スキーは姿勢が大事!基本の姿勢や止まり方、滑り方の姿勢を解説

スキーには基本の姿勢があります。
ただ原理はわかっていても身に付けるまでが難しいため、予習しておくこともとても大切なことです。
ではスキーはどのような姿勢が基本となっているのでしょうか。止まる時の姿勢、滑る時のコツは?
滑る姿勢だけでなく、転び方や転んだ後の起き上がり方の姿勢も覚えておくといいでしょう。
スピードが怖いからといって重心を後ろにかけるのではなく、前傾姿勢で思い切って滑ってみることも必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スキーとスノボどっちも楽しみたい!という欲張りなあなたへ

スキーとスノボは冬のスポーツとして人気がありますし、どっちも楽しみたいのが本音ではないでしょうか。...

ダンスは独学でもプロを目指せる?プロのダンサーになる方法

ダンスは独学でもプロになれる?プロになりたい!という人も多いと思います。独学だとプロにはなれない...

体育の授業を行う目的と大人になってからわかる必要な意味

体を動かすことが苦手で、体育の授業はいつも憂鬱という方はいませんか?数学や国語などは、大人になっ...

バレエのコンクールに出場する時に先生に渡すお礼の相場と考え方

お金がとにかく掛かることで有名なバレエ。普段の月謝や衣装代だけでもお金が掛かる上、コンクール出場...

女性の社会人の服装のマナー!ビジネスシーンで着たい服

社会人になると、会社では今までと違う服装のマナーが必要です。子供っぽい洋服のままでは、周りからの印象...

祝儀袋の書き方・連名4人以上でご祝儀を出すときの書き方

連名4人で祝儀袋にご祝儀を包む時、ご祝儀袋の表書きにはどのように記入しているでしょうか。ご祝儀袋の表...

お茶とお菓子の置き方には決まりがある!お茶の基本の作法とは

会社や自宅に来客があった場合に、おもてなしとしてお茶やお菓子をお出しする機会もあるでしょう。...

初心者必見!テニスのオーバーグリップテープの替え時と巻き方

テニスを始めたらオーバーグリップテープという言葉を耳にするようになります。テニスのグリップには、元々...

結婚式で荷物を預けるクロークの活用法とサブバッグの選び方

遠方での結婚式の場合には、荷物が多くなることもあります。結婚式の会場にたくさんの荷物を持って行く時に...

結婚式のご祝儀の相場は?部下へのお祝いとご祝儀のマナー

結婚式の招待状を受けると、おめでたい気持ちとともに湧き上がってくるのが、結婚式のマナーやご祝儀に関し...

ご祝儀袋へのお札の入れ方と書き方のマナー【大人のマナー講座】

ご祝儀袋にお札を入れようとして、入れ方に戸惑ってしまうということはありませんか?結婚式のご祝儀を渡す...

卓球のダブルスに勝つための戦術・サーブレシーブにポイントが

卓球でダブルスを組んで試合をすることになったら、どんな戦術で挑めば試合に勝利することができるのか知り...

遅刻の理由を先に言わない方がいい場合もあるので注意しよう

寝坊して会社に遅刻しそう、取引先との約束の時間に遅刻しそうなど、社会人になっても遅刻してしまうことは...

レストランのマナー。ナフキンの使い方やポイントを簡単解説

レストランではマナーを守る必要がありますが、ナフキンもその一つ。よくお皿の上にナフキンがセッティ...

結婚式の持ち物をご紹介!男性ゲストの必要最低限の持ち物とは

結婚式の持ち物はどのようなものが必要なのでしょうか、結婚式に大きなバッグを持ち込むのはマナー違反。そ...

スポンサーリンク

スキー初心者は姿勢が大事!基本の姿勢を覚えるには

スキーを滑ったことがない人は、ゲレンデでどうやって滑ればいいのか想像もつかないのではないでしょうか。

まずは基本姿勢について理解しましょう。まず足を肩幅くらいに開いて立って下さい。その立った状態から膝を少し曲げて腰の位置を落とします。この時お尻を後ろに突き出さないように注意しましょう。お尻がかかとよりも後ろに出てしまうと、体重も後ろにかかってしまうため尻もちがつきやすくなってしまいます。

