バレーボールのサーブ・無回転サーブの基本や打つ時のコツを解説

バレーボールをしている人の中には無回転サーブを打てるようになりたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

無回転サーブが打てるようになれば、試合の時の時に有利に使うことができます。ですが、無回転サーブの打ち方が分からないと実際にサーブを打つことはできません。

ここでは、バレーボールの無回転サーブの基本や打ち方・コツについてお伝えします。どのように打てば良いのかを知って、実際の試合に生かしてください。

練習に取り組むことで、自分の技術やチームの勝利を目指して進みましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケのシュートは何種類くらい?シュートの特徴をご紹介

バスケのシュートは大きく分けるとレイアップ、ダンクシュート、フックシュート、ステップシュート、セット...

柔軟剤の臭いに苦情!キツすぎる臭いはスメルハラスメントに!

洗濯物をいい香りに、ふんわりとした仕上がりにしてくれる柔軟剤。自分の好きな香りのものを見つけて常用し...

職場に配るお菓子はいらない?迷惑に思う心理とお菓子外しとは

長期休暇のあとなど、職場でお土産のお菓子を配る人もいますよね。この習慣を「いらない」と感じている人が...

新築祝いのお返し【親編】相場と贈る時期・内祝い選びのポイント

親から新築祝いを頂いていたら、新居完成の後に新築祝いのお返しをします。このときに悩むのが、親からの新...

ポケットチーフは結婚式に必ず必要ではないが購入する価値はある

結婚式に参列する時、ポケットチーフは必要か必要じゃないのか。スーツを着る男性なら一度は考えたこと...

スキーリフトの乗り方!子供でも安全に乗るためのアドバイス

子供と一緒にスキーに行くという時には、お父さんやお母さんがスキーを教えることが多いと思います。そ...

大学生の面接時の荷物はどうするのか、面接の流れを追って解説

就職活動をしている大学生は企業の面接を受ける機会があるでしょう。面接のタイプは企業によって様...

卓球のラケットの持ち方!正しい握り方を解説【初心者向け】

卓球のラケットの持ち方は大きく分けて2種類の持ち方があります。卓球初心者にとっては、どちらの方が良い...

バレーボールのフローターサーブの練習方法と上達のコツ

バレーボールの試合はまずサーブから始まります。そのサーブがなかなか上手く入らないと悩んでいる方は多い...

卓球のダブルスのサーブは対角線に入れるように打つのがルール

卓球にはシングルスとダブルスがありますが、この2つにはサーブを打つ時のルールが違います。ダブルスでサ...

兄弟の結婚・ご祝儀相場は?結婚式なしのときのご祝儀について

兄弟が結婚することになり、ご祝儀について考えている人もいますよね。特に、結婚式なしの場合はご祝儀をど...

離乳食・11ヶ月頃に食べさせたい手づかみ食べのレシピや注意点

離乳食は順調ですか? 11ヶ月ころになると手づかみで色んな物を食べさせてあげたいですね。手づ...

テニスの練習メニューを紹介。少人数でも出来る様々な練習方法

テニスの練習がしたいと思っても、人数が少ない場合はどんな練習をすると良いのでしょう。ここでは少人...

退院のお礼を医師に渡したいときのポイントと注意点とは

入院していた病院を退院するときには、お世話になった医師や看護師にお礼を渡したいという人もいるのではな...

男の嫉妬は怖い!仕事で・職場で女性に嫉妬する男への対処法

会社の同僚男性に仕事の面で嫉妬をされている、職場で嫌な思いをしているという女性もいるのではないでしょ...

スポンサーリンク

バレーボールの無回転サーブの基本

バレーボールはサーブを打つことで試合が始まるので必ず相手コートに届くようにしたいですし、さらにそのサーブで相手の流れを崩すことができたらとてもいいサーブですよね。そこで、無回転サーブを練習したいという方もいるのではないでしょうか。

