野球とサッカーでは身体能力の差がある?身体能力が高い人の特徴

昔から根強い人気のあるスポーツ、野球とサッカー。
子供たちに将来なりたいのは?と聞くと、だいたい野球選手かサッカー選手に分かれます。

どちらも身体能力が高い選手ほど活躍するのは当然ですが、野球とサッカーとではどちらの方が身体能力が高い選手が集まるのでしょうか。

野球とサッカーでは身体能力の差がある?の疑問にお応えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式でマナー違反にならないために!親族の和装に合う髪型

結婚式に親族として参加をする場合、親や姉妹は和装が一般的です。着付けと一緒に髪型のセットもプロの方に...

洋食マナーのフォークの使い方!基本やスマートに使う順番を紹介

洋食にはマナーがあり、食事を食べるときはフォークやナイフの使い方や使う順番にも気をつけなければなりま...

体育の授業は何が目的で行われているのか知りたくありませんか?

学校の勉強は国語、算数(数学)、理科、社会、それに英語に家庭科、保健体育などなど、さまざまな教科があ...

フェイントテクニックを磨いてサッカー上達!フェイント練習方法

サッカーはゴールキーパー以外足を使ってプレイをするスポーツです。ここで重要になってくるのがフェイント...

バレーボールのサーブカットのコツ!できない理由と上達するコツ

バレーボールをしている人の中には、サーブカットがなかなかうまくできない事に頭を悩ませている人もいるの...

ジムに必要な持ち物。女性のジム通いに持っていくべき物リスト

体型の変化が気になり、ジムに通う女性も多いですよね。しかし、初めてジムを利用する時には、どんな物を持...

卓球のダブルスに勝つための戦術・サーブレシーブにポイントが

卓球でダブルスを組んで試合をすることになったら、どんな戦術で挑めば試合に勝利することができるのか知り...

企業見学での質問で参考になる聞くべきことやマナーと注意点

企業を訪問して見学するという就活生も多くいますいよね。 そんな就活においての企業見学では、せっ...

病院への電話のかけ方!コツや注意点とマナーについて

病院への電話のかけ方について悩んだことはありませんか?例えば、初めての病院への予約の電話や予約のキャ...

先勝の結婚式・午後からの結婚式はNG!でも午前中はOKです

結婚式の日取りを決める時、六曜を意識して日取りを決めることがあります。先勝は午後の結婚式がNGと言わ...

女性の社会人の服装のマナー!ビジネスシーンで着たい服

社会人になると、会社では今までと違う服装のマナーが必要です。子供っぽい洋服のままでは、周りからの印象...

消防士の面接ではどんな髪型がベスト?好印象を与える髪型とは

消防士採用試験は、筆記や体力試験の他にも「面接試験」があります。 この3つの試験を突破して晴れて消...

香典の金額は2万円でもいいの?夫婦連名で香典を包む時の考え方

香典を夫婦連名でそれぞれ1万円包みたい場合、封筒の中身の金額は2万円になります。 ただこの2万円と...

祝儀の相場・姪や甥の結婚式のご祝儀相場をシーン別に解説

姪や甥の結婚式に出席することになったら、ご祝儀はどのくらいの金額を包めばいいのか気になるものです。一...

No Image

結婚式の断り方!子供が小さいことが理由で欠席するときの断り方

子育て中のママの中には、子供が小さいことで招待された結婚式を断ろうと考えている人もいるのではないでし...

スポンサーリンク

野球とサッカー、身体能力が高い方は野球だと言われる理由

野球とサッカーは、どちらもメジャーなスポーツですね。
子供に将来の夢を聞くと、この2つのスポーツは必ずと言っていいほど出てきます。

小さな頃からサッカーや野球を習っている子は、高校になっても続けている子が多いです。高校生になるとある程度体格がしっかりしてきます。
長年のトレーニングによりどちらもそれなりの筋肉はついていますが、なんとなくサッカー選手より野球選手の方がガタイが良くなんでもそつなくこなすイメージがありませんか。
そのイメージ通りサッカーより野球の方が身体能力が高いと言われております。

一見、サッカーの方が広いコートを足だけでボールを扱い相手を交わしながら走り回るので難しいスポーツかのように思いますが、そこを比較してみると野球よりも競技のレベルは高いかもしれません。

しかし、身体能力の差でいうと野球は1つ1つの動きのフォームが大切です。
フォームを繰り返し行うことはたくさんの動作をするよりも大変です。
野球の本を見てみるとフォームの重要性やベストなフォームを作るためのことが書かれていることが多いのに対し、サッカーは戦術法が多く掲載されているものが多いです。

