パイロットの訓練は厳しい!その厳しさは機長になっても続く

制服姿がカッコいい、男性だけでなく女性も憧れる職業の一つパイロットですが、その訓練はやはり厳しいものなのでしょうか。
パイロットになるためには、パイロットのライセンスを取得しなければなりませんが、このライセンスを取るまでの訓練がまず厳しいと言われています。
また、ただ飛行機が操縦できればいいというわけでもないため、ますますその道のりは険しそうです。
今回はパイロットの訓練に焦点を当てて調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スキーは姿勢が大事!基本の姿勢や止まり方、滑り方の姿勢を解説

スキーには基本の姿勢があります。ただ原理はわかっていても身に付けるまでが難しいため、予習しておく...

品出しバイトの志望動機のコツ!即採用に繋がるポイントの考え方

品出しのバイトの志望動機では、自分がどうして品出しのバイトに応募したのかという理由やきっかけを答えな...

ふくさを使った包み方と香典をお渡しする時のマナーと注意する事

急なお葬式や親族の法事などで香典を用意することになった場合のマナーについて紹介します。香典は...

ベビーカーは電車で邪魔?お互いが嫌な気持ちにならないように

電車でベビーカーが邪魔、子どもが泣いていてうるさい!などとキツイ言葉をかけられてしまうことがある一方...

祝儀の相場・姪や甥の結婚式のご祝儀相場をシーン別に解説

姪や甥の結婚式に出席することになったら、ご祝儀はどのくらいの金額を包めばいいのか気になるものです。一...

フェイントテクニックを磨いてサッカー上達!フェイント練習方法

サッカーはゴールキーパー以外足を使ってプレイをするスポーツです。ここで重要になってくるのがフェイント...

ルーズリーフの使い方!アイデア一つで自分だけのノートに変身

ルーズリーフは使い方次第!アイデア一つで勉強効率もアップします。ただ残念ながら使い方を知らずにた...

義妹の結婚式で色留袖を着る際のポイントと注意点

義妹の結婚式にお呼ばれしたとき、何を着ていこうかと迷ってしまいます。そこでおすすめしたいのが、結...

香典の金額は2万円でもいいの?夫婦連名で香典を包む時の考え方

香典を夫婦連名でそれぞれ1万円包みたい場合、封筒の中身の金額は2万円になります。ただこの2万円と...

本出版のお祝いは何がベスト?本当に喜ばれるお祝いとは

知人や友達、恩師が本を出版したらお祝いは、どの様にしたら良いのでしょうか。なかなかあることではないの...

海外のリゾートバイトを短期で!おすすめや後悔しない選び方

海外でのリゾートバイトを短期でしてみたいけど、実際考えると不安になる人もいるはず。海外留学に行きたい...

名前を赤字で書いてはいけない理由!赤字がNGなのはコレが理由

「名前を赤字で書いてはいけない」と言われたことがある人もいますよね。でも、名前を赤字で書いてはいけな...

結婚式で男性におすすめのスーツに似合う髪型とマナー

結婚式に出席する場合には、服装と共に、髪型もフォーマルな場所に相応しいスタイルにしたいものです。髪型...

ボウリングのフォームをきれいに見せる投球方法を徹底解説

プロボウラーのフォームっていつ見てもきれいですよね。でも素人がマネしてみても、なかなか同じフォームに...

ハローワークから紹介された面接を辞退する時の方法と注意点

ハローワークから紹介状をもらい面接日が決定した後になって、様々な理由により辞退したいこともあります。...

スポンサーリンク

パイロットはライセンスを取るまでの訓練がとにかく厳しい

飛行機を見ていて、「将来はパイロットになりたい」と志している少年たち。是非、その志を大人になる迄、持ち続けて欲しいと思います。

ただ、その「なりたい」という強い志だけでは、実際にパイロットになるのは難しいと思います。というのも、パイロットになるには、厳しい訓練を乗り越える必要が出てくるからです。夢だけではなく、その夢を現実にしたいと思っているのなら、その厳しい現実を早めに直面しておいた方が良いと思います。

訓練では周囲との協調性と、チャンスは限られている事を意識する

パイロットになりたくても、他の職業に付いても全く同じ事が言えますが、とにかくパイロットと職業に就きたいのであれば、飛行機を飛ばすには、あなた一人だけの努力では飛びません。他のチームとの連携作業になります。ということは、あなたに求められるのは、「協調性」です。個人プレーにはなりません。周囲の方ととにかく仲良く出来る技術を今から習得しておきましょう。

