洋食のテーブルマナー【スープの飲み方】基本のマナーを解説

初めてフランス料理を食べに行くときは、テーブルマナーがわからないものです。実際に洋食を食べに行く前に、マナーをチェックして食事の席で恥をかかないようにしたいですよね。

ここでは、フランス料理でスープを飲むときのテーブルマナーやスプーンの使いかた・スープの飲み方についてお伝えします。

食事中に失礼にならないように・恥をかかないように、予めスープの飲み方を知ってスマートな振る舞いができるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【新婚夫婦の貯金の平均】毎月貯める金額について考えよう

結婚するとなると、いずれ生まれてくる子供のことを考えて毎月どのくらい貯金すればいいのか考えるようにな...

兄弟の結婚祝いはいつ渡す?という疑問を解決!相場も紹介

親族の結婚式、特に兄弟の結婚式は特別な思いがあるのではないでしょうか?もちろん結婚祝いを渡すでしょう...

字が綺麗な女は好印象!美文字が与える印象と綺麗な字を書く方法

綺麗な字を書く女性って憧れますよね!字が綺麗だと、なんだかその人の性格や生活も良いイメージがありませ...

サッカーのパスにはどのような種類がある?パスの特徴の話

サッカーのパスにはどのような種類があるのでしょうか?繋がるパスを出すためには、その場面に合わせたもの...

懸垂を行うと筋肉のどこに効果があるのか、詳しく説明します

筋トレの一つである「懸垂」。腕を使うから、腕の筋肉に一番効果があると思っている人も多いでしょう。...

男性の結婚式の服装マナー。夏の結婚式で覚えておくNGスタイル

夏の結婚式に招待された場合には、男性はどのような服装が相応しいのでしょうか。そこで、夏の結婚式に...

習字教室を開くには?自宅開業を目指しているあなたへアドバイス

「習字教室を自宅で始めたい」という主婦の方もいるのではないでしょうか。書道教室を開くには何が必要...

卓球の練習メニュー【中学生編】上達するためのポイント

卓球の練習メニューについて中学校の部活の場合、どんな練習方法が良いのでしょうか?卓球はしっかりと練習...

卓球のラケットの特徴【ペンタイプ】ペンホルダーについて解説

これから卓球を始めようと思ってる人の中には、どんなラケットを選べばいいか悩んでいる人もいるのではない...

バスケのシュートフォームでチェックしたい足の角度や向き

バスケは綺麗なシュートフォームを身に付けることで、シュート率を上げることができますが、ポイントは「足...

同僚の結婚式の断り方のポイントとご祝儀・二次会の断り方を解説

会社の同僚の結婚式に招待された時、予定が合わずに出席することができない・やむを得ない理由で欠席しなく...

御祝儀を連名で包むときの表書き・友達と連名で包むときの書き方

友達同士で御祝儀を包むことになった時、連名で包む場合は、御祝儀袋の表書きにどのように名前を記載すれば...

卒業式に相応しい服装選び。母親のコーディネートのポイント

お子様の卒業式に、母親はどのような服装で出席すれば良いのかお悩みの方はいませんか?卒業式での服装は上...

品出しバイトの志望動機のコツ!即採用に繋がるポイントの考え方

品出しのバイトの志望動機では、自分がどうして品出しのバイトに応募したのかという理由やきっかけを答えな...

友人スピーチの時のお辞儀の回数は多い!タイミングとやり方

友人の結婚式のスピーチを頼まれた時に、どんなスピーチをしようかと頭を悩ませるでしょうが、その他にもお...

