スノボの初心者の服装とは?持っていくべき必需品を紹介

スノボ初心者は服装でどんなことに気をつけたらいいいのでしょうか?とにかく寒くないようにと着込んでしまうと動きにくくなってしまいます。

だからといって、着込まないのは心配。そんなスノボ初心者におすすめな服装とは?

スノボ上級者達はこのような服装をしているそうです。毎回、必要になるものなのでリストアップしておくといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パイロットの訓練は厳しい!その厳しさは機長になっても続く

制服姿がカッコいい、男性だけでなく女性も憧れる職業の一つパイロットですが、その訓練はやはり厳しいもの...

卓球の練習メニュー【中学生編】上達するためのポイント

卓球の練習メニューについて中学校の部活の場合、どんな練習方法が良いのでしょうか?卓球はしっかりと練習...

外国の人やハーフの人の名前にある「ミドルネーム」ってなに

日本人の名前と言えば、「名字」と「名前」の2つの言葉で構成されていますよね。しかし、外国人やハー...

ダイビングが趣味。女性がハマる理由と抱える色々な悩みとは

ダイビングが趣味という女性にその魅力を聞いてみました。ダイビングはお金がかかるイメージがあり...

兄弟へのご祝儀の金額の相場と渡し方【夫婦で出席する場合】

自分の兄弟の結婚式に夫婦で出席するとなると、ご祝儀はいくら用意すればいいのか迷ってしまうのではないで...

【テニスの練習メニュー】シングルスの試合で勝つための方法

テニスのシングルスの試合に出ることになると、勝つためにどんな練習をすればいいのか悩む人も多いでしょう...

海外のリゾートバイトを短期で!おすすめや後悔しない選び方

海外でのリゾートバイトを短期でしてみたいけど、実際考えると不安になる人もいるはず。海外留学に行きたい...

バスケのシュートフォームでチェックしたい足の角度や向き

バスケは綺麗なシュートフォームを身に付けることで、シュート率を上げることができますが、ポイントは「足...

ドライバーのコツとは?初心者は力の入れすぎを直しましょう

初心者がドライバーを打つときにはどのようなコツが必要なのでしょうか?ドライバーを打つときには、どんな...

サークルに差し入れするなら?初対面ならこの差し入れがおすすめ

サークルに差し入れをする場合は、どんなものを用意したらいいのでしょうか?手作りのものは止めておいたほ...

バレーボールのサーブカットのコツ!できない理由と上達するコツ

バレーボールをしている人の中には、サーブカットがなかなかうまくできない事に頭を悩ませている人もいるの...

体育の授業で行われる種目にはどんな種類があるのか

小学校や中学校に行ったのなら、体育の授業は必ずありますよね。その時に行われる種目は、おおよそは同...

テニスの練習メニューが楽しいと上達に繋がる!初心者でもできる

テニスの練習メニューが楽しいと感じられるようになると、テニスのレベルが上ってきたということでしょう。...

電車の車掌の給料の目安や休暇について。車掌になるまでの流れ

高卒でも就職できる仕事として、電車の車掌の仕事に就きたいと考え方もいると思います。そこで、気にな...

手続きが必要な口座解約!旧姓の口座を解約する方法

古い書類などを整理していると、一緒に通帳が出てくることありますよね。口座名が旧姓の場合など、明らかに...

スポンサーリンク

スノボの初心者はどんなインナーがベスト?おすすめな服装

スノボ未経験の方や初心者の方は、「スノボは寒い」「寒いから着込まなければいけない」「インナーは厚手のものを」と考えるのが普通かもしれません。

しかし、スノボは体を動かすスポーツの一つ。
いくら寒い場所に行くと言っても、動くと必ず汗は出ます。

スノボに適した服装とは

インナーウェアを着込んでしまうと、汗をかきすぎて体を逆に冷やしてしまったり、厚着のせいで動きづらくなってしまったりとあまり良いことはありません。
インナーには薄手で動きやすいものを選びましょう。

インナーの基本は、「ファーストレイヤー」と「セカンドレイヤー」の2つ

ファーストレイヤーは肌に直接触れるインナーなので、吸湿性、速乾性があるものを選びます。綿素材は吸湿性はあるものの、速乾性がなく体を冷やしてしまいかねないので要注意!ウールやポリエステル素材のものが、ファーストレイヤーにはおすすめですよ。

セカンドレイヤーは、ファーストレイヤーの上に着ます。
薄着になることからも、保温性があるものを選ぶ必要があります。
セカンドレイヤーは、その日の天候や気温によっても使い分けをしなければなりません。気温が高い日には薄手のフリースや長袖Tシャツ、寒い日にはタートルネックのTシャツや、パーカーなど、何種類か用意しておくと臨機応変な対応ができますよ。

