東京オリンピックのボランティアになるための英語力について解説

東京オリンピックの開催が決まったことで、ボランティアとして参加してみたいと考えた人も多かったでしょう。

しかし、自分の英語力に自信がなくて諦めたという人もいるようです。

そこで今回は、東京オリンピックのボランティアになるための英語力について説明します。実はボランティアには2種類あり、大会ボランティアであれば語学力の条件はないようです。

また、オリンピックだけではなく、東京マラソンなど大きなスポーツイベントのボランティアも募集されています。今度はスポーツボランティアになるために自分の英語力を磨いてみませんか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?化粧に対する考え方

「化粧をしない女性は社会人としてマナー違反だ」という議論が世の中を騒がせていますが、女性が化粧をしな...

結婚式のお呼ばれにはヘアアレンジが必要なポニーテール

結婚式にお呼ばれをしたら、まずは服装が気になりますが、髪型やヘアアレンジもマナー違反にならないように...

サッカーの夏休みのおすすめ練習メニューをご紹介【高校編】

高校のサッカー部の夏休みの練習メニューを考えるように言われても、何から始めればいいのかわからない人も...

ボウリングのフォームをきれいに見せる投球方法を徹底解説

プロボウラーのフォームっていつ見てもきれいですよね。でも素人がマネしてみても、なかなか同じフォームに...

ハローワークから紹介された面接を辞退する時の方法と注意点

ハローワークから紹介状をもらい面接日が決定した後になって、様々な理由により辞退したいこともあります。...

バレーボールのサーブ・無回転サーブの基本や打つ時のコツを解説

バレーボールをしている人の中には無回転サーブを打てるようになりたいと考えている人もいるのではないでし...

銭湯でタオルで前を隠す人の割合は?公共浴場に入る時のマナー

銭湯や温泉などの公共浴場に入浴する時、タオルを使って前を隠す人もいます。何も隠さずにそのままの状態で...

バスケのシュートフォームは肘がポイント!肘の高さを意識しよう

バスケのシュート率を上げるには、正しいシュートフォーム、それも肘の使い方がポイントになります。...

電車の車掌や運転手の仕事内容・車掌と運転手になる方法を解説

電車の車掌や運転手の仕事に憧れている人もいますよね。将来は電車に関わる仕事をしたいと考えている人もい...

サークルに入ってないと就活で不利?サークルと就活の関係

就職活動中の学生の皆さんの中には、大学でサークルに入っていないという人もいますよね。サークルに入...

バブル時代の給料平均からみる今では考えられない仰天エピソード

今では考えられないあのバブル時代。給料の平均をみても、新卒の新入社員でさえかなりの高額を手にして...

柔術の試合に勝てない時の対処法!練習や試合ま準備で目指せ勝利

柔術をしている人の中には、なかなか試合に勝てないという悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。...

祝儀袋の書き方・連名4人以上でご祝儀を出すときの書き方

連名4人で祝儀袋にご祝儀を包む時、ご祝儀袋の表書きにはどのように記入しているでしょうか。ご祝儀袋の表...

内定の報告を先生にしたい!メールや手紙で報告する場合の注意点

苦労した就活でようやく内定がもらえたら、これまでお世話になった先生へ報告したいですよね。でも...

スキーの面倒なワックスがけにはスプレー!その使い方を解説

スキーを滑りやすくするためにはワックスが必要だということはわかってはいても、ワックスがけは面倒なもの...

スポンサーリンク

東京オリンピックのボランティアに求められる英語力について

いよいよ、待ちに待った東京のオリンピックが迫っています。世界中から多くの方が日本に訪れるので、ボランティアとして活躍する方も、英語力が求められます。

英語力と言っても、ピンからキリまであります。どの位のレベルの英語力があれば、オリンピックのボランティアとして活躍出来るかというと、英検のレベルで言えば、2級程度になります。

どうして英検2級なのかな?疑問に持たれるかもしれません。このレベルは英語を母国語としている方々と日常会話が成立するレベルになります。オリンピックともなると、海外からのお客様も大勢いるので英検2級以上が望まれます。

特に都心となると、ボランティアとは言え、周囲もレベルの高い方が集まります。周囲と比較して恥ずかしくないレベルとなると、準1級の取得が望まれます。

あなたの今のレベルはどの位ですか?高ければボランティアとしても合格率も高くなります。英検2級以上の資格の取得を目指しましょう。そうであれば、オリンピックの場で、十分ボランティアとして活躍出来る実力を持っていると思います。最低のレベルで、英検2級は必要なので、それ以上であれば、問題はありません。

