ベビーカーは電車で邪魔?お互いが嫌な気持ちにならないように

電車でベビーカーが邪魔、子どもが泣いていてうるさい!などとキツイ言葉をかけられてしまうことがある一方で当たり前のように手を差し伸べてくれる人もいます。

限られた空間ではイライラしてしまうのもわかる気がしますが、子育てを一生懸命しているお母さんからしてみたら、泣いている子どもをあやしながら泣きたいのはこっちとめげそうになる気持ちもわかります。

そんなときには、電車に乗る前にできるだけの準備をしておきましょう。電車での、ベビーカールールとは。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケのコツ!シュートの成功率を上げたいなら指先を意識しよう

バスケの技術の中でも重要なシュート。コツを身に付けて成功率を上げたい!そんなあなたに耳寄りな情報が「...

どうして質問に答えないの?相手の心理を知りたい

人とのコミュニケーションの中で一番重要なのは会話のやり取りです。会話のやり取りの中でこちらから質...

スキーとスノボどっちも楽しみたい!という欲張りなあなたへ

スキーとスノボは冬のスポーツとして人気がありますし、どっちも楽しみたいのが本音ではないでしょうか。...

兄弟の結婚祝いはいつ渡す?という疑問を解決!相場も紹介

親族の結婚式、特に兄弟の結婚式は特別な思いがあるのではないでしょうか?もちろん結婚祝いを渡すでしょう...

スノボ初心者の滑り方!知っておくと上達する滑り方のコツ

初めてスノボをするというスノボ初心者は、まず何から練習すればいいのか悩む方も多いと思います。そこ...

電車の車掌や運転手の仕事内容・車掌と運転手になる方法を解説

電車の車掌や運転手の仕事に憧れている人もいますよね。将来は電車に関わる仕事をしたいと考えている人もい...

洋食のテーブルマナー【スープの飲み方】基本のマナーを解説

初めてフランス料理を食べに行くときは、テーブルマナーがわからないものです。実際に洋食を食べに行く前に...

野球の練習メニュー・守備が上達する練習法と練習メニューを紹介

野球の守備がうまくなる練習メニューについて知りたい・練習するときはどんなことを意識して練習をすればい...

内祝いを贈る時のお礼状はどんな封筒にすべき?封筒の選び方

結婚や出産などでお祝いをもらったお礼いに内祝いと一緒にお礼状を添えたい場合、どんな封筒に入れるべきで...

外野のグローブを型付けするポイントと型付けが重要な理由

グローブには外野用や内野用があり、守備によってグローブが違ってくるのはご存知ですよね。そして新品...

卓球のスマッシュにはコツがある。打ち方と決定力を上げるコツ

卓球の試合や練習でスマッシュが決まったら気持ちが良いですね。ですがスマッシュがネットに引っか...

航空自衛隊の戦闘機パイロットの年収となるための長い道のり

航空自衛隊に入隊したい、中でも戦闘機のパイロットになりたい人はどのくらいの年収がもらえるのか気になる...

野球の投手の為のトレーニングの種類とやり方を解説

高校生でも球速150キロというのも珍しくはないでしょう。野球選手はほぼ毎日トレーニングをして...

ご祝儀袋を包むふくさはハンカチでもOK?包み方や色について

ご祝儀袋を持ち運ぶ時ふくさに包んでいますか?ふくさを使用する理由を知っているでしょうか?あま...

野球のピッチャーに必要なトレーニングとストレッチについて

野球のピッチャーは、とにかくトレーニングをする種類と量が多いのです。ですから、目的意識をもって、...

スポンサーリンク

電車でベビーカーを邪魔に思う人は一握り

ほとんどの子連れは電車の端に乗ることが多く、子供の行動に目を光らせて、他人に迷惑がかからないようにしているのです。同じ電車に乗っている乗客もそのような親子に対しては多少のことは許してくれ、もし困っている場合は助けて上げる人が多いはずです。
でも中には迷惑な子連れがいて、許すことが出来ない一部の乗客がいるのです。代金の支払いをして確保している時間での空間は、期待通りの保証されるべきと考える人もいるのが現実です。電車でのベビーカーに乗る際には、ルールをきちんと守っているのであれば、子連れの乗客も代金の支払いをしているので、萎縮することはないのです。

電車でベビーカーを使うときにはどうしたら邪魔にならない?

