地鎮祭の服装にジーパンはOK?地鎮祭の服装と流れ・地鎮祭とは

地鎮祭を行う時、どんな服装で出席したら良いのかわからない人もいますよね。地鎮祭に何度も出席する経験がある人も少ないでしょうし、どんな服装で出席すればマナー違反にならないかわからない人も多いでしょう。

地鎮祭に出席するときはスーツを着用しなくてはならないのでしょうか。ジーパンで出席するのはNG?

そこで今回は、地鎮祭に出席する時の服装や流れなど、地鎮祭のお話についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スキーのターンの種類と特徴。滑り方のコツや練習方法も紹介

颯爽とスキーを滑る姿は、男性も女性も格好いいと思いますね。スキーの初心者は基本の滑り方「ボー...

女性の社会人の服装のマナー!ビジネスシーンで着たい服

社会人になると、会社では今までと違う服装のマナーが必要です。子供っぽい洋服のままでは、周りからの印象...

新婚家庭へ結婚祝いのプレゼントで食べ物を贈る時の上手な選び方

結婚祝いのプレゼントに食べ物を贈りたいという時には、「もしかして結婚祝いに食べ物を贈るというのはマナ...

友人スピーチの時のお辞儀の回数は多い!タイミングとやり方

友人の結婚式のスピーチを頼まれた時に、どんなスピーチをしようかと頭を悩ませるでしょうが、その他にもお...

飲食店にはちょっとの持ち込みでも非常識になると知っておこう

飲食店へ持ち込みをして飲食するのは非常識な行動だと理解している人は多いと思いますが、赤ちゃんの離乳食...

春の飾り付けを折り紙を使ってするのなら、これがおすすめ

春は明るく希望に満ちた季節ですよね。そんな明るい気持ちをより明るくするために飾り付けで盛り上げる...

No Image

結婚式の友人代表スピーチ!面白いエピソードの盛り込み方

結婚式に友人代表スピーチを頼まれたら、面白いエピソードを交えて場を和ませたい!そう思う方も少なくはな...

飲食店のキャンセル料は払わないといけない?キャンセル料とは

飲食店のキャンセル料が発生するのは、何日前から?払わないと請求される?友達と一緒にご飯を食べ...

バレエのコンクールに出場する時に先生に渡すお礼の相場と考え方

お金がとにかく掛かることで有名なバレエ。普段の月謝や衣装代だけでもお金が掛かる上、コンクール出場...

スノーボードの上達のコツ。基本・エッジ・ターンのやり方

スノーボードをカッコよく滑りたいと思っても、最初のうちは転んでばかりで上手く滑れるのかなと心配になっ...

洋食マナーのフォークの使い方!基本やスマートに使う順番を紹介

洋食にはマナーがあり、食事を食べるときはフォークやナイフの使い方や使う順番にも気をつけなければなりま...

テニスラケットの丁度よいグリップサイズの選び方を解説

テニスを始めたばかりの人は、自分に合ったグリップサイズの選び方がいまいち分からないこともあるのではな...

体育の授業は何が目的で行われているのか知りたくありませんか?

学校の勉強は国語、算数(数学)、理科、社会、それに英語に家庭科、保健体育などなど、さまざまな教科があ...

大学生が帰省でバイトを休む場合のスムーズな交渉術

大学生でバイトをしている方は多いですが、年末年始やお盆など、長期の休みを取るのが取りにくいと悩んでい...

格闘技の試合前のメンタル調整!緊張は決してダメではない

格闘技の試合前、メンタルをどの様に調整することが出来るのか、緊張をするタイプの方は気になりますよね。...

スポンサーリンク

地鎮祭の服装にジーパンはOK?

