スライスの打ち方とは?テニスのスライスを打つコツ

テニスのスライスを打つときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?スライスを打つ時に意識すると良いポイントやコツを紹介します。

タイミングを間違えてしまうと、相手のチャンスとなってしまう諸刃の刃でもあるスライス。スライスの特徴を知ることで、打ち方や効果的な打つタイミングなどを知ることができます。

試合に役立つテクニックを、コツを覚えて身につけましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケのコツ!シュートの成功率を上げたいなら指先を意識しよう

バスケの技術の中でも重要なシュート。コツを身に付けて成功率を上げたい!そんなあなたに耳寄りな情報が「...

似ているけれども全然違う?野球とベースボールの違い

野球とベースボールにはどのような違いがあるのでしょうか?ルールは同じでも、ここまで細かい違いがあると...

サッカーの夏休みのおすすめ練習メニューをご紹介【高校編】

高校のサッカー部の夏休みの練習メニューを考えるように言われても、何から始めればいいのかわからない人も...

野球とサッカーでは身体能力の差がある?身体能力が高い人の特徴

昔から根強い人気のあるスポーツ、野球とサッカー。子供たちに将来なりたいのは?と聞くと、だいたい野...

特別な人に高級な日用品をプレゼントしたい

会社の上司や配偶者の親など、自分にとって特別な人に何かプレゼントを贈るなら、出来れば、印象に残って喜...

バリ移住でできる仕事やすることのメリットと有利なポイントとは

バリ島に移住して仕事をしたいという人も多いのではないでしょうか。では、バリ島に移住して仕事を...

教育実習と就活被りはメールより電話対応のススメやポイント

教育実習の日程と就活の面接の日程が重なってしまったときに、メールで対応してしまいたいと思ってしまうか...

化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?化粧に対する考え方

「化粧をしない女性は社会人としてマナー違反だ」という議論が世の中を騒がせていますが、女性が化粧をしな...

野球の練習メニュー・守備が上達する練習法と練習メニューを紹介

野球の守備がうまくなる練習メニューについて知りたい・練習するときはどんなことを意識して練習をすればい...

外国の人やハーフの人の名前にある「ミドルネーム」ってなに

日本人の名前と言えば、「名字」と「名前」の2つの言葉で構成されていますよね。しかし、外国人やハー...

休む時の言い訳で面白いものって?使うかどうかはあなた次第!

会社を休む時の言い訳は、風邪をひいたなどの健康上のものとか、親戚に不幸があったなどといった理由を使う...

岩盤浴でスマホが大丈夫でも注意したい事とルールやマナー

しっかり汗を流したい・体も心もリフレッシュしたいと岩盤浴は女性にも男性にも人気があります。ス...

イベントに出るために仕事を休む時に使える言い訳と注意点

イベントに出るという理由で仕事を休むのはなんだか恥ずかしい、言いにくいという事もあるでしょう。...

成人式の二次会の服装と靴は会場に合わせて選ぶのが間違いなし

成人式に出席する時には振り袖という女性が多いですが、二次会に出席する時には、着替えるのが一般的です。...

お祝いの封筒にのりづけは必要か?ご祝儀袋のマナーをご紹介

お祝いの封筒、ご祝儀袋にお金を入れたら、のりづけをするべきなのか?迷ったことありませんか?ご...