軽くしゃがむような感じをイメージしましょう。そして背筋もまっすぐにします。これが基本姿勢です。

この基本姿勢から、足をハの字にしてみて下さい。そうすればスキーを滑っている自分の姿を想像できるでしょう。

スキーを覚える時の基本中の基本、止まる時の姿勢と滑り方のコツ

スキーの基本姿勢がわかったら、次は止まる時の姿勢も覚えておきましょう。

傾斜の少ない坂を降りてくるイメージを持って下さい。ポール(ストック)があれば持ってみましょう。

ブレーキをかける時は、まずスキー板の後ろの部分を横に広げるように足をハの字にします。その時両腕はバランスが取れるように軽く開くようにしましょう。

そして膝を内側に曲げて下さい。そうするとスキー板のエッジが立つので、スピードが落ちます。これがブレーキとなって止まることができます。

この止まる姿勢も覚えておきましょう。また、ハの字でスキー板のエッジを立たせる時に後ろに体の重心をかけると、ブレーキ力が強まります。体の前後の力の入れ具合でブレーキの調節ができることを覚えておきましょう。

止まり方がわかったら、いよいよ滑り方です。基本はハの字です。その姿勢のまま滑っていきます。

滑り始めてスピードが出てきたら、止まる姿勢と同じように膝を内側に曲げます。そうするとスキー板の後ろが開きエッジが効いてスピードが落ちます。

反対に、スキー板の後ろが閉じるとスピードは上がります。これだけでも覚えていると、ハの字ですぐに滑れるようになるでしょう。

スキーでターンをする際の基本姿勢

ハの字で滑る「ボーゲン」をマスターしたら、今度はその状態でターンに挑戦しましょう。ボーゲンの状態でターンすることを「プルークターン」といいます。そしてポイントは体重移動にあります。

自分の部屋で実際に立ってイメージしてみて下さい。足の内側に体重をかけてスキーのエッジがきかせてターンする感じです。

このターンだけではなく、スキー上達のために体重移動は大切です。体重移動のやり方を覚えていれば転ぶことを防ぐこともできるのです。

プルークターンは初心者だけではなく、上級者になっても使えます。初心者のうちにしっかりと覚えておくようにしましょう。

スキーは転び方や起き上がる時の姿勢を覚えておくことも大切

滑り方やターンの方法がわかっていても、初心者は必ず転びます。その時にケガをしないためにも転び方と転んだ後の起き上がり方についても覚えておくようにしましょう。

まず、転び方です。転ぶ時は「お尻」から転ぶようにしましょう。この時、体をささえようと手をついてしまいがちですが、お尻から転ぶように意識して下さい。前ではなく、斜め後ろに転ぶ感じです。

この時、斜め後ろではなく、スキー板の間にお尻をついてしまうと止まることはできません。そのまま滑ってしまいます。必ず両足のスキー板の外側にお尻をつくように転んで下さい。

また、転んで立ち上がる時は、スキー板を平行にしてから体に近づけましょう。足が開いているとなかなか立ち上がれません。平行にした方が安定するので立ち上がりやすくなります。そして板が斜面に対して真横になっている状態かどうかも確認して下さい。その方がスキー板も安定します。

それから手をついてスキー板に重心を移しましょう。そして足に力を入れてポール(ストック)を使いながら立ち上がるようにしましょう。

自分の部屋で練習しておくことをおすすめします。

基本的なことを全て学べるスキースクールを受講するのもおすすめ

ここまで読んでいただければ、基本の姿勢や滑り方などについて少しわかっていただけたでしょう。

しかし、せっかく頭に入ったのであれば、実際に滑りに行く前にスキースクールを受講することをおすすめします。実践した方がよりわかるからです。

いくらイメージトレーニングをしても、実際に雪の上を滑るとなると予想外の動きになってしまうかもしれません。せっかく友達とスキー旅行に行くなら、一度スキースクールで体験して、当日一緒に楽しめるようにしましょう。

スキースクールと行っても、いろいろなコースがあります。朝から夕方まで1日びっちり教えてくれるコースもあれば、2時間くらいの短時間コースもあります。

また、レッスンの内容もレベルに分かれているので安心です。グループレッスンなら自分と同じくらいのレベルの人ばかりなので、安心して受けることができます。

スクールでプルークターンまで覚えたら、スキーが楽しくなることは間違いありません。多少の出費はありますが、私も2時間くらいのスクールに参加して基本的な滑り方を覚えました。そのおかげでスキーに対する恐怖感がなくなったことを覚えています。

もしスキー旅行までに時間があるなら、その前にスキースクールに行ってみることをおすすめします。