スノーボードの初心者はスタンスをどう決める?コツやポイント

スノーボードの初心者はスタンスをどう決めたらいいのでしょうか?自分の利き足がどちらかを知る方法とは?

初心者に向いているスタンスの幅や角度はどのくらいなのかも気になりますよね。

できるだけ自分に合わせたいボードですが、上達するためには滑り方も気をつけなくてはいけません。スタンスに迷ったときには、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

剣道の小手は自宅でも洗えます!洗い方や汚れの原因について

子供が剣道を習い始めたら、防具や小手が洗えるのかどうか?その洗い方については、お母さんにとっては気に...

消えるボールペンは履歴書で使用可能?特徴とデメリット

消えるボールペンは間違った場所を消すことができて便利ですよね。しかしその特徴があることから正式な書類...

新築祝いのお返し【親編】相場と贈る時期・内祝い選びのポイント

親から新築祝いを頂いていたら、新居完成の後に新築祝いのお返しをします。このときに悩むのが、親からの新...

パワハラされてツライ…。仕返しをしてから退職したい人は

働くことは生きていく上で必要なことではありますが、パワハラを受けることは必要なことではありません。...

年末年始に帰省でバイトを休む場合の上手な伝え方

アルバイトをしている方で、年末年始は帰省のためにバイトを休みたけど、なかなか休みが言い出しにくいとい...

内定の報告を先生にしたい!メールや手紙で報告する場合の注意点

苦労した就活でようやく内定がもらえたら、これまでお世話になった先生へ報告したいですよね。でも...

ダブルステニス前衛の基本的な動きと上達に繋がる動き

ダブルステニスの前衛はどのような動きをしたらいいのでしょうか?なかなか活躍できないときには、こんなこ...

電話番号を聞くときの敬語の使い方や聞き方の正しいコツとは

相手の電話番号を聞く機会というのは、ビジネスなどでよくあるかもしれませんが、このとき敬語を使った正し...

野球のドラフトの仕組みについて気になるルールを解りやすく解説

野球のドラフト会議の仕組みについて、野球を観るのは好きだけどドラフト会議の仕組みやルールまではよく解...

テニスの練習を自宅で。素振り・筋トレ・フォームチェック!

テニスはコートの外でどれだけ練習するかが上達のカギとなります。自宅でできるトレーニング方法や...

中学生の勉強法・ノートのとり方を工夫して成績をアップさせよう

自分に合った勉強法が分からない・受験を控えているから成績が上がる勉強法を知りたいという中学生もいるこ...

テニスの練習メニューを紹介。少人数でも出来る様々な練習方法

テニスの練習がしたいと思っても、人数が少ない場合はどんな練習をすると良いのでしょう。ここでは少人...

ジムのトレーナーの給料の目安といろいろな働き方

ジムのトレーナーとして働きたいという場合には、仕事内容はもちろん、給料の相場も気になります。実際...

ダンスの上達期間と効率的なコツコツ練習で上達スピードもアップ

ダンスが上達する期間とは一般的にどれくらいなのでしょうか?ダンスを始めたばかりだと、いつになったら人...

野球の練習メニュー・守備が上達する練習法と練習メニューを紹介

野球の守備がうまくなる練習メニューについて知りたい・練習するときはどんなことを意識して練習をすればい...

スポンサーリンク

スノーボード初心者のスタンスの決め方

スノーボードではとても重要になるのが、基本姿勢です。

基本姿勢をとるのに必要になるのが「スタンス」

スノーボードでのスタンスには、「レギュラーorグーフィー」、「スタンス幅」、「アングル」の3つの要素があります。

前にどちらの足を置くかで、レギュラーもしくはグーフィーかが決まります。

  • レギュラー…左足が前
  • グーフィー…右足が前

左右どちらの足を前に置いても構いませんが、初心者の場合には軸足を前とすることが多いです。

軸足がどちらなのかわからないという方は、ボールを蹴るときを思い出してみましょう。
ボールを蹴る足が利き足、地面で踏ん張っている方の足が軸足です。

スノーボード初心者なら、左足を軸足として右足でボールを蹴る方なら左足を前にするレギュラースタンス、右足を軸足ににして左足でボールを蹴る方なら右足を前にするグーフィースタンスがおすすめです。

スノーボード初心者はスタンスがどちらかわかりにくい

スノーボードを始める時には、軸足や一般的な情報を元にスタンスを決めます。
そして、とりあえず滑ってみることになります。

少し滑ってみたもののなんだかしっくりこなくて、「やっぱりレジューラーではなくグーフィーかも」とスタンスを入れ替えてみても、やっぱりなんだか違うということがあります。

