ドライバーのコツとは?初心者は力の入れすぎを直しましょう

初心者がドライバーを打つときにはどのようなコツが必要なのでしょうか?ドライバーを打つときには、どんなことを意識しながら打っていますか?

飛ばしたいという気持ちが強すぎて、力を上手く伝えられなかったり飛ばしたい方向に行かない原因と対処方法を紹介します。

飛ばない原因を突き詰めて、微調整をしていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

住所の正式な番地の書き方!縦書きをする際には注意が必要

ハガキや封筒に縦書きで宛名や住所を書く時、番地の書き方に注意をしていますか?宛名書きをする場...

野球のピッチャーに必要なトレーニングとストレッチについて

野球のピッチャーは、とにかくトレーニングをする種類と量が多いのです。ですから、目的意識をもって、...

ペンの持ち方が変。改善して美しい字を書くためには

ペンの持ち方が変だと思っていても、書きやすさを優先させてしまって、正しいペンの持ち方で文字を書くこと...

バドミントンの試合で緊張!緊張を受け止めて試合に勝つには

バドミントンの試合の前、どうしても緊張をして体がカチカチになってしまう人もいるのではないでしょうか。...

習字教室を開くには?自宅開業を目指しているあなたへアドバイス

「習字教室を自宅で始めたい」という主婦の方もいるのではないでしょうか。書道教室を開くには何が必要...

お祝いのお返しに商品券は失礼?結婚祝いの内祝いのマナーを解説

結婚式のお祝いを頂いていたとき、どんな内祝いをお返ししようか悩むこともあります。内祝いをお返しした人...

バスケのコツ!ドリブルが上達する初心者がやるべき練習

バスケのドリブルは、初心者にとってはなかなかボールを上手くコントロールすることができずに、難しいと感...

バブル時代の給料平均からみる今では考えられない仰天エピソード

今では考えられないあのバブル時代。給料の平均をみても、新卒の新入社員でさえかなりの高額を手にして...

卓球の初心者が出来るサーブ練習のやり方とポイントを紹介

卓球を始めたばかりのころは、サーブが入らなかったりすぐにネットに引っかかってしまうでしょう。...

スキーのターンの種類と特徴。滑り方のコツや練習方法も紹介

颯爽とスキーを滑る姿は、男性も女性も格好いいと思いますね。スキーの初心者は基本の滑り方「ボー...

バレーボールのフローターサーブの練習方法と上達のコツ

バレーボールの試合はまずサーブから始まります。そのサーブがなかなか上手く入らないと悩んでいる方は多い...

水泳の競泳の競技の種類について。特徴とルール

水泳の競泳の競技にはいろいろな種類があります。『自由形』・『背泳ぎ』・『平泳ぎ』・『バタフライ』...

銭湯のマナー・かけ湯をしてから入浴!覚えておきたい入浴マナー

温泉や銭湯に入浴する時は、湯船に浸かる前にかけ湯をするのがマナーです。でも、どうして入浴前にかけ湯を...

遠方の葬儀に子連れで参列する時の判断基準と子供の服装・マナー

遠方で葬儀が行われるとき、子供を連れて葬儀に参列すること、特に小さい子供を連れて葬儀に参加するのはと...

電車の車掌の給料の目安や休暇について。車掌になるまでの流れ

高卒でも就職できる仕事として、電車の車掌の仕事に就きたいと考え方もいると思います。そこで、気にな...

スポンサーリンク

初心者ドライバーで打つときにしてしまいがちな事

ドライバーはゴルフクラブの中で最もシャフトが長く、ヘッドも大きくなります。クラブの中でも7番アイアンくらいだと振ったときの感触もつかみやすくなりますが、ドライバーは長いため扱いにくいという初心者も少なくないはずです。

ドライバーは長くてヘッドが大きいため、バックスイングをとったときに思うように動かすことができない場合があります。それを無理にコントロールしようとすることで、ますますおかしな動きになってしまいます。
バックスイングでは慣性モーメントが発生します。それを上手く利用するようにします。

ドライバーを振るときは遠心力を切らさないようにすることがコツ

まずはドライバーを左手だけで握り、左右に振ってみてください。クラブを振り子運動させます。その状態で重心を右におくと、クラブヘッドはワンテンポ遅れて右に振り上がります。重心を左に移すとヘッドはまたワンテンポ遅れて左へ戻ります。

腕が水平になるところでキープし、素振りを連続で行ってください

遠心力を切らさない素振りを理解できると思います。

初心者がドライバーでおこしやすいミスに手打ちもあります

手打ちをしてしまうとドライバーで飛距離を出すことができません。手打ちにならないようにするためには、体の捻転を使ったパワーをインパクトに伝えることが重要です。

また、しっかり打ったつもりでも、ただ当てているだけという場合も多いです。もしかしたらOBを出さないようにとスイングを無意識に弱めてしまっているのかもしれません。ドライバーで遠くへ飛ばすためには、インパクトの前から加速させて振り抜くことがポイントです。

初心者がドライバーを打つときのポイント

ドライバーを打つときは3つの点に気をつけてみてください。

注意したい3つのコツ

ボールの位置

ボールの位置はクラブが長くなるにつれ左の方へ置くことが良いので、ドライバーの場合も中央よりも左側へ置きます。アドレスしたときの左足のかかとの延長線上に置くようにしてください。自分の左脇の真下を目安にしても良いです。

ティーアップする

ドライバーは必ずティーアップをして打ちます。ティーの位置はフェースからボールが半分くらい見える状態がベストです。

ボールと自分との距離

ドライバーの場合は自分の体とグリップとの間が握りこぶし2つ分を空けるようにしてください。近すぎても遠すぎても手打ちになってしまいます。アドレスをして腕が曲がるようなら近すぎで、腕が伸びて脇が空いてしまう場合は遠すぎです。

初心者ドライバーは正しいスイングを覚えるのがコツになります

ドライバーで飛距離を出すためには、スイングを正しく行うことが重要になってきます。スイングにもコツがありますので、おさえておきましょう。

初心者はまず上半身をリラックスした状態にしてください

大きく飛ばそうと意識しすぎると体に力が入ってしまいます。腕や上半身をリラックスさせると、自然と下半身が安定してきます。スイングのときは腕だけではなく体全体を使うことを忘れないでください。

スタンスは肩幅よりやや広めにとります

下半身を安定させることで体重移動をスムーズにして上半身を大きく使うことが可能になります。
スイングのときの体重移動は、体を右に捻りながら右足に体重を乗せたら、体を回転させると自然と左足に体重が移動します。

手首の角度にも注意してください。ボールを撃ち終わるまでは右の手首の角度を変えることはありません。右の手首の角度はそのままで、右肘を伸ばしてスイングをします。

ドライバーで飛ばしたい方向に打つコツ

アイアンでは曲がらないのに、ドライバーではスライスしてしまうという初心者も多いです。

ドライバーでスライスになってしまう原因のひとつにフェースの向きがあります

インパクトでフェースが開いてしまうと、フェースの正面にボールが当たらないため、ボールは右側にいってしまいます。

振り遅れも原因のひとつです

少しでも遠くへ飛ばそうとして全身の動きが速くなっているのかもしれません。ドライバーはシャフトが長いため、上半身を回転させても腕がついてこなくて、結果的に振り遅れてしまうことになります。体が目標の方向に向いていても腕がついてきていないと当然ヘッドも遅れて開いたままになってしまいます。

ドライバーを打つコツはほどよく力を抜くこと

ドライバーは飛距離を出したいために、どうしても体に力が入ってしまいがちです。遠くへ飛ばそうと大きく振ってしまうようなときは、コンパクトに振り抜くことを意識してみてください。

上半身の力を抜いてリラックスすることも大切です。腕だけではなく体全体を使って振るためにも下半身を安定させることです。スタンスを広めにとり、ティーの位置やアドレスにも気をつけてください。

スイングをする時に早く体が開いてしまうとクラブの動きが遅れてしまいます。その結果フェースが開いた状態でインパクトになってしまいます。
飛くへ飛ばそうとして体を早く回転させ過ぎても腕とのバランスが悪くなり、振り遅れの原因になります。

ドライバーでは飛距離を稼ぎたいところですが、アドレスやスイングが正しく行えていないとボールが曲がってしまったり、思ったように飛ばすことも出来なくなってしまいます。
まずは基本に注意して、正しいスイングを身につけるようにしてください。