バレエのコンクールに出場する時に先生に渡すお礼の相場と考え方

お金がとにかく掛かることで有名なバレエ。
普段の月謝や衣装代だけでもお金が掛かる上、コンクール出場となると先生へのお礼や引率代など思っている以上にお金が掛かるようです。
ただお礼はいくら渡せばいいの?と悩んでしまう保護者も多いのではないでしょうか。
そこで、バレエのコンクールに出場する時に先生に渡すお礼の相場、考え方について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式で男性におすすめのスーツに似合う髪型とマナー

結婚式に出席する場合には、服装と共に、髪型もフォーマルな場所に相応しいスタイルにしたいものです。髪型...

気になっている中国人女性にプレゼントを贈りたい

気になっている女性とお近づきになるのなら、プレゼントも有効な手段のひとつです。 しかしその相手が中...

地鎮祭の服装にジーパンはOK?地鎮祭の服装と流れ・地鎮祭とは

地鎮祭を行う時、どんな服装で出席したら良いのかわからない人もいますよね。地鎮祭に何度も出席する経験が...

ゴミ出しの時間は朝何時が常識?ゴミ出しの時間帯とルール

ゴミ出しの時間は朝なのはわかっていても、いったい何時から何時までに出すべきなのか、明確な時間がわから...

結婚式の男の持ち物、忘れてはいけない物とあると便利な物

結婚式に招待されたけれど結婚式に出席するのは初めてという場合には、当日何を持って行くと良いのかよくわ...

お通夜のお香典の金額の相場と渡す際の注意点

お通夜に参列する場合お香典を準備しますが、いくら包もうかと金額に悩んでしまいます。 お香典の金...

【サッカーの練習方法】中学生が一人でできる練習方法とコツ

中学でサッカー部に入っていろいろ練習しても、なかなか上達しないと悩んでいる人もいるでしょう。 ...

日本のマナーは食事から始めるとより良いです

日本においてマナーは「作法」とも言われ、食事に関しては箸の扱い方や物の食べ方などにおいていくつかルー...

スノーボードの上達のコツ。基本・エッジ・ターンのやり方

スノーボードをカッコよく滑りたいと思っても、最初のうちは転んでばかりで上手く滑れるのかなと心配になっ...

結婚式なのにふくさがないのはNG?ふくさのマナーと代用品

結婚式に出席するときは、ふくさにご祝儀を包んで持参します。ですが、ふくさを用意しておらず、手元にふく...

バリ移住でできる仕事やすることのメリットと有利なポイントとは

バリ島に移住して仕事をしたいという人も多いのではないでしょうか。 では、バリ島に移住して仕事を...

ダンスの上達期間と効率的なコツコツ練習で上達スピードもアップ

ダンスが上達する期間とは一般的にどれくらいなのでしょうか?ダンスを始めたばかりだと、いつになったら人...

No Image

灯油ポンプ仕組みは【サイフォンの原理】仕組みと実験を紹介

手動の灯油ポンプをうまく使うと、灯油を自動で入れることができます。この仕組みは一体どのようになってい...

コンビニバイトで注意すべき言葉遣いについて徹底解説

コンビニバイトのような接客業では言葉遣いに注意すべきだということはわかっていても、普段使っていないと...

塩でお清めができるのはなぜ?塩を使う意味とお清めの方法

お葬式などに参列したあとに、塩を使いお清めをすることもありますよね。でも、なぜ塩を使ってお清めをする...

スポンサーリンク

バレエでコンクール出場した場合、先生にお礼を渡すのが一般的

あなたのお子さんがバレエを習っていて、コンクールに出場しました。初めてなら、その後、何をどうしたら良いのかわかりませんよね?バレエをしていて、実力が認められ、お子さんがコンクールに出場できたら、その際は、先生にお礼を渡すのが、習慣なんです。バレエに関して、何の予備知識もない方は、「え?そうなの?先生にお礼なんて渡さなくちゃいけないの?」という状態だと思います。

例外がある教室はあるようですが、大体の教室では、コンクール出場となると、先生には、お礼を渡すのがマナーになります。

具体的にどんなお礼を渡すのかは、教室によって、違う可能性があります。まずは、お子さんのバレエの実力がついて、コンクールに出場できた、では、いつもお世話になっている先生に、お礼を渡す、それを頭に入れましょう。