また、パイロットになる為には、国家試験にも合格する必要がありますが、それもチャンスは一度だけ。何度でも挑戦出来る訳ではありません。自分がなりたい物に近づくには、どれだけハードルが高いのか、今から意識して勉強しておくべきだと思います。

人命を預かるパイロットの訓練は厳しいが、多くの人が無事に副操縦士にはなれる

憧れてはいるけれど、実際にパイロットになるプロセスは厳しい物があります。ただ、あまり「厳しい」という言葉だけに恐怖を感じて、あなたの夢を諦めるレベルではないと思います。

あなたが目指しているのは、「機長」でしょうか?それとも、「副操縦士」ですか?きっと、まずあなたが目指さなくてはいけない小さなステップになるのは、機長ではなく、「副操縦士」になる事だと思います。

副操縦士は機長よりは地位としては下になります。ですが、飛行機に乗って、操縦する機会もあるので、あなたの「将来パイロットになりたい」という夢を部分的には果たしている事になると思います。

この副操縦士になるには、体力的な訓練もありますが、どちらかというと、机に向かってノートを取る、授業的な事も出てきます。上記でも触れましたが、国家試験にも合格しなくてはいけないので、試験に合格する勉強も含まれています。

あなたに出来ない事は無いけれど、国家試験に一発で合格する、ハードルが高い物が要求されます。その後も、飛行機の操縦のテストを合格するなど、道のりは長いものになります。ですが、合格している方も少なくはありません。絶対超えれない壁では無いけれど、ハードルは意識しておくべきだと思います。

無事にパイロットになってからも訓練は続く

あなたは「どんな困難に遭っても、絶対にパイロットになるぞ」と硬い決意をしていると思います。その決意をより固い物にする為にも、パイロットという職業をより理解しておくべきだと思います。

パイロットになるには、時間がかかります。プラス、晴れてパイロットになれたとしても、多くの命を預かる事になるのですから、定期的に訓練は続いていきます。

3ヶ月に一回、テストや審査が入りますし、それに不合格だと、訓練を受け、再度審査を受けたりします。適切な技術やレベルを保つ為に、受けなくてはいけない事もまだまだ続きます。

パイロットはテレビやドラマで見る限り、かっこいい職業だと思います。ですが、実際は、操縦ミスなどで、お客様に怖い思いをしたり、事故に繋がり兼ねないので、テストや訓練が続いていきます。

それでも、あなたが「是非パイロットになりたい」という願望があれば、必ず達成出来ると思います。最後までレースを走り抜きましょう。

パイロットの機長になる道のりこそが、実は一番厳しい道のりかもしれない

夢がパイロットであった場合、恐らく最も高いハードルになるのは、「機長」になる事だと思います。

一つレベルを下げた「副操縦士」では物足りない。僕が望んでいるのは、「機長」なんだと高校生や就職活動の時から揺るがない決意があるのであれば、機長に成るには、副操縦士を10年以上やりこなさなくていけない事、それから国家試験を受けるなど、大体平均して、15年程かかる事を覚悟の上で望む方が良いと思います。

向き不向きもあると思うので、ある人は15年かかった所を、別の人はより短い期間で達成し、実際、機長になるまで、より短い期間で慣れたという人も中にはいると思います。

ですが、初めからあまり楽観的に物事を捉えない方が良いと思います。最低10年はかかる。それだけ、機長になるには根気よく継続して試験などを受けなくてはいけない事を覚悟して置くべきだと思います。

パイロットになるためにはどの進路に進むべきか

僕、私はどれだけパイロットになる道が厳しいとしても、絶対にパイロットになる。あなたが行きたい道が決まっているのなら、今度は、大学に入学するのなら、どんな大学に進むべきなのか、必要な情報を手に入れましょう。

大学に進学することを望んでいるのなら、操縦科がある大学に進学。

大学で言えば、パイロットになるには、操縦科に入学する事が最短になります。大学受験を意識しているのなら、操縦科がある大学に進みましょう。

英語も必要になるので、海外の学校に行く。

結局、海外とのやり取りも出てくるので、パイロットになる為には、英語も取得しなくてはいけません。となると、始めから海外を視野にいれて、海外の学校で免許を取るのが早道だと思います。

パイロットになるには、どんなに厳しい訓練を受けなくてはいけないのか、簡単に説明してきました。あなたの参考にはなりましたか?業務で英語を使用する機会もあるので、初めから海外の学校で免許を取得するのが、早道にも思えます。そうなると、ご家族の同意も必要になります。あなたにとって、最善な道を選んで、パイロットになって下さい。