結婚式なのにふくさがないのはNG?ふくさのマナーと代用品

結婚式に出席するときは、ふくさにご祝儀を包んで持参します。ですが、ふくさを用意しておらず、手元にふくさがないこともあります。

結婚式に持参するご祝儀は、ふくさに包まなくてはいけないものなのでしょうか。ふくさがない場合の対応と併せてチェックしてみましょう。

ご祝儀をふくさに包んで持参することにはきちんと意味があります。新郎新婦のお祝いの席でマナー違反をしないように、チェックしてみましょう。

また、ご祝儀を渡すときのポイントについてもご紹介しますので、こちらも併せて確認してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電車で新聞をガサガサするのは迷惑行為?電車内での迷惑行為とは

電車に乗っている時、車内が混雑しているのにもかかわらず新聞をガサガサ広げている人っていますよね。周囲...

スキー初心者の道具選びのポイント!チェックするべき項目

スキーをこれから始めるというスキー初心者はどのような道具を揃えれば良いのでしょうか? スキーを選び...

外国と日本の文化の違いについて色々知りたい

外国と日本の違いと言えば、言葉の違いや、髪や瞳の色などの見た目の違いがあります。 その他の大きな違...

バドミントンの試合で緊張!緊張を受け止めて試合に勝つには

バドミントンの試合の前、どうしても緊張をして体がカチカチになってしまう人もいるのではないでしょうか。...

夫婦で香典を包む金額の目安は?表書きの書き方と香典袋について

夫婦で香典を包むことになったけど、香典の金額はいくら包めばよいのかわからない、マナー違反にならないよ...

成人式の二次会の服装と靴は会場に合わせて選ぶのが間違いなし

成人式に出席する時には振り袖という女性が多いですが、二次会に出席する時には、着替えるのが一般的です。...

飲食店にはちょっとの持ち込みでも非常識になると知っておこう

飲食店へ持ち込みをして飲食するのは非常識な行動だと理解している人は多いと思いますが、赤ちゃんの離乳食...

野球のドラフトの仕組みについて気になるルールを解りやすく解説

野球のドラフト会議の仕組みについて、野球を観るのは好きだけどドラフト会議の仕組みやルールまではよく解...

男の嫉妬は怖い!仕事で・職場で女性に嫉妬する男への対処法

会社の同僚男性に仕事の面で嫉妬をされている、職場で嫌な思いをしているという女性もいるのではないでしょ...

パーティードレスの選び方。結婚式にNGな色と注意したいマナー

結婚式に招待された時には、どんな色やデザインのパーティードレスを着ようか迷ってしまいます。また、結婚...

体育の授業は何が目的で行われているのか知りたくありませんか?

学校の勉強は国語、算数(数学)、理科、社会、それに英語に家庭科、保健体育などなど、さまざまな教科があ...

水泳大会に絶対必用な持ち物と忘れ物をしないための極意を解説

初めての水泳大会が近づき、どんな持ち物を準備すればいいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。特...

遠方の葬儀に子連れで参列する時の判断基準と子供の服装・マナー

遠方で葬儀が行われるとき、子供を連れて葬儀に参列すること、特に小さい子供を連れて葬儀に参加するのはと...

春の飾り付けを折り紙を使ってするのなら、これがおすすめ

春は明るく希望に満ちた季節ですよね。 そんな明るい気持ちをより明るくするために飾り付けで盛り上げる...

御祝儀を連名で包むときの表書き・友達と連名で包むときの書き方

友達同士で御祝儀を包むことになった時、連名で包む場合は、御祝儀袋の表書きにどのように名前を記載すれば...

スポンサーリンク

結婚式のご祝儀を包むときにふくさがないのはマナー違反?ご祝儀のマナー

結婚式に出席する際のいくつかのマナーがあります。

マナーとは礼儀作法
ですからマナーからはみ出ていたとしても咎められることはありませんが、マナーを知らないことはあなたの格を落とす事になってしまうかもしれません。

結婚式のマナーもはいろいろありますが、その中でも「ふくさ」は忘れがちな1つです。

ふくさはご祝儀を包むためのもの

「大切な品を綺麗にお渡しする」という心遣いが含まれている

また、おめでとうの気持ちも一緒に運んできたという意味合いも含まれています。
日本らしい慎ましやかなマナーですよね。

ですから、大切なご祝儀を裸のまま持ち歩くのはマナー違反なのです。

もしも自分がご祝儀を受け取るとき、ボロボロになっているご祝儀を渡されたら、喜びたいのに喜びきれないですよね。
不快とまでは思わないかもしれませんが、良い気分にも慣れないでしょう。

相手のお祝いの為の品ですから、手放しで喜んでもらえるように礼を尽くすしたいですね。

ご祝儀を包むふくさがないときは代用品で対処!結婚式のマナー

快くご祝儀を受け取ってもらうためのマナーが、ふくさです。
しかし、結婚式への出席が初めてだったり、あまり慣れていないと忘れてしまうこともありますよね。

だからと言って慌てることはありません。

ふくさの目的は「大切な品を綺麗にお渡しする」ですから、ふくさにこだわるのではなく、「綺麗な状態でお渡しする」ということに焦点を当てましょう。

ふくさは、ハンカチで代用することが出来る

また、小さめの風呂敷などでも良いでしょう。

風呂敷は昔から大切な贈り物を運ぶ時に使われてきたもの

風呂敷とふくさは基本的には同じで、綺麗なままお渡しする心遣いと、心も一緒に運ぶ役割を果たしてきたものです。

結婚式のご祝儀を包むときにハンカチで代用するときの色について

結婚式でふくさがない時には、ハンカチで代用するのが一般的です。
風呂敷よりも手元にある確率が高いですよね。

ふくさの代用をハンカチにする時に注意したいのが、「色」

ふくさは結婚式などの慶事だけでなく、香典などの弔事の際にも使われるものです。

  • 慶事用のふくさは暖色系で、赤、えんじ、桃色、オレンジ、藤色、金など
  • 弔事用のふくさは寒色系で、青系や緑系、グレーなど

どちらの場合にも使えるのが高貴な色とされる、濃い紫色です。

結婚式でふくさのかわりにハンカチに包むなら、慶事用ふくさに使われるような明るい色合いのものを選びましょう。
間違いやすいのは青系や緑系です。
これらの色が使われた明るい雰囲気のハンカチもありますが、弔事用の色となりますから、結婚式では控えてくださいね。

ふくさがないときはハンカチや風呂敷で代用!結婚式のご祝儀の包み方

結婚式でふくさがないのでハンカチや風呂敷で代用する時、大切なのは包み方です。

ふだんから四角い布のふくさを使われている方なら、同じように包むだけなので迷うことはありません。
しかし、最近流行っているふくさは封筒型。
包みやすく渡しやすいので人気ですが、封筒型を使われていると、包み方がわからずに困ってしまうかもしれませんね。

包み方を間違うと、慶事ではなく弔事用の渡し方となってしまうので、ここでも注意が必要です。

ハンカチでご祝儀を包む方法

  1. ハンカチの表が下になるようにして、ダイヤ型になるように角が上下左右にくるよう広げます。
  2. ハンカチの中心よりやや左側に、ご祝儀が表向きになるように置きましょう。
  3. ハンカチの左側の角をご祝儀に沿って内側に折りたたみ、続いてハンカチの上側、下側の順に内側へ向かって折りたたんで、最後に残った右側も左に向かって折ります。
  4. はみ出る部分は裏側へ回して、ご祝儀を包みます。

結婚式でご祝儀を渡すときのポイント

結婚式でふくさのかわりにハンカチを使ってご祝儀をお渡しする場合にもマナーがあります。

ふくさ代用のポイント3つ

  1. 包んだ時と同じ順で開くこと
  2. ご祝儀の下で、包むときと同じ順でハンカチを折りたたむこと
  3. ご祝儀は相手に向けてからお渡しすること

詳しい渡し方をご説明しましょう。

ハンカチで包んだご祝儀の渡し方

  1. ハンカチで包んだご祝儀の表を上にして、自分からみて正面になるようにして左手にのせます。
  2. 包んだときと逆の順番で、右側、下側、上側、左側の順に開いていきます。
  3. ご祝儀の下で、包むときと同じ順で左側、上側、下側、右側の順にご祝儀のラインにあわせて折っていきます。ご祝儀の下でハンカチが折り畳まれた状態になります。
  4. ハンカチごと180度回転させて、相手の方にご祝儀を向けてから、両手を添えて差し出します。

ハンカチで包んだご祝儀の渡し方は、台の無いふくさと同じ方法です。
はんかちを折りたたむ順番を間違えないように注意して下さいね。

包んだりお渡しする時のことを考えると、封筒タイプの袱紗はとても手軽でおすすめです。
これからもこういった機会があるでしょうから、結婚式にもお葬式にも使える濃い紫色の封筒型ふくさを1つ用意しておくのがおすすめです。