結婚式を断る時の上手な断り方と理由の伝え方【大人のマナー】

知人からの結婚式の招待状が来ると嬉しい気持ちになりますが、やむを得ず欠席をしなければいけない時には、どのようにお断りするのが良いのでしょうか?
そこで、結婚式の招待を断る時の、上手なお断りの仕方をご紹介します。
招待されたのに、欠席の返信をしにくく、出欠を先延ばしにしてしまうというのはNGです。
出席できない理由はいろいろとあると思いますが、どのように新郎新婦に伝えれば良いのか覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケのコツ。女子バスケが上手くなるコツと練習方法と大切な事

バスケットボールは重いと感じる女子も多いでしょう。 ですがボールをドリブルしたり味方にパスを出した...

教会での結婚式にご祝儀は必要?相場と教会式での御祝儀について

教会に行われる結婚式に招待された時、ご祝儀はどうしたらいいのか悩むこともありますよね。今までに一般的...

野球のドラフトの仕組みについて気になるルールを解りやすく解説

野球のドラフト会議の仕組みについて、野球を観るのは好きだけどドラフト会議の仕組みやルールまではよく解...

手続きが必要な口座解約!旧姓の口座を解約する方法

古い書類などを整理していると、一緒に通帳が出てくることありますよね。口座名が旧姓の場合など、明らかに...

パイロットの訓練は厳しい!その厳しさは機長になっても続く

制服姿がカッコいい、男性だけでなく女性も憧れる職業の一つパイロットですが、その訓練はやはり厳しいもの...

電話番号を聞くときの敬語の使い方や聞き方の正しいコツとは

相手の電話番号を聞く機会というのは、ビジネスなどでよくあるかもしれませんが、このとき敬語を使った正し...

スキーとスノボーはどっちが簡単?はじめる前に知りたいこと

スキーとスノボーはどっちが簡単にはじめることはできるのでしょうか?どちらもやったことがない初心者だと...

バドミントンの試合で緊張!緊張を受け止めて試合に勝つには

バドミントンの試合の前、どうしても緊張をして体がカチカチになってしまう人もいるのではないでしょうか。...

明日ある面接に緊張している人へ。緊張をほぐす方法を紹介します

明日の面接では緊張しすぎて上手くしゃべることができないのでは・・失敗してしまったらどうしよう・・と不...

サッカーの夏休みのおすすめ練習メニューをご紹介【高校編】

高校のサッカー部の夏休みの練習メニューを考えるように言われても、何から始めればいいのかわからない人も...

合気道と空手、どっちを習わせようか迷ったら

子供に何か習い事をさせようと思った時に、定番のピアノや水泳、英会話も良いですが、身も心も本格的に強く...

結婚式のサブバッグは100均でも大丈夫?選ぶ際のポイント

結婚式に持っていくバッグ!おしゃれで可愛いものが販売されていますが、どれも小さくて荷物が入り切らない...

卓球の初心者が出来るサーブ練習のやり方とポイントを紹介

卓球を始めたばかりのころは、サーブが入らなかったりすぐにネットに引っかかってしまうでしょう。 ...

お車代の相場は?葬儀に僧侶にお渡しするお車代について

葬儀に僧侶に来ていただいたら、お布施だけではなくお車代もお渡しするのが一般的です。 そこで気に...

ダブルスに勝つ卓球のコツ・多球練習とフットワークの練習方法

卓球の試合には、1対1で行うシングルスの試合と2対2で行うダブルスの試合があります。ダブルスの試合に...

スポンサーリンク

結婚式を断る理由が結婚式が重なったことの場合

結婚適齢期になると知人の結婚が次々きまり、結婚式の日がかぶってしまうこともあります。どちらも出席ということはできないと思うので、どちらかを断ることになりますよね。そんな場合どのように断ればいいのでしょうか。

結婚式の断り方

結婚式がかぶってしまいどちらかを断る場合、親族の結婚式以外、他の結婚式に行くことは伝えてはいけません。

親族の結婚式の場合、そちらの方が重要になるのは理解できるので伝えてもOKですが、知人の場合順位を付けたようになり失礼にあたるので伝えないようにしましょう。

知人の結婚式がかぶり断る場合は、「先約があるので…」というようにぼかして断るようにしましょう。

幸せいっぱいの知人を嫌な気持ちにさせないように気をつけましょうね。

結婚式を断る理由として他にも多いパターン

結婚式がかぶってしまい断る以外にも、仕事が忙しかったり、金銭的に出席が難しいという方もいると思います。このような場合も基本的には相手のことを考えた断り方をするようにします。

断る理由が仕事が忙しい場合

仕事が忙しく結婚式の参加を断るときは、「忙しいので」と断るのはやめましょう。もし、出張などでいないのであれば「出張の予定が入っている」ということを伝えてもOKですが、ただ仕事が忙しいのであれば、「先約があるので…」とぼかして断るようにしましょう。

金銭的に厳しく断る場合

結婚式の場所が遠く金銭的に難しい場合や、いろいろなことが重なり厳しいときもあると思います。このようなときの断り方も同じで、直接理由は言わずに「先約があるので…」とぼかして断るようにしましょう。

ただ、結婚する知人が親しい仲なのであれば正直に金銭的に難しいということを伝えても問題ないと思います。

結婚式を断る理由をあえて書かない方が良い場合とは

結婚式を断るときにはできるだけ相手が納得するように理由を伝えたくなると思いますが、お祝いごとなので伝えることは避けたほうがいいこともあります。

結婚式を断るときに書くべきではない理由

結婚式の出席を断る理由が身内の不幸の場合は、いい出来事ではないので理由をハッキリ伝えないほうがいいです。このような場合、「やむを得ない事情で断る」というように理由は伝えないようにしましょう。

また、病気をしてしまい出席できない場合も相手を心配させてしまうので、伝えないようにしましょう。この場合も「やむを得ない事情」と伝えましょう。

そして、このように断った場合その知人は「やむを得ない事情」を気にしていることもあると思います。
なので、このような理由で断ったのであれば結婚式が終わり相手が落ち着いて生活を初めた頃に、理由を伝えるといいですよ。

その時には、とても出席したかったという思いが伝わるようにしましょうね。

書いてもいい理由

結婚式の出席を断るときに書いてもいい理由もあります。それはいい出来事のときです。
例えば、出産が近いことや、子供の入学などお祝い事のときは隠さずに理由を書いて断っても失礼にはなりません。

相手も理解できる内容ですし、断られていやな気持ちにもならないものですよ。

結婚式を断る理由としては失礼になってしまう表現は

結婚式の招待状が送られてきて、その日にちを確認したところ仕事以外でも何かの用事が入ってしまい忙しい日だと言うこともあると思います。

そのようなときに「多忙のため欠席させていただきます」と書いて相手に忙しいことを伝えたくなるかもしれませんが、忙しいことを理由に断ることは相手に失礼になります。

断る場合「忙しい」「多忙」という言葉は使わない

どんな理由であれ忙しくて行けないのであれば、「やむを得ず欠席」というように理由をぼかして断るようにしてくださいね。

また、出席できないことが残念だということが伝わるように断る理由ばかりに気を取られないようにしましょう。

結婚式に行けなくてもお祝いの気持ちをきちんと伝える

結婚式の招待状が送られてきても、他の結婚式と重なってしまったり、仕事が忙しかったり、金銭的に難しかったりと断る理由はいろいろあると思います。

結婚式の招待を断るのは決して悪いことではありません。
できれば参加したいと思い、返信を遅らせてしまうこともあると思いますが、結婚式は招待する人数によっても準備が変わってきてしまうので結婚する二人の迷惑になってしまいます。

なので、返信期日は必ず守るようにしてくださいね。できれば招待状が届いてから1週間くらいには返すのがベストですよ。

そして、結婚式に出席できないのであれば、参加できない残念な気持ちを新郎新婦に伝わるようにすることはもちろんですが、残念な気持ちだけではなく、2人の結婚をお祝いする気持ちも伝えるようにしてくださいね。

結婚式の招待を受けて断ることはマナー違反というわけではありません。ですが、断り方次第ではとても失礼になることがあるので、断るときのマナーをしっかり確認して、失礼のない断り方をするようにしましょう。

結婚式には出席できなくても、結婚する2人が幸せな結婚式をあげることができるように、あなたなりにできることをしましょうね。