香典の金額は2万円でもいいの?夫婦連名で香典を包む時の考え方

香典を夫婦連名でそれぞれ1万円包みたい場合、封筒の中身の金額は2万円になります。
ただこの2万円という数字。2という数字な避けた方がいい、マナー違反になるという噂を耳にしたこともあるのではないでしょうか。
なぜ香典が2万円だとマナー違反だとされているのでしょうか。
夫婦連名で2万円の香典を包みたい時はどうすればいいのでしょうか。
香典2万円を包みたい時の考え方や香典マナーについてご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

剣道の試合の流れを解説!礼に始まり礼に終わる剣道について

はじめて剣道の試合に出場する人は、どのように試合が進むのか、一連の流れについて知りたくなることだと思...

懸垂を行うと筋肉のどこに効果があるのか、詳しく説明します

筋トレの一つである「懸垂」。腕を使うから、腕の筋肉に一番効果があると思っている人も多いでしょう。...

卒業式に相応しい服装選び。母親のコーディネートのポイント

お子様の卒業式に、母親はどのような服装で出席すれば良いのかお悩みの方はいませんか?卒業式での服装は上...

同僚の結婚式の断り方のポイントとご祝儀・二次会の断り方を解説

会社の同僚の結婚式に招待された時、予定が合わずに出席することができない・やむを得ない理由で欠席しなく...

結婚式のご祝儀の相場は?部下へのお祝いとご祝儀のマナー

結婚式の招待状を受けると、おめでたい気持ちとともに湧き上がってくるのが、結婚式のマナーやご祝儀に関し...

教育実習と就活被りはメールより電話対応のススメやポイント

教育実習の日程と就活の面接の日程が重なってしまったときに、メールで対応してしまいたいと思ってしまうか...

野球のバットのグリップ交換の手順や注意点について徹底解説

野球のバットについているグリップテープ。そのグリップ交換を自分でやってみようと思っても、巻き方がよく...

柔術の試合に勝てない時の対処法!練習や試合ま準備で目指せ勝利

柔術をしている人の中には、なかなか試合に勝てないという悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。...

ふくさを使った包み方と香典をお渡しする時のマナーと注意する事

急なお葬式や親族の法事などで香典を用意することになった場合のマナーについて紹介します。香典は...

内祝いを贈る時のお礼状はどんな封筒にすべき?封筒の選び方

結婚や出産などでお祝いをもらったお礼いに内祝いと一緒にお礼状を添えたい場合、どんな封筒に入れるべきで...

パーティードレスの選び方。結婚式にNGな色と注意したいマナー

結婚式に招待された時には、どんな色やデザインのパーティードレスを着ようか迷ってしまいます。また、結婚...

飲食店にはちょっとの持ち込みでも非常識になると知っておこう

飲食店へ持ち込みをして飲食するのは非常識な行動だと理解している人は多いと思いますが、赤ちゃんの離乳食...

娘に嫉妬する母親。母親は娘に何を投影するのか。その心理とは

娘に対して嫉妬する母親。母親は、大地のような広い心で何ごとにも許しを。母親は、泉よりも深...

バスケのシュートの飛距離アップのコツと必要な事について

バスケをやっていて3ポイントシュートが届かない、練習していてもショットの安定性がないといった悩みはあ...

中国の結婚式のご祝儀の相場と日本の結婚式の違いを徹底解説

中国にいる友人の結婚式に出席することになった場合、ご祝儀はいくら用意すればいいのか悩む人も多いでしょ...

スポンサーリンク

香典の金額2万円はダメなの?偶数はマナー違反とされている理由

とてもお世話になった方に不幸があった場合には、1万円くらい包むこともありますよね。
夫婦で香典を出す場合には連盟にするのが一般的ですから、夫婦それぞれが直接関係のある方の不幸の場合には、金額に迷われるのではないでしょうか。

それぞれが1万円包みたいと考えると、金額は2万円になってしまいます。
しかし、「2万円」というのは、弔事ではマナー違反とも耳にする金額です。
なぜ、2万円はマナー違反となるのでしょうか。

ひとつは、日本古来の考え方の一つである陰陽道では「偶数は凶」とされていることが関係しています。
凶となる数を弔事や慶事で使うことは、先方に対して失礼にあたるとされてきたのでしょう。
2万円だけではなく、弔事や慶事では10万円以外の偶数金額をほとんど見かけないのは、このことに由来していると思われます。

また、偶数は半分に割り切れる数ですから、「割り切れる」ということから別れを連想させることも、マナー違反と言われる所以でしょう。
「故人との縁が切れる」という意味合いから、弔事ではマナー違反とされているのです。