地鎮祭は、家などの建物を建てる際に、神様に対して工事の無事や安全を祈ったり、家の繁栄を祈る儀式のことです。

マイホームを建てるときに、行うことが一般的です。

人生で地鎮祭を体験するのは、あっても1回という人が多いでしょう。

そのため、いざ自分が家を建てるときに、地鎮祭にどういった服装で行けば良いか悩むこともありますよね。

服装に関してはこれと言った決まりはないので、基本的にどんな服装でも良いでしょう。

人によっても返ってくる答えはまちまちで、「礼服を着るべきだ」という人もいれば、「普段着でも問題ないんじゃない」と答える人もいます。

地鎮祭の目的を考えると、さすがにあまりに派手すぎる普段着では神様に対し失礼になるのではと思ってしまいますね。

参加するのは、神主さんや、ハウスメーカーの関係者、大工などの職人さんたちと施主です。

あらたまった正装をする必要はないと思いますが、派手な普段着で1人だけ浮いて恥ずかしい思いをするくらいなら、節度ある服装を身に付けて参加すると、自分自身の気持ちが良いのではないでしょうか。

地鎮祭の規模の大きさによっては服装にジーパンはNG

地鎮祭とは

建物を建てる土地の神様に対して行われる神事なので、家や会社を建てる時に行われるものです。

地鎮祭での服装

決まりはありませんが、会社などの大規模な建物を建てるときに行われる地鎮祭は、規模も比例して大きくなるため、スーツ着用がベストです。

特に大きなビルや施設などを建てる際の地鎮祭には、商売繁盛を祈願したりと神聖な儀式になるため、男性はスーツ着用はもちろんネクタイも必須、女性はスーツか晴れ着が望ましいというところもあります。

また、会社の考えによっては、作業着で参加するという場合もありますので、周りに確認すると良いでしょう。

個人宅で行う地鎮祭では、そこまでの正装はしなくても良いですが、それなりにきちんとした服装で参加するのが良いのではないでしょうか。

個人的な地鎮祭の場合は服装がジーパンでもOK

個人で行う地鎮祭であっても、土地の神様にお伺いを立てるという意味では規模は関係ないので、正装じゃなきゃいけないんじゃないかと思う人もいますが、そんなことはありません。

個人宅で行う地鎮祭では、男性も女性もきれいめの普段着で良いとされています。

あまりにも派手だったり破けていたり、サンダル履きでの参加はNGですが、それ以外の服装であれば大丈夫です。

できれば、原色などの派手な色は避けるのが良いでしょう。

地鎮祭のために、新しく服を用意する必要はありません。

常識の範囲内で、小奇麗な普段着で参加するということが一般的です。

男性であれば、白シャツxチノパンx運動靴、女性であれば、スカートやワンピースなどが良いでしょう。

子どもの場合は、明るい色味の服が多いので、あまり意識しなくても大丈夫です。

施工に関わる方たちも、実際は作業着で参加することがほとんどです。

地鎮祭の流れや出席者について

地鎮祭というと、初めてなので施主としても何をしたらいいのか不安に感じることもありますよね。

でも、当日施主がやるべきことは神主さんがすべて教えてくれるので、心配はいりません。

地鎮祭で、施主が行うこと

「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」
玉串とは、神様が宿るとされている榊(さかき)という木の枝に麻などを結びつけたもののことです。
これを奉奠(ほうてん)=つつしんでお供えする。すなわち玉串を神様へお供えする儀式のことです。

「地鎮(とこしずめ)の儀」
工事に取りかかるにあたり、土地の神様を祭って土地の安定や工事の安全を祈願します。この儀式の中に、刈初(かりぞめ)の儀というものがあり、施主が鎌を使って草などを刈ったり掘る動作をします。

この地鎮祭に出席するのは、建てる家に実際に住むことになる家族全員はもちろんですが、お祝いごとなので、両親や親戚を呼ぶことも良いでしょう。

地鎮祭にはどんな意味があるの?

ハウスメーカーで家を建てる場合、家が建つまでのスケジュールに地鎮祭が組み込まれていることがあります。

その場合、ハウスメーカー側で地鎮祭に関わる費用を負担してくれるため、施主は自分で手配する必要がなく、あとは地鎮祭に参加するだけという至れり尽くせりの状態になります。

地鎮祭には、大きく2つの意味合いがあり、まず1つ目は家を建てる土地にいる神様に、その土地を使わせてもらう許可を得るということ、2つ目は、これから始まる工事が安全に終わり、家の繁栄を願うことです。

そのため、地鎮祭は家が建つ前の段階、工事着工の前に行う儀式となります。

地鎮祭は、家を建てると必ずやらなければいけない儀式なのかと思いがちですが、そうではなく、施主の考え方や地域の風習などでやらない人や、簡略化して地鎮祭を行う人も増えてきています。

特に核家族化もすすむ現在、都心部では地鎮祭を省く傾向が多くなっているようです。