暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

結婚式の断り方は仕事でもいい?欠席の理由や伝え方について

      2019/07/11

結婚式の断り方は仕事でもいい?欠席の理由や伝え方について

結婚式の断り方にマナーはあるのでしょうか?仕事を理由に結婚式を欠席するときの使え方について紹介します。

実際に仕事で結婚式に行けない場合、そこまで仲が良くないため仕事を理由にお断りする場合など、どちらにしても伝えにくい返事ですよね。

しかし、伝え方に気をつければお互いに嫌な雰囲気にならずに断ることができます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

結婚式の断り方で仕事はOK残念そうに伝えましょう

折角誘ってくれた結婚式を断るのもなんだか申し訳ないなぁなんて思っていませんか?実際、仕事が原因で結婚式を断らなくてはいけない方は、大勢います。社会人になると、仕事に対して責任が出てきます。会社でも重要なポストを与えられていたら、結婚式に出席するよりも、仕事を優先しなくてはいけません。

仕事が理由で結婚式を欠席になっても大丈夫

あなたがもし、仕事が理由で結婚式への出席を断る事に躊躇を感じていても、実際、仕事の関係で結婚式への出席を断る方は沢山います。仕事の忙しさを理由にして結婚式を欠席しても、特に新郎新婦には失礼にはなりません。

結婚式に出席なのか、欠席になるのか、その理由を書くハガキにはっきりと「仕事が理由で結婚式には出席できません」と書いても大丈夫です。ただ、ここで鍵になるのは、行きたくても行けない事を強調する事です。あまり仕事を強調すると嫌われます。仕事が理由で、行きたくても行けない、それを強調して結婚式への欠席の理由にしましょう。

結婚式の断り方で仕事が理由はいいけれどこの理由は控えましょう

結婚式を断る理由で一番多いのは、実は仕事です。仕事が忙しく、結婚式に出席できない事が理由で、結婚式に出る時間を割けない現実に直面している方は大勢います。

難しいのは、あまりストレートにあなたの状況を言葉で説明しない事です。仕事で結婚式に出れないのは、大体の方は理解できます。でも、返信ハガキに体調の事を理由にしたり、お金の事を素直に書いて返信するのは、後味が悪い返信内容になります。

例えば、ずっと入院している方に入院しているので、行きたくても行けませんというのは妥当な理由になります。ですが、そんなに深刻な状況では無いのなら、体調や経済的な事には触れずに、やむを得ない事情など、一般的な言葉に置き換えて返信した方がその状況を上手に乗り越える事ができます。

飲み会でも歓迎会でも、経済的な事情で欠席な方はいます。そんな時もはっきりとは言わず、「家事があるから」など他の言葉に置き換えています。あなたも同様、都合によりなど一般的な言葉に置き換えて返信しましょう。

結婚式を仕事が理由でと伝えるときの断り方

あなたの元に、結婚式への招待状が送られたら、まずは、日付を確認しましょう。その日が、仕事の都合で欠席になる。そんな時は、その招待状に期限も書かれている期限までに返信して、あなたが結婚式に欠席の意志を伝えて下さい。

この時気をつけたいのは、ハガキや招待状が届いたのなら、それで返信をする事です。相手の方もその方法をとって、あなたとコミュニケーションを取りたいと思っています。それを、メールや電話、LINEなどの手段に変えない方が良いです。

その際、上記でも説明していますが、「残念ですが」など、行きたくても行けない気持ちを上手に表現する言葉を使って下さい。

また、一旦結婚式に欠席する意志を伝えましょう。そして、当日は電報でお祝いの言葉を送りましょう。その場にいなくても、電報であなたの親しき友人の結婚式はお祝いできます。 結婚式の日付ももうわかっていますよね?であれば、その日にあなたの友人が挙げる結婚式会場に電報を送る準備を整えましょう。

結婚式に仕事で行けないときの断り方(ハガキの書き方)

仕事であなたが仲良くしている友達の結婚式に出席できなくても誰からも怒られません。仕事が理由で結婚式に欠席になるのは、結婚を催す側からも、立派な理由です。心配しないで下さい。

ですが、いくら仕事が理由で結婚式に欠席するのが、妥当な理由であるにしても、返信ハガキに書く「書き方」という物があります。

まず、そのハガキに、御出席、御欠席という文字が書かれています。その文字の、「御出席」と「御欠席の御」の部分を二重線を定規で書きます。欠席の方も「御」という部分は二重線を引く必要があるので、注意して下さい。 また、理由でストレートに「仕事の為、欠席になります」と書くよりは、「都合に出席する事ができません」と相手がどういった理由で欠席になるのか、わからない方がマナーに叶っています。「都合により」という言葉はよく聞きますが、その言葉を使って、結婚式の欠席を伝えた方が色々と問題も生じないと思います。

結婚式の断り方は電話?それともメール?招待状を貰う前なら

周りから聞いてはいたけど、あなたの友達がついに結婚する事になり、結婚式の招待状があなたの手元に届きました。でも、残念ながらあなたは仕事で都合がつかなくて、結婚式には欠席になります。

結婚式の招待状が届いているのなら、それに対して返信するのが一般的なマナー

でも、まだ招待状が届いてない時点でもう欠席する事がわかっているのなら、電話で言う、相手がどういった手段であなたに聞いているのかが鍵になります。

メールならメールで返信し、LINEで聞かれているのなら、LINEで返信するのが常識になります。何で聞かれて聞かれているのか?です。同じ手段で返信するのが一般的なマナーになります。

結婚式を仕事の都合で断る際、どんな点に注意したら良いのか、ポイントを上記で説明しました。あまりストレートな言葉で、伝えない方が波風は立たないと思います。それよりは、「都合により」など言葉を変えて変身しましょう。仕事で結婚式に出れない方は世の中に大勢いますし、それに問題はありません。気をつけたいのは、結婚式に仕事で欠席になる時、どんな風に返信するかです。

 - マナーや作法にアイデアを , , , ,

ページ
上部へ