バレエの先生への差し入れはコレで決まり!人気の差し入れ

バレエの先生が公演を開くことになったら、子供がお世話になっていることも考えると 差し入れをしなくては行けないのでしょうか?

招待券を頂いているのなら、やはり差し入れを持っていくのがマナーです。また差し入れには何が良いのかも気になるところですよね。

そこで1番人気の差し入れや、もらって嬉しい差し入れなどを紹介いたします。子供が発表会に出る時は、先生へは差し入れではなく「お礼」となるので、その点にも注意をしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

誕生日プレゼントに財布を贈る際に込められる意味とは

大切な家族や恋人などに誕生日プレゼントを贈るなら、特別なものを贈りたいですよね。しかし、プレゼン...

No Image

灯油ポンプ仕組みは【サイフォンの原理】仕組みと実験を紹介

手動の灯油ポンプをうまく使うと、灯油を自動で入れることができます。この仕組みは一体どのようになってい...

反省文の書き方で大学生が書く場合の注意点とは

最近は大学生でも反省文の提出を求められることがあるようです。校内外で校則違反をした場合などが多い...

病院への電話のかけ方!コツや注意点とマナーについて

病院への電話のかけ方について悩んだことはありませんか?例えば、初めての病院への予約の電話や予約のキャ...

高校のノートの取り方にはコツがある!周りと差がつくノート使い

高校生ともなると、ノートの取り方にも個人差が出てきます。成績が良い人のノートを見たことありますか...

No Image

電話での相手の会社の呼び方と気をつけたいビジネスマナー

電話での相手の会社の呼び方は書面の場合とは違ってきます。これから社会人として働くなら、取引先の呼び方...

ネクタイの色の選び方とマナー!結婚式は白以外の色もOK

結婚式に初めて出席するとき、ネクタイの色は白でなくてはならないのか、知識がなければわからないものです...

バレエの発表会当日に持っていく持ち物とあると便利な持ち物

初めてのバレエの発表会。緊張してドキドキしている人や、当日を楽しみに待っている人もいるのではないでし...

パワハラされてツライ…。仕返しをしてから退職したい人は

働くことは生きていく上で必要なことではありますが、パワハラを受けることは必要なことではありません。...

予約の電話が緊張する人は多い。緊張しない電話のかけ方のコツ

メールなどで予約が出来ることが増え、電話をする機会は減ったかもしれませんね。ですが用事によっては...

ご祝儀袋を包むふくさはハンカチでもOK?包み方や色について

ご祝儀袋を持ち運ぶ時ふくさに包んでいますか?ふくさを使用する理由を知っているでしょうか?あま...

サッカーのパス練習を1人でする方法!毎日の練習が上達への近道

サッカーのパス練習は1人じゃできない、そう思っていませんか?パス練習こそ1人でできますし、1人で...

No Image

結婚式の断り方!子供が小さいことが理由で欠席するときの断り方

子育て中のママの中には、子供が小さいことで招待された結婚式を断ろうと考えている人もいるのではないでし...

家遊びで友達と盛り上がる遊び、お金のかからない遊びを紹介

放課後や休日はどのように過ごしていますか?高校生はバイトや部活や勉強でしょうか?実は友達と家...

【袱紗の渡し方】包み方から結婚式での渡し方まで徹底解説

結婚式に初めて出席することになった場合、ご祝儀をいつどうやって渡せばいいのかわからない人の方が多いで...

スポンサーリンク

バレエの先生の公演の差し入れは?一番人気の差し入れはお花

お子さんがバレエを習っていて、その先生が公演をされる時、差し入れを出さなくていけません。でも、バレエの先生にどんな差し入れを出さなくてはいけないのか、保護者の方として、何もアイディアがわからない事があります。

どんな差し入れがバレエの先生に喜ばれるのか。

差し入れを受け取る側としては、お花が一番嬉しい様です。

恐らく、あなたもその風景が思い浮かびませんか?バレエの先生が差し入れでお花を受け取る姿が?嬉しい先生の笑顔が想像できると思います。

差し入れを出す側は答えがハッキリしているので、お花を買えば問題は解決です。ですが、お花を差し出しとなると、講演会に持って行く迄にお花を崩さない様に持って行かなくてはいけません。気を使う作業にはなります。気を使いながら、先生に差し入れにお花を持っていきましょう。お花は手っ取り早い差し入れにはなりますが、その場に持って行くのが面倒になります。