スポンサーリンク

洋食のマナー・フランス料理でスープを飲むときのスプーンの基本的な使い方

普段何気なく使っているスプーン。しかし、フランス料理のコースでスープを飲む時に使うスープスプーンには正しい持ち方と使い方があります。

自宅にスープスプーンがあれば、実際に使って練習してみましょう。もしなければ、普通のスプーンでもOKです。

スープ用スプーンの持ち方

今回は右利きの人を想定して説明します。スープスプーンは右手で持ちますが、持つ位置はスプーンの柄の真ん中から上の部分です。

そして、親指と人差し指、中指で力を入れずぎずスプーンを支えるように持って下さい。

使い方

スープをすくう時はスプーンの7分目くらいにしましょう。こぼさないように口まで持っていくためです。

またスープをすくう時は、食器に当たって音がしないように注意しましょう。

使い方よりも大切なことは「スープをすする音をさせない」こと

すするのではなく、スプーンを傾けて口の中に流し込むようにすることを意識すると良いでしょう。

また、スプーンを全部口の中へ入れることもマナー違反とされています。スプーンの先の方だけ口の方へ入れるようにして飲むようにしましょう。

フランス料理の洋食のマナー・取っ手付きのカップに入ったスープ

フランス料理のスープは、平たいお皿で出てくる場合と取っ手付きのカップで出てくる場合と2つのケースがあります。

平たいお皿でスープを飲む時のマナーについては次で説明しますが、取っ手付きのカップの方が簡単です。それは、カップを持ち上げて飲むことができるからです。もちろん、スプーンを使って飲むこともできます。

スープを音をたてて飲むことは取っ手付きのカップの場合でもNG

両手でカップを持ち、音をたてないようにして飲むようにしましょう。

また、取っ手付きのカップをテーブルに戻す時も音をたてないように静かに置きましょう。

フランス料理のスープは全部飲まないことがマナーとされていますが、取っ手付きのカップの場合は全部飲んでも問題ありません。ただし、量が少なくなってきても音をたてないように気をつけましょう。

フランス料理のマナー・平たいお皿でスープを飲むときの洋食マナー

平たいお皿でスープが出てきた場合は、スプーンの使い方とすくう量に注意が必要です。
まず、スプーンの使い方ですが、フランス式は奥から手前にすくう方法ですが、日本では手前から奥にすくうイギリス式の方が多く使用されているようです。

右利きの人は右手にスプーンを持ち、左手でお皿を軽く押さえて平たいお皿の手前から奥へスープをすくうようにしましょう。この時、スプーンの三分の二くらいの量をすくうようにして下さい。

スプーンいっぱいにすくってしまうと、口に運ぶまでにこぼしてしまう可能性があるからです。少しずつすくうようにして飲むことがマナーです。

また、味噌汁を飲んている時に熱いと感じると口で息を吐いて冷まそうとしますが、これはフランス料理ではNGです。もし熱いと感じた場合は、スープスプーンで混ぜて空気を使って冷ますようにしましょう。

この時も音を立てないようにするために、スープの表面を軽くスプーンで混ぜるようにして下さい。

とにかく、音をたてずに飲むことが大切です。自信がない人は、味噌汁で練習してみましょう。

パイ皮がついたスープを飲むときのマナー

フランス料理のスープの中には、パイ皮がついたスープもあります。もしパイ皮のスープが出てきた時にも慌てないために、マナーについて覚えておきましょう。

パイ皮がついたスープが入った器は、熱くなっています。お店の人も「器が熱くなっているのご注意下さい。」と言ってくれるとは思いますが、やけどしないように気をつけましょう。

  1. まず、パイ皮に穴を開けます。この時スプーンではなくナイフとフォークを使って切り込みを入れます。
  2. 切り込みを入れたパイを少しずつスープの中に落としながら、スープに染み込ませてスプーンを使って食べます。
    パイ皮を全部スープに入れようとはせず、少しずつ入れるようにしましょう。それがマナーです。
もしスプーンしかついていない場合は、スプーンを使ってパイ皮を少しずつ崩していきましょう。スプーンの場合でも、全部入れないように注意して下さい。

スープの量が少しになったときの食べ方・スープは少し残すもの

スープの量が残り少しになったとき、ここが一番大変かもしれません。

まず、お皿の手前を少し持ち上げるようにします。そしてスープの残りを奥の方へ寄せるようにしてからスプーンですくうようにして下さい。

お皿を持ち上げてもスープをスプーンですくえなくなったら、スプーンを置く

取って付きのカップの場合は全部飲んでもよいのですが、平たいお皿の場合は全部飲んでしまうとマナー違反となってしまいます。
「残す方がマナー違反なのでは?」

と思ってしまうかもしれません。私もそう思いましたが、すくえなくなったら残すのがマナーだと覚えておきましょう。

もったいないからと少し残ったスープにパンをつけて食べることもNG

最後にスプーンの置き方についても覚えておきましょう。

スープを飲み終えた時は平たいお皿の中にスープスプーンを置きますが、時計が4時になった時の短針の向きを思い出して下さい。その角度にスプーンを置きます。

カップの場合は受け皿の上に置きますが、スプーンはカップの手前でも奥でもどちらでもOKです。

スープの飲み方は、慣れれば問題はありません。平たいお皿にスープを入れて、自宅で練習してみましょう。