛全体にヘアアイロンでカールを付けます。
  2. やや高めの位置でポニーテールを作ります。(このとき顔周りの髪は少し残す)
  3. ポニーテールの結び目に毛束を巻き付け、結び目を隠すようにピンで固定します。
  4. バランスを見ながらトップの髪の毛を引き出し、立体感とボリュームを出します。
  5. 好みでヘアアクセサリーをプラスしたら完成です。

いつものポニーテールに、カールとボリュームを足すだけでお呼ばれヘアスタイルに早変わりです。

くるりんぱで大人アレンジ

  1. トップからハチにかけての髪の毛を低めの位置でまとめておきます。
  2. 両サイドの髪の毛を、先ほどの毛束と一緒に結びます。
  3. くるりんぱをして、トップの髪の毛をボリュームが出るように引き出します。
  4. 結んだ毛束と、結んでいない髪の毛を一つに三つ編みにします。
  5. 三つ編みした毛束も、程よく崩れるように髪の毛を引き出しておきます。
  6. 三つ編みを毛先の方から巻き込むように、お団子にまとめピンで固定します。
  7. あとは全体のバランスを整えたら、大人の品のあるアレンジの出来上がりです。

清楚なローポニーテール

  1. あらかじめ、髪の毛にカールやウェーブを付けておきます。
  2. 顔周りの髪の毛を残すようにして、低めのポニーテールを作ります。
  3. あとは結び目を髪の毛で隠すようにして、全体の髪の毛をボリュームが出るように引き出します。
  4. パールを基調としたヘアアクセサリーを使うと、清楚な中にも華やかさのあるアレンジになります。

結婚式でマナー違反にならないポニーテール以外のヘアアレンジ

結婚式でOKなヘアアレンジは、本当にたくさんの種類があるのでさらに見ていきましょう。

  1. 低い位置で一つに結びます。
  2. ロングヘアの方は毛束が多くて大変ですが、くるりんぱをします。
  3. くるりんぱした毛束の毛先やや上を、ゴムで結びます。
  4. 結んだ毛先の方から、くるりんぱの穴に通すように入れます。
  5. もう一度くるりんぱの穴に通して、お団子のようなスタイルを作ります。
  6. 毛先などが出てくる場合は、ピンで固定して隠します。
  7. 結び目部分にヘアアクセサリーを使うと、より華やかになります。

非常に簡単なアレンジですが、パーティードレスだけではなく、着物や浴衣にも似合う上品なヘアスタイルになります。
和服にも似合うヘアスタイルなら、お呼ばれのスタイルのバリエーションも広がりますね。

華やかさと品を意識すれば、土台がシンプルなヘアスタイルであっても、お呼ばれヘアスタイルに変身させることがいくらでも出来ちゃいます。