体育の授業を行う目的と大人になってからわかる必要な意味

体を動かすことが苦手で、体育の授業はいつも憂鬱という方はいませんか?
数学や国語などは、大人になってからも役に立ちそうですが、体育の授業をしても何の役にも立たないのでは、と疑問を持っている方もいると思います。
そこで、体育の授業の目的や、大人になってからのスポーツをすることの意味などをご紹介します。
運動ができる・できないが体育で学ぶ全てではありません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケとミニバスケの違いとは?中学校で活躍する方法

バスケとミニバスケにはどのような違いがあるのでしょうか?小学生のミニバスから中学校のバスケ部に入ると...

卓球のダブルスに勝つための戦術・サーブレシーブにポイントが

卓球でダブルスを組んで試合をすることになったら、どんな戦術で挑めば試合に勝利することができるのか知り...

塩でお清めができるのはなぜ?塩を使う意味とお清めの方法

お葬式などに参列したあとに、塩を使いお清めをすることもありますよね。でも、なぜ塩を使ってお清めをする...

食事中のゲップはマナー違反!食事中のゲップを予防する方法

食事中にゲップをする人がいますよね。ゲップは生理現象ですから、出てしまうのは仕方がないことでしょう。...

フォーマルバッグの選び方、結婚式と葬式に兼用できるバッグ

冠婚葬祭の時にはフォーマルバッグを持つのがマナーとされていますが、結婚式やお葬式はそう回数が多くはな...

高校生の勉強時間について!進学校と中堅校の差と勉強方法

高校生の勉強時間は進学校と中堅校では、どのくらいの差があるのでしょうか。驚くことに受験が間近...

結婚式のサブバッグのマナー!持ち込みできるバッグの選び方

結婚式へ持っていくパーティーバッグは小さいものが多く、実際に荷物を入れても全然収まりきらないというこ...

喪中期間は結婚式の招待を断る?不幸があったときの結婚式マナー

自分の喪中期間に結婚式に招待された場合、結婚式に出席しても良いのか、マナーについて気になるものです。...

スーパーのレジでカゴ詰めの作業は大変だった!テクニックを紹介

スーパーでレジ打ちの仕事をしている人の悩みの一つにカゴ詰めの作業がありますね。買い物カゴには...

バスケのシュートがゴールに届かない悲劇。足りないものは〇〇

バスケのシュートがゴールに届かない。正確にゴールをうつには、何が必要なのでしょうか?...

水泳の選手コースはいつから入れる?その条件を徹底解説

子供が水泳を習い始めると「いつかは選手コースに進んでもらいたい。」と親なら期待を持ってしまうでしょう...

スキーの面倒なワックスがけにはスプレー!その使い方を解説

スキーを滑りやすくするためにはワックスが必要だということはわかってはいても、ワックスがけは面倒なもの...

公務員のピアスは女性はアリだけど就活試験では外すべき

公務員として働いている職員でピアスを付けている女性を見かけたこともあるのではないでしょうか?...

No Image

体育のサッカーのコツや自分のポジションの探し方と基本の動作

学生の皆さんは学校の体育の授業で、サッカーをする場合があるでしょう。サッカーは簡単そうですが、た...

バレエの発表会に来てくれた人へのお礼状の書き方について解説

子供の初めてのバレエの発表会。家族だけではなくママ友や幼稚園のお友達も見に来てくれると、子供も親も嬉...

スポンサーリンク

体育の授業を行う意味は身体能力の向上のため

運動が苦手な生徒にとって体育の授業は憂鬱でしょう。
国語や数学を勉強する意味はなんとなくわかっても、体育の授業がある意味がわからないという生徒は少なくないのではないでしょうか。
体育が好きな生徒にとっても「体を動かすことが好きだから」このような単純な思いで体育をしているだけで、体育の本当の意味を知らない人は多いような気がします。

