ボレーが上達するテニスの練習メニューを詳しくご紹介します

相手のショットをダイレクトに打ち返すボレーは、テニスのダブルスにとって欠かせない練習メニューのひとつです。
ボレーの上達が試合を左右するといっても過言ではありません。
初心者の場合はボレーのショット自体が難しく、なかなか相手のコートに上手く入らないこともありますが、ボレーはとても重要なのでぜひとも上達させたいところです。
今回は、ボレーが上達する練習メニューを集めてみました。
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ご祝儀袋を包むふくさはハンカチでもOK?包み方や色について

ご祝儀袋を持ち運ぶ時ふくさに包んでいますか?ふくさを使用する理由を知っているでしょうか?あま...

スキー初心者向けのエッジの研ぎ方や頻度について解説します

スキー初心者であっても、エッジを研ぐことによって滑りは変わると言われていますが、研ぎ方がわからない人...

兄弟へのご祝儀の金額の相場と渡し方【夫婦で出席する場合】

自分の兄弟の結婚式に夫婦で出席するとなると、ご祝儀はいくら用意すればいいのか迷ってしまうのではないで...

バレエのコンクールに出場する時に先生に渡すお礼の相場と考え方

お金がとにかく掛かることで有名なバレエ。普段の月謝や衣装代だけでもお金が掛かる上、コンクール出場...

似ているけれども全然違う?野球とベースボールの違い

野球とベースボールにはどのような違いがあるのでしょうか?ルールは同じでも、ここまで細かい違いがあると...

サッカーのパスにはどのような種類がある?パスの特徴の話

サッカーのパスにはどのような種類があるのでしょうか?繋がるパスを出すためには、その場面に合わせたもの...

バスケのシュートは回転とアーチ状に高くが成功率をあげるコツ

バスケのシュートがたとえ入っても、無回転のシュートでは上達はしません。シュートには回転が必要です...

野球【ピッチャー】コントロールを良くするポイントや練習のコツ

野球はピッチャーのコントロールの良し悪しによって試合の展開が変わってきます。コントロールの良いピッチ...

トレーニングのメニュー。組み方の基準は自分の予定に合わせる

トレーニングのメニューを、理想で組んではなりません。組み方は『自分が無理せず行える日数』をし...

ルーズリーフの使い方!アイデア一つで自分だけのノートに変身

ルーズリーフは使い方次第!アイデア一つで勉強効率もアップします。ただ残念ながら使い方を知らずにた...

反省文の書き方で大学生が書く場合の注意点とは

最近は大学生でも反省文の提出を求められることがあるようです。校内外で校則違反をした場合などが多い...

色の種類を漢字で書く時はどんな文字で表すの

色の種類は赤、青、黄色など、シンプルに表現するのなら、数十種類程でしょう。しかし、さらに細かく漢...

フェイントテクニックを磨いてサッカー上達!フェイント練習方法

サッカーはゴールキーパー以外足を使ってプレイをするスポーツです。ここで重要になってくるのがフェイント...

卓球のスマッシュの練習方法!上達するための練習のコツ

卓球はスマッシュが決まった瞬間が一番楽しいのではないでしょうか。しかし、卓球のスマッシュはなかな...

海外のリゾートバイトを短期で!おすすめや後悔しない選び方

海外でのリゾートバイトを短期でしてみたいけど、実際考えると不安になる人もいるはず。海外留学に行きたい...

スポンサーリンク

ボレーが上手くなるテニスの練習メニュー、最初に取り組みたいこと

テニスのダブルスの試合でボレーは欠かせない技の1つです。
ボレーの技術の差で試合の勝敗が決まると言っても過言ではありません。
それほど、ボレーは点をとる確率があるのです。

ボレーは相手のショットをバウンドなくダイレクトに相手のコートに打ち返します。
文章にすると簡単なような?単純なような?印象になってしまいますが初心者にとってははなかなか難しいのです。