最近は香典の金額が偶数の2万円でも問題なくなってきてはいる

香典の金額に2万円を包むのは、「別れ」を連想させたり、ゲンを担ぐ傾向の強い日本人としては「凶」である偶数は好まれないため、避けられてきました。

また、2万円には「重なる」という意味合いもあります。
「不幸が重なる」ことを連想させるので、弔事では避けられています。
しかし、慶事では「幸が重なる」と捉えられ、近年では使われることも多くなってきました。

弔事の場合には、この「重なり」を避けるために、1万円札を2枚ではなく、1万円札と5千円札2枚で包めば大丈夫と考える方もいらっしゃいます。

香典で2万円を包むことは、こういった日本人特有の気遣いによりマナー違反と言われますが、反対に言うとそれだけが理由ですから、包めないわけではありません。

昔に比べるとこういった日本のしきたりも薄れてきた感じがあり、気にしない方も増えてきたように感じます。
これからはどんどん減っていくのかもしれません。

ですが、気にしない方が全くいなくなったわけではないので、故人やその遺族に失礼のないように金額を決めると良いでしょう。

香典の金額を夫婦連名で2万円包む時のポイント

香典の金額を決めたら、次は不祝儀袋の用意をしましょう。
ここでは、包む時のポイントをご紹介します。

  • 新札は使わない。
    弔事では新札は使いません。
    新札には「準備していました。」という意味があり、慶事では喜ばれますが弔事では故人や遺族への失礼にあたるからです。
  • お札の向きを揃える。
    夫婦連名で2万円を香典として包む場合、お札が数枚になりますよね。
    香典を包む時には、お札は「顔の見える方を下にして」などと言われますが、そこまで気にされなくても問題はないでしょう。
    受け取った方の負担とならないように包むがベストですから、お札の向きは揃えておくのがおすすめです。
  • 書き漏れに注意する。
    遺族の方にご迷惑をかけることになってしまうので、名前はもちろんですが、住所や金額なども書き忘れないようにしましょう。
  • 外包みには包み方がある。
    外包みのある不祝儀袋の場合には、折りたたむ順番に注意しましょう。
    外包みの中央に中袋を表になるように置いたら、右、左、下、上の順で包みます。
    左右上下が反対になると、慶事の折り方となってしまうので注意しましょう。

名前などの記入や外包み気がいってしまって、お金を入れ忘れるという失敗は意外と多いものです。
必ず確認してから包むようにしましょう。

2万円以外で避けた方がいい香典の金額

香典の金額では「2万円」は避けられる傾向があります。

2万円だけではなく、10万円は使われますが、それ以外の偶数金額も使われません。

また、奇数ですが「9」もマナー違反となるので覚えておきましょう。
「9」は「苦しみ・苦しむ」といったことを連想させることから、避けられています。
同じ様な理由で「4」も使いません。
こちらの意味合いは皆さんご存知でしょう。

日本の宿泊施設では、これらの数字を部屋番号には使わない場所があるほど、日本人が避けることの多い数字です。
「9」と「4」に関しては、未だ多くの人が良しとはしていませんので、弔事や慶事で使うのは控えるべきです。

「2」に関しては気にしない人も多いので、昔からのしきたりを重んじる地域や遺族でなければ問題無いことも多いです。
しかし、「4」と「9」は、たとえしきたりなどを気にしないという遺族でも非常識と捉えられる可能性がとても高いので注意しましょう。

香典の金額は故人との関係性や年齢によって異なることを知っておこう

香典を包む時に一番気になるのは金額ですよね。

親族の場合には1万円~5万円ほどを包むことが多いです。
親族間での相場があることも多く、親兄弟など親しい人に相談もできるのであまり迷うことは無いと思います。

しかし、知人・友人や会社関係などの場合は違いますよね。
相場は3千円~1万円と金額差があり悩むのではないでしょうか。

一般的に、香典は故人との関係性の深さや自分の年齢によって金額が変わります。

会社の方が無くなった場合、自分の方が若く顔見知り程度の間柄であれば3千円でも良いでしょうが、自分がある程度の年齢で部下に不幸が合った場合には1万円を包むことになるでしょう。
友人の場合でも、とても親しい人なら1万円を包むのも良いですが、卒業以来会っていないような友人であれば3~5千円程度というように、故人との関係性や立場が重要になります。

また、香典はたくさん包めば良いと言うわけでもありません。
もし自分やその家族に不幸が合った場合、遺族は頂いた香典と同じくらいの金額は包まなくてはいけないので、あまりに高額の場合には負担となってしまうこともあります。

香典をお渡しする時は、自分の気持ちよりも遺族へ配慮することが重要です。