ふくさを使った包み方と香典をお渡しする時のマナーと注意する事

急なお葬式や親族の法事などで香典を用意することになった場合のマナーについて紹介します。

香典はふくさに包んでお渡しするのがスマートです。
ふくさとはどういったものなのでしょう?色やデザインや種類は意外とたくさんあります。

ふくさが用意出来たら、包み方を確認しておきましょう。包み方にもマナーがあるのです。
慶事用の際にも使われるふくさですが、間違いのないように注意しましょう。

ふくさに包んだ香典ですが、先方に渡す場合はどのように渡すと良いのでしょう。受け付けで渡す場合や、直接渡す場合の渡し方についてもご覧ください。

様々あるふくさのタイプですが、使いやすいおすすめなふくさもご紹介します。

急なお葬式でふくさがないという場合はハンカチで代用することも出来ますが、その際の注意点も確認しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

銭湯でタオルで前を隠す人の割合は?公共浴場に入る時のマナー

銭湯や温泉などの公共浴場に入浴する時、タオルを使って前を隠す人もいます。何も隠さずにそのままの状態で...

友人スピーチの時のお辞儀の回数は多い!タイミングとやり方

友人の結婚式のスピーチを頼まれた時に、どんなスピーチをしようかと頭を悩ませるでしょうが、その他にもお...

中学生の勉強法・ノートのとり方を工夫して成績をアップさせよう

自分に合った勉強法が分からない・受験を控えているから成績が上がる勉強法を知りたいという中学生もいるこ...

トレーニングのメニュー。組み方の基準は自分の予定に合わせる

トレーニングのメニューを、理想で組んではなりません。組み方は『自分が無理せず行える日数』をし...

大学生の面接時の荷物はどうするのか、面接の流れを追って解説

就職活動をしている大学生は企業の面接を受ける機会があるでしょう。面接のタイプは企業によって様...

外国と日本の文化の違いについて色々知りたい

外国と日本の違いと言えば、言葉の違いや、髪や瞳の色などの見た目の違いがあります。その他の大きな違...

水泳の選手コースはいつから入れる?その条件を徹底解説

子供が水泳を習い始めると「いつかは選手コースに進んでもらいたい。」と親なら期待を持ってしまうでしょう...

野球が全世界で普及していないのはなぜ?オリンピックがカギかも

野球は世界に普及していないマイナーなスポーツだって知っていましたか?日本ではメジャーなスポー...

お車代の相場は?葬儀に僧侶にお渡しするお車代について

葬儀に僧侶に来ていただいたら、お布施だけではなくお車代もお渡しするのが一般的です。そこで気に...

予約の電話が緊張する人は多い。緊張しない電話のかけ方のコツ

メールなどで予約が出来ることが増え、電話をする機会は減ったかもしれませんね。ですが用事によっては...

剣道の試合の流れを解説!礼に始まり礼に終わる剣道について

はじめて剣道の試合に出場する人は、どのように試合が進むのか、一連の流れについて知りたくなることだと思...

テニスの練習方法で初心者に有効なものとは?意識すべきポイント

テニスの初心者はどのような練習方法をしたらいいのでしょうか?すぐに上達ができたらと思う気持ちを糧に、...

神社のお供え物の順番は?正しい順番と神棚の設置場所・参拝方法

家に神棚を設置しようと思っている、または設置したばかりの人は、お供え物を上げる順番について悩むことも...

公務員のピアスは女性はアリだけど就活試験では外すべき

公務員として働いている職員でピアスを付けている女性を見かけたこともあるのではないでしょうか?...

反省文の書き方で大学生が書く場合の注意点とは

最近は大学生でも反省文の提出を求められることがあるようです。校内外で校則違反をした場合などが多い...

スポンサーリンク

香典はふくさに包んで渡します。ふくさの色や種類や使い方

社会人になったり結婚して家庭を持つと、お葬式や親族の法事など、香典を用意する機会も増えてきます。

香典をそのまま持っていく人もいるかもしれませんが、ふくさに包むのがマナーになります。

ふくさを持っていない人はひとつ用意しておくと良いでしょう。

ふくさは結婚式などのお祝いごとのご祝儀にも使う

ふくさには慶事用と弔事用という2種類がある

同じふくさを使うことはできない場合が多いので注意が必要です。
初めてふくさを用意するとき、香典を包む時に使う弔事用のふくさはどのようなものを選んだら良いのかわからないですよね。