スタンスで悩む初心者は意外と多い

スノーボードを始めたばかりだと、山の斜面を普段とは違う横乗りの体制で進むので、「怖い」と思うことが多いです。
この恐怖心が少しでもあると、腰がひけてしまうので体重は後ろ足に乗ってしまいます。
いわゆる木の葉滑りなどと呼ばれるジグザグ滑りのような滑り方です。

本来は体重を前足に乗せて滑り、利き足と体重移動でターンを行いますが、恐怖心があるとかかと側に体重をのせて逆側に進む方が簡単に感じるのです。

すると、「逆側に滑る方が簡単=スタンスが合わない」と思ってしまうのです。

初心者の場合には、自分のスタンスを知るためにもできるだけ早く木の葉滑りから抜け出して、ターンの練習へ進めるようにしましょう。

初心者はどのくらいがおすすめ?スノーボードのスタンス幅

スノーボードのスタンスの要素の一つである「スタンス幅」。
スタンス幅は、足の開き具合をどれくらいにするかということです。

実はスタンス幅には決まりはありません。
最終的には「好みで」ということになるのですが、それでは初めて滑る時には困ってしまいますよね。
数年スノーボードをしていても、悩むところです。

一般的には、スタンス幅の基準は肩幅と言われている

スタンス幅を考える時に、一度行って見てほしいのが屈伸運動です。
スクワットの様な運動ですね。
スノーボードではこの踏みしめるような屈伸運動を多く行いますから、この動作が楽な幅がおすすめです。

また、どの様なスタイルでボードを楽しむかということも関係してきます。
ジャンプやグランドトリックなどにチャレンジしたいなら少し広めにすることが多いです。
トリックはあまりせずにフリーラン重視で滑りたいという方なら、狭い方が向いているでしょう。

スタンス幅が広ければ体を横向きで、狭ければ前に向けて滑りやすくなる

ただし、スタンス幅が広いと膝への負担も多く、小回りもききません。
反対に狭すぎるとボードを重く感じたり、スケーティングの時にビンディング同士の間隔が狭いので後ろ足を乗せにくくなります。

初心者の場合には屈伸運動のしやすい肩幅~少し狭めのスタンス幅からはじめて、慣れてきたら調整するのがおすすめです。

スノーボード初心者のスタンスの角度はだいたいこのくらい

スノーボードのスタンスの要素、最後は「アングル」です。
アングルは、ビンディングを取り付けるときの足の角度です。

実はこのアングルにもスタンス幅同様に正解はありません。
実際に滑って好みの角度を探し続けることになるでしょう。

初心者のアングルなら、前足には少し角度をつけるのが一般的です。
前足は18~24°、後ろ足には0~9°程度で設定することが多いです。

アングルも楽しみたいスタイルによって変わってきます。
ジャンプやグランドトリックを楽しみたい場合には角度は緩めに、フリーラン重視なら角度はきつめにつける事が多いです。
また、反対向きでも滑りたい人は、角度をつけないか、ややガニ股になるくらいにする人が多いです。
重心をボードの中心に保ちやすく反対向きでも滑りやすくなります。

ただし、ややガニ股くらいの角度にすると膝への負担が大きくなりますから、膝の調子が良くない方へはあまりおすすめできません。

スノーボードに慣れてきたらスタンスを合わせましょう

いろいろとお話してきましたが、初心者の場合には、以下のようなスタンスがおすすめです。

  • 軸足でレジュラーもしくはグーフィーを選ぶ
  • 屈伸運動が楽に行える肩幅程度のスタンス幅
  • アングルは前足18~24°、後ろ足0~9°程度

このスタンスは、基本姿勢を取りやすいスタンスです。
木の葉滑りを抜け出して、ターンも覚えある程度自由に滑られるようになるまではこのスタンで良いと思います。

スタンスを変えるのはある程度滑られるようになって、自分がどのようなスタイルで楽しみたいかがはっきりとしてからがおすすめです。
なぜなら「万能スタンス」はありえないからです。

  • グラウンドトリックやジャンプを楽しむ…スタンス幅を広げてみる
  • レースにでたい…スイッチはしないのできつめの角度でアングル調整
  • スイッチを滑りやすくしたい…アングルの角度を緩く調整

スタンスの調整を行う時には、スタンス幅だけ、アングルだけと一つずつ行うのがポイントです。
同時に両方を調整すると、滑った時に変化がわかりにくく次の調整に繋げにくいです。
また、アングルの場合には少しだけだけわかりにくいですから、大胆に変えてみてから微調整するのがおすすめです。

スタンスはいつでも自分好みに変えることが出来ますから、まずは試してみるのがおすすめです。