高校の合格祝いはいつまでに渡すといい?合格祝いについて

知り合いや親戚が高校に進学する場合、合格祝いはいつまでに渡すと良いのでしょうか。

高校の進学にはいろいろと準備が必要なため、なるべくなら早めに渡すのが良いとされています。しかし早すぎるのもNG!タイミングを見極めてくださいね。

また時期を逃したからといって、合格祝いを渡してはいけないというわけではありません。その点についてもご紹介をいたしますので、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フェイントテクニックを磨いてサッカー上達!フェイント練習方法

サッカーはゴールキーパー以外足を使ってプレイをするスポーツです。ここで重要になってくるのがフェイント...

内祝いを贈る時のお礼状はどんな封筒にすべき?封筒の選び方

結婚や出産などでお祝いをもらったお礼いに内祝いと一緒にお礼状を添えたい場合、どんな封筒に入れるべきで...

【サッカーの練習方法】中学生が一人でできる練習方法とコツ

中学でサッカー部に入っていろいろ練習しても、なかなか上達しないと悩んでいる人もいるでしょう。 ...

野球の練習メニュー・守備が上達する練習法と練習メニューを紹介

野球の守備がうまくなる練習メニューについて知りたい・練習するときはどんなことを意識して練習をすればい...

卓球のラリーが続かないワケと、ボールに慣れる練習方法を紹介

卓球を始めたばかりの頃はなかなかラリーが続かないということがよくあります。 同じように打ち返し...

法事の香典で新札はOK?香典を包む時の常識とマナーを解説!

法事に参列する時は色々なマナーが気になるものです。相手に失礼にならないようにするためには、予めしっか...

兄弟の結婚祝いはいつ渡す?という疑問を解決!相場も紹介

親族の結婚式、特に兄弟の結婚式は特別な思いがあるのではないでしょうか?もちろん結婚祝いを渡すでしょう...

No Image

卓球【ダブルス】サーブのルールや勝つためのポイント

卓球のダブルスのサーブは、シングルと違って打つ順番などがわかりづらくルールがあります。ダブルスをはじ...

フラダンスの発表会にもらうと嬉しい花束や差し入れをご紹介

フラダンスの発表会に招待されたら花束を用意する方も多いのではないでしょうか。 フラダンスなら南...

成人式の二次会の服装と靴は会場に合わせて選ぶのが間違いなし

成人式に出席する時には振り袖という女性が多いですが、二次会に出席する時には、着替えるのが一般的です。...

電話番号を聞くときの敬語の使い方や聞き方の正しいコツとは

相手の電話番号を聞く機会というのは、ビジネスなどでよくあるかもしれませんが、このとき敬語を使った正し...

卓球のダブルスのサーブは対角線に入れるように打つのがルール

卓球にはシングルスとダブルスがありますが、この2つにはサーブを打つ時のルールが違います。ダブルスでサ...

特別な人に高級な日用品をプレゼントしたい

会社の上司や配偶者の親など、自分にとって特別な人に何かプレゼントを贈るなら、出来れば、印象に残って喜...

バレエの発表会に来てくれた人へのお礼状の書き方について解説

子供の初めてのバレエの発表会。家族だけではなくママ友や幼稚園のお友達も見に来てくれると、子供も親も嬉...

No Image

袱紗の慶弔両用タイプの使い方。包み方から渡し方までご紹介

袱紗(ふくさ)には慶弔両用タイプがありますが、それぞれ使い方にはマナーがあります。 包み方から渡し...

スポンサーリンク

高校の合格祝いはいつ渡す?お祝いを渡す時期について

親戚の方で熱心に勉強をして、第一希望の高校に見事合格をしました。さぁ、合格祝いはいつ持っていくべきでしょうか。

高校に合格したと理解ったら、2週間以内を目処に

大体の場合は、2-3週間以内には、合格祝いを渡しています。その位の期間に渡すのが、「礼儀」になって来ます。

上記の期間でも、「今頃渡して来るの?」なんて思われる事もあります。あまり上記の期間には頼らず、出来るだけ早めに、1週間以内に渡せたらよりベストになります。

より具体的な時期を言葉に表すのであれば、3月の下旬では遅すぎると思います。目処は3月の半ば、出来れば、それより早くに合格祝いを渡すべきだと思います。

恥をかかない為にも、なるべく早めに渡した方が、良い関係を築けると思います。後々、「あそこの家族はマナーを知らない」なんて悪い噂をたてられない様に、早めの行動に出ましょう。

