暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

手紙を友達に書く場合の書き出しのルールと例文や感動する書き方

      2019/06/07

手紙を友達に書く場合の書き出しのルールと例文や感動する書き方

突然の再開や、久しぶりのクラス会や同窓会がきっかけなどで友達に手紙を書く機会はあるでしょう。

友達に出す手紙の場合はどんな書き出しが相応しいのでしょう。

まず手紙の書き出しにはルールがあります。
頭語・時候の挨拶などを書きますが、相手が友達の場合はそれらは省略しても構いません。
友達に書くカジュアルな手紙の書き出しの例を紹介します。

また好印象を持たれる手紙の書き方、感動を受ける手紙の内容についてもご覧ください。
共感や感謝の気持ちを表すことが出来たら素晴らしいですね。

相手を気遣う言葉も紹介しますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

手紙の書き出しのルールと友達に書く場合の書き出し

若い世代は特に、ラインやメールが流行っています。でも、昔ながらのやり方、「手紙」でもあなたの気持ちをストレートに伝える事ができます。

友達に書く手紙の書き出しの部分ですが、季節の挨拶や「元気ですか?」など相手の体調を伺う一文を含みます。

日本は四季がはっきりしている国です。それぞれの季節に適切な表現を考えながら、書き出しに持っていきます。また、久しぶりに手紙を書くのでしたら、相手が近況を伺う為にも、「体調はどうですか?」など相手を気遣う一文を書くのが礼儀になります。

ただ、手紙を送る相手とあなたの関係が親密なのでしたら、季節の挨拶は必要ないと思います。相手の方も「そんな事、私にわざわざ言う必要はないのに」と気遣いを見せます。相手とあなたの関係が良好なのでしたら、季節に関する挨拶文は省いても問題はありません。ただ、相手の方があなたよりかなり年上であれば、少し気遣いが必要です。季節の挨拶も書き出しの中に入れましょう。

友達に書く手紙の書き出しは気軽でOK

友達に手紙を書く時の書き出しの部分、内容は既に決まっていても、そこにたどり着く迄の書き出しに手間取る事があります。

「これを書きたい」と内容は決まっているのに、いざペンを握ってみたら、書き出しに何を書いて良いのかわからない。

相手との距離が近いなら、それ程書き出しは気にする必要はありません。

「元気になさっていますか?」など思いつく一言を添えれば全く問題はありません。

あまり考えすぎても手紙の内容は進みません。「長い間会っていませんが、体調に変わりはありませんか?」とあなたなりの文章を書けば全く問題はありません。

それ程年上の方にお手紙を出すという訳でもないのなら、より気軽な気持ちで書き出しましょう。変に頭で考え込んでも手紙を書き始めることができません。相手と良い関係があるのなら、あまり深く考え込む事もせずに、「元気?」に少しプラスアルファした様な表現で手紙の書き出しにしましょう。

友達に書く手紙の好印象な書き出し

手紙を書く時、受け取る側も「字」を見て好印象を持ちます。綺麗な字でも手紙を受け取る相手は良い印象を持ちますが、どんな文章を書くかでも相手のあなたに対する印象は変わります。

確かに字が綺麗だと相手にとても良い印象を与えます。でも相手に良い印象を与えるのに必要なのは、綺麗な字だけとは限りません。どれだけ相手の事を思っているのか、内側の感情が文字に表れていると、「この方は私の事をそんなに思っていてくれたの」と好感を持たれます。

具体的に言うと、もし相手が一番最近に会った時に咳をしていたら、「以前お会いした際は咳をしていた様ですが、今はお加減いかがですか?」と相手の体調を気遣う一言が書き出しにあると、良い書き出し文になります。

それに、季節をよく描写する一言を添えると、読んでいるだけでも相手の心が和やかになります。本を書ける程の文章能力が必要になる訳ではありません。ちょっとした気遣いが読み取れる一言を書き出しに添えるべきです。

友達が感動する手紙の内容

あなたが書いた手紙で友達に感動して欲しいとなると、内容にはこだわるべきです。あなたがこれから手紙を送る友達とも色んな経験をしてきたと思います。一緒に泣く事もあったし、一緒に励ましあった事もありました。

人は感謝されて嫌な思いをする人はいません。「こんな事をしてくれてありがとう」「あの時はあんな事をしてくれてありがとう」手紙で言葉に表されると、手紙を受け取る側も「あの時の事覚えてくれてくれたんだ」と相手の心にあなたの言葉が届きます。

また、人生、楽しい事だけではありません。辛いことも経験します。そんな「もうこの世から消えてしまいたい」と感じる瞬間でも、相手の方を支えます、だから大丈夫!という様な内容の手紙も相手の心に響きます。誰でもミスはしますから、お互いに支えましょうという内容にしましょう。

でも、どんな時でもあなたの事をサポートをする、あなたの味方である、そんな内容の手紙を相手が読んだら、涙ものです。そんな文章を書いて、相手を感動させましょう。

友達に書く手紙に使えるおすすめな言葉

学生時代から仲の良かった友達にこれからお手紙を書きます。同じ年代だし、あまり気を使わなくても良い仲です。

同じ年代の友達へ送る手紙でしたら、それ程文章にも気を使わなくても大丈夫です。ただ、お互い歳もとって、学生ではありません。書き出しに相手の様子を伺う一文があるべきだと思います。

だからといって、それ程かしこまった文章である必要はありません。手紙の書き始めというよりは、終わりの方に書くべきです。書く内容も「最近インフルエンザが流行っています。かかると回復には時間がかかりますので、どうかお気をつけて」の様な一言であなたから相手への気遣いが十分伝わります。

あまり深く考える必要はありません。あなたが「こんな一言、私も添えて貰えたら嬉しい」と思う物を書くだけで相手もあなたからの気遣いを感じ取れます。

長らく会っていない友達をお手紙を書く時、どんな書き出しにするべきなのか、適切な用語を上記で紹介しました。あなたの参考にはなりましたか?手紙はちょっとした一言があるだけでも印象が変わってきます。相手を気遣う一言が少しあるだけでもあなたへの印象が変わってきます。上手な言葉遣いで相手を魅了しましょう。

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