海外の方とコミュニケーションを取るのですから、ある程度のレベルの英語力は必要になる。そう理解しましょう。

東京オリンピックの通訳ボランティアをしたい人に有利な「通訳案内士」の資格

オリンピックでボランティアで英語を使用したいと思ったら、通訳もこなせなくてはいけません。

「通訳」というのも、資格が無くても出来る方もいます。ですが、オリンピックとなると、履歴書に書くことが出来るような、「通訳案内士」の資格を取得するレベルまで上げておいた方が就活でも有利になると思います。

東京オリンピックで通訳ボランティアをするのに、上記の様な資格の取得を絶対に必要されているかどうかを聞かれたら、そうでもありません。ですが、あった方が、オリンピックが終了した後も就職活動の時にその経歴や資格を書くことが出来るので、余裕があるのであれば、取る事をお勧めします。

通訳案内士の資格があれば、オリンピックに関わらず、他の場でも活躍出来る可能性は増えて来ます。企業側もあなたがどんな資格を持っているのか、興味を持っています。ですので、これを機会に取る事をお勧めします。

通訳は出来ます。でも資格はありません。それよりは、れっきとした資格を取得して、証明出来る方が、説得力もあり、企業も納得します。

オリンピックのボランティアには英語以外の語学ができる人も求められています

グローバルな社会となると、外国語も英語だけではなく、中国語、韓国語、他にも様々な外国語が必要が求められます。都会のホテルだと、英語だけではなく、他の言語での対応も求められます。

オリンピックとなったら、英語だけでは対応出来ないのが、実情です。通訳も英語から日本語、日本語から英語に出来る人はある程度確保出来ても、例えばポルトガル語なんて言うと、本当に通訳出来る人材に限りが出てきます。

あなたが英語は出来ないけれど、他の言語が出来るのでしたら、それも強みだと思います。英語に比べて競争倍率も落ちる可能性がありますし、思い切って応募してみたらいかがですか?

2カ国語だけではなく、3ヶ国語話せる方もいます。そうすると、あなたがオリンピックでボランティアとして活躍出来る可能性は増えて来ます。

東京オリンピックが終わってからでも、スポーツボランティアはできます

東京オリンピックが終了しても、あなたの英語力や他の外国語の能力を他の場面でも生かして行けます。折角オリンピック迄に育てて来た語学力を無駄にしたくはありません。

他でどういった場面であなたの英語力、語学力を活用出来るかというと、スポーツボランティアでもあなたの語学力、活用して行けます。

国際的な物になればなるほど、外国語の使用も求められます。そうすると、あなたの語学力を使用する機会もその場であります。

あなたも外国語を使用する事が出来るのなら、他の機会でその能力を生かすことを考えますよね?その為には、何処に行けば、あなたの英語力を利用する事が出来るのか、考える事です。自分を正しい位置に置く事で、あなたが持っている能力を生かす事が出来ます。国際的な場は他にも多くあります。スポーツボランティアもその一つになります。

ボランティアになるために英語力をアップさせるコツ

これからどうしても東京のオリンピックのボランティアで英語力を使って活躍したい。そう強く思っている方は、やはり海外の方とコミュニケーションを取るのに、英語力は鍛える必要があります。

あなたが都市に住んでいるのなら、外国人の友達を作る事はかなり簡単になってくると思います。英語力をアップするのに最も簡単な事は、人によっても異なってきますが、外国人の友達を作って、コミュニケーションを取ることだと思います。

聞いていく内に、聞き取りも上手になりますし、あなたの発音を整ってきます。聞く力を向上したいのなら、聞く、話したいのなら話す、後は実践のみだと思います。

好きであれば、その分野を向上させるスピードはかなり早いと思います。練習の積み重ねで、外国語の状態は望めます。努力のみです。

オリンピックでボランティアとして英語を使用したい方。どの位の英語力が必要になるのか、上記の記事で説明してきました。英検2級を基準としているので、そのレベルにまで到達する様、頑張って努力して下さい。日本人と交流したい外国人の方もいますから、そんな方とコミュニケーションをとっていく内に、英語も習得する事が出来るようになります。後はあなたの努力次第です。