スキーは姿勢が大事!基本の姿勢や止まり方、滑り方の姿勢を解説

スキーには基本の姿勢があります。
ただ原理はわかっていても身に付けるまでが難しいため、予習しておくこともとても大切なことです。
ではスキーはどのような姿勢が基本となっているのでしょうか。止まる時の姿勢、滑る時のコツは?
滑る姿勢だけでなく、転び方や転んだ後の起き上がり方の姿勢も覚えておくといいでしょう。
スピードが怖いからといって重心を後ろにかけるのではなく、前傾姿勢で思い切って滑ってみることも必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

いとこの結婚式を欠席!欠席連絡のタイミングとご祝儀について

いとこの結婚式に招待されていても、予定が合わない・遠く出席できないなど、結婚式を欠席しなくてはならな...

香典の金額は2万円でもいいの?夫婦連名で香典を包む時の考え方

香典を夫婦連名でそれぞれ1万円包みたい場合、封筒の中身の金額は2万円になります。ただこの2万円と...

野球のピッチャーに必要なトレーニングとストレッチについて

野球のピッチャーは、とにかくトレーニングをする種類と量が多いのです。ですから、目的意識をもって、...

ボクシングのルールの中でもわかりにくいダウンについて徹底解説

テレビなどでボクシングを見ていても、ルールがよくわからないという人も多いと言います。中でも「...

韓国はご飯を残すのが当たり前!他にも合った驚きのマナーとは

韓国に行ったことがあったり、ドラマなどの食事のシーンを見ていて驚いたことはありませんか?日本...

袱紗は色が重要!白の袱紗の使用用途と使用する場合の注意点

贈り物用の金品などを覆う袱紗の中には、色が白の袱紗もあります。袱紗は色によって使い分けることが重...

新婦の母として出席する時のネイル事情とネイルデザイン

新婦の母として出席する時、服装に合わせてネイルもしようと考えますが、そもそもネイルをしてもマナー違反...

合気道と空手、どっちを習わせようか迷ったら

子供に何か習い事をさせようと思った時に、定番のピアノや水泳、英会話も良いですが、身も心も本格的に強く...

バスケのシュートフォームは手の位置が大切!効果的なポイント

バスケのシュートフォームにおいて手の位置は重要なポイントになります。ボールを支える手の位置やボー...

スノーボードの初心者はスタンスをどう決める?コツやポイント

スノーボードの初心者はスタンスをどう決めたらいいのでしょうか?自分の利き足がどちらかを知る方法とは?...

欠席理由の伝え方!法事を欠席するときは早めの連絡がマナー

法事の案内が届いたとき、その日にどうしても法事に参列できない場合は、法事を欠席することになります。...

結婚で転職する男性へ成功させるための大切なポイントを紹介

結婚を機に転職を考える男性は少なくありません。例えば、収入面や会社の将来性など自分一人なら問題なかっ...

法事の香典で新札はOK?香典を包む時の常識とマナーを解説!

法事に参列する時は色々なマナーが気になるものです。相手に失礼にならないようにするためには、予めしっか...

高校生の勉強時間について!進学校と中堅校の差と勉強方法

高校生の勉強時間は進学校と中堅校では、どのくらいの差があるのでしょうか。驚くことに受験が間近...

手紙を友達に書く場合の書き出しのルールと例文や感動する書き方

突然の再開や、久しぶりのクラス会や同窓会がきっかけなどで友達に手紙を書く機会はあるでしょう。...

スポンサーリンク

スキー初心者は姿勢が大事!基本の姿勢を覚えるには

スキーを滑ったことがない人は、ゲレンデでどうやって滑ればいいのか想像もつかないのではないでしょうか。

まずは基本姿勢について理解しましょう。まず足を肩幅くらいに開いて立って下さい。その立った状態から膝を少し曲げて腰の位置を落とします。この時お尻を後ろに突き出さないように注意しましょう。お尻がかかとよりも後ろに出てしまうと、体重も後ろにかかってしまうため尻もちがつきやすくなってしまいます。

