パイロットの訓練は厳しい!その厳しさは機長になっても続く

制服姿がカッコいい、男性だけでなく女性も憧れる職業の一つパイロットですが、その訓練はやはり厳しいものなのでしょうか。
パイロットになるためには、パイロットのライセンスを取得しなければなりませんが、このライセンスを取るまでの訓練がまず厳しいと言われています。
また、ただ飛行機が操縦できればいいというわけでもないため、ますますその道のりは険しそうです。
今回はパイロットの訓練に焦点を当てて調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

柔軟剤の臭いに苦情!キツすぎる臭いはスメルハラスメントに!

洗濯物をいい香りに、ふんわりとした仕上がりにしてくれる柔軟剤。自分の好きな香りのものを見つけて常用し...

バブル時代の給料平均からみる今では考えられない仰天エピソード

今では考えられないあのバブル時代。 給料の平均をみても、新卒の新入社員でさえかなりの高額を手にして...

体育の授業を行う目的と大人になってからわかる必要な意味

体を動かすことが苦手で、体育の授業はいつも憂鬱という方はいませんか? 数学や国語などは、大人になっ...

塩でお清めができるのはなぜ?塩を使う意味とお清めの方法

お葬式などに参列したあとに、塩を使いお清めをすることもありますよね。でも、なぜ塩を使ってお清めをする...

画家とイラストレーターの違いを比較。仕事内容や収入まで

絵を描く仕事といえば画家やイラストレーターなどありますが、そこにはどんな違いがあるのでしょう。 同...

兄弟の結婚祝いはいつ渡す?という疑問を解決!相場も紹介

親族の結婚式、特に兄弟の結婚式は特別な思いがあるのではないでしょうか?もちろん結婚祝いを渡すでしょう...

水泳の選手コースはいつから入れる?その条件を徹底解説

子供が水泳を習い始めると「いつかは選手コースに進んでもらいたい。」と親なら期待を持ってしまうでしょう...

【洋食マナー】ライスを食べる時のフォークの使い方と食べ方

洋食でのマナーで悩むのが「ライスの食べ方」ではないでしょうか。 洋食ではフォークとナイフと使って食...

【袱紗の渡し方】包み方から結婚式での渡し方まで徹底解説

結婚式に初めて出席することになった場合、ご祝儀をいつどうやって渡せばいいのかわからない人の方が多いで...

No Image

袱紗の慶弔両用タイプの使い方。包み方から渡し方までご紹介

袱紗(ふくさ)には慶弔両用タイプがありますが、それぞれ使い方にはマナーがあります。 包み方から渡し...

スーパーのレジでカゴ詰めの作業は大変だった!テクニックを紹介

スーパーでレジ打ちの仕事をしている人の悩みの一つにカゴ詰めの作業がありますね。 買い物カゴには...

バレエの発表会当日に持っていく持ち物とあると便利な持ち物

初めてのバレエの発表会。緊張してドキドキしている人や、当日を楽しみに待っている人もいるのではないでし...

スキーのエッジについたサビを自分で取る方法をご紹介します

仲間たちとの楽しいスキー。しかし、滑った後そのまま放置してしまっているとエッジにサビがついてしまうこ...

卓球のラリーを続けるコツとは?ポイントは打ち方や視線

卓球のラリーが続くようになるにはどのようなコツが必要なのでしょうか?ラリーの上達に欠かせない事とは?...

ご祝儀相場・兄弟の結婚式に夫婦と子供で出席するときのご祝儀

兄弟の結婚式に夫婦と子供で出席することになったら、ご祝儀はいくら包むべきなのか、その相場について気に...

スポンサーリンク

パイロットはライセンスを取るまでの訓練がとにかく厳しい

飛行機を見ていて、「将来はパイロットになりたい」と志している少年たち。是非、その志を大人になる迄、持ち続けて欲しいと思います。

ただ、その「なりたい」という強い志だけでは、実際にパイロットになるのは難しいと思います。というのも、パイロットになるには、厳しい訓練を乗り越える必要が出てくるからです。夢だけではなく、その夢を現実にしたいと思っているのなら、その厳しい現実を早めに直面しておいた方が良いと思います。

訓練では周囲との協調性と、チャンスは限られている事を意識する

パイロットになりたくても、他の職業に付いても全く同じ事が言えますが、とにかくパイロットと職業に就きたいのであれば、飛行機を飛ばすには、あなた一人だけの努力では飛びません。他のチームとの連携作業になります。ということは、あなたに求められるのは、「協調性」です。個人プレーにはなりません。周囲の方ととにかく仲良く出来る技術を今から習得しておきましょう。