下半身にも、ファーストレイヤーとセカンドレイヤーの考えを持つ人が多い

ファーストレイヤーは、タイツやレギンス等、防寒目的のものを履きます。
その上に履くセカンドレイヤーは、柔らかく伸縮性のあるスウェットやプロテクターなどを用意しましょう。

靴下も大切

普段履いている靴下はスノボ用には向きません。
厚手で丈夫な靴下を用意して置いてくださいね。

暑さ、寒さの感じ方は人それぞれなので、暑い時には脱ぐ、寒い時には着るなどできるように、準備しておくと安心です。

スノボ初心者に役立つのはこの服装

ボードをこれから本格的に始めようと思っているのであれば、ウェアはレンタルではなく購入しておくと良いでしょう。

スノボウェアを購入するときには、試着は必須

実際にゲレンデで着るときには、インナーを着込んでいたり、動きも大きくなるためぴったりサイズよりは少し大きめか、ワンサイズ上の物を選んでも良いでしょう。

いろいろなデザインのものがありますので、サイズさえ確認できれば、あとは見た目で選んで大丈夫です。
好みのデザインのものは、着るだけでモチベーションが上がりますし、気分も良くなるので納得のいくものを選んでみてくださいね。

初心者はウェアの下に「お尻パッド」を履くことをおすすめします

転ぶことが多いスノボ初心者は、お尻にかかる衝撃も大きいです。
パッドを付けておけば衝撃を最小限にしてくれて痛みも和らげてくれますので、安心してスノボを楽しめますよ。
お尻パッドを装着するときには、装着した状態でスノボウェアを試着するのがおすすめです。

スノボの上級者も忘れると辛い小物の準備はしっかりと

ウェアと合わせて用意しておきたい、スノボの必需品を紹介します。

スノボに必要なアイテム

帽子

ゲガから身を守るためにも、帽子は必需品です。
耳までしっかり隠れるものを選べば、防寒対策もばっちりです。
初心者はヘルメットを使用するとより安全ですが、見た目が気になるでしょうから、その場合には「ヘッドパッド」の装着をおすすめします。

ゴーグル

雪が降ってくると視界が確保できなくなるので、ゴーグルも用意しておくと良いでしょう。ゲレンデからの照り返しで、目を痛める可能性もあるので、目を保護する意味でもあると便利です。
サングラスの効果があるものや、くもり止めの加工があるものなどいろいろな種類があります。

グローブ

初心者は、転倒で手を雪面につくことが多くなるので、厚手で丈夫なグローブを選びましょう。5本指のもののほうが、ポケットから小物を出したり、バインディングを操作したりする際に便利だと思われます。

パスケース

ウェアにパスケースが付いているものもありますが、付いていないウェアの場合は必須です。リフトやゴンドラに乗る度に、リフト券をポケットから出し入れするのは大変。
忘れないように、ウェアのポケットにいくつか入れておくと良いかもしれません。

ネックウォーマー

意外と冷えるのが首です。
口元まで引き上げれば、顔の防寒にもなりますので、用意しておくと便利です。

スノボの初心者はコレを持っていると◎

ここまでは、スノボをするときには絶対に用意しておくべきアイテムの紹介をしてきましたが、ここではあると便利な小物を紹介していきたいと思います。

自分のスタイルに合わせて、スノボに行くときの参考に

スマホの防水ケース

ゲレンデで写真や動画を撮りたいと考えている方は、スマホを入れるケースがあると便利です。中には衝撃に強いものもあるので、転んでもスマホを守ってくれるケースがあると便利ですよね。

小銭入れ

レストハウスや休憩時間に、食事を摂る程度のお金を入れておく小さな小銭入れがあると便利です。ポケットに入る、小さくて邪魔にならないものを用意しましょう。

日焼け止め

雪の照り返しで、結構な日焼けをします。
帽子やゴーグルなどをしていると、顔が斑に日焼けするので、ぜひとも頻繁に塗り直しをしてほしいです。

ホッカイロ

寒暖の調整をしやすいのがホッカイロです。
足先や、太もも、腰などの冷えやすい部位に貼っておくと、体全体がポカポカになりますので、持っていくと重宝します。

スノボの初心者は行き帰りの服装も用意しておきましょう

スノボの行き帰りのことも考えておきましょう。

行き帰りは、ボードの靴は履かないので、普段の靴を履きます。
スニーカーや長靴など、歩きやすく履き替えやすいものを選びましょう。

行きは、インナーウェアで良いのですが、帰りは汗をかくことも考えて「タオル」や「着替え」も用意しておくと便利です。
なかには、下着までびっしょりに濡れてしまう人もいますので、初心者は一式用意しておくと良いと思います。
スノボを楽しんだ帰りに体を冷やして、風邪を引いたなんてことにはならないように気をつけましょう。