バレーボールのサーブ・無回転サーブの基本や打つ時のコツを解説

バレーボールをしている人の中には無回転サーブを打てるようになりたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

無回転サーブが打てるようになれば、試合の時の時に有利に使うことができます。ですが、無回転サーブの打ち方が分からないと実際にサーブを打つことはできません。

ここでは、バレーボールの無回転サーブの基本や打ち方・コツについてお伝えします。どのように打てば良いのかを知って、実際の試合に生かしてください。

練習に取り組むことで、自分の技術やチームの勝利を目指して進みましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

水泳の大会の時の食事のとり方。前日や朝食、合間の栄養補給

水泳の大会の日はベストな体調で臨みたいものです。日頃の練習の結果を出す為にも食事には気を使いましょう...

飲食店のキャンセル料は払わないといけない?キャンセル料とは

飲食店のキャンセル料が発生するのは、何日前から?払わないと請求される?友達と一緒にご飯を食べ...

新婚家庭へ結婚祝いのプレゼントで食べ物を贈る時の上手な選び方

結婚祝いのプレゼントに食べ物を贈りたいという時には、「もしかして結婚祝いに食べ物を贈るというのはマナ...

高校生の勉強時間について!進学校と中堅校の差と勉強方法

高校生の勉強時間は進学校と中堅校では、どのくらいの差があるのでしょうか。驚くことに受験が間近...

勉強がストレスになったら泣くことで発散!勉強ストレス解消方法

一生懸命勉強をしていると、どんどんストレスが溜まってしまうものです。勉強することが泣くほど嫌に思える...

しゃぶしゃぶの食べ方には順番がある?正しいマナーとは

友達との夕食や接待でも食べる機会の多いしゃぶしゃぶ。でも実は食べ方には順番があるということをわかって...

No Image

【男性の服装】平服とカジュアルの違い。二次会の正しい服装選び

結婚式の二次会の案内が来た時に悩むのが、どんな服装で行けば良いのだろうかということではないでしょうか...

洋食のテーブルマナー【スープの飲み方】基本のマナーを解説

初めてフランス料理を食べに行くときは、テーブルマナーがわからないものです。実際に洋食を食べに行く前に...

ペンの持ち方が変。改善して美しい字を書くためには

ペンの持ち方が変だと思っていても、書きやすさを優先させてしまって、正しいペンの持ち方で文字を書くこと...

バスケシュートの飛距離を伸ばす方法とは?コツやポイントを紹介

バスケのシュート飛距離がなかなか伸びない…。そんなときにはフォームを見直す機会かもしれません。...

ベビーカーは電車で邪魔?お互いが嫌な気持ちにならないように

電車でベビーカーが邪魔、子どもが泣いていてうるさい!などとキツイ言葉をかけられてしまうことがある一方...

袱紗は色が重要!白の袱紗の使用用途と使用する場合の注意点

贈り物用の金品などを覆う袱紗の中には、色が白の袱紗もあります。袱紗は色によって使い分けることが重...

似ているけれども全然違う?野球とベースボールの違い

野球とベースボールにはどのような違いがあるのでしょうか?ルールは同じでも、ここまで細かい違いがあると...

サッカー【パスの蹴り方】基本や注意点と正確なパスのコツ

サッカーのパスの蹴り方にはコツがあります。サッカーは味方にパスをつないでゲームを作っていくことでゴー...

【結婚祝いのマナー】兄弟で結婚式なしの場合のお祝いの相場

兄弟が結婚をするという時には、結婚式を挙げる場合と、結婚式なしという場合があります。その場合には結婚...

スポンサーリンク

バレーボールの無回転サーブの基本

バレーボールはサーブを打つことで試合が始まるので必ず相手コートに届くようにしたいですし、さらにそのサーブで相手の流れを崩すことができたらとてもいいサーブですよね。そこで、無回転サーブを練習したいという方もいるのではないでしょうか。