衣装代など色々かかりますが、先生にもお礼をする必要があるようですね。習い事をすると、お金はかかる。現実的な問題です。

バレエのコンクールに出場した時のお礼の相場と考え方

子供がバレエのコンクールに出場したので、これから先生にお礼を渡します。大体、現金では一万円を渡し、プラス、何かお菓子などを渡すのが標準になるようです。これは、教室によって異なる可能性があります。ですから、これから紹介するのも、一例です。一番良いのは、同じ教室にいる、先輩のママたちに「どのくらいの謝礼をお渡しすれば、良いのでしょうか?」と聞くことです。

ですが、大体の場合は、現金で一万円、プラス、3千円くらいのお菓子を先生にコンクールに出場できたことへの感謝として渡しています。

上記でも説明している通り、これは、あくまでも一例です。あなたのお子さんが通っている教室では、「ここではそうではないよ」と言われる可能性も十分あります。あくまでも一例として、みなして下さい。

また、周囲の方が「私はこのくらい渡している」と言われても、あなたがもっと感謝の気持ちが強い場合、相場を上げても問題はありません。

お礼を含めたバレエコンクール出場に掛かる費用

どんな習い事をしていても、お金はかかりますが、バレエは特別お金がかかる習い事と言えるかもしれません。バレエはコンクールに出場しなくても、月の月謝がかかり、それに加えて、コンクールに出場するなら、コンクール出場料金、衣装代、コンクールが別の地域に開催されるのなら、宿泊費用など、色々かかります。

参考までに、コンクールに出場するには、大体、2万円くらい、そして、衣装にも5万円くらい、先生へのお礼の代金が2万円くらいを相場にしています。

バレエは衣装にもお金がかかるので、コンクールに出場となると、そりゃ、それなりの費用がかかります。お子さんが習う前にそれなりの経済的な覚悟をしましょう。

バレエの技術が下手なままでも嫌だけど、それが、上達したらしたで、コンクール出場になります。上達しても、お金はかかります。ピアノを習っていても、先生から「コンクールに出場してみませんか?」と声がかかり、それがプレッシャーになる人もいます。

どのレベルにいても悩みはあり、上達すればするほど、またお金もかかるものです。

地方は大変?引率に掛かる先生の交通費や宿泊費はもちろん、日当を計上する場合も

バレエのコンクールも場所が地方やあなたが住んでいる地域から遠い地域だと、交通費や宿泊費用もばかになりません。

コンクールに出場するにもお金がかかり、先生にもお礼金を支払います。プラス、開催されるのが、あなたが住んでいる地域から離れていると、交通費や宿泊費もかかります。その分の費用も考えて、コンクールの出場を考えるべきです。衣装代もかかりますし、より凝るのであれば、写真なんかも取りますよね?宿泊代、交通費、お金はすぐに飛びます。

先生によって、これは先生が支払いますが、後は生徒の負担でお願いしますなど、申し出があるかもしれません。あとは先生の指示に従うしかありません。

心配であれば、コンクールに出場する前に、「これについてはどうなりますか?」と先生に聞いてみましょう。どのくらいの費用がかかるのか、あなたも知りたいでしょうから。

日頃の感謝の気持ちを込めて、バレエのコンクール以外にもお中元やお歳暮は必要なのか

日頃からバレエの先生とのコミュニケーションも大切です。お子さんがバレエのコンクールに出場する時も、お礼として、謝礼、プレゼントを渡します。ですが、機会があれば、お中元やお歳暮など、その他のプレゼントを渡して、コミュニケーションをとるのも親としては大切だと思います。やらなくてはいけないという訳ではありません。周囲のお母さんたちに「お中元は何かプレゼントしていますか?」と聞き、しているのであれば、した方が良いと思います。

歓迎会や他のイベントなど、「行かない」選択肢があり、それでも雰囲気が悪くならないのならいつも不参加でも全く問題はありません。でも、「これはした方が周囲とのコミュニケーションは良くとれる」というルールのようなものはあります。お中元やお歳暮など、周りの方も先生に何か送っているのなら、あなたもした方が無難です。周りのやり方に合わせて楽しくバレエを習いましょう。

お子さんがバレエのコンクールに出る場合、お礼はどうするべきなのか、上記の記事で説明しました。あなたの参考にはなりましたか?バレエは日頃から月謝や衣装代などお金のかかる習い事だと思います。プラス、コンクールとなると、宿泊費用もかかる可能性があります。それも視野にいれて、出場するのか否か決めて下さい。先生にお礼も支払わなくてはいけないので、経済的に困難なら出ないのも手だと思います。