バレエの先生への差し入れは口にできるものも喜ばれます

子供や周囲のお母さんから、バレエの先生が公演をする事を聞きました。さぁ、バレエの先生への差し入れを考えなくてはいけません。

バレエの先生は、甘い物、口から食べれる物も大好きです。クッキーやジュースなど、恐らく同じお母さんとして、「これは私の家でも貰ったら嬉しいわ」と思える物、家族でも食べれる、飲めるクッキーやジュースをプレゼントすると、バレエの先生も喜びます。

お店に行くと、ブランド物でクッキー、ブラウニー、色々売っていますよね?その中から先生が好みそうな物を一つ選んでバレエの先生への差し入れにすると喜ばれます。

甘い物は誰が食べても機嫌が良くなるし、嬉しい。職場でも一緒ですし、子供のバレエの先生も一緒です。バレエの先生への差し入れに何にしようか迷ったら、とりあえずはお店に行って、お土産コーナーの様な所に行って、適切なお菓子を買いましょう。バレエの先生へのプレゼントは、退職の時に選ぶような、クッキーやお煎餅を選ぶべきではありません。それでは、味気なく、物足りないと思います。それよりは、可愛いラッピングがされている、何か少し工夫がなされているクッキーがより適切になると思います。

バレエの先生にチケットをもらった場合の差し入れ注意点

子供のバレエの先生が公演をする事になり、あなたも子供のバレエの先生と割と仲が良いのでチケットを貰いました。

その場合の先生に対する差し入れ、金額はどの位にすればよいのか、戸惑うと思います。その際、まず注意しなくてはいけないのは、チケットの金額です。チケットが幾らしているのか。差し入れの金額はそれより下げないなのが、原則です。チケットが3000円するのであれば、差し入れには、3500円や4000円する物を買いましょう。

金額が決まったら、差し入れに何を渡すべきかは、恐らくあなたの頭の中に考えはあると思います。上記でも触れている様に、お花、クッキー、飲み物をお勧めします。飲み物は飲み物でも、バレエの先生ですから、少し高級感のある飲み物をお勧めします。

バレエの先生にお子さんがいるのなら、子供が飲む様なジュースでも問題はありません。ただ、いないのでしたら、飲み物は飲み物でも、大人の女性が飲む様な飲み物を選んだ方が、あなたからの配慮が見えます。

招待を受けたら、行けなくなった場合でも差し入れをしましょう

バレエの先生からチケットを貰って、出席するつもりでも、他に用事が入って欠席になる事もあります。

そんな場合は、急でもない限り、「ごめんなさい。用事があって、行けなくなったの」と一言添えてあげましょう。そして、それでも一応誘われたのですから、礼儀として差し入れは渡しましょう。

事前にその日に欠席だとわかっているのであれば、前日が数日前にでも差し入れを渡すのがより礼儀になります。

そうする事で、あなたと子供のバレエの先生との距離感も保つ事ができます。

差し入れについても、誘われたからには渡すのがマナー。先生も快くあなたの事を誘ってくれたので、その気持ちに答えて、差し入れはあなたが例え欠席であっても、渡すべきです。それが、先生とあなたとの関係をより良好にするコツ、また礼儀になります。

当日、公演で渡すのか、それともそれ以外の場所で渡すかの違いになると思います。

バレエの先生にお礼を渡す場合について

バレエの先生にお礼を渡す時、それが、個人的にお礼を渡すのか、それとも教室にいる生徒全員から一団となって先生にお礼をするのか、それは正直、その教室によって異なってきます。

お子さんがバレエを習っているのであれば、バレエの先生にお礼を渡す機会はあります。その時、一個人として先生にお礼を渡すのか、それとも他の生徒と一緒にお礼を渡すのか、その判断に迷います。

教室によってやり方が違うので、はっきりとした答えはありません。あなたのお子さんがバレエを習い始めて間もないのであれば、周囲のお母さんに相談するのが一番の解決法だと思います。

少し、周りのお母さん達にどうお礼を渡しているのか、相談してみましょう。

バレエの先生への差し入れにどんな物を選んだら良いのか、具体的なアイディアを紹介しました。あなたの参考にはなりましたか?チケットを渡されたのであれば、差し入れの金額にも配慮しましょう。少し高めの差し入れを渡すのがマナーになります。また、当日どうしても欠席になる場合は、早めにその事を先生に知らせて、差し入れを渡しましょう。「頑張って下さい」と一言伝えると、あなたと先生の絆も深まります。