卓球の練習方法【初心者向け】一人で出来る練習や多球練習のコツ

部活で卓球を始めたがなかなかボールが上手く打てない、返球が出来ないなど初心者の人は感じているのではないでしょうか。

上手くなりたいけれど、どんな練習をしたら良いのかわからないこともあるでしょう。

ここでは卓球初心者の人におすすめな練習方法を紹介します。
まずはやはり卓球ボールに慣れることが大事です。

卓球ボールとラケットさえあればどこでも出来る簡単な練習・リフティングのやり方を紹介します。

卓球の練習には素振りも大切です。正しいフォームでの素振りを練習しましょう。自分の姿を鏡や窓にうつしてみたり、動画を撮るのも良いでしょう。

練習相手がいる場合は多球練習もやりましょう。取り組み方や練習のポイントをご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

結婚式の出席を断る時のマナーについて知りたい

結婚式はその人にとって、特別に大事な日ですから、出来るだけ祝福してあげたいですよね。しかし、人に...

テニスの練習方法で初心者に有効なものとは?意識すべきポイント

テニスの初心者はどのような練習方法をしたらいいのでしょうか?すぐに上達ができたらと思う気持ちを糧に、...

卓球のスマッシュの練習方法!上達するための練習のコツ

卓球はスマッシュが決まった瞬間が一番楽しいのではないでしょうか。しかし、卓球のスマッシュはなかな...

画家とイラストレーターの違いを比較。仕事内容や収入まで

絵を描く仕事といえば画家やイラストレーターなどありますが、そこにはどんな違いがあるのでしょう。同...

力士の給料はどこから?力士の給料は相撲協会や懸賞金が収入源

大相撲の力士たちの給料が一体どこから支給されているのかご存知でしょうか。自分の体で相撲を取り...

内定の報告を先生にしたい!メールや手紙で報告する場合の注意点

苦労した就活でようやく内定がもらえたら、これまでお世話になった先生へ報告したいですよね。でも...

剣道の試合のルールを解説!初心者でもわかりやすくルール紹介

剣道の試合を見に行く時、試合のルールがわからなければ心から試合を楽しめないものです。一体どんなルール...

結婚式の祝儀袋は処分しにくい…リメイク方法と処分方法

結婚式の祝儀袋はいつまでとっておけばいいのでしょうか?処分に困ってしまう結婚式の祝儀袋…迷っているの...

同僚の結婚式の断り方のポイントとご祝儀・二次会の断り方を解説

会社の同僚の結婚式に招待された時、予定が合わずに出席することができない・やむを得ない理由で欠席しなく...

消防士の面接ではどんな髪型がベスト?好印象を与える髪型とは

消防士採用試験は、筆記や体力試験の他にも「面接試験」があります。この3つの試験を突破して晴れて消...

フラダンスの発表会にもらうと嬉しい花束や差し入れをご紹介

フラダンスの発表会に招待されたら花束を用意する方も多いのではないでしょうか。フラダンスなら南...

野球とサッカーでは身体能力の差がある?身体能力が高い人の特徴

昔から根強い人気のあるスポーツ、野球とサッカー。子供たちに将来なりたいのは?と聞くと、だいたい野...

有名人のサインのもらい方は?サインをもらう時はマナーが大切

有名人に出会えるチャンスはそう多くはありません。せっかく有名人に会えたのだからサインが欲しい!と...

ダンスの上達期間と効率的なコツコツ練習で上達スピードもアップ

ダンスが上達する期間とは一般的にどれくらいなのでしょうか?ダンスを始めたばかりだと、いつになったら人...

反省文の書き方で大学生が書く場合の注意点とは

最近は大学生でも反省文の提出を求められることがあるようです。校内外で校則違反をした場合などが多い...