高校の合格祝いはいつ?すでに時期をのがした場合

知り合いのお子さんの高校の合格祝い、渡そうと思っていて忘れてしまった、渡したと思っていたら、実は渡していなかった、そんな事もあります。ついつい、忘れてしまった。

そんな時、どうしたら良いかというと、ゴールデンウイーク辺りまでは渡しても問題はない様です。

だからと言って、気が緩むのはあまりお勧め出来ません。ですが、忙しい毎日の中、忘れる事は誰でもあります。気づいた時に「遅れてすみませんが」という一言を添えて、入学祝いを上げるべきだと思います。

高校生になるお子さんを持つご両親も、新しい生活が始まって、色々と忙しいと思います。例え合格祝いを上げる時期が少し遅くなったとしても、「あぁ、覚えてくれたんですね。ありがとう」と快く受け取ってくれると思います。

とは言え、失礼にならない様に、出来るだけ早めに合格祝いを上げましょう。その方があなたの気持ちもスッキリすると思います。

高校の合格祝いと入学祝いは別?入学祝いをいつ渡すか

お祝い事は沢山あり、知り合いや親戚のお子さんが高校に合格すると、「ん?あげるのは合格祝い?それとも入学祝い?」言葉も似ているので、迷います。

一般的に、他の方はどうしているかと言うと、高校に合格した事に対して、これから入学する事に対してのお祝いになるので、渡すのは、「入学祝い」になります。ですので、入学祝いをこれから渡すことになります。

合格祝いは3月の中旬には渡そう

上記はあくまでも目安になります。出来るだけ早めに行動に出た方が後で恥をかかずに済みます。遅くても、3月の中旬位迄には、入学祝いを渡すべきだと思います。

電話をかけて「これから入学祝いを持って行きたいのだけど」と一言添えてから相手の家に伺うのは、よりマナーに叶っています。早めの時期に一言添えて、入学祝いを渡しましょう。

気になる高校の合格祝いの相場

なるべく早めに高校の合格祝いを渡したいけれど、幾ら封筒に入れたら良いのかしら?無難な金額は一万円になります。あまり多く上げても、相手が気を使う事もありますので、程々の金額となると、一万円が妥当だと思います。

関係がより親密であれば、一万円以上、そうでもないなら、一万円位が妥当。

孫が志望していた高校に合格したなど、関係が親密であれば、一万円以上の金額を包んでも全く問題はありません。ただ、そうでもないのなら、失礼のない金額は一万円位になると思います。

相手に失礼の無い金額はどの位なんだろう?と疑問に思うなら、まずは、一万円にして見ましょう。あなた以外の人も似たような事で悩んでいると思います。大体の相場は一万円なので、その金額を用意して封筒に入れれば、マナーがある方だと周囲からも思われます。

大学となると二万円と少し高めになります。高校では、大体一万円が一般的になってきます。

現金以外で喜ばれる高校の合格祝い

人によっては、お金ではなく、違う合格祝いを用意する事もあります。それも相手に対する適切な配慮になると思います。

でも、ここで注意したいのは、相手が不必要だと思う様な物を合格祝いとしても渡しても、迷惑なだけです。相手が喜んで受け取ってくれるような物をプレゼントする為には、少しリサーチをする必要があります。

高校に合格したその子が何が好きで、これからどんな物を使用する可能性があるのか、ご両親に確認して見るべきだと思います。具体的な物を示されたら、それを買ってプレゼントするのが、相手も喜んで受け取ってくれる物になります。

「なんでも喜ぶと思うけど」と言われたら、これから高校生になりますし、あなたの予算で買える電子辞書をプレゼントする事をお勧めします。

高校時代、何がかさばるかというと、教科書、ノート、辞書がとても重く、学校まで運ぶのが大変になります。電子辞書は辞書だけでもかなり軽くしてくれるので、高校生にとって、かなり便利がアイテムになります。

何を買ったら良いのか理解らないと思われる方は、電子辞書をお勧めします。本人も使う機会が多い物になります。

高校の合格祝い、いつ渡したら良いのか、時期について説明してきました。あなたの参考にはなりましたか?合格を知ったら、早めに渡すべきだと思います。でも、忘れたとしてもゴールデンウイーク辺りまでは渡すことは可能になります。でも、なるべく早めに渡して、気分をスッキリさせましょう。相場も上記の記事で説明しています。妥当な金額だと思いますので、参考にしてみて下さい。大学になると金額も上がってきます。