バレーボールの無回転サーブとは

無回転サーブは、空気抵抗によってボールの軌道が変化するので、どこにボールが行くのか予測するのが難しいサーブです。

予測するのが難しいので、サーブレシーブがうまくいかず、セッターにボールを上げることができなくなり、チャンスボールが戻ってくる確率があがるのです。

無回転サーブを打つ時の基本は、安定してトスを上げ、ボールの中心をしっかり打つことです。

この2つがうまくいかないと無回転サーブを打つことはできません。無回転サーブの練習をする時は意識して練習してくださいね。

バレーボールの無回転サーブのコツは中心を打つこと

バレーボールで無回転サーブを打つためには、ボールの中心を捉えることがとても大切になります。

ボールに回転を与えないためにとても重要なので、これができないと無回転サーブは打つことができません。

ただ、このボールの中心を打つことをしっかり理解していない方も多いようなので、中心の考え方について説明しますね。

ボールの中心はわかると思うのですが、これは打つ方向の真ん中ということです。
ボールの打ち方は人によって方法が違うと思います。斜めに飛ぶように打つという人や、まっすぐに打ち出す人などそれぞれだと思います。

無回転のサーブにしたい場合は、自分の打ち出す方向の中心を捉えると言うことがとても重要なのです。

ただ中心を打てば無回転になるというわけではないので、自分のサーブの癖や方法を考えながら中心を打つことを意識して行いましょう。

バレーボールで無回転のサーブ打つには

無回転サーブを打つためには中心を打てばいいと言うことはわかりましたが、打ち方にもコツがあります。

バレーボールで無回転サーブを打つ時の手首の使い方

ボールを打つ時に手首にスナップがかかってしまうとボールに回転がかかってしまいます。なので、腕を振り切ってうつのではなく、ボールの手が当たった瞬間に手を止めるようにして変な力をかけないようにするのです。

腕を振り切ってしまうと、ボールが飛びすぎてアウトになってしまうこともありますし、思ってもいない方向に回転がかかってしまうので、打った瞬間に手を止め、引くようにしてボールを打ちましょう。

無回転サーブは手の付け根で打つ

無回転サーブを打つ時にボールを打つ手の位置は、手のひらの下のあたりにしましょう。手の付け根の部分は一番力が入りますし、指などと違い回転を与えてしまうことがありません。

手の付け根の部分で、ボールの中心を捉えて、当たった瞬間に手を止めることで無回転サーブの成功率はかなり上がると思うので、常にこの部分で打てるようにしましょうね。

バレーボールの無回転サーブ・ミートした時の感覚について

無回転サーブの打ち方についてご紹介してきましたが、なかなか感覚がつかめないという方もいるかもしれません。ミートした瞬間の感覚はどんな感じなのかを知ることでコツがつかめるかもしれません。

ボールがミートした瞬間の感覚

ボールが当たった瞬間に手を止めるということを上で紹介しましたが、さらに詳しく説明すると、ボールの中心に手が一瞬埋まって跳ね返るような感じです。

ボールを弾いて打つのではなく、手にボールが埋まり跳ね返っていくのです。

ボールの中心を捉えていれば、まっすぐボールは跳ね返っていきます。

ボールの打ち方は人それぞれですし、うつ速さも人によって異なります。どんな打ち方をしてもいいのですが、大切なことは他の方向に力が加わることなくボールの中心で跳ね返すことができるかどうかと言うことなのです。

無回転サーブのトスについて

無回転サーブを打つためには、ボールの中心を捉えることがとても重要だと言うことがわかってはいても、上手にトスを上げることができないと中心を打つことができなくなりますよね。

サーブトスはサーブを成功させるためにとても大切なことなのです。そこで無回転サーブのトスの上げ方についてご紹介します。

無回転サーブのトスの上げ方について

ボールを持つ手は軽く開いて、親指と小指で軽く持つようにします。

トスを上げる時には、回転がかからないように気をつけて上げることが大切です。
あまり高く上げると回転がかかることも考えられますし、思った場所に上げることが難しく失敗することがあるので、高く上げすぎず高くても50センチ位にしましょう。

最初はボールを安定させるために低いトスで練習するようにしてくださいね。
打ちやすいトスの高さも人によって異なるので自分の打ちやすい高さを見つけて練習しましょう。

サーブを打つ練習もとても大切ですが、それ以上にサーブトスはとても重要なことなのでサーブの練習だけではなくサーブトスの練習もしっかり行って、無回転サーブの成功確率を上げましょうね。

無回転サーブはサーブレシーブを崩すことができるほど有効なサーブになるので自分のものにできるように頑張ってくださいね。