ベビーカーを電車で使う時には邪魔にならない使い方はあるのでしょうか。使い方を紹介します。
乗り降りの時にベビーカーの向きを変えることもマナーとして大切なことです。
乗る時はベビーカーを前に、降りる時は後ろ向きで降りると安全に乗り降りすることが出来ます。

又ベビーカーを担いで乗せる方法も邪魔になりません。担ぐ時は子供を抱っこヒモやおんぶ紐を利用することになります。そうすると力も必要になりますよね。電車にいきなり乗るのではなく、普段から抱っこヒモやおんぶ紐を利用して、ベビーカーを担ぐ練習をしてから電車を利用するようにしましょう。電車はさっと乗って、さっと降りる必要があります。もし電車を利用しないといけない場合は混雑している時間は避けるようにしましょう。

電車でベビーカーが邪魔になる時間は避けたほうがいい

「ベビーカーマーク」というマークが貼ってある電車を知っていますか?このマークがある電車はベビーカーを畳まなくても、電車を利用することが出来る公共交通機関です。平成26年から導入され年々車両も増加しています。マークが貼られている車両に乗ることで周りから理解してもらえることが多いです。

でもマークが貼られている車両は一部なので、ベビーカーで乗れるようになってきているといっても中には邪魔だと感じる人もいるのも事実です。

例えば通勤通学の混雑している時間帯。混雑をしている時間を避けて出かけるママも多いですが、何らかの理由で満員電車になってしまうこともあるのです。混雑している場合、ベビーカーを畳み抱っこしても座席に座ることが出来ないと子供が危険です。そんな時は優先席があるので利用するようにしましょう。

ベビーカーを電車で利用するときの注意点

ベビーカーを電車で利用する時の注意点とポイントを紹介します。
電車内のマナーとしてベビーカーには絶対にストッパーと掛けましょう。電車は揺れます。揺れて他人にベビーカーがぶつかり迷惑がかからないようにしましょう。
又赤ちゃんの靴は脱がせておくようにしましょう。乗せたままでも、抱っこをしていても足をバタバタさせることが多いです。周囲の人にあたり、洋服を汚してしまう可能性があるからです。お互いに気持ちよく電車に乗るためには最低限のマナーです。

よく見かける光景ですが、友達同士で電車で乗ってくる人もいます。
通路に平気でベビーカーを置いてるママもいます。通路に2台並べてしまうと他の人の邪魔になるので、極力端に寄せるようにしましょう。

そして混雑している電車に乗る時は、乗る前にベビーカーを畳んでおくようにします。電車を利用する時は片手でたためる、軽量かつコンパクトなものをオススメします。

電車で赤ちゃんがぐずったときには対応しよう!

出来るだけ赤ちゃんとの外出を控えていても、どうしても出かけないといけない…。それが電車を利用しないといけない場合ありますよね。
電車の中で赤ちゃんが泣いたらどうしようと不安な気持ちになるママも多いはずです。

ちゃんと電車の端に乗り、ベビーカーのタイヤもしっかりストッパーをかけ固定完了!でも少しすると赤ちゃんが泣き出したのです。あやしても泣き止まない。もうどうしていいのかわからなくなってしまうこともあります。

赤ちゃんは泣くのが仕事と言いますが、泣き止まない時は全然泣き止んでくれないのです。こんな時の対処法を紹介します。

まず、飛び出す絵本や、哺乳瓶、赤ちゃんが食べられるおやつなどを必ず用意してから電車に乗ることです。
月齢で興味の持っているものは必ず持って出かけるようにしましょう。もしもの時に役に立ちます。

電車の中は寝ている人も多くいるので、中には赤ちゃんの泣き声にイライラする人もいます。電車の乗る場合は混雑している時間を避けること、出来るだけ人の近くには行かないようにしましょう。赤ちゃんはなんでも興味があるのでにぎにぎしてしまうこともあるので近くの人のことを触ってしまわないように気をつけましょう。又ベビーカーを通路など邪魔になるような所には絶対に置かないようにすることです。