中国の結婚式のご祝儀の相場と日本の結婚式の違いを徹底解説

中国にいる友人の結婚式に出席することになった場合、ご祝儀はいくら用意すればいいのか悩む人も多いでしょう。

実は、中国のご祝儀の相場は日本のように決まってはいませんが、「偶数」の金額を用意することが大切だと言われているようです。

今回は、中国の結婚式のご祝儀と日本の結婚式との違いについて詳しく説明します。中国のご祝儀袋は赤色の封筒です。その封筒にご祝儀を入れて用意しましょう。

また、日本の結婚式と違い、出席者の服装にルールはありません。ジーンズで出席する人もいるようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洋食のテーブルマナー・食べ終わりのマナーやNGな行動を解説

初めて彼と洋食を食べに行くことになった時、テーブルマナーを知って恥ずかしくない振る舞いをしたいと考え...

ダンスの上達期間と効率的なコツコツ練習で上達スピードもアップ

ダンスが上達する期間とは一般的にどれくらいなのでしょうか?ダンスを始めたばかりだと、いつになったら人...

海外のリゾートバイトを短期で!おすすめや後悔しない選び方

海外でのリゾートバイトを短期でしてみたいけど、実際考えると不安になる人もいるはず。海外留学に行きたい...

バブル時代の給料平均からみる今では考えられない仰天エピソード

今では考えられないあのバブル時代。給料の平均をみても、新卒の新入社員でさえかなりの高額を手にして...

バスケのコツを徹底解説!ディフェンスは攻めることも大切です

部活でバスケをしている人の中には、ディフェンスが上達しないことが悩みだという人もいるでしょう。...

結婚式のお呼ばれにはヘアアレンジが必要なポニーテール

結婚式にお呼ばれをしたら、まずは服装が気になりますが、髪型やヘアアレンジもマナー違反にならないように...

テニスの練習方法。自宅で存分にできるトレーニング

テニスはラケットとボールを使って、コートで練習しないと上達しないと思ってはいませんか?もちろ...

内祝いを贈る時のお礼状はどんな封筒にすべき?封筒の選び方

結婚や出産などでお祝いをもらったお礼いに内祝いと一緒にお礼状を添えたい場合、どんな封筒に入れるべきで...

化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?化粧に対する考え方

「化粧をしない女性は社会人としてマナー違反だ」という議論が世の中を騒がせていますが、女性が化粧をしな...

柔軟剤の臭いに苦情!キツすぎる臭いはスメルハラスメントに!

洗濯物をいい香りに、ふんわりとした仕上がりにしてくれる柔軟剤。自分の好きな香りのものを見つけて常用し...

習字教室を開くには?自宅開業を目指しているあなたへアドバイス

「習字教室を自宅で始めたい」という主婦の方もいるのではないでしょうか。書道教室を開くには何が必要...

バレエのコンクールに出場する時に先生に渡すお礼の相場と考え方

お金がとにかく掛かることで有名なバレエ。普段の月謝や衣装代だけでもお金が掛かる上、コンクール出場...

スノーボードの初心者はスタンスをどう決める?コツやポイント

スノーボードの初心者はスタンスをどう決めたらいいのでしょうか?自分の利き足がどちらかを知る方法とは?...

字が綺麗な女は好印象!美文字が与える印象と綺麗な字を書く方法

綺麗な字を書く女性って憧れますよね!字が綺麗だと、なんだかその人の性格や生活も良いイメージがありませ...

退院のお礼を医師に渡したいときのポイントと注意点とは

入院していた病院を退院するときには、お世話になった医師や看護師にお礼を渡したいという人もいるのではな...

スポンサーリンク

中国の結婚式のご祝儀の金額の相場は、地域によっても違います

結婚式に出席するときは、いつも以上にマナーやルールに気を遣います。何度出席しても、毎回確認をしてしまいます。
マナーを知らずに出席してしまうと、自分自身が恥ずかしい思いをしてしまいますからね。

それが日本以外の結婚式となると、知らないことも当然増えてくるので、事前に調べておくことが鉄則です。

ここでは中国の結婚式について紹介していきます。

ご祝儀

日本の場合、新郎新婦との関係性や、結婚式が行われる地域によってご祝儀の金額に違いはありますが、ある程度の相場はなんとなく決まっているような気がします。

関係性や地域によってご祝儀の金額が変わるということは、中国の場合でも同じことが言えるようです。

しかし、その金額の幅は日本とは比べものになりません。
ご祝儀が高い地域と安い地域では、なんと金額に10倍もの差があるのです。

ただ、これはあくまでも目安として設けられている相場なので、自分のお財布に無理のない範囲でご祝儀を渡しましょう。
必ずしもこの金額ではいけない、ということではありません。

中国の結婚式でご祝儀を渡す場合は「偶数の金額」にしましょう

中国の結婚式に出席する場合、ご祝儀はどのように渡すべきなのでしょう。
日本ではご祝儀袋にお金を包みます。

中国も同じく、中国のご祝儀袋に入れて渡すことが一般的

「紅包」という赤いご祝儀袋で、日本の淡い色を基調としたご祝儀袋に見慣れていると少々驚くかもしれません。
それほど鮮やかな赤い色をしています。

中国では一般的に使われるご祝儀袋なので、さまざまな場所で販売されています。
見つけるために苦労した、ということはなさそうです。

紅包に入れるご祝儀の金額、絶対にこの金額という決まりはない

ただ、日本と同じように、新郎新婦との関係が親しい場合はご祝儀の金額も増えますし、先輩や上司の場合でも金額は増えることが多いです。

そして中国の多くの地域では、結婚式のご祝儀は割り切れる偶数の金額を渡すことが良いとされています。

さらに中国では8という数字が縁起がいいので、ご祝儀の金額に8という数字を含むようにすることもいいです。800元、680元のように、8がどこにきても大丈夫です。

中国の結婚式に出席する場合の服装は、なんでもOKです

結婚式に出席するとなると、日本の場合は男性はスーツ、女性はフォーマルドレスを着ていくことが一般的です。
品のあるフォーマルな装いが絶対条件になっています。

中国の結婚式の場合、服装には特に決まったマナーはない

普段着で出席する人がほとんどで、スーツやフォーマルなドレスで出席した方が違和感を感じてしまうほどです。

中にはデニムのみならず、ジャージやスウェットで出席する人もいるようなので、日本の感覚では非常に驚きですが中国ではこれが普通なのです。

あれこれ気にせずに、気軽な気持ちで出席出来るという点ではいいかもしれませんね。
出席する気持ちが大切なのでしょう。

中国の結婚式と日本の結婚式は服装以外にも違いがあります

中国の結婚式に出席する場合の服装が、あまりにも自由で驚きましたね。
しかし、中国と日本の結婚式の違いはまだまだ他にもあります。

結婚式の出席者

日本の結婚式の場合は、新郎新婦の家族や親戚、友人や職場の人を招待することがほとんどです。

結婚式の規模も本当にさまざまで、あえて小規模な結婚式を挙げるということも珍しくありません。

中国の結婚式は非常に盛大

来れる人はみんな来るという感じで、数百人規模の結婚式はむしろ普通です。

席も細かく決められているわけではないので、新郎新婦との関係性によってなんとなく座る場所を選ぶという感じです。
細かく決められていないからこそ、どんな人でも気軽に出席出来るのかもしれないですね。

結婚式の開始時間

日本の場合は結婚式に遅刻するなんてありえません。
開始時間通りに結婚式が始まります。

中国の場合は、開始時間がそもそも○時18分や28分と区切りの悪いように感じる時間になっています。
これは先ほど紹介した、8という縁起のいい数字を意識していることです。

8を意識しているなら納得なのですが、この時間通りに結婚式が始まることはほとんどありません。
だいたい時間を過ぎます。

過ぎるならもう8という数字の関係ない時間になっているじゃん…ということですよね。

中国の結婚式では、ご祝儀を新郎に直接渡します

中国の結婚式では、ご祝儀は直接新郎に手渡します。

と言っても非常に自由な中国の結婚式では、食事だけを済ませて帰るというパターンも全然ありです。
そのため、新郎新婦と顔を合わせることなく帰る、ということもあるようです。

これでは新郎にご祝儀を渡せませんよね。
ご祝儀を渡すためにわざわざ新郎を待つという概念はあまりないので、その場合は新郎の父親にご祝儀を渡して帰るようです。

誰からどのくらいご祝儀を貰ったのかわかるように、ご祝儀袋の裏面に包んだ金額と自分の名前は記入しておきましょう。

日本といろいろな違いがあり、中国の結婚式には驚く点がたくさんありました。
しかし共通していることは、新郎新婦の門出を祝うという気持ちです。

マナーの違いはたくさんありますが、みんな新郎新婦を祝福するために結婚式に出席しているのです。