結婚式のようなお祝いごとに使う慶事用の袱紗は暖かみのある色、お葬式のような弔事には黒っぽい色の袱紗を使います。赤やピンク、オレンジといった色は慶事用の袱紗とされ、青やグレー、緑の袱紗が弔事用の袱紗になります。
紫色の袱紗なら慶事と弔事のどちらにも使うことができますが、薄紫色の場合は慶事用になりますので注意してください。

ふくさの刺繍

ふくさの中には刺繍が入っているものもあります。鶴や亀、松といった縁起が良いとされている物が刺繍されている場合はお祝いごとに使うふくさになります。お葬式で使う弔事用のふくさだと菊や蓮といったお葬式を連想させるものが刺繍されています。

ふくさを用意するのなら、紫色の無地がおすすめです。ひとつ用意するだけで慶事と弔事の両方に使うことができます。

香典をふくさに包む時の包み方を紹介

ふくさを用意したら、香典をふくさで包んで持ちます。渡す直前にふくさから取り出すようにします。

ふくさには正しい包み方があり、慶事の場合と弔事の場合では包み方にも違いがあります。香典を包む場合の正しい包み方をご説明します。

香典の包み方

  1. ふくさをひし形になるように広げてください。
  2. 中央よりもやや右側に香典を置きます。
  3. 表面を上にして置いてください。
  4. ふくさに台がついている場合は、台の上に香典を乗せます。
  5. 最初に香典の右側の生地の角をつまんで中央に向けて折ります。
  6. 下の角つまんで上に向けて折ったら、次に上の生地を下に向けて折ります。
  7. 最後に左側を香典に合わせて折り、端の余った部分を裏側に折り込みます。

爪の留め具があるふくさの場合は、最後に爪をとめてください。

ふくさの包み方と香典の渡し方。受付で渡す場合や直接渡す場合

香典は斎場の受付で渡す場合と、喪主に直接渡す場合があります。

斎場の受付で渡す場合でも、香典はふくさに包んで持って行く

  1. 受付の前に行ったところでふくさから香典を取り出してください。
  2. 香典を取り出したら、ふくさをたたみ、たたんだ袱紗の上に香典を乗せます。
  3. 相手の向きに合わせて香典の向きも変え、お悔やみの言葉を添えて香典を渡してください。

お悔やみの言葉は宗派によって使えないものもあります。

「この度はご愁傷さまでございます」といった一言だけを添えるか、又はおじぎをするだけでも構いません。

香典を直接喪主に渡す場合

香典はふくさに包んで持ち、渡す直前に香典をふくさから取り出します。斎場の受付の場合と同じく、たたんだふくさの上に香典を置き、相手に合わせて香典の向きを変えます。

香典は相手に直接手渡しをするのではなく、近くにある台やお盆の上にそっと置いてください。

ふくさの包み方がわからない?ポケットがついているタイプがおすすめ

ふくさには包み方があり、香典を包むときに間違えて慶事用の包み方をしてしまうと失礼になってしまいます。包み方を覚えても、お葬式はそう頻繁にあるわけではないので、忘れてしまうこともあるでしょう。

ふくさには包まないで使うポケット式のタイプがありますので、それを用意すると包み方で迷うこともなく便利です。

ポケット式のふくさ

長財布のように開くと金封を入れることができるポケットが付いています。そのポケットに金封を差し込んで使います。

ポケット式のふくさも弔事用と慶事用がありますので気をつけてください。暖色系の色であったり鶴や亀の刺繍があるものは慶事用になります。弔事用の場合は寒色系の色を選んだり菊や蓮の刺繍があるものを選んでください。

慶事と弔事の両方で使えるふくさは、使う場面によってふくさの開き方が違ってきます。

慶事のときは右開きで使い、弔事はその逆の左開きで使います。間違えてしまうと失礼になりますので、慶弔両用のふくさを使っている人はしっかりと覚えておきましょう。

ふくさがない場合の代用と男性の場合について

男性であってもふくさは用意しておいた方が良いでしょう。ですが、急なお葬式ではふくさまですぐに用意できないこともありますよね。

男性の場合なら上着のうちポケットに香典をそのまま入れておいても良いでしょう。シワがついたり折れたりしないように、扱いには気をつけてください。
バッグを持って行くのなら、その中に香典を入れても良いです。

ふくさの代わりにハンカチを使う

お葬式に使うふくさに合わせて、寒色系の地味な色のハンカチを選んでください。小さめの風呂敷があれば、それをふくさの代わりに使っても良いでしょう。

ふくさは香典を持ち運ぶためのもの

ふくさが無い場合はハンカチや風呂敷を使うようにして、香典をそのまま持っていくことは避けるようにしましょう。

お葬式のように急に必要になることも考えて、事前に用意しておくようにしてくださいね。