スポンサーリンク

卓球初心者におすすめな練習はボールリフティング

卓球初心者が一人で練習するなら、ラケットでボールを打つ時の感覚を養うことから始めるのがおすすめです。

卓球ではボールの回転量の調整が出来るようになること、そしてボールをコントロール出来るようになることが上達へと繋がります。

これらを養うためにおすすめなのが「リフティング」です。

体の前でラケットを水平に持ち、ボールを乗せたら上に向かってリフティングさせましょう。
フォアとバックを交互に繰り返して行います。

それが出来るようになってきたら、回転をかけたリフティングに挑戦してみましょう。

回転させるためには、水平な動きも必要になります。
いつも一定の回転量を保てるように練習しましょう。

とても地味な練習ですが、ちょっとした時間に行なうことが出来ますし、家でも練習できますから、初心者ならぜひ取り組んで見てくださいね。

慣れてきたら、ボールを高く上げてバウンドさせずにラケットでキャッチしたりと、いろいろなリフティングに挑戦してみましょう。

初心者の卓球の練習といえば、素振りと壁打ち

卓球初心者の練習といえば、「素振り」と「壁打ち」ですよね。

ラケットを使って返球するだけなら、素人でも何とか出来ますよね。
しかし、それでは上達は出来ません。
そこで重要になるのが「素振り」です。

どの様なスポーツでも基本は大切ですよね。
卓球も同様で、正しいフォームの素振りを身につけることは上達への近道となります。

卓球初心者が素振り練習を行う時のポイント

  • ボールが飛んできていることをイメージして行う。
  • 数は数えない。(回数ばかり気になって肝心のフォームから意識がそれてしまうから)
  • 鏡や動画撮影などで、自分のフォームをチェックする。

闇雲に回数だけこなす素振りでは意味がありません。
正しいフォームを意識しながら、イメージのボールにタイミングをあわせて素振りを行いましょう。

壁うちのポイント

  • 壁からある程度距離をとって、フォアハンドで構る。
  • 跳ね返ってきたボールはワンバウンドさせて打ち返す。
  • 連続して打ち返し、ラリーの感覚を養う。
  • ボールを打つ時の力加減に注意して、ボールコントロールを養う。

どちらも卓球初心者には必須の練習です。

卓球に必要な筋肉を鍛えよう

卓球初心者が練習するなら、卓球技術も大切ですが、体を作ることも必要です。

どの様なスポーツでも重要視されているのが「体幹」です。
体幹を鍛えると、激しく動きながらの返球にでも安定したフォームで打てるようになります。
体の動きもスムーズになって、フットワークも向上します。
体幹を鍛えルノに便利なのがバランスボールを使う方法です。
上に座ってバランスをとったり、壁と背中の間に挟んでスクワットしたりと、いろいろなトレーニング方法を楽しめます。

合わせて腹筋や背筋も鍛えると良いでしょう。
腹筋を鍛える方法としては、クランチが代表的ですね。
背筋を効果的に鍛えるならチューブトレーニングがおすすめです。
簡単な動きが多く、バリエーションも豊富ですから是非試して見てくださいね。

初心者の卓球の練習は多球練習もおすすめ

卓球初心者が練習するなら、多球練習もおすすめです。
部活の場合には決められた短い時間の間に練習しなくてはいけませんよね。

多球練習は、練習相手にボールを出してもらい、ひたすら打ち返す練習です。
始めはストレート方向から送球してもらい、フォアハンドでクロスにボールを打ち込みます。
出来るようになったらバックハンドでストレートに打ち込みます。
どちらも出来るなら、交互に打って、少しずつ早いピッチで行なうようにします。

ピッチが早いとスイングはコンパクトにしなくてはついていけなくなりますから、自然と正しいスイングが体に染み込んできます。

交互で正確に返球できるようになったら、ランダムに送球してもらいストレートとクロスに打ち分けていきます。

重要な点は、打ち返すのではなく打ち込むことです。
この練習を行なうことで、ラリーの時にただレシーブするのではなく、しっかりと打ち返す事が出来るようになるのです。

卓球の練習・多球練習で気を付けたいこと

卓球初心者が効率的に上達するには多球練習はとてもおすすめです。
しかし、注意してほしい点もあります。

多球練習というと、速いスピードで送球されるボールを、テンポよく打つイメージですが、初心者の場合にはそれはなかなか難しいですよね。
ラケットに当てることに夢中になってしまうことも多いでしょう。
しかし、それでは多球練習の効果は半減してしまいます。

始めのうちはテンポよりも、しっかりと技術を身につけることが大切です。
そのため、送球はゆっくりとしたスピードで行ってもらいましょう。

始めのうちは入ったり入らなかったりしますから、どのように打てば確実に入るようになるのかを調整しながら行います。
ネットミスならラケットの角度を上げたり、オーバーミスならオーバーミスならラケットを角度を下げるというように、1球ずつきちんと意識しながら練習しましょう。

正確に返球できるようになったら、少しずつ送球ピッチを上げてもらいます。

卓球初心者が練習できることはたくさんあります。
多球練習は練習相手が必要になりますが、素振りや壁打ちは一人でも出来る練習ですから、早く上達したいなら自主練してみるとよいでしょう。