人間は動いている時よりも止まっている、またはゆっくり動く方が難しい時がありますが、野球はどちらかというと、1球1球にかかっていますので、競技時間も長いです。
長いですがサッカーのようにずっと走り回っているわけではなく、球が来たら瞬間的に動くことが多いので体が疲れやすくなります。
このスタミナをどうやってつけるか、そして1球1球にかけるフォーム作りのための体作りが重要になります。

このような競技の特徴の違いが、サッカーよりも野球が身体能力が良いと言われる理由です。

野球の方がサッカーより身体能力が高いのは体格にも現れている

サッカーより野球の方が身体能力が良いと言われているのは、見た目の問題でもあります。

サッカー選手は高身長であっても、スラッとした体型の人が多いですよね。
太ももやふくらはぎなど、下半身の筋肉がとても発達していてスマートな体型をしています。
それに対し、野球は高身長な上に体格もとても良いですね。筋肉は下半身のみならず、肩周りや胸など上半身も鍛えていてます。
体の全体を使いベストなフォームを作り出さなければならなく、そしてそのフォームで1球1球、球を投げながら競技を進めていきます。

サッカーと野球は体の筋肉のつき方もだいぶ違う

主に下半身を鍛えるサッカー選手よりも、体全体を鍛えて体格が良い野球選手の方が身体能力が高く見える傾向があります。

実際に野球の1軍選手のフォームが完璧なのはもちろん、2軍選手でもフォームが綺麗な人が多いのに対し、サッカーでは2軍選手になると体の動きが十分でない人が多いと言われています。

これも、筋肉のつき方やトレーニング内容の違いからなのかもしれませんね。

野球は高い身体能力が求められ、サッカーは高度なテクニックが要求される

野球とサッカー選手では求められることが異なります。

野球は高身長、体格の良さ(筋肉量)などが大きく求められますが、サッカーは筋肉が重要なのではなくテクニックが上手ければ上手い人ほど上達が早かったりプロ選手になる傾向があります。

もちろんサッカーでもそれなりの身体能力の必要で、プロになる選手はそれなりの身体能力の持ち主であることを前提だが、野球ほど身体能力は重要視はされていないかもしれません。
テクニックがあればあるほど選手として重要視されます。

しかしサッカーのある監督のコメントでこのようなことが残されています。
「日本人サッカー選手は、野球選手のようにもっと身体能力を高めなければならない。日本代表の敗因はそこにある。」

サッカーの日本代表が世界で戦うには、もっと身体能力を高めるための体作りが大切であることがわかります。

しかし、野球選手のように上半身の筋肉をつけすぎるのはサッカーの動きにはあまり必要なく、むしろ邪魔になることも考えられますので、その競技にあった身体能力の高め方で体つくりをする必要があるんですね。

どちらも、身体能力の差には個人的な差があります。
あくまでも大きな範囲で見た時に、サッカー選手より野球選手の方が身体能力が良い、身体能力が重要なスポーツであるということです。

身体能力が高い人は野球やサッカーだけでなく、どんなスポーツでもそつなく動ける

野球やサッカーに限らず、どのスポーツでもある程度大会で結果を出したり、記録を残し成績を出している人は身体能力がある人と言えるでしょう。

身体能力がないと正直結果を出せるほど動けません。

この身体能力は年齢が大きくなればなるほど差が出てきやすく、高校もしくは高校卒業後にいきなり体つきが変わる人がいますね。
プロ野球選手を見ていると良くわかります。
高校時の体つきに比べプロ入り数ヶ月でみるみるうちに体つきが変化していきガタイがよくなっています。

結果を出すためには身体能力が最も重要

身体能力がある人はどんなスポーツでもある程度、対応できます。
さらにその上を目指すことで、よりそのスポーツに合わせた身体能力がついてくるんですよ。

身体能力の高い人は既にスタートラインが違う

身体能力が高い人はそうでない人に比べ、動きの覚えが早い傾向にあります。

身体能力が高い人の例

雪道を歩いていて滑って転んでしまった場合

身体能力がある人はとっさに対応し、転ばないように体に動きを入れて耐えられます。
身体能力がない人は、そのままとっさの動きができずにそのまま転んでしまいます。

高い位置にある物をジャンプをしてとる場合

身体能力のある人は、背が低くてもより高くジャンプできる方法(動き)を知っています。
しかしそうでない人は背が高くでも高く飛ぶジャンプの仕方がわからず物をとることができません。

身体能力の有無は同じスポーツをすると実力に大きな差が現れる

覚えや技術の上達のスタートラインが違うので、どんどんと差をつけられてしまいます。
どんな時にでもより対応できる動きを持ちたいなら、まずそのスポーツの専門的な動きよりも身体能力を高めると良いでしょう。