暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

明日の仕事が憂鬱だけど、なんとかしたいなら

      2019/05/19

明日の仕事が憂鬱だけど、なんとかしたいなら

世の中で働いている人達の中で「仕事大好き!毎日の仕事が楽しくてしょうがない!」という人はどれくらいいるのでしょうか。
ほとんどの人達は「明日も仕事か憂鬱だな」と考えていることでしょう。
しかし、それが当たり前になってしまいますと、したくもない仕事に向かっている自分が嫌になって、すべてを投げ出してしまうかも知れません。
恐らくほとんどの人は「仕事は辞めたくないけど、なんだかやる気が出ない」と考えているのではないでしょうか。
そうならないように、自分の気持を切り替えたり、リセットするための方法をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

明日の仕事が憂鬱に思えるのはなぜなのか

「明日の仕事が憂鬱だなぁ…」
こんな気持ちになったことないでしょうか。
社会人になったら誰もが一度は経験すると言ってもいいほど、皆さんも感じたことがある気持ちだと思います。

仕事が憂鬱に思える原因には様々なものが考えられます。
まずはその状況から脱出するために、原因を探ってみましょう!

明日の仕事が憂鬱に感じる原因とは?

原因として最も多いのは「仕事内容や環境への不満」ではないでしょうか。
毎日残業ばかり、休みが少ない、時間内に終わらない仕事量が待っている…など。
仕事内容や環境に不満があれば当然仕事が憂鬱に感じてしまいます。

また、そうした仕事内容や環境への不満は「寝不足」の原因ともなります。
人間には「食欲」「睡眠欲」「性欲」の三大欲求があると言われており、三大欲求の一つでも満たされないと、イライラしたり気持ちが落ち込んだりする原因となってしまうのです。

一方で、職場を退職する主な原因でもある「人間関係」も、仕事が憂鬱に思える原因のひとつと言えるでしょう。
人間関係が悪ければ仕事も前向きに取り組むことができませんし、状況によっては、辞めてしまいたいと思う方も少なくありません。

明日の仕事が憂鬱じゃなくなる気持ちの切り替え方法

仕事が嫌になったら「退職」するのもひとつの方法ですが、辞めてしまっては様々な面で問題がでてきてしまいます。
一人暮らしをしているのであれば、尚更困ることも多くなるでしょう。

明日の仕事を憂鬱に思わないようにするためには「自分の気持ち」が大切です。

気持ちが前向きになるように切り替えてみてはいかがでしょうか。

気持ちを切り替える上では「どうしたいのか」をはっきりとさせることが最も重要です。自分の目標は何なのか?今している仕事は自分のしたい仕事なのか?など、自分の気持ちと向き合ってみましょう。
やりたくもない仕事を長く続けるのはそう簡単なことではありません。
はっきりとした目標があるのであれば、それに向かってチャレンジすることが大切です。もし、しっかりとした目標があるのであれば、「その目標のため」と思って自然と頑張る気持ちが出てくるのではないでしょうか。

また会社はそれぞれの会社によって違います。
自分の勤めている会社が全ての会社と全く同じということではないのです。
どうしても仕事が憂鬱に感じてしまうのであれば、「転職」を考えるのも気持ちを切り替えるひとつの方法です。
転職によって仕事が憂鬱に感じなくなるとは限りませんが、憂鬱に感じている原因によってはもしかすると転職がきっかけで気持ちがスッキリする場合もあるかもしれません。

明日の仕事が憂鬱なら、生活を見直してみよう

明日の仕事が憂鬱に感じる原因、それは、もしかすると「日々の生活」からきている可能性もあります。

日々の生活で「嫌」と感じることはないでしょうか。
料理や掃除、人間関係など生活していく上で欠かせないものが、もしかすると自分の負担になっている結果、仕事を憂鬱に感じさせてしまっているのかもしれません。
当然ながら、生活の内容は人によって異なりますからどの方法が一番良いとは言えませんが、例えば「毎日の料理」が苦に感じているのであれば、外食する回数を増やしたり、休日にまとめて作り置きをしておいたりなど「苦」に感じるものを取り除く方法はいくらでもあります。

毎日の生活は仕事への気持ちと大きく関係しており、自分が嫌と感じるものは無理をして続ける必要はないのです。
いま一度日々の生活を見直してみてはいかがでしょうか。
ストレスとなっているものを取り除くことも大切です。

仕事の効率をアップさせれば、憂鬱から抜けられるかも

会社に勤めていると必ず「休憩時間」がありますよね。
働く時間によっては例外もありますが、基本的にはあることが殆どだと思います。

では「休憩時間」はどのように使っているでしょうか。

人によって休憩時間の使い方は違うと思いますが、使い方次第では、憂鬱な気持ちから抜け出せる時間でもあるのです。

そこで自分が最もリラックスできる休憩時間の使い方を考えてみましょう。
仮眠を取るのが良いのか、同僚と他愛もない話をするのが良いのか、一方で、音楽を聴いたり外で体を動かすのが良いのか、最も効果的な方法は人によって異なります。

憂鬱な気持ちから抜け出すためには、好きなことをするのが一番です。

会社に勤めている時間の中で唯一自由に過ごせる時間である「休憩時間」を上手く活用できるようにしましょう。

仕事ばかりが人生じゃない!他の楽しみを見つけよう

生活していく上では「仕事」が欠かせませんが、仕事ばかりの人生では息が詰まってしまいます。
せっかくの一度きりの人生です。
何か楽しいと感じるようなことを見つけてみてはいかがでしょうか。

働く中では必ず「休日」というものがあります。
そんな休日に楽しみがあれば、きっと仕事への憂鬱な気持ちも少なくなり休日の楽しみが仕事のやる気への糧となるはずです。
また、趣味はどんなものでも問題ありませんが、なるべく長い期間続けられるものがオススメです。
自分が没頭して「その趣味のために仕事をしている」と言えるような、興味のある趣味を見つけてみましょう。

一方で、「何に対しても興味が沸かない」ようなことも、もしかするとあるかもしれません。
そのような場合には深く入り込まない程度に始めてみるのが良いです。
きっと様々なものをやっているうちに、ビビッと来る趣味が見つかるはずですよ。

「趣味」を見つけることは、日々の生活の楽しくすることにも繋がります。
せひ、自分が夢中になれる趣味を見つけて、仕事への気持ちの切り替えに上手く活用してみて下さい。

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