バレーボールの無回転サーブとは

無回転サーブは、空気抵抗によってボールの軌道が変化するので、どこにボールが行くのか予測するのが難しいサーブです。

予測するのが難しいので、サーブレシーブがうまくいかず、セッターにボールを上げることができなくなり、チャンスボールが戻ってくる確率があがるのです。

無回転サーブを打つ時の基本は、安定してトスを上げ、ボールの中心をしっかり打つことです。

この2つがうまくいかないと無回転サーブを打つことはできません。無回転サーブの練習をする時は意識して練習してくださいね。

バレーボールの無回転サーブのコツは中心を打つこと

バレーボールで無回転サーブを打つためには、ボールの中心を捉えることがとても大切になります。

ボールに回転を与えないためにとても重要なので、これができないと無回転サーブは打つことができません。

ただ、このボールの中心を打つことをしっかり理解していない方も多いようなので、中心の考え方について説明しますね。

ボールの中心はわかると思うのですが、これは打つ方向の真ん中ということです。
ボールの打ち方は人によって方法が違うと思います。斜めに飛ぶように打つという人や、まっすぐに打ち出す人などそれぞれだと思います。

無回転のサーブにしたい場合は、自分の打ち出す方向の中心を捉えると言うことがとても重要なのです。

ただ中心を打てば無回転になるというわけではないので、自分のサーブの癖や方法を考えながら中心を打つことを意識して行いましょう。

バレーボールで無回転のサーブ打つには

無回転サーブを打つためには中心を打てばいいと言うことはわかりましたが、打ち方にもコツがあります。

バレーボールで無回転サーブを打つ時の手首の使い方

ボールを打つ時に手首にスナップがかかってしまうとボールに回転がかかってしまいます。なので、腕を振り切ってうつのではなく、ボールの手が当たった瞬間に手を止めるようにして変な力をかけないようにするのです。

腕を振り切ってしまうと、ボールが飛びすぎてアウトになってしまうこともありますし、思ってもいない方向に回転がかかってしまうので、打った瞬間に手を止め、引くようにしてボールを打ちましょう。

無回転サーブは手の付け根で打つ

無回転サーブを打つ時にボールを打つ手の位置は、手のひらの下のあたりにしましょう。手の付け根の部分は一番力が入りますし、指などと違い回転を与えてしまうことがありません。

手の付け根の部分で、ボールの中心を捉えて、当たった瞬間に手を止めることで無回転サーブの成功率はかなり上がると思うので、常にこの部分で打てるようにしましょうね。

バレーボールの無回転サーブ・ミートした時の感覚について

無回転サーブの打ち方についてご紹介してきましたが、なかなか感覚がつかめないという方もいるかもしれません。ミートした瞬間の感覚はどんな感じなのかを知ることでコツがつかめるかもしれません。

ボールがミートした瞬間の感覚

ボールが当たった瞬間に手を止めるということを上で紹介しましたが、さらに詳しく説明すると、ボールの中心に手が一瞬埋まって跳ね返るような感じです。

ボールを弾いて打つのではなく、手にボールが埋まり跳ね返っていくのです。

ボールの中心を捉えていれば、まっすぐボールは跳ね返っていきます。

ボールの打ち方は人それぞれですし、うつ速さも人によって異なります。どんな打ち方をしてもいいのですが、大切なことは他の方向に力が加わることなくボールの中心で跳ね返すことができるかどうかと言うことなのです。

無回転サーブのトスについて

無回転サーブを打つためには、ボールの中心を捉えることがとても重要だと言うことがわかってはいても、上手にトスを上げることができないと中心を打つことができなくなりますよね。

サーブトスはサーブを成功させるためにとても大切なことなのです。そこで無回転サーブのトスの上げ方についてご紹介します。

無回転サーブのトスの上げ方について

ボールを持つ手は軽く開いて、親指と小指で軽く持つようにします。

トスを上げる時には、回転がかからないように気をつけて上げることが大切です。
あまり高く上げると回転がかかることも考えられますし、思った場所に上げることが難しく失敗することがあるので、高く上げすぎず高くても50センチ位にしましょう。

最初はボールを安定させるために低いトスで練習するようにしてくださいね。
打ちやすいトスの高さも人によって異なるので自分の打ちやすい高さを見つけて練習しましょう。

サーブを打つ練習もとても大切ですが、それ以上にサーブトスはとても重要なことなのでサーブの練習だけではなくサーブトスの練習もしっかり行って、無回転サーブの成功確率を上げましょうね。

無回転サーブはサーブレシーブを崩すことができるほど有効なサーブになるので自分のものにできるように頑張ってくださいね。