ここで体育の授業の意味をしっかりと理解しておきましょう。
体育の意味を知ることで体育への抵抗が少なくなるきっかけになると良いですね。

体育の授業を行う意味

身体能力の向上

身体能力の向上という響きはスポーツ選手がするトレーニングのような感じがしますが、そうではなくて生活していく上で最低限必要な身体能力を身につけることです。
その最低限の能力を身につけ、更に怪我をしないための体の動きなど体の動きの柔軟性を養う目的もあります。

体育の授業は結果だけでなく態度にも習う意味がある

体を動かすのが好きな人とそうではない人がいますが、後者の場合は体育の授業が苦手な人が多いですよね。

しかし、体育の授業は体を動かす人に動かすことが好きになってもらうためと言われるとそうでもありません。
体育の授業を通して、体を動かすことへの興味や関心、苦手な事に対してチャレンジする姿勢、そして団体行動による協調性を養うためのものであります。

体育の授業や体を動かすことを無理やりさせるということは逆に嫌いにささえる一方になってしまいますので、あくまでも生活していく上で最低限の身体能力を養うという意味が込められています。

クラスという小さな団体で同じ目標に向かって何かをすることによりチャレンジ性や最後までやり通ること、勝つためにはどうするか、怪我をしないためにはどうするか、その部分での柔軟性を身に着けてほしいものですね。

運動は判断力と分析力も必要

体育の授業ではバレー、バスケ、サッカーなどのスポーツをします。

メジャーなスポーツに対してのルールの認識をつけること、そしてスポーツを通して判断力を養うこともできます。

パスが回ってきたら次の動きはどうすべきか、転び方によって痛みや怪我の割合が異なる、味方チームまたは相手チームの動きなど実践では瞬時に判断しなければいけないことがたくさんあります。

判断力と分析力が必要なスポーツを体育の授業で取り入れることによって、あまり運動するのが好きではない人も経験し、そのような力をつけさせようという試みでもあります。
体育の授業が好きではないなら無理に好きになる必要はありません。
しかし、体育の授業の意味を理解し、意味を理解することで授業で行う様々な取り組みにも興味や関心が湧いたり、もしくは体育の授業への抵抗も少なくなるのではないでしょうか。

便利になった今こそ体育の授業の意味を再確認

以前とは食生活も代わり、移動手段も増え、ネットの普及などにより徐々に体を動かさなくても良い、良く言えば便利な時代になりつつあります。
その代償として人々の運動不足を引き起こしているといっても過言ではありません。

高校生までは体育の授業がありますが、大学、社会へ出ると意識的に体を動かさないと、運動する機会がなくなることもあります。

運動不足が原因で引き起こる体の不調は数知れないほどあります。

少しでも体を動かすことがどれほど大切か、今高校生であるあなたが本当に理解するには、わかっていても現実味を抱くことが難しいかもしれません。

  • 健康でいるためには運動をすること
  • 運動をするためには最低限の身体能力を身に着けておくことがスムーズに事が進むということ
  • 体育の授業は目的や意味を整理し理解しておくこと
  • 体育のスポーツを通して学びがあるということ

これらを頭の隅に入れておくだけで、体育への意識が変わることもあります。
大人になって、あの時の体育の授業が今役立っていると感じることができます。

体育を嫌いでも構いませんん。
ただ体育の授業の意味を再確認しておくことは大切です。

コミュニティへ参加することのメリット

体育の授業でスポーツから学べることが多々あることを理解すると他の物事に有効活用することができます。

運動が嫌いでも運動を通して楽しさやストレス発散になる感情を得ることで次第にスポーツが好きになることがあります。

スポーツは体を動かすことを目的にされたものと考えられますが、それだけではないものがたくさん得ることができます。

健康面での向上、スポーツを通してコミュニティを広げること、ストレス解消や達成感など様々なメリットがあります。

人と話すことが苦手、人と接することが苦手でもスポーツを通せば自分のコミュニティを広げ、社交的に明るい性格になることも可能です。

このようにあらゆる可能性を大いに秘めていることがスポーツ、体を動かすことでもあります。

その基盤として体育の授業があることを忘れないでくださいね。