スポンサーリンク

テニスのスライスはどんなショット?スライスの特徴

テニスの中では、スライスの使い方によって攻撃の幅を広げることができます。

テニスのスライスショットの原理

スライスショットとは

簡単に言ってしまえば打つ時にボールに逆回転をかけ、その空気抵抗によってボールを浮遊させる打ち方のことです。

ボールが空中にいる時間が長いため、ラリーの最中に時間をかせぐことが出来、試合中に使うには有効なショットのひとつです。

ボールの回転が多ければ多いほど、空中の滞在時間も長くなるため、時間を長くかせぐことができます。

また、回転率が高いボールは、地面にバウンドした時の跳ね返りが少ないため、相手にとっては打ち返しにくいという特徴があります。

そのため、強打で返ってくることが少なく、守備的要素の強いショットであると言えます。

テニスの試合においては、重要な技術のひとつであるスライスショットですが、回転のかけ方次第でバウンドの仕方も変わってきます。

スライスの打ち方を変えることによって、その後の試合展開を広げ、攻撃をすることもできるのです。

テニスのスライスを打つときのコツとは

スライスは、日本語に訳すと「切る」という意味ですよね。

スライスショットというくらいですから、”切るように打つ”と思いがちですが、この打ち方では、ボールに回転はかかっても、力が入らず、速度は落ちてしまいます。

スライスショットは、ボールへのラケットの当て方がポイント

正しいスライスショットの打ち方は、肩と同じ高さからボールをまっすぐ打つことがポイントです。

ボールに当てる時、上向きにしてしまいがちですが、あくまでも「まっすぐ」押し出すこと。
ラケットの面をボールの正面に当てることが大切です。

ボールを打つ強さよりも、ボールにラケットを当てる”当て方”を意識して、スライスショットを打ってみましょう。

サイドスピンがかかっていても大丈夫テニス初心者がスライスを打つときのコツ

スライスショットは、ボールに逆回転をかけることですが、打ち方によっては横回転(サイドスピン)がかかってしまうこともありますよね。

最初はサイドスピンが入りがち

サイドスピンをかけようとしてサイドスピンになれば問題ないですが、逆回転をかけようとしてサイドスピンがかかってしまうと、「完全なスライスじゃない」と思ってしまいがち。

でも、テニス初心者がスライスを練習する時に、サイドスピンが入ってしまうことはよくあります。

最初から純粋な逆スピンだけのスライスショットが打てるのは稀なこと

最初は、サイドスピン混じりのスライスショットで問題ありませんよ。

むしろ、サイドスピンが入ることによって、球が横にそれるため、相手にとっては打ち返しにくいショットであることに変わりはありません。

練習を繰り返すことによって、スピンのかけ方を使い分けられるようになるようにしましょう。

テニスのスライスを上達させるコツはイメトレ

スライスはテニスの試合では、色々なところで使うことが出来る有効なショットです。
スライスを練習する時はボールの打ち方も大切ですが、自分がどこにボールを打ちたいか具体的にイメージすることも重要です。

まず、自分のところにくるボールがどのようなものかによって打ち返し方も変わりますよね。

スライスを打つ時に大切なのは、ラケットの向きとテイクバック

低めのスライスを打つ場合は、ラケットの向きはやや上向きが良いでしょう。

テイクバックは水平に保ちます。

遅めで滞空時間が長いスライスを打つ時には、ラケットは上を向かせ、テイクバックは斜め下を狙います。

イメージトレーニングをすることで、打ち方も身に付き、どんなボールにも対応できるようになるでしょう。

スライスを打つタイミングを間違えないようにしましょう

スライスは、テニスにとって有効なショットのひとつですが、スライスを打つべきタイミングをしっかり見極めないと、スライスの意味がありません。

スライスは使うべき時に使うことで意味がある

スライスは、むやみに使うのではなく、使うべき時に使うことで効果を発揮します。

使うシーンの代表的な例が、ラリーのテンポが早めの時や、強いショットを打たれた時です。

ポンポンと早いテンポで続くラリーに、スライスを取り入れることにより、相手のタイミングやテンポを乱すことが出来ます。

これにより、相手のミスを引き出したり、また自分自身の体勢を整えることもできます。
強いショットが打ち込まれた時も、スライスで返すことによって相手も隙をつかれ、ミスを誘発しやすくなることも。

相手にとって、嫌なタイミングで使われたスライスは有効なショットになります。使うシーンを選んで、スライスを使ってみましょう。