ボールを相手コートに打ち返すだけなのですが、ラケットの向きやラケットでボールを打つ力加減によってはボールはコート外へ飛んでいってしまいます。
また、相手のショットでボールにかかっている力によっても臨機応変に対応しなければならないので技術と経験が必要なのです。

ボレーを上達させるための練習

ラケットを持たずに、手の感覚を掴んでいきましょう。
ボレーはラケットの範囲にボールを当てなければいけないため、ラケットに当てることができなければ練習を進めることができないため、まずラケットより範囲が狭い手を使うことで確実性を養います。

キャッチボールに近い練習です。

1人がボレーを練習する人に対して、胸より上の左右に交互にボールを柔らかく投げます。
そのボールを利き手で確実にキャッチするのです。

  • 距離感を覚える
  • ボールの位置に手をセットする
  • 目と脳で瞬時に判断をする

このような力を先に養っておくことでボレーの練習がスムーズになります。

ボレーが上達するテニスの練習メニューをご紹介

ボレー対ストロークを行います。

テニスのボレーの練習のポイント

ストロークはベースライン、ボレーはサービスラインにそれぞれ立ち、ストローク側が最初はボレーしやすい位置にストロークしてあげます。
ボレー側はそれを確実に返せるようにしましょう。体が慣れるまでこの練習を繰り返し行ってください。

これができるようになってきたらストローク側はボールのスピードに変化つけ、左右と交互にストロークを打ちます。
ボレーはストロークのボールに合わせて力加減や落とす位置を判断しましょう。

さらにボレーをレベルアップさせたい場合のテニスの練習メニュー

実践では相手がどんなショットをしてくるか、どんなショットにボレーのチャンスがくるかはわかりません。

的確にボレーを決めるためには、まず何百回というゆるいストロークに対して確実にボレーを決めることです。

これができるようになったら、練習をレベルアップさせていきます。

レベルアップしたテニスのボレーの練習

  1. ストロークを出す人はネットのギリギリに出します
  2. ボレーは打つ人はローボレーやハーフボレーを打ちます。

ストロークを出す方ははネットギリギリに出すこと、スピードに変化をつけることができます。

ボレーする方はボレーする位置をベースラインやサービスラインにするなど深さを変えることができます。

ボレー側だけだはなくストローク側も練習になるような練習ができます。
そしてストロークの速さによってボレーを出す位置の確認を行ってください。

テニス初心者は意識しよう!ボレーの構え方

ストロークはタイミングさえ合えば初心者でもナイスショットとなりやすいですが、ボレーとなるとそう簡単ではありません。

テニス初心者の練習では主にストロークが重視されるので、ボレーが出来なくて当たり前です。

しかし、初心者であってもボレーを習得したいですよね。
試合に出るからには勝ちたいですよね。
ストロークをいち早く習得しボレーの練習へとステップアップさせましょう。

ボレーの構え方

ボレーの構え方はストロークとは異なります。
ストロークの場合はラケットのヘッドが下がった状態になるますが、ボレーの場合はラケットのヘッドを立てて構えます。
ボレーの速さは相手のショットの力によって様々です。
早いショットがくると瞬時に構えなければタイミングが遅く球はあっという間にボレーの位置からなくなってしまいます。
あらかじめボレーがしやすい体勢にラケットを構えておくことで、このようなミスを減らします。

ダブルスの時に狙うボレーのコースとは

ダブルスの時に狙うボレーのコース

相手コートの真ん中

ダブルスですと前衛後衛に分かれますので前衛の後ろ、後衛の前の真ん中が一番守っているチームからすると微妙な位置になります。
前衛がとるのか、後衛がとるのかんぼ判断を瞬時に行わなければならないし、位置も取りづらくなるので、ポイントをとるチャンスです。
また、真ん中を狙うことでミスをしても、コート外にボールが出にくい位置ですので力強いボレーを打つと気持ちよくポイントがとれます。

また、打ったボレーは相手にとられても、返ってくるボールがチャンスボールになりやすいのでそのチャンスを見逃さないようチャンスを確実に自分のものにしましょう。