また、パイロットになる為には、国家試験にも合格する必要がありますが、それもチャンスは一度だけ。何度でも挑戦出来る訳ではありません。自分がなりたい物に近づくには、どれだけハードルが高いのか、今から意識して勉強しておくべきだと思います。

人命を預かるパイロットの訓練は厳しいが、多くの人が無事に副操縦士にはなれる

憧れてはいるけれど、実際にパイロットになるプロセスは厳しい物があります。ただ、あまり「厳しい」という言葉だけに恐怖を感じて、あなたの夢を諦めるレベルではないと思います。

あなたが目指しているのは、「機長」でしょうか?それとも、「副操縦士」ですか?きっと、まずあなたが目指さなくてはいけない小さなステップになるのは、機長ではなく、「副操縦士」になる事だと思います。

副操縦士は機長よりは地位としては下になります。ですが、飛行機に乗って、操縦する機会もあるので、あなたの「将来パイロットになりたい」という夢を部分的には果たしている事になると思います。

この副操縦士になるには、体力的な訓練もありますが、どちらかというと、机に向かってノートを取る、授業的な事も出てきます。上記でも触れましたが、国家試験にも合格しなくてはいけないので、試験に合格する勉強も含まれています。

あなたに出来ない事は無いけれど、国家試験に一発で合格する、ハードルが高い物が要求されます。その後も、飛行機の操縦のテストを合格するなど、道のりは長いものになります。ですが、合格している方も少なくはありません。絶対超えれない壁では無いけれど、ハードルは意識しておくべきだと思います。

無事にパイロットになってからも訓練は続く

あなたは「どんな困難に遭っても、絶対にパイロットになるぞ」と硬い決意をしていると思います。その決意をより固い物にする為にも、パイロットという職業をより理解しておくべきだと思います。

パイロットになるには、時間がかかります。プラス、晴れてパイロットになれたとしても、多くの命を預かる事になるのですから、定期的に訓練は続いていきます。

3ヶ月に一回、テストや審査が入りますし、それに不合格だと、訓練を受け、再度審査を受けたりします。適切な技術やレベルを保つ為に、受けなくてはいけない事もまだまだ続きます。

パイロットはテレビやドラマで見る限り、かっこいい職業だと思います。ですが、実際は、操縦ミスなどで、お客様に怖い思いをしたり、事故に繋がり兼ねないので、テストや訓練が続いていきます。

それでも、あなたが「是非パイロットになりたい」という願望があれば、必ず達成出来ると思います。最後までレースを走り抜きましょう。

パイロットの機長になる道のりこそが、実は一番厳しい道のりかもしれない

夢がパイロットであった場合、恐らく最も高いハードルになるのは、「機長」になる事だと思います。

一つレベルを下げた「副操縦士」では物足りない。僕が望んでいるのは、「機長」なんだと高校生や就職活動の時から揺るがない決意があるのであれば、機長に成るには、副操縦士を10年以上やりこなさなくていけない事、それから国家試験を受けるなど、大体平均して、15年程かかる事を覚悟の上で望む方が良いと思います。

向き不向きもあると思うので、ある人は15年かかった所を、別の人はより短い期間で達成し、実際、機長になるまで、より短い期間で慣れたという人も中にはいると思います。

ですが、初めからあまり楽観的に物事を捉えない方が良いと思います。最低10年はかかる。それだけ、機長になるには根気よく継続して試験などを受けなくてはいけない事を覚悟して置くべきだと思います。

パイロットになるためにはどの進路に進むべきか

僕、私はどれだけパイロットになる道が厳しいとしても、絶対にパイロットになる。あなたが行きたい道が決まっているのなら、今度は、大学に入学するのなら、どんな大学に進むべきなのか、必要な情報を手に入れましょう。

大学に進学することを望んでいるのなら、操縦科がある大学に進学。

大学で言えば、パイロットになるには、操縦科に入学する事が最短になります。大学受験を意識しているのなら、操縦科がある大学に進みましょう。

英語も必要になるので、海外の学校に行く。

結局、海外とのやり取りも出てくるので、パイロットになる為には、英語も取得しなくてはいけません。となると、始めから海外を視野にいれて、海外の学校で免許を取るのが早道だと思います。

パイロットになるには、どんなに厳しい訓練を受けなくてはいけないのか、簡単に説明してきました。あなたの参考にはなりましたか?業務で英語を使用する機会もあるので、初めから海外の学校で免許を取得するのが、早道にも思えます。そうなると、ご家族の同意も必要になります。あなたにとって、最善な道を選んで、パイロットになって下さい。