飲食店にはちょっとの持ち込みでも非常識になると知っておこう

飲食店へ持ち込みをして飲食するのは非常識な行動だと理解している人は多いと思いますが、赤ちゃんの離乳食や子供が飲むペットボトルのジュースくらいはと持ち込んだ経験があるのでは?

常識として飲食店への持ち込みはよくありません。それにはちゃんとした理由があるからですが、離乳食やペットボトルも非常識になるのか気になります。果たして非常識なのか、それとも常識の範囲内なのか。

飲食店で非常識な行動をしないよう注意しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

問い合わせ電話のかけ方!ビジネスマナーを知って印象良い電話を

取引先やお得意さんに問い合わせの電話をかける時、まだ電話をかけ慣れて居ない人はかけ方についてあまり良...

柔軟剤の臭いに苦情!キツすぎる臭いはスメルハラスメントに!

洗濯物をいい香りに、ふんわりとした仕上がりにしてくれる柔軟剤。自分の好きな香りのものを見つけて常用し...

韓国はご飯を残すのが当たり前!他にも合った驚きのマナーとは

韓国に行ったことがあったり、ドラマなどの食事のシーンを見ていて驚いたことはありませんか?日本...

合気道と空手、どっちを習わせようか迷ったら

子供に何か習い事をさせようと思った時に、定番のピアノや水泳、英会話も良いですが、身も心も本格的に強く...

祝儀の相場・姪や甥の結婚式のご祝儀相場をシーン別に解説

姪や甥の結婚式に出席することになったら、ご祝儀はどのくらいの金額を包めばいいのか気になるものです。一...

初心者必見!テニスのオーバーグリップテープの替え時と巻き方

テニスを始めたらオーバーグリップテープという言葉を耳にするようになります。テニスのグリップには、元々...

ダブルス卓球の動き方とは?ミスを人のせいにしない事が大切

ダブルス卓球の動き方はシングルスとどう違うのでしょうか?ダブルスの上達に欠かせないのは、個人の能力に...

イベントに出るために仕事を休む時に使える言い訳と注意点

イベントに出るという理由で仕事を休むのはなんだか恥ずかしい、言いにくいという事もあるでしょう。...

バスケのシュートフォームは手の位置が大切!効果的なポイント

バスケのシュートフォームにおいて手の位置は重要なポイントになります。ボールを支える手の位置やボー...

海外のリゾートバイトを短期で!おすすめや後悔しない選び方

海外でのリゾートバイトを短期でしてみたいけど、実際考えると不安になる人もいるはず。海外留学に行きたい...

銭湯のマナー・かけ湯をしてから入浴!覚えておきたい入浴マナー

温泉や銭湯に入浴する時は、湯船に浸かる前にかけ湯をするのがマナーです。でも、どうして入浴前にかけ湯を...

画家とイラストレーターの違いを比較。仕事内容や収入まで

絵を描く仕事といえば画家やイラストレーターなどありますが、そこにはどんな違いがあるのでしょう。同...

【洋食のマナー】魚料理をきれいに食べるコツとテーブルマナー

普段は箸を使う日本人にとって、洋食のテーブルマナーはちょっと苦手という方が多いのではないでしょうか。...

【お車代の封筒の名前の書き方】相手の名前は書かないことが基本

結婚式で渡すお車代。渡す相手を間違えないように、封筒に相手の名前を書こうと考える人もいるでしょう。...

スキーとスノボのウェアの違いと兼用するときの注意点を紹介

スキーとスノボのウェアの違いはそれぞれのスポーツに合わせた機能面です。どちらも寒い雪山のゲレンデで行...

スポンサーリンク

飲食店への持ち込みは非常識?その理由とは

飲食店に、食べ物や飲み物を持ち込みしてしまう事は非常識とされています。

飲食店では、そのお店のメニュー、もしくは販売されているものを飲食されるために、テーブルやイスが用意されています。

お店には、場所としての代金も含まれていますので、持ち込んだものを飲食しては失礼ですし非常識になります。

また、衛生面でも問題があります。

そのお店で飲食をしていて、もしも持ち込んだものが原因で食中毒などがおきてしまう事があったとしたら、営業停止などになってしまう可能性も出てきてしまいます。

そのような理由からも、飲食店への持込は失礼で非常識ですし、良くない事で、持込は断られるのが普通の事となります。

また、他のお店で購入したものを別のお店で飲食するようなマナー違反の人もいるようです。

どんな飲食店でも持ち込みするのは非常識

飲み物だけを注文して、食事の分は持ち込みしたものを食べている人もいるようです。

水筒などをテーブルに出している人も、店員さんに注意されたら、すぐにしまうなどの対応をしないといけないのは、お店に行く事のルールです。

もしも、小さいお子様を連れていて離乳食だったり、アレルギーがある場合は、お店に入店する前に予め店員さんに大丈夫か聞いてみましょう。

離乳食だったりアレルギーがあったりするとしても、予定よりも長く用事ができてしまったり、たまには外食したいときもあるかと思いますが、それはお店によって対応が様々です。

基本的には小さい子供だけで、大人はちゃんとした飲食をする事ならば大丈夫としているお店が多いようですが、断りを入れずに持ち込んだものを万が一出してしまえば、やはりいい気はしないですし、断られてしまうことも多いようです。

色々な事情があるにせよ、お店のルールは守りましょう。

飲食店へ離乳食の持ち込みは非常識?それとも常識の範囲内?

離乳食を置いている飲食店は殆どないですし、出先で小さい子が食べれるものを探す事も大変です。

また、食べられるような場所がないところも多いので、持ち込みをしている人を見かけた事がある人も多いのではないでしょうか。

急に予定が遅くなってしまったりするなどした場合に備えて、レトルトなどのものを持ち歩いたりしている人は、実際に結構いるようです。

しかし、未開封のレトルトのものなら、一言店員さんに言えば持ち込みを許可してくれるお店もあるようですが、手作りをしたものなどの持参品になると、衛生の問題も出てきます。
お店からしたら食中毒など、何かがあればリスクが出てきますので断られる事もあります。

どうしても持ち込みたい時には入店前に店員さんに必ず確認をする事、万が一断られてしまっても、お店のそういった事情があり決まりですので、他の食べられるところを探すなどしましょう。

また、もしもアレルギーなどがなく可能であれば、子供でも食べられるようなものを選んで注文するようにした方がいいでしょう。

事情があってどうしても飲食店に持ち込みたい時は許可を取るのがマナー

飲食店は、ドリンクや食べ物などをお金を支払って提供してくれるところです。

お金を支払わないのであれば、自由に飲食ができるようなところを探しましょう。

店員さんへの断りもなく、自分で飲み物や食べ物を持ち込みをしてしまう事は、無断で場所を占領しておきながら、その時間帯の商売の邪魔をしているという事です。

最初から持ち込んでも大丈夫としている場所を探すなど、持参している飲み物や食べられるところを探すか、アレルギーや離乳食などで事情があって許可をもらうかどちらかにしましょう。

また、場所代として、料金を支払っていれば持ち込みでも大丈夫なところもあるようですので先にお店に確認しましょう。

あなたは大丈夫?飲食店で長居するのも非常識です

飲食店は場所が限られているので、いつまでも場所をとられてしまうと迷惑になってしまいます。

たくさん食べていて時間が経っているならもちろん良いのですが、もしもドリンクだけで話に夢中になって、いつまでもいる人がいたとしたら、その分のお店の回転率も悪くなってしまいます。
混んできたと気づいたらお店を早めに出ようと思いそうですが、混んでいても関係ない顔で何時間もいる人もいるようです。

よっぽどじゃないと帰るようには言えないために、少しでも単価を上げようと、おかわり分の金額の設定を低くしたりするお店もたくさんあるのもそのためです。

また、食事などをするわけでもなく長居する人を減らすために、あまり座り心地が良くないイスにしたり、ちょっと狭くなっても席の数を増やしたり、パソコンの使用や勉強がやりにくいようなテーブルにしたりと工夫しているところも多いです。

迷惑がかかる行為をしていないか気をつけましょう。