軽くしゃがむような感じをイメージしましょう。そして背筋もまっすぐにします。これが基本姿勢です。

この基本姿勢から、足をハの字にしてみて下さい。そうすればスキーを滑っている自分の姿を想像できるでしょう。

スキーを覚える時の基本中の基本、止まる時の姿勢と滑り方のコツ

スキーの基本姿勢がわかったら、次は止まる時の姿勢も覚えておきましょう。

傾斜の少ない坂を降りてくるイメージを持って下さい。ポール(ストック)があれば持ってみましょう。

ブレーキをかける時は、まずスキー板の後ろの部分を横に広げるように足をハの字にします。その時両腕はバランスが取れるように軽く開くようにしましょう。

そして膝を内側に曲げて下さい。そうするとスキー板のエッジが立つので、スピードが落ちます。これがブレーキとなって止まることができます。

この止まる姿勢も覚えておきましょう。また、ハの字でスキー板のエッジを立たせる時に後ろに体の重心をかけると、ブレーキ力が強まります。体の前後の力の入れ具合でブレーキの調節ができることを覚えておきましょう。

止まり方がわかったら、いよいよ滑り方です。基本はハの字です。その姿勢のまま滑っていきます。

滑り始めてスピードが出てきたら、止まる姿勢と同じように膝を内側に曲げます。そうするとスキー板の後ろが開きエッジが効いてスピードが落ちます。

反対に、スキー板の後ろが閉じるとスピードは上がります。これだけでも覚えていると、ハの字ですぐに滑れるようになるでしょう。

スキーでターンをする際の基本姿勢

ハの字で滑る「ボーゲン」をマスターしたら、今度はその状態でターンに挑戦しましょう。ボーゲンの状態でターンすることを「プルークターン」といいます。そしてポイントは体重移動にあります。

自分の部屋で実際に立ってイメージしてみて下さい。足の内側に体重をかけてスキーのエッジがきかせてターンする感じです。

このターンだけではなく、スキー上達のために体重移動は大切です。体重移動のやり方を覚えていれば転ぶことを防ぐこともできるのです。

プルークターンは初心者だけではなく、上級者になっても使えます。初心者のうちにしっかりと覚えておくようにしましょう。

スキーは転び方や起き上がる時の姿勢を覚えておくことも大切

滑り方やターンの方法がわかっていても、初心者は必ず転びます。その時にケガをしないためにも転び方と転んだ後の起き上がり方についても覚えておくようにしましょう。

まず、転び方です。転ぶ時は「お尻」から転ぶようにしましょう。この時、体をささえようと手をついてしまいがちですが、お尻から転ぶように意識して下さい。前ではなく、斜め後ろに転ぶ感じです。

この時、斜め後ろではなく、スキー板の間にお尻をついてしまうと止まることはできません。そのまま滑ってしまいます。必ず両足のスキー板の外側にお尻をつくように転んで下さい。

また、転んで立ち上がる時は、スキー板を平行にしてから体に近づけましょう。足が開いているとなかなか立ち上がれません。平行にした方が安定するので立ち上がりやすくなります。そして板が斜面に対して真横になっている状態かどうかも確認して下さい。その方がスキー板も安定します。

それから手をついてスキー板に重心を移しましょう。そして足に力を入れてポール(ストック)を使いながら立ち上がるようにしましょう。

自分の部屋で練習しておくことをおすすめします。

基本的なことを全て学べるスキースクールを受講するのもおすすめ

ここまで読んでいただければ、基本の姿勢や滑り方などについて少しわかっていただけたでしょう。

しかし、せっかく頭に入ったのであれば、実際に滑りに行く前にスキースクールを受講することをおすすめします。実践した方がよりわかるからです。

いくらイメージトレーニングをしても、実際に雪の上を滑るとなると予想外の動きになってしまうかもしれません。せっかく友達とスキー旅行に行くなら、一度スキースクールで体験して、当日一緒に楽しめるようにしましょう。

スキースクールと行っても、いろいろなコースがあります。朝から夕方まで1日びっちり教えてくれるコースもあれば、2時間くらいの短時間コースもあります。

また、レッスンの内容もレベルに分かれているので安心です。グループレッスンなら自分と同じくらいのレベルの人ばかりなので、安心して受けることができます。

スクールでプルークターンまで覚えたら、スキーが楽しくなることは間違いありません。多少の出費はありますが、私も2時間くらいのスクールに参加して基本的な滑り方を覚えました。そのおかげでスキーに対する恐怖感がなくなったことを覚えています。

もしスキー旅行までに時間があるなら、その前にスキースクールに行ってみることをおすすめします。