暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

スライスの打ち方とは?テニスのスライスを打つコツ

      2019/03/03

スライスの打ち方とは?テニスのスライスを打つコツ

テニスのスライスを打つときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?スライスを打つ時に意識すると良いポイントやコツを紹介します。

タイミングを間違えてしまうと、相手のチャンスとなってしまう諸刃の刃でもあるスライス。スライスの特徴を知ることで、打ち方や効果的な打つタイミングなどを知ることができます。

試合に役立つテクニックを、コツを覚えて身につけましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

テニスのスライスはどんなショット?スライスの特徴

テニスの中では、スライスの使い方によって攻撃の幅を広げることができます。

テニスのスライスショットの原理

スライスショットとは

簡単に言ってしまえば打つ時にボールに逆回転をかけ、その空気抵抗によってボールを浮遊させる打ち方のことです。

ボールが空中にいる時間が長いため、ラリーの最中に時間をかせぐことが出来、試合中に使うには有効なショットのひとつです。

ボールの回転が多ければ多いほど、空中の滞在時間も長くなるため、時間を長くかせぐことができます。

また、回転率が高いボールは、地面にバウンドした時の跳ね返りが少ないため、相手にとっては打ち返しにくいという特徴があります。

そのため、強打で返ってくることが少なく、守備的要素の強いショットであると言えます。

テニスの試合においては、重要な技術のひとつであるスライスショットですが、回転のかけ方次第でバウンドの仕方も変わってきます。

スライスの打ち方を変えることによって、その後の試合展開を広げ、攻撃をすることもできるのです。

テニスのスライスを打つときのコツとは

スライスは、日本語に訳すと「切る」という意味ですよね。

スライスショットというくらいですから、”切るように打つ”と思いがちですが、この打ち方では、ボールに回転はかかっても、力が入らず、速度は落ちてしまいます。

スライスショットは、ボールへのラケットの当て方がポイント

正しいスライスショットの打ち方は、肩と同じ高さからボールをまっすぐ打つことがポイントです。

ボールに当てる時、上向きにしてしまいがちですが、あくまでも「まっすぐ」押し出すこと。
ラケットの面をボールの正面に当てることが大切です。

ボールを打つ強さよりも、ボールにラケットを当てる”当て方”を意識して、スライスショットを打ってみましょう。

サイドスピンがかかっていても大丈夫テニス初心者がスライスを打つときのコツ

スライスショットは、ボールに逆回転をかけることですが、打ち方によっては横回転(サイドスピン)がかかってしまうこともありますよね。

最初はサイドスピンが入りがち

サイドスピンをかけようとしてサイドスピンになれば問題ないですが、逆回転をかけようとしてサイドスピンがかかってしまうと、「完全なスライスじゃない」と思ってしまいがち。

でも、テニス初心者がスライスを練習する時に、サイドスピンが入ってしまうことはよくあります。

最初から純粋な逆スピンだけのスライスショットが打てるのは稀なこと

最初は、サイドスピン混じりのスライスショットで問題ありませんよ。

むしろ、サイドスピンが入ることによって、球が横にそれるため、相手にとっては打ち返しにくいショットであることに変わりはありません。

練習を繰り返すことによって、スピンのかけ方を使い分けられるようになるようにしましょう。

テニスのスライスを上達させるコツはイメトレ

スライスはテニスの試合では、色々なところで使うことが出来る有効なショットです。
スライスを練習する時はボールの打ち方も大切ですが、自分がどこにボールを打ちたいか具体的にイメージすることも重要です。

まず、自分のところにくるボールがどのようなものかによって打ち返し方も変わりますよね。

スライスを打つ時に大切なのは、ラケットの向きとテイクバック

低めのスライスを打つ場合は、ラケットの向きはやや上向きが良いでしょう。

テイクバックは水平に保ちます。

遅めで滞空時間が長いスライスを打つ時には、ラケットは上を向かせ、テイクバックは斜め下を狙います。

イメージトレーニングをすることで、打ち方も身に付き、どんなボールにも対応できるようになるでしょう。

スライスを打つタイミングを間違えないようにしましょう

スライスは、テニスにとって有効なショットのひとつですが、スライスを打つべきタイミングをしっかり見極めないと、スライスの意味がありません。

スライスは使うべき時に使うことで意味がある

スライスは、むやみに使うのではなく、使うべき時に使うことで効果を発揮します。

使うシーンの代表的な例が、ラリーのテンポが早めの時や、強いショットを打たれた時です。

ポンポンと早いテンポで続くラリーに、スライスを取り入れることにより、相手のタイミングやテンポを乱すことが出来ます。

これにより、相手のミスを引き出したり、また自分自身の体勢を整えることもできます。
強いショットが打ち込まれた時も、スライスで返すことによって相手も隙をつかれ、ミスを誘発しやすくなることも。

相手にとって、嫌なタイミングで使われたスライスは有効なショットになります。使うシーンを選んで、スライスを使ってみましょう。

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