【お車代の封筒の名前の書き方】相手の名前は書かないことが基本

結婚式で渡すお車代。渡す相手を間違えないように、封筒に相手の名前を書こうと考える人もいるでしょう。

しかし、お車代の封筒に相手の名前を書くことは「マナー違反」になります。そのため、間違えて渡さないように工夫しなければなりません。

今回は、お車代の封筒に相手の名前を書くことがマナー違反になる理由と間違えて渡さないためのアイデアをご紹介します。お車代をさらに別の封筒に入れて渡すことがおすすめです。

また、現実には相手の名前を書いて渡した人もいます。その場合の書き方もご紹介しますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スライスの打ち方とは?テニスのスライスを打つコツ

テニスのスライスを打つときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?スライスを打つ時に意識す...

野球とサッカーでは身体能力の差がある?身体能力が高い人の特徴

昔から根強い人気のあるスポーツ、野球とサッカー。 子供たちに将来なりたいのは?と聞くと、だいたい野...

卓球の練習方法【初心者向け】一人で出来る練習や多球練習のコツ

部活で卓球を始めたがなかなかボールが上手く打てない、返球が出来ないなど初心者の人は感じているのではな...

企業見学での質問で参考になる聞くべきことやマナーと注意点

企業を訪問して見学するという就活生も多くいますいよね。 そんな就活においての企業見学では、せっ...

【洋食のマナー】魚料理をきれいに食べるコツとテーブルマナー

普段は箸を使う日本人にとって、洋食のテーブルマナーはちょっと苦手という方が多いのではないでしょうか。...

ご祝儀相場・兄弟の結婚式に夫婦と子供で出席するときのご祝儀

兄弟の結婚式に夫婦と子供で出席することになったら、ご祝儀はいくら包むべきなのか、その相場について気に...

卓球の初心者が試合するときにはパニックにならないことが大切

卓球の初心者が試合でよくしてしまうミス、それは慌ててしまうことです。練習のようにできない、相手の強さ...

香典を送る場合の宛名は喪主になります。送り方や手紙の書き方

知り合いの訃報を聞いたけれども、仕事や遠方などの理由でどうしても葬儀に参列出来ない場合もあります。 ...

新婦の母として出席する時のネイル事情とネイルデザイン

新婦の母として出席する時、服装に合わせてネイルもしようと考えますが、そもそもネイルをしてもマナー違反...

体育の授業を行う目的と大人になってからわかる必要な意味

体を動かすことが苦手で、体育の授業はいつも憂鬱という方はいませんか? 数学や国語などは、大人になっ...

ダブルスに勝つ卓球のコツ・多球練習とフットワークの練習方法

卓球の試合には、1対1で行うシングルスの試合と2対2で行うダブルスの試合があります。ダブルスの試合に...

外野のグローブを型付けするポイントと型付けが重要な理由

グローブには外野用や内野用があり、守備によってグローブが違ってくるのはご存知ですよね。 そして新品...

スキーのエッジについたサビを自分で取る方法をご紹介します

仲間たちとの楽しいスキー。しかし、滑った後そのまま放置してしまっているとエッジにサビがついてしまうこ...

バレエのコンクールに出場する時に先生に渡すお礼の相場と考え方

お金がとにかく掛かることで有名なバレエ。 普段の月謝や衣装代だけでもお金が掛かる上、コンクール出場...

入学式の服装のポイントは?注意が必要なママの服装について

入学式は子供が主役!わかっていてもやっぱりママの服装も気になるところですよね。目立ち過ぎを気にするあ...

スポンサーリンク

お車代の封筒へ相手の名前を書くことはマナー違反になります

結婚式に離れた場所から参加してもらう時には場所によっては交通費にあたるお車代を渡すのが礼儀になります。参加される方がどの方も同じ距離ではなく、移動手段も色々な方法があるでしょう。

用意するお車代は一律にはならず金額を分ける

渡す相手の名前を描く事で金額の差があると一目でわかってしまうため、名前を書く事はやめましょう。

暗黙の了解でわかっている事でもマナーとして差がつくような行動はやめましょう。

しかし結婚式では自分で渡さず、結婚式の前の記名の時に受付で渡してもらうことが多いようです。

どのようにして渡す相手に間違えなく渡すことができるでしょうか。

相手の名前を書かないでお車代を渡すためのアイデア

ご祝儀袋には直接書かない

後から剥がすことができる付箋を用意しましょう。剥がし忘れる事が気になるようでしたら、色別にしてわけたり、渡す相手がわかるような暗号にしてみましょう。また付箋を貼る場所を渡すときに邪魔になる場所にする事で気づく事ができて剥がし忘れる事はないでしょう。

箱に入れておく

渡す前に仕切りがついた箱や、ファイルにいれて置きましょう。ご祝儀袋ではなく箱やファイルの方に名前をつけておくと剥がす事を気にせず渡す事ができます。

一回り大きな袋に入れる

渡す祝儀袋を一回り大きな袋に入れてその袋にわかるように名前を書きましょう。ご祝儀袋にはふさわしくない柄の袋や、サイズが大きめの袋にするとそのまま渡すことがなくわかりやすく分ける事ができるでしょう。

わかるように準備しても渡してもらう受付の方との綿密な打ち合わせが必要になります。お金を扱うのでお金を渡す担当の人を一人決めて、その人だけが責任を持って相手に渡してもらえるようしっかりと打ち合わせをしましょう。大役をお願いしてしまうので沢山の感謝を伝える事をお忘れなく。

お車代の封筒の中に、一言お礼の言葉を自筆で書いた手紙を入れましょう

お車代を用意するときご祝儀袋にお金を入れて渡すだけではなく一筆添えて渡してみましょう。

結婚式のお車代に限らず、そのまま物品を渡されるよりは渡す側の言葉があるとより素敵なものに変わります。

結婚式ではお車代を直接渡す時間をとる事がなかなかできないので結婚式に来ていただいた感謝の気持ちと自分の名前を書いた小さなメッセージカードを添えると来ていただいた方に直接伝えられなくても思いが伝わり、受け取った側も気持ちが嬉しく感じるでしょう。

沢山の枚数書く事は大変なことだと思いますが、一人一人に直接メッセージを書くと気遣いが感じられるでしょう。結婚する相手の関係の人にお車代を渡す場合は失礼の内容にしっかりした書体で毛筆を使いメッセージを書くと良いでしょう。

結婚式の日を迎える日まで色々と忙しい日が続くと思いますが、ひとつひとつ丁寧にこなすことでさらに素敵な結婚式になることでしょう。

お車代にご祝儀袋を使う場合の中袋には、何も書く必要はありません

ご祝儀袋の中には真っ白い何も模様や、線が入っていない封筒が入っています。

何も書かずにそのままお金を入れる

書くときは渡す相手がお返しを用意するときにお返しの目安になるために必要な事柄を書くのですが、結婚式のお車代は遠方から来ていただいた感謝の気持ちと、来るまでに移動にかかった交通費にあててくださいという気持ちなのでお返しは必要ないでしょう。

入れるお金は、折り目のない新札でお札の向きも頭が上に来るように

お札の入れ方や、折り目が付いている場合は意味合いが変わってしまうのでしっかり確認しお札を用意しましょう。

また入れる金額によっては袋のランクも変わってくる場合があります。遠方から宿泊も込みで参加される方や、海を渡ってこられる方もいらっしゃる場合は使う袋を考えて購入しましょう。

お車代の封筒に相手の名前を書いて渡した人もいます

結婚式では普段なれない行動や人の出入りが多くなったりで細かな部分に気を向けることができなくなってしまいます。気を配る場所を少なくし効率的に動く必要があります。間違えてしまったり失礼な行動をしてしまいそうな時は、封筒に名前を書いてしまうほうが心配もなく渡すことができるでしょう。名前を書くにはいくつかの注意が必要です。そこを間違えてしまうと失礼になってしまうので確認し行いましょう。

正式な書き方をする

そのまま簡易的に書くのではなく、しっかりと濃く毛筆で書きましょう。使う書体も丸みを帯びずクセもない形の整った文字で書く事が大事です。

パソコンなどは使わない

字に自信がなくパソコンで字を印刷は失礼に当たりますので、相手の名前はしっかりと書きましょう。

人に頼む

普段から毛筆で字を書くことがなく、自信がない場合は思い切って専門の人に頼みましょう。色々な知識があり、名前を書く場所や文字の大きさなど失礼